blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2007年12月26日

Christmas Eve

IMG_1342.JPGサンタも巡業(?)を終えておうちに帰りました〜家

ファミリーでゆっくり食事ですクリスマスレストラン

ながーく時間をかけてキャンドルの明かりで燈されたテーブルを囲んで静かでもあり笑いもあり温かい時間です黒ハート

日本のお正月の家族団らんとまた一味違います。

どちらも素敵だと思いますが、ワタシにとっては新しい感覚なのでちょっと感激しちゃいました。アメリカも同じような感じでデコレーションしたりしてましたが、雰囲気がちょっと違う。
クラッシックや教会の聖歌隊が歌っているような曲やオペラがBGMです。ワインがゆっくり進みますよ〜バー

IMG_1377.JPGワタシを迎えてくれたお家のお父さんもお母さんももう70歳、64歳という年齢ですが、ワタシたちと同じように飲みますわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

マティーニから始まり、コニャックやらどこかの有名な酒〜ワインも赤、白〜・・・結構、度数の強い酒を自ら注いで普通においしそうに飲んでいる。何時間も飲み続ける。しかも悪酔いもしないしみんな普通。あの量飲んで酔わないってどういうことだ?って感じでしたけど(謎)
日本ではチーズフォンデューはやった事あるのですが、このフォンデューは初めてでした。言うならオイルフォンデューですね。
いろんな種類のお肉と野菜と、ソースも6種類ぐらいママの手作りで美味しい揺れるハート
クリスマスツリーもこの木を栽培しているところに行って、自分でいい形や大きさのものを選んで買うんです。自分でのこぎりで切るんですよ〜。そしてその後には温かいフルーツポンチがそこで飲めるというお楽しみつき☆何もかもが嬉しい事ばかりのヨーロッパのクリスマスです。
この日、ゆっくりと食事を取った後、11時から近所の教会Messe(ミサ)に行ったのですが、これがこの日の最後の最後、圧巻でした。もう鳥肌ですよ。巨大なパイプオルガンの演奏で演出されたそのミサは。ほろ酔いと連日連夜の疲れで眠くて仕方なかったのですが、眠気は吹っ飛びました。一人ひとり手にキャンドルを持っているのでその明かりとその雰囲気はかなり幻想的でめまいがする感じでした(~_~;←いい意味で。
あのパイプオルガンはまさにバッハの時代のものでなんかタイムスリップしたみたいでちょっと不気味というか不思議な感覚でそわそわしてしまいました。

Olii's mama 252.JPG
ワタシが外国人である事が目立ったのか、牧師さんが他の人にはしないのだけど帰り際、ワタシのところにわざわざ来てくれて、"Frohe Weihnachten"と声をかけて握手をしてくれました。ドイツ語でメリークリスマスです。発音はとても難しく文字に出来ません(笑)まだまだクリスマスイブ。クリスマスの話しは明日〜(~_~;)こちらのこのシーズンはみんな大仕事です・・・。慣れてるのだろうけど、ワタシにとってはかなり疲労が(~_~;)



posted by wakaba at 20:55| フランクフルト 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次のお家は〜

IMG_1371.JPGサンタはコーヒーブレイクを取ってから次のおうちへ家

次のお家は、Linaという6歳の女の子がいるお家で、ワタシとも夏に会っているのでワタシが一緒に行く事でサンタが誰か?(ってサンタだけどさぁ)ヒントを与える事になるかも知れないと大人たちは(真剣に)相談しワタシは一緒には行かない事に決めましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

そのアパート(日本で言うマンション)の上にも友達が住んでいるのでそこで待機することに。サンタがLinaのお家でお話をしてポエムを読んでLinaがサンタにお礼のお歌を披露して〜としている間に、Linaのドアの外にプレゼントの自転車を置いてキャンドルに火をつけるぴかぴか(新しい)という仕事がまわってきましたあせあせ(飛び散る汗)

待機先のおじいさんとおばあさんと三人でその役割を果たすという事になったのですが、もう大人が真剣ですわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
絶対聞こえないって〜って思うぐらい離れているのに、物音を立てないように息を殺して靴も履かずに靴下のまま階段を上ったり下りたり人影Linaのドアの外に自転車を置きセッティングしました。
なんとも夢があると思いません?この演出ハートたち(複数ハート)プレゼントぴかぴか(新しい)

ただおいてあるだけじゃなくて、こうして真っ暗の廊下にキャンドルで灯して〜みたいな。東京での日常、日本での日常ではイマイチ思いつかない演出がこちらのクリスマスには沢山ありました。

ワタシたち3人は自分たちの家(すぐ上の階)に戻りドアを3センチぐらいだけ開けて(明かりが漏れるので)3人縦に並んで耳だけその隙間から出して聞き耳立てていました(笑)耳耳耳

こちらの人たちは色んなことの楽しみ方を知っていると言うか、日本とまた一味も二味も違う“感覚”があります。
沢山新しい体験、経験、感覚を発見したので追々また書きます。このプレゼントの演出はなんともいえない、夢があっていいなー真似したいなーと思いました。当然子供はテンションマックスでしたよ〜るんるん揺れるハートぴかぴか(新しい)
posted by wakaba at 17:50| フランクフルト 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。