blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2008年12月31日

今年もありがとうございました!

大晦日にこちらベルリンもなりました!
日本は今、31日朝8時ですね時計

今日はオリバーの高校時代からの親友たちとこじんまり祝います。

持ち寄りパーティーなのだけど酢豚のリクエストから、ドライカレーのリクエストに変更になり、ワタシテキにはラッキーぴかぴか(新しい)
今日既に仕込んじゃいました。

明日は出かけちゃうし、明後日もニューイヤーマラソンのイベントにオリが仕事で出るので、そのレセプションパーティーに同席・・・ってことでまた留守にします・・・ので、今のうちにご挨拶を。

いつもブログを見てくれている皆さんに・・・

この一年も色んなことがありました。
でも、その色んなこととは、ブログ上で書くことができる、明かるい話題が多かったのは個人的にも驚くほどです。

ブログをはじめて数年経ちますが、実は全くかけるような内容ではない色んな事があり、どちらかというと、元気でいないことを隠す為のカモフラージュみたいな役割をこのブログにしてもらってた事があったのも事実です。自分が元気じゃないのに元気である振りをして書くことで自分を誤魔化していた部分もありました。

でも今年は違いました。

何もかも書けるわけじゃない、もちろんすごく残念な事もいくつかあったけど、でもトータルしたら今年は本当に清清しい良い年でした。

このブログを通して私の様子を気にかけてくれたり、一緒に色々感じたり、考えたりしてくれた人たちがいてくれること、当たり前の事だとは思えません。
本当にラッキーな事だなと。皆さんに感謝。

このブログを見てくれている人たちとは、特別なご縁があるんだなぁと思っていますぴかぴか(新しい)

でも、レスが付かない限り誰が見てくれているのか分からないんだよねわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

超能力者じゃないので?誰が見てるかまで分からないのが残念なのだけど〜でもアクセス数は分かるので日課のようにチェックしてくれてる人がいる事ぐらいは分かります。
とてもウレシイですひらめき
(もしも、コンスタントに見てくれている人がいたら今度、「元気だよー」とか一言でもいいので書いてくれたら尚うれしいです黒ハート

来年はどんな一年になるでしょう。

今年とはまたガラッと変わって色々ある予測はしています。

学生はこの一年のみ。来年からは仕事も探してこの地で自立できるポジションを確立するためにアクションを起こしていかないとならないからです。結婚しても共に自立している事が望ましいのです。日本は女性に家庭に居て欲しい男性が多いのか、そうしたい女性が多いのかわからないけど、“養ってもらってる”“養ってやってる”っていう関係はダメだと思うんですよね。

甘えは今年いっぱい。
来年からは私もまた次のステージに進まなければ。

ちょっと恐いけどね。
実際、日本人とドイツ人全然違うし、正直まだまだアジア人に対する偏見や差別はあるしね。

でも、恐くても辛くてもいつも肩をかしてくれる人、心から信用できる人がそばにいるので、これと持ち前のど根性をプラスすればたいていの事は乗り越えられるような予感もしています!
っていうか〜〜今までの事考えたら、楽勝なんじゃん?もしかしたら??なんて思っている頼もしい自分も時々ひょっこり出てきます(笑)

このブログには個人的にいろんな思いがあります。今日はそれは書かないです。

今言えるのは、また来年も皆さんに一緒に笑ってもらえる、一緒に感じてもらえる、一緒に考えてもらえる、ほっとしてもらえるようなものが書けたらいいなと思っています。

オリママが、「どんなに大変でも不安があっても、いつも面白いこと探そうって意識してあたりを見回すと結構あるよ!」って(笑)
確かにそうだね!

びびってないで、いつも前を向いて正々堂々胸張って生きれるようになったことが何より嬉しいです。

2009年も頑張ります!!


写真☆この写真の女の子はこのブログ読んでくれている人は知っていると思いますが親友Kathyの長女のLily Yuryka Barthlomewでミドルネームは私がつけた話ししましたね。Yuryka=友里歌。

(もし良かったら親友Kathyとその娘のトピまた読んで見てください)
http://happysong59.seesaa.net/article/103018444.html#comment
http://happysong59.seesaa.net/article/103064698.html#comment
http://happysong59.seesaa.net/article/103142988.html#comment

この話、レスだけでなく結構反響があったの。個人的に文章では書き切れない思い入れがある話しなので、この反響は、今年いろんなこと書いた中で嬉しかった一つでした。
なので、この写真を今年最後の写真にしてみましたー6月のARIZONA、マウントレモンでのピクニックです(つか、連日イベント続きだったのに何も撮れてないってのもあるんだけど^^;)

wakako and ollie 174.jpg

今年も本当にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様、どうぞ良いお年を!




posted by wakaba at 08:40| Comment(4) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

バッハ一族大集合

24日も遅くまで出かけていて、倒れこむようにベッドに入り朝寝坊OKだったけど、起きたらすぐに支度〜恒例の、バッハ家勢ぞろいの家族パーティーにオリパパの弟さんの家にお呼ばれですダッシュ(走り出すさま)

去年、これが辛かった〜ふらふら
まじでー辛かったっす。ブログにも書いていると思うのだけど、何がつらいって、言葉わからないなか8時間退屈した顔もあくびも出来ないでただ座っている。リアクションも出来ない、話しに口突っ込まないにしても相槌も打てない、何してるかってただ座ってるだけ。どんな顔も出来ない。家族の大事な日なので大事な話しもたくさんあって私に気を回りきれないのは分かるので構ってもらえなくて全然平気だったのだけど、この人たちどんだけ話があるんだよ??ってぐらいすんごいんだ、長くて。おまけに内輪話ばかりだし・・・みたいな・・・

8時間、一切言葉がわからない+すごい大人数の人たちに取り囲まれて、野外ではなく一般家屋の屋内で過ごすのはきっついっすよー
息が苦しくて呼吸困難になりかけてたふらふら

でも、今年は言葉が少しわかるようになったお陰で、苦しくなかったです。むしろ楽しかったかも。

しかも私は家族の一員になると言うことで当然皆さんの気持ちと言うか心の距離も去年とは明らかに違ってたと思うし。でも決してこれは誰にとっても当たり前の事ではないと思います。私はラッキーです、ありがたいです。

みんなでゆっくり飲みながら食事〜。そしてまだまださらにリビング飲み続ける〜。
wnbach.jpg

この日も親戚の人たちにたくさんプレゼントをもらいました。

そして26日も両親宅で彼らのお友達を囲んで、またお母さんの手料理のGansといってがちょうを食べに行きました。
ドイツではこの時期の伝統料理のようです。この日もお友達が帰ってから両親とさらに飲みなおしながら、まあ長い時間一緒に色んな話をして過ごしました。

そして27日やっと二人だけの時間〜中休みです〜いい気分(温泉)

昼間、お天気は当然超サムで、どんよりだけど、二人で近くの公園?つか森?を散歩しました。それがこの写真(寒そうでしょ曇り
でもなんかほっとしませんか?
なんかほっとした。つかの間の中休み・・・

wnsp1.jpg

夜は、ゆっくり映画2本を見ながら、ここんとこカロリーオーバーなので家で野菜たっぷりの温サラダとチーズとワイン・・・(ってまた結局カロリーオーバー?)

そして中日はあっという間に過ぎ、翌朝、28日はオリバーの誕生日会がありました。

「え?また誕生日会?」

って思うかも知れませんが、オリバー今年35歳って事できりのいい数字だからか、まあタイミング的に皆に報告したい事もあるからか、親友とまたまたバッハ一族を総勢35名ご招待でレストランランチをしたのです。

というか、こうして自分の誕生日に自腹で友達を招待してパーティーをもこちらの習慣のようですよ。もちろんお金がすごくかかる事なのでドイツ人みんながみんなこれをやるか?と言えば分からないけど、きりの良い数字の誕生日は大きく祝ったりするみたいです。

オリの誕生日は12月23日でみんなクリスマスで忙しい時期なのでそれを配慮してずらしてご招待というわけでした。

35人って少ないようで結構な人数でみんなに挨拶して話をしてまわるのは至難の業。

私の場合、子供にすぐ取り囲まれる^^;ので挨拶は全員にしたけど、その場で一言フタコト交わしただけでまともに話が出来なかった人がほとんど。ワタシ的にはこういう機会にしか会えない人も居たと思うのでちょっと申し訳なかったなと。

でも言葉が出来るようになった事で子供たちと結構まともに遊べるようになったもの楽しかった。

この日もカメラ持って行ったのに、結局こんなんでバタバタ。
子供に囲まれてしまい、これ、マジバナ。食事一口も食べれなかったんだよ〜もうやだ〜(悲しい顔)

コーヒー一杯のみ喫茶店わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)腹ペコで帰りました(笑)

子供たちも私と遊びたいだけじゃなくて、私がドイツ語勉強してるの知ってるから、助けてくれようとしてるんだよ、教えてあげなきゃ!って。可愛いよ〜ああやって構ってくれてるのわかってるんだ。だって、すんごいすんごいゆっくり喋る努力とかしてくれてるんだもん、小学校2,3年生が。ほんと可愛いよ〜

で、私がわからない単語があって、それなあに?って聞くと、すっごい丁寧にちゃんとちゃんとわかるまで説明してくれる。

学校の先生目じゃないぐらい、子供たちが素晴らしい先生ですよ、実際(笑)

私のカメラには何も残ってませんが、ママがこれまでの数日の写真を撮っているので今後ママにカメラ借りて写真アップします目

今日は30日。
明日は大晦日のパーティー。
リクエストでまた酢豚を持参してお友達のお家に集まります。
オリバーの高校時代からの親友が4組集まる本当に身内のホームパーティみたいなカンジです。
これは他のパーティーと違い、こじんまりだしオリも気を遣わない人たち=私も楽、なのでバタバタと言う事もなく、楽しみなのです。

こう言っているうちにあっという間ですね。
あっという間に2009年になりますね・・・

お互い、年越しの準備、大掃除しっかりして気持ちよく新年を迎えましょう!

posted by wakaba at 16:59| Comment(3) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレゼントの山でした〜

この日は“家族で過ごす”っていう結構徹底したカンジの習慣があるようで、恋人同士でもそれぞれの実家に別々に帰って祝ったりするみたいよ。

私はこの日だけ日本に帰るってこともできないし、そもそもクリスマスクリスマスを家族で祝うなんていうのは小学校3年生ぐらいまでだったように思う。

それ以降は友達だったり、恋人だったり・・・
「日本はクリスマス祝うの?どんな風に??」って聞かれると、家族のイベントというか、子供たちや恋人たちのためにあるようなイベント色が強いかも・・・という説明をする私。

宗教的にクリスマスを祝う習慣も日本にはないものね・・・
こちらの人たちからすると、宗教的意味がないのにクリスマスを祝うんだ〜ふーん・・・って不思議そうだけど、私の説明はそんなに的外れでもないはず。
日本ではどっちかっていうと大晦日に家族で集まったりするものね。要するに、元々の文化と輸入されてきた文化には歴史に温度差があるし、仕方ないよね。

と言う事で、私は24日はオリバーの実家でママの手料理をるんるん
もちろん肉の塊爆弾

ママはお料理が本当に上手なのですごく美味しかったし、結構典型的というより彼女も創作的な料理をするので色々これは何だかんだと質問するのが楽しくて(笑)

手作りのシュトレンもこれまたおいしいのです!
http://happysong59.seesaa.net/archives/200712-1.html
(12月25日付けの写真見てください、美味しそうでしょ〜)

これは是非レシピをゲットしようと思っているシロモノです〜ひらめき

そしてたくさんのお部屋を見渡すとたくさんのプレゼントの山!

来年の結婚式のためにたくさんお金がかかるから私とオリバーはプレゼント交換はしないことを約束して、パパママにも去年ほどたくさんではなく、ほんの少し、本やCDや小物を二人で買って用意したのだけど、その日行くとパパママだけでなくオリバーからもたくさん私へのプレゼントが山積みにされていました。

またやられた・・・

私がまだ学生の身で仕事をしていないからお金遣わせるの気を遣っているのでしょうね。逆の立場だったら同じ事するのでわかるけど、なんともまたやられた〜ってカンジ。

そのプレゼントの山は大物から小物まで色々。
前々から欲しかった電子レンジからアンティークのお盆とか、キッチンウエア。温かいベッドカバーやソファーカバー。美味しいワインやチョコレート。ママからはコスメ用品も。チャネルのバスジェルとかマッサージオイルとか・・・
日本のおせんべいまでどこかから仕入れてきて入れてくれてた。優しいね、ほんと。

wn2008.jpg
プレゼントをみんなで一つづつ開けた後、ゆっくり食事をして、去年同様に教会にミサにいきましたクリスマス

↑写真カメラ:ママがパパからのプレゼントに興奮して抱きつくシーン、オリも後ろで可愛い顔しています(笑)プレゼントに付いているカードを見てプレゼントを渡す係り(?)に任命されていたのでここでも写真を撮ること出来ずこの一枚だけ(笑)ピンボケだけど可愛い一枚だと思って気に入ってますわーい(嬉しい顔)

ミサで〜、牧師さんの話・・・
単語は拾えたものの、内容としてはちとまだ難易度高いっす(^_^;)でも歌は一緒に歌いました〜(笑)何の歌だかわかんないけど(^_^;)

そしてミサが終わって12時ごろなんだけど、オリバーのPatenkindのLinaにプレゼントを持って会いに行きましたハートたち(複数ハート)

Patenkindというのは日本にはない習慣だと思うのだけど、辞書には“代子”(自分が名親になった子供)と書いてあります。要するにオリバーは第二の父みたいにそこ子供を守る約束をしているの。子供から見たら父代わりつか代父。万が一その子の親に何かがあった場合などの保証人っていうか、そんな感じみたい。
(正式には宗教上、その子の洗礼式に立会い、神に対する契約の証人になるっていう役割を言ったりするらしい。現代はその宗教上の意味合いは薄れているみたいだけど、子供を守るって意味でそこだけは受け継がれているのかなとも思う)

当然親同士の信頼関係やその人の人間性が認められてなかったら誰でもが頼まれる事ではないと思うのだけど、最初聞いた時は契約みたいな約束みたいな形にされちゃうのは重いな〜って思ったけど、でもそういうのがないから口だけ簡単に言う人もいるわけで〜ここも文化の違いだけど、こうやって子供はみんなで守らないと!っていう意識が強くてそれをさらに行動に出しているカンジがします。

もとい、
このLinaがオリのPatenkindで私のPatenkindという事にもなる。
8歳の可愛い女の子です。オリの幼馴染の一人娘で。昔の動画「日本人になる!」っていうトピで出てきた子、覚えている人もいるかな?
彼女もPatenonkel(代父)の結婚式ではそれは大事な事!と言う事で学校からもちゃんと許可をもらい来年日本に私たちの結婚式に出席するために親子3人で来てくれます。

wnrina.jpg
説明長くなっちゃいましたが、このLinaにプレゼントを持って訪れここでも少し長居して夜中2時過ぎに帰りました。

そして、25日、まだあるか?
全然まだまだあります・・・続く

posted by wakaba at 16:41| Comment(2) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

良いクリスマスでしたか〜?

ollisanta.jpg皆さん
今年も残すところあとわずかとなりましたね。

日本がベルリンより8時間進んでいるので、もう既に日本は30日と言うことで・・・
何だかんだとバタバタしている様子が伺えます。

私の方も最後のブログ更新以来、ま〜毎日色々ありました。
バタバタの中、やっと今日、中日、お休みです。
っても、オリバーは今日からまた仕事ですけど。

でも連日のイベント続きに彼は風邪を引いてしまい、私も疲れ気味。
実は今日もお呼ばれしてたのだけど、欠席させてもらう事に今朝決めました。

23日はブログにも書いていたオリの誕生日パーティーは、予定通り両親と4人で素敵な時間を過ごしましたよ。

家族が揃うと何故かネガティブな話しになっちゃったり、なんか結局ダメだしされる?みたいな傾向がある記憶があった私にとっては考えられないぐらい、この家族は揃うとさらに幸せ感がパワーアップするんだよね。前向きな話ししか沸いてこない。笑しかないってカンジ。純粋に、スゴイ・・・って第三者的に感心しちゃう(・。・;

この日のメニューは結構、品数で言ったらすごかったよ〜

このメインは超簡単で、すっごい身の厚い油の乗った鮭をハーブと、醤油バター基本の味付けでグリルしただけなんだけど、前菜っぽく色々出してみた。

メインとカルパッチョのみ大皿に乗せてあとはスペインのタパス系に(今回のカルパッチョは前回のを少しアレンジし、少しグレープフルーツ乗せてみたのも出したら、肉のカルパッチョは馴染みがあるけど魚のカルパッチョは珍しい両親も美味しいって食べてたよ、案外合うんだ、柑橘系フルーツと)

お酒を長く飲みながらの食事なので、前菜をスペインのタパス風にちょっとづつ色んなもの出すのは、大皿でドカドカ出してくるドイツの感じとは少し違っていいかなって。内容は洋風よりなんだけど、出し方は会席みたいにしてみたら喜んでたし楽しんでた、目にも優しいしね、大物がドカドカ出てくるより(笑)ひらめき

ご飯も炊いて(自分が食べたかった、鮭と)…
万が一お父さんが魚がNGだった時の事も考えて、じゃがいも料理(←ドイツ人の主食)ブルスケッタとかも用意しておいた。

品数としたら全部で15品ぐらいあったと思う。
でも会席ってそんな感じだもんね?

大変っちゃー大変だったけど、大喜びしてたので特別な日だし良いのです(*^_^*)ハートたち(複数ハート)

そうそう、バゲットを薄く切ってバターを塗ってカマンベールチーズを乗せ、その上にイチジクとかいちごを乗せ、さらにカマンベールで挟んでオーブンでチーズが溶ける程度に焼いて食べるのも美味しかったよ〜フルーツに甘みがあったほうがいいので、好みでそのフルーツの上にママレードやジャムを乗せてもいいし。

ちなみにこの日のデザートはクレームビュルレにしましたー。専用バーナーで表面を目の前で焼く演出が普段っぽくなくていいっしょ(笑)

すっごいお料理たくさん作ったので是非写真を撮りたい!とカメラ用意してたのに実際は結局バタバタでさあせあせ(飛び散る汗)

少しでも温かい出来立てを食べさせたいと思うから、結局いつも通りバタバタあせあせ(飛び散る汗)結果、一枚も写真がない始末っすもうやだ〜(悲しい顔)

で、24日クリスマス

去年同様、オリバーが友達の子供たちのためにサンタに変身して巡業です。一緒に着いて行きたいと言ったのだけど、家族全員が反対を!
何故!?!?!?

子供たちにサンタがオリバーってばれたら、“オオゴト爆弾”なのですむかっ(怒り)

本気なんです、こちらの大人たちも、子供たちの夢を壊さないようにって。

素敵ぴかぴか(新しい)

去年はその子供たちがまだ1歳半とかだったし(それでも反対は受けたが)子供たちを私もほぼ初対面と言う事もありわかるもわからないも知らないわけだから大丈夫だろうと言う事で、一緒に付いていく事が出来たの。
でも今年はその子たちも2歳半で私とも何度か面識もあるし、もし私が付いていったらサンタの正体がオリバーかも知れないって察するかも!ばれるかもしれない!と言う事でみんなに声揃えて、「ダメダメ、無理よ」って言われて・・・

2歳半でも分かんないんじゃない?^^;なんていう人は一人も居ませんでした^^;
この辺も子供を子ども扱いしないで真剣に向き合う大人の姿が見えるよね。

素晴らしいぴかぴか(新しい)

この日の話しはもう少し書きたいのでまた後で!

私は留守番決定。
オリサンタを見送る時にママが撮ってくれた写真があるので載せておきます〜(サンタのマスク、恐いでしょ(笑)でもこれもリアル感を出してるわけよね。子供たちが誰だって分からない様に+人形を被ってるとも思わないほど良く出来ているマスクなのです、つまり大人がかなり本気)

追伸★サンタ巡業の話し、もし良かったら去年のログから読んで見てください!動画もあるので!2007年12月をクリックすれば出てきます☆


posted by wakaba at 04:16| Comment(2) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

出刃包丁!

dorade.jpg

昨日は吉祥寺で言う闇市(分かる?ワラ)みたいなちょっと奥まったエリアって言うのかな、ディープな感じのエリアって言うか・・・要するに普段は私は絶対行かないようなエリアの魚屋さんに行きました(謎)

トルコ人街なのかな?

そのトルコの人が経営している小さな魚屋さんは知る人ぞ知る?お店らしくフレッシュなお魚が売られていると言うことで期待して行きました。

行ったは良いが、困った事に私の電子辞書が寿命を迎えたようで(もう7年は使ってるから仕方ないね)電池を換えても全く動かなくなり、環境変われば同じ魚でも若干顔つきや体つきも違うので、なんだこれは・・・みたいな状況ふらふら

鮭だけは分かるのだけどあとは微妙たらーっ(汗)

多分これは鯛だろうと思う魚と、多分これはすずきであろうと言う魚を買って来ました。

日本みたいに野菜も魚も食材はきれいにされて売られているのとは少し違い、もちろん大きな魚は切り身で売ってるけど大きくない魚は丸ごと並んでいるものの方が多いような。

鱗から取って魚をさばく作業は初めてではないにしても初めてかもしれないぐらい慣れてない作業ですが、甘ったれは通用しない世界なので食べたきゃ自分でやるしかないっつーの。

日本の包丁の素晴らしさ改めて実感。

魚さばくの、ちゃんと専門の包丁じゃないと無理だね!

デバ爆弾
デバ買わないと!出刃包丁!

オリの家にナイフ(包丁)は8種類ぐらいあったのだけど、どれもワタシテキに言わせてもらうと、切れが悪くてね。

普通に切れるんだけどやっぱり日本の包丁だ!って思いました。

こちらの魚屋行っても切り身で並んでる魚は切れ目がぎざぎざとか普通にあるもん。

カルパッチョを作ろうと思って張り切ってたのだけど、うすーーーくきれいに切るのが難しいっていうかデキナイダッシュ(走り出すさま)

オリバーにしてみたらすごく薄くてびっくりしてるんだけど、私は日本人だからね〜。
イメージとしてはふぐのしゃぶしゃぶぐらいを目指していたのだけどトンでもないよ(笑)

帰国したら出刃包丁を買いに行きますひらめき

ちなみに、今日は(多分すずきの)カルパッチョと普通に鯛の塩焼き!と鯛めしとアラ汁!にしました。(あとシャンピニオンのマリネ)

捨てるところが一つもないと言う鯛は料理した後に妙に満足感があります。

そして魚料理と言っても、なんだかんだ濃い味のソースなんかがかかっちゃってたりするものじゃなくて、シンプルな塩焼きがどうしても食べたかったのでオリには悪いけどリクエスト聞かずにさばいたら塩して即グリルへ!

魚の塩焼きも魚のカルパッチョも(肉のカルパッチョはよく食べるらしい)炊き込みご飯もアラ汁も初めてだったオリバーなのだけど、大味のこちらの料理とはまた違う繊細さがある和食にちょっと何か感じてくれてたみたい。最初の一口目より次の一口、その次の一口ごとに美味しい美味しいの感動がアップしていくって言ってた。

めがね君だけど眼鏡聴覚、臭覚、味覚がすごく鋭いオリバーなので和食の繊細さを感じてくれてたのかななんて勝手に想像してちょっと嬉しい気分。

ご飯も2合半ぐらいペロッと食べてアラ汁には感激しっぱなしでした。

一番ウケテタのが、一番難しいのでは?って思っていた鯛のあら汁だったのは少し驚きましたが、アラ汁は私も大好きなのでこれからもどんどん作れる〜と思い、これも嬉しかったですグッド(上向き矢印)

こちらではフレッシュな魚はちょっと値段が張るので日常の食事としては無理かも知れないけど、週末ぐらいだったら楽しめるから、今後もっと我が家の食卓に魚料理をということで、出刃包丁だけでなく魚専用のまな板も買おうってことになりましたー5手(チョキ)

カルパッチョはバルサミコ酢をかけて食べたらすっごく美味しかったですキスマーク白ワインもサイコーぴかぴか(新しい)

日本に帰ったら台所用品たくさん買ってくるものあって大変だけど、やっぱり食事は幸せをもたらすとても身近で誰でも出来る事だから積極的に考えていいことだと思ってます。

和食材も大体買えるけど高いしね、買って帰ってこようと思う〜メモを作ってたらすごい量なのだけど、今回ドイツから15人ぐらい家族と友人も結婚式のために来日するのでちょっと彼らのスーツケースのスペースも借してもらえるようお願いして色々もって帰って来たいと思ってます(^0_0^)
posted by wakaba at 22:01| Comment(9) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

誕生日プレゼント

kadewe.jpg今日学校帰りにある意味初めてスーパー以外のところに1人で買い物に行きました。

と言うのは、実は12月23日はオリバーの誕生日なんですバースデー

来年の結婚式やらナニヤラで結構お金を遣う事になるのはどうにも避けられないので今年のお互いのクリスマスプレゼントはカメラのレンズを来年日本に帰った時に買うと言うことに決めて、特にプレゼント交換はしないことにしました。

っていっても、オリバーは毎日私にプレゼントくれてる・・・プレゼント×24

私からも何かプレゼントしたいと思って色々考えてたんだけど、オリバーみたいに想像力豊かでロマンティックな事やサプライズが湯水の様に沸くタイプじゃないので、どうしようか困ってしまっていました。

誕生日の日は家で両親を招いてお祝いをすることになっているので、当然、スペシャルメニューとバースデーケーキは予定していました。

オリがこれで十分だっていうから、お言葉に甘えようとしたんだけど、毎日毎日朝起きたらプレゼントがあるんでね、なんか私もサプライズしたいなぁと・・・

でも〜〜ぉバッド(下向き矢印)
考えても考えてもろくなアイデア浮かばなくて、サプライズ系は諦めました(爆)

もちろん物や金額ではないけど、開き直って考えた時にパッと浮かんだ商品がありましたひらめき

専門店があるはずだと思いネットで検索し場所を調べて通りの名前と番地をメモして学校帰りに出かけたんです。

そしたら、その店の住所がBerlin1高級な老舗デパートでした。
Kadewe(カーデェヴェー)ってデパートです。

そのプレゼントは・・・ウィスキーグラスです。

真っ暗にキャンドルの灯りだけで、ウイスキー飲みながら1人で淡々とPIANOを弾いて自分の世界に入っているオリバー。

この間は、私は声をかけられません。
本人もPIANO弾いてる時だけは邪魔して欲しくないみたいです。

自分の世界に完全に入っちゃってるわけね。

先週ウイスキーのテイスティングに行って好きなものを選んで買って来たオリはそれをウィスキーコレクション専用の棚に並べて嬉しそうにしてるんだけど、ワタシテキにはその素晴らしいウイスキーを飲むためのグラスがいまいちバッド(下向き矢印)

なので、バカラのウィスキーグラスを買いに行ったのです。

よく考えたら詰んないプレゼントかも知れないけど、でもこの手のものは、一ついいもの持っててもいいんじゃないかなって思って、まあ贅沢だけど、自分では絶対買わないものだからプレゼントとしてはいいのかなって。

ウイスキーにあそこまで拘るならきっといいグラスも欲しいはずなので悪いチョイスではないと信じています^^;

ずっしりと重みがあって私は気に入っているのだけど、どうかな、気に入ってくれるかな。

この買い物をする際に、店内を見ていたらすかさず定員さんが声をかけてきてくれて、いつもなら英語で見てるだけなので大丈夫です、なんて言っちゃうんだけど、今回はチャレンジ!

店員さんとのやりとり、こちらで初めてフルドイツ語でやりました!
こういった場所の店員さんは英語多少なりとも出来るので英語でやっちゃえば簡単だったのだけど、あえてドイツ語でトライしました!

結構楽しかったかも(笑)


posted by wakaba at 07:35| Comment(2) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

本が出たの〜

ゴルフ本.jpg実はちょっと前に頑張って書いていた原稿があると言っていたのはこの本のための原稿でした。

本当に本当に超初心者女性ゴルファーの入門書です。

女性のためのスタイルゴルフ
ってタイトルです。

私の知る女性ゴルファーさんたちは皆、セミプロみたいな人が多い(レベルのみならずその気合が^^;)ですが、こちらは本当にこれから始めようかなとか始めた人のための一冊ですひらめき

奥さんや彼女やご家族でこれから!と言う人が身近に居たら是非、書店でちらっとでも見てもらえると嬉しいです。

「執筆協力」という事でお手伝い&良い経験をさせて頂きました。
本の最後にちゃんと名前も載せてくれています黒ハート

本日、ドイツの私の手元にもこの本が届き、宿題と原稿に追われてる毎日を知ってるオリバーもなんだかとっても喜んでくれていました目

この原稿を書きながら個人的に思ったことは、「初心にかえる」という言葉がありますが、ほんと、それっていつどのポイントで忘れていくのか疎かに捉えだすのか・・・

以外に初歩的なことが分かってないのにそれ以上の事をしようとする人が多いのではないかって、ゴルフにおいては思いました(苦笑)

私もその1人かも知れません。

もしかしたらゴルフだけでなく、他の事にも言えるのかも・・・

例えば家族も大事に出来ないのに、やたらソトズラばっかり気にして八方美人を頑張っちゃってる人とか^^;これも初心にかえった方がいい例の一つかな・・・とか・・・色々例えは浮かんできます^^;

こんな風に言っている自分もそう。

自信は持ってないとやっていけないけど、でも自分がどんだけ〜??ってことを自覚している事も大事だし、基礎があっての積み重ねで現在だから、やっぱり根本が何かを考えれば人に感謝せずには居られないだろうし、またそれらを大事にしたりを忘れちゃダメだなって・・・

初心者に分かりやすいように、とか、初心者のための最低限の情報、とか、そう言ったことをそういった人が分かるように書くっていうのは案外難しいと思いました。

何がどこから分からないのか?っていうのを検討するのが案外大変でした。

そんな作業をしながら、今となっては当たり前になっている事が本当に初めての時はそうじゃなかった事を思い出したりして、なるほどなーと、この「初心にかえれ」というテーマについて頭に色々浮かべていたんです。

ゴルフのみならず、人間的、精神的な基本は私はしっかりしているのかどうなのか?大事なものを忘れていないかどうなのか?もっと揺るがない土台を作るには何が必要か、とか色々。

想像し出したら止まらないのが私っていう人の特徴のひとつ。
案外厄介なんだけど、まあ仕方ないっす^^;

本屋さんで見かけたら是非見てみてください(*^_^*)

本質っていうか、土台(=基本的なこと)がいかに大事か、そしていかに不動であり重要であるかってことを改めて感じました。

ちょっとお知らせでした〜グッド(上向き矢印)
posted by wakaba at 02:26| Comment(4) | Golf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

先週末は〜酒

rose.jpg

この週末も何だかんだ色々用事やらイベントがあり掛けぬけた〜

この時期っていうのは、私の在住経験のある3国、日本、アメリカ、ドイツともに忙しいのは同じだわね。

日曜日にFeurzangenbowleというこの時期の風物詩の代表格でもあるでしょう、ホットワインとはまたちょっと違う(同じだと思っていた)美味しい美味しい心温まるお酒を家で作ってみんなで飲もうって事になってて〜

赤ワインとラムをオレンジ、レモン果汁とそれぞれの皮をすって入れて、後はシナモンと、今回私が日本で料理やお菓子つくりに使用したことがなくかなりヒットだったNelken(ナデシコ)を入れて・・・

このNelkenってのが、なんとも独特な香りがしてたまらないわけ〜
お菓子も香水も香り立つものは結構スパイシー系が好きな私にはたまらない言葉で説明出来ない今まで経験したことのない香りです〜

土曜日にママが私たちが日曜日に親友カップル3組招いてそれをやるのを知っていたので、オレンジを差し入れに持ってきてくれたのだけど、その他たくさんのハーブや野菜も一緒に。

それだけで十分ありがたいのに、こんな素敵な花束まで!

なんで〜〜って聞いたら、「贈りたいって思ったからよ(*^_^*)」って。

何にもなくたって花を贈るのはオリバーにとっては普通の事、これもお母さんがこういう人だからっていう影響を受けてるね。

親のその影響力って、正直丸ごとだわね。ある意味コワイぐらいの高い確率で^^;

こちらの人たちの間で花っていうのはそんなに日常からかけ離れていない。老若男女問わず。

男性が花束買ってるのは良く見るし、中学生とか高校生とか学生の男の子も、花を一輪だけ持って歩いてるのとか見るよ。
包装とかされてないんだけどなんとも素朴で可愛い。これから女の子とデートで彼女の喜ぶ顔が見たくて買っていくんだろうね。一輪1ユーロぐらいの事だけど、なかなか日本にはない習慣だよね。

で、その美味しいお酒は〜
feuezangenbowle.jpg

ラムを除いた先ほどの材料を煮て、こうして砂糖の塊の上から(これ専用の大きな角砂糖?が売っている)火をつけた?ラムをかけて少し焦がし目の砂糖がこのお酒に入ってより一層香りが立ち味も素晴らしいのです〜

大人6人居て、そのうちの2人が妊婦さんだったので飲めず、つまり大人4人で、つか、1人はあまり飲まなかった(女性)なので、オトコ3人と私で、ワインの特大ボトル3本にラム2本開けちゃいました・・・

その後ウィスキーも飲んで即寝です(笑)
posted by wakaba at 15:39| Comment(5) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

隠し撮りしたはいいけど・・・

ある朝、起きて突然PIANOを弾き始めたオリの後をつけて行って隠し撮りしたムービーです(笑)

まだパジャマのオリバー、朝、急にPIANO弾きたくなったか、夢の中で良いメロディーが浮かんだのか。

ごく一部途中から、しかも途中で1分そこそこで、これから盛り上るってとこでぶった切れちゃってますが^^;興味があれば聞いてみて下さい〜

この日はノンストップ延々、20分ぐらい弾き続けてました。

本当はブログに載せたいからとちゃんと伝えて、パジャマじゃなく、ある程度自信作?とちゃんと弾いてもらえばいいのかも知れないのだけど、私としてはこうして、朝起きていきなり引き出した、彼のこの朝の「気分」みたいな、自然な音色を届けたいと思いあえてこのムービーを。

しかも彼は、「弾いて!」っていうタイミングでは弾かないんだ。

小さい頃、コンサートやコンクールばかりでなんだか追い詰められてたんだって。18歳にレッスンを辞め、スポーツに打ち込みだして。自分の生活からPIANOを外す事は出来なかったけど、その日から人前で弾くのを私に会うまで封印していたらしい。私に会ってからまた弾き出したのは何故か・・・と聞いても、その理由は分からないんだって。

よく“ランナーズハイ”、ゴルフでは“ゾーン”に入った、とかそんな言葉を聞くのだけど、トライアスロンもやっているオリに、これらの経験があるかと聞いたことがあります。
ないけど、PIANO弾いている時になった事はあるよって言ってた。

彼のPIANOを聴いていると、なるほどなぁと思います・・・

私も何か楽器やっとけば良かったなぁ・・・っていうか、実はPIANOやってたのを、子供の頃の写真を見てて、発表会で弾いている写真をオリバーが発見し、バレタ^^;

でももう何十年も弾いてない。
おまけに楽譜を見ても、左手がすぐに反応しない、ダメダコリャ(笑)


って、オリのPIANO弾いてる隠し撮りムービーをアップするつもりが、データが重過ぎるんだと思うのだけど、出来ませんでした^^;ごめんねー

前にゴルフスイングやだんじり祭りのはアップ出来たから可能かと思ってた^^;

1分ぐらいなんだけど、重過ぎか〜どうやったら軽く出来るんだろうか。知ってる人居たら教えて下さいね〜

今日もこれから宿題に復習に頑張ります!

めちゃくちゃ寒いベルリン。
ポッドキャストで、今日東京は18度あったとか!?どうなってるんだ??温かいのは嬉しいけど、ちょっと不気味だね^^;
posted by wakaba at 02:06| Comment(7) | Berlin☆喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

踊ろよ(^.^)

piano.jpg

昨日、学校の授業中、初めて「やばい、混乱してきた」って思いました。

先日クラス替えがあり、私はレベルの上のクラスへ。それはいいのだけど、どんだけレベルアップ??って言うぐらいすっごい他のみんなは出来て私だけまだ習ってないことがたくさん。
他の生徒たちはみんな5年とか既にドイツ語学んでいる人たち(自国で)で、日本で言ったら中学高校で英語をやってアメリカの大学に留学しているって言う感じ?

しかも授業がマイペースでいいなら、なんとかやっていくのだけど、私がプレッシャーに思うのは、こちらの授業スタイルっていうのが、かなり日本と違って積極性と想像力をフル回転させる構成になってるんだよね。
ディスカッションやプレゼンテーションが異常に多い。それとか芝居を作ってやらされたりとか。
日本のクラスでシチュエーション設定されて、5分で台本作って芝居しろって言われたってみんな恥ずかしがるか、笑いながらやるとかなんかしまりがないし、苦手でしょ?
でもこっちの子達はそんなの平気なんだよね。堂々とあたかも自分たちが俳優になりきってやる。私もこの辺は経験上劣らず率先して出来るのだけど、これはレベルが付いていっていればの話し。
今回編入になったクラスでは、私は先生の話を聞くのがやっとで、パートナーと組まされて色々とディスカッションやらプレゼン内容を考えたりするテーマが与えられると、相方にかなり迷惑をかける。それが嫌でなんとなく昨日は楽しくなかったのだけど、帰ってきてから、不安抱えて猛復習。

オリが夜9時ごろ帰ってきて、私は食事済ませてたので、オリだけに食事出して、私は同じテーブルで勉強してたの。
キャンドルの力をかりて少しリラックスはしてたけど、なんだか良く分からない全部ドイツ語の文法の解説にナニコレ・・・みたいなプチイライラ。

そんな時、いつも食事中にかけている、クラッシックラジオのチャンネルから、“Over the Rainbow”って日本でも有名な曲がかかり、オリが食事の手を止めて、「踊ろうよ!」って。
日本ではチークダンス?なんて、田舎のスナックで親父がママにしつこくお願いして踊ってる?っつうぐらいの、あまり馴染みのないものだけど、本当にこれがまた魔法なんだよね〜

不思議とほっとして。

オリバーはバッハ家の家柄の流れもあり、小さい頃からPIANOを引き続けています。
レッスンを受けていたのは18歳までで、それ以降はずっと自分のために自分がリラックスしたい時に弾くという感じなんだって。
彼のすごいのは絶対音感って言っていいのかな。
それこそラジオとかで流れているクラッシックとかで気になるのがあると、それを聞いてそのまま再現するんだよねー。

18歳以降は楽譜は一切見ずに自分で感じたままを即興で弾くのが彼のスタイル。
小さい頃から何百曲も作曲しているのだけど、一枚も楽譜はないのだって。でも全部覚えてるってのがまた血筋?すご過ぎ。

PIANOの音のある生活、癒されます。
オリバはなんか知らないけど、急に引き出すんです。
例えば、仕事しててトイレ行ったと思って出てきたらすぐデスクに戻らずピアノ弾いてるとか、朝起きた瞬間に弾いてるとか、疲れて帰ってきて即寝るのかと思ったら真っ暗な部屋で弾いてたり。

これもなんっつーか、感情のままに思い立った時に・・・という彼らしさのような気もします。
posted by wakaba at 17:15| Comment(3) | Berlin☆喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

オリパパもステキよ〜

ollipapa1.jpg
今日は、Schornsteinfegerと言って、煙突掃除屋さんが来る日でした家
建物の煙突を掃除して、そして各住居のガスチェックかな??とにかくその人たちが朝8時〜11時の間に来ると言うことになってました。

学校の時間もあるし、私が出かける前に来てもらえたとしても何かややこしい状況説明とかになったら私のドイツ語ではまだ不安なので、オリバーがママに頼んで来てもらう事になりました。

どうせだったら一緒に喫茶店コーヒーでも飲もうって事で、ママは7時半ごろ来てくれましたわーい(嬉しい顔)

日本で朝7時半はもう明るいよね?こちらの冬は暗くなるの早いし明るくなるの遅い夜
今日は曇りだったので、7時半だと尚更まだまだ薄暗いの。

部屋に例のクリスマスキャンドルつけて、ドライフルーツかじりながらお茶&おしゃべりする事約2時間、ノンストップです遊園地(笑)

よく喋る喋るあせあせ(飛び散る汗)

色んな話をするのだけど、ママの話しでオリの子供の頃の話を聞くのが私は大好きるんるんまるで可愛らしい物語を読んでいるようで本当に楽しい黒ハート今度、このブログでもオリの子供の頃の可愛いお話紹介しますね目

ママとはこうして、よく話をするようになったのだけど、この前、実家にちらっと借り物をするのに寄った時に、今までないぐらい初めてパパともいっぱい話をしたんですexclamation

それが私すっごく嬉しくてね。

彼は、ママみたいに好奇心旺盛で世話好きってワケじゃないから、私にはすごく優しいけど、でも正直どうやって接していいのかっていうのは分からないっていうか・・・そりゃそうだよね、言葉出来ないんだもん、どうしょもないって感じ。

私に話しかけてくれても私が何も返せないのを何度も体験しているから、段々、話しかけるのも考えちゃうようになってたとも思える。こういうのってあるじゃん。

話しかけることで逆に私にプレッシャー感じさせるのでは?とかそこまで考えてくれていたのではないかと思えるような感じしてました。

お父さんと二人で会話が出来るって事は今までまずなくて、オリとかママがいないとその場は成立しなくてお互いにちょっと遠慮って言うか積極的じゃなかったのは確か。

一緒に出かけたり旅行に行くと、オリとママは好奇心の塊だから、何か面白いものを見つけると即座にそっちに気持ちが飛んじゃって、ささくさそっちに早足で一直線になっちゃうの(笑)
オリもママも歩くのはやいから、そんな時に私が人混みに紛れて迷子になりかけることはよくある(笑)でっかいドイツ人の人混みだから、背の大きくない私はすぐに見えなくなっちゃうわけ。

でもね、そんな時もパパは言葉では表さないけど、いっつもキョロキョロして私がちゃんと着いて来ているか確認しながら歩いてくれる。
そんな優しい人ってことは言われなくてもとっくに分かってたんだけど、なんせ話しが出来なくていたんです。

なので、先日、話が出来たのは私にとってはビッグニュース&大きな進展なのです。

しかもね、そも会話は私から投げかけたり発進したのではなく、パパから色々話をしてくれたんだよーーー

多分、最近ママとよく電話したり出かけたりするから、ママが色々情報を入れて、軽く仕込んでてくれたんだと思うけどね(笑)

嬉しかった。

その間、オリとママは探し者に熱中してて、私たちの会話は全く聞いていませんグッド(上向き矢印)(オリ&ママ>熱中+集中型)

なので、帰ってきてからオリに、「今日パパと色々話ししたんだよー。パパは昨日、どこで誰と会って何を食べたんだよー」とかそんな話をしたことを報告しました。一緒にすごく喜んでくれた。

この写真は去年のクリスマスの写真。

この時は、パパと一言も話せなかったことを思い出します。プレゼントをもらっても、ありがとうございます以外何も言えず・・・通訳(オリ)を通してのみの会話だった。

去年のクリスマスは、バッハ家のパーティーでは本当に辛かった。
大家族が集まり、なんとまあ、8時間ぐらいずううーーーっとドイツ語だもん。一言も分からず、会話にも参加できず。
私が忍耐強いってったって、8時間その空気読みながら、でも一言も発せず、でも退屈な顔もすべきじゃないし・・・とにかく忍耐の8時間だったけど今年はちょっと楽しみです(笑)

パパは冗談が上手くて、しかも私が好きなブラックジョークっていうか捻りの利いたユーモアがあるので、もっと勉強して一緒にもっと笑えるように、さらには日本語では私も相当なブラックジョーク(突っ込み系)なので、一緒に冗談重ねられるようになったらいいなって夢見つつ、今日も宿題に頭抱えてまぁすあせあせ(飛び散る汗)
posted by wakaba at 06:10| Comment(4) | Berlin☆喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

ホットワインはしご〜

wm1.jpg

先週の金曜日、学校から帰ったらオリからメールが来ていて、クリスマスマーケットクリスマスにグルーバイン(ホットワインいい気分(温泉))飲みに行く??って。
「JA!!行く行く!!」グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

今年初のクリスマスマーケット&ホットワイン飲んで来ました〜

ホットワインは、単純にワインを沸かしたもの?ではありませんよー。

レシピはそのお店や家庭によって様々で、私はスパイスの聞いたものが好きです黒ハート

色んな味を試したくて、あっちのお店もこっちのお店も!って一杯づつ、飲み屋?ハシゴしてました(笑)
空きっ腹に何杯飲んだだろうかー^^;

wm3.jpg

体がすっごい温まるんですよいい気分(温泉)
寒いドイツの冬には欠かせないのは納得雪

そして、これはソーセージっての?肉の燻製犬
釣り下がってるもの、手前の棚に並んでるもの、全部肉です(笑)

こういった食物も寒く長い冬があるドイツならではの保存食なのだなと思う。
wm2.jpg

日本のように農耕民族の歴史に対して、狩猟民族の歴史を持つ国ならではの食文化とも言えるだろうけど、それだけではなく、この寒さを耐え凌ぐだめに体温めるエネルギーが必要で、その先の肉食でもあるだろうなとつくづく思います。どこ行っても肉肉肉〜演劇

保存食だけに?しょっぱいんだよねわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

日本人の塩分の許容摂取量と、ドイツ人のそれとは大幅にギャップがあるらしく、こちらの人と同じペースでこれらの肉の燻製食べてたら寿命大幅に短縮確定^^;

なので私はいつもこのしょっぱい肉は一口かじるぐらいにしてます。

でも、ソーセージ、やっぱ美味しいんだ。

こっちのお寿司が日本の寿司とは比べ物にならないぐらいまずいのに、こちらの人は美味しい美味しいと食べる。
でも、日本で美味しいと思って食べてるソーセージ、多分、ドイツでは犬も食べないかも?なんて大げさに話してしまいたくなるぐらい、美味しいです、やっぱ本場の食っていうのは違うよね。

wm4.jpg

あとね、私が好きなこちらの文化として、木製のおもちゃだったり、こういった飾り物。

なんか、ほっとするんだよ。手作りだからかな。本当に見てるだけなのにすっごくほっとする。
posted by wakaba at 16:05| Comment(2) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

またまたサプライズ^^;

126a.jpg12月6日(土)

この日は、前の日のクリスマスマーケットのグルーバイン(ホットワイン)の助けもあり、熟睡、朝寝坊の日でした。

朝起きて、例のAdventsカレンダー(毎日プレゼントクリスマス)の数字の6にぶら下がってるプレゼントを開けると、可愛いクマのメモスタンドとお手紙目


それを見ると、「今日はニコラウスの日だよー。ブーツをきれいに磨きましたか〜」って。なんだ?なんだ?といまいち、意味が分かってないのだけど、玄関先に置いてある自分のブーツを見ると、その中に溢れんばかりプレゼントひらめきひらめき
オイオイオイ〜〜〜

この日は、Nikolaustag、ニコラウスの日といって、良い子にしている子供たちにニコラウスからプレゼントが配られる日プレゼント


126c.jpg
5日の夜に子供たちは自分の長靴をきれいに磨いてドアの外に出して置くそうです。そして朝になるとその中にお菓子やら小さなプレゼントがたくさん入っているそうです。とにかくこの日は子供たちがわくわくする日。

ニコラウスとサンタクロースと何が違うのか良く分からないのだけどたらーっ(汗)ニコラウスは東方教会などでは最も重要な聖人らしく、サンタクロースの走り?と言う説もあるみたいです。

オリバはこうしてまた私にサプライズのプレゼントをくれました。
私何にもしてないのに^^;
「ニコラウス来たね、よかったねー」って。

嬉しくてワクワクそのプレゼントも毎日開けるプレゼントを並べているテーブルに並べて眺めてました〜グッド(上向き矢印)

この日はオリバのスーツを見に行く約束をしていて、一緒にお買い物。
夜は友達の誕生日会に呼ばれていたので、あまりのんびりしている時間がなく、支度して出かけようとドアを開けるとなんと!そこに、またニコラウスからのプレゼントが置いてありました!(もちろんママです)
126b.jpg

なんってこったーねー

本当にみんなどれだけ温かい人たちなんだろうか。

巷的解釈で言うと、堂々たる中年の私を、可愛い可愛いとまるで小さな子供みたいにこうしてかまってくれる。

ありがたいです。

子供の頃には気付かない視点で色んなことを感じ、学ばせてもらっています。
家族の愛情をたくさんもらって子供が心身ともに健康に育つ感じを体験しているようです。
posted by wakaba at 16:56| Comment(3) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

学校にママ登場(笑)

すいません、このサンタにハマっています(笑)
この横目で見てる感じよくない??このヨコ目(笑)笑っちゃいます(笑)

santa1.jpg

今朝もプレゼント開けました〜プレゼント
今日のプレゼントは、クリスマスバージョンのスペシャルティー喫茶店オレンジ、アーモンド、シナモン、バニラのミックスティー目このコンビネーションは初だ〜おいしそー楽しみるんるん
あと、20個も毎朝プレゼントプレゼントがあるんだよー(~o~)揺れるハート

昨日、授業が終わってから、教育実習でポーランドから来ている先生と立ち話になって、いつもは5,6分話せばいい方なのだけど、昨日はなんだかその先生に捕まった?っていうか、随分長話になり、40分ぐらいずっと話込んでいました。

もちろんドイツ語でたらーっ(汗)
その先生は間違いとかちゃんと事細かに直してくれるから私としてはありがたく、昨日は学校が終わってから特に用事も早く帰る理由もなかったので、まあ流れに任せて普通に長立ち話をしていました。そして、散々話して、じゃあ、また〜と手を振って教室を出たら、コーヒーラウンジ(生徒が休み時間に集うような場所)にママが!“はろーーー!”ってひらめきひらめき

なんで〜〜!!とびっくりしたのと、今日に限って長話してしまった、どれぐらい待ったのだろうかーーーって真っ先に申し訳ないと気になったのと、あと何か急用??と一瞬不安も過ぎったのだけど、彼女は私と一緒にクリスマスのデコレーションクリスマスを見に行きたいって迎えに来てくれてたの。

デパートとかお店とは少し違って、どっちかって言うとギャラリーっていうか美術館っぽい。

もともと大金持ちの大邸宅。
ダイニングルームはダイニングの家具やインテリア、食器など、普通にダイニングルームとして、寝室は、ベッドやリラックスしないわけないムードをかもし出す照明や様々なインテリアで飾られていて、まさに普通に知り合いの大金持ちの人の大邸宅を見学している感じ。

この時期なので、そこに、ならではのたくさんのクリスマスアイテムが飾られていて一層夢のような世界が広がっているわけ。

突然の事だったのでカメラも何もなくお伝えできないのが残念だけど〜。

お庭も大きく、テラスもクリスマスツリー(全部本物)やランタン(中はキャンドルのランプ)が色々並んでたりして本当に素敵ぴかぴか(新しい)そして、昨日もまた雪が降ってたのでさらに雰囲気良くてね雪

私、実は、子供の頃から、インテリアとか、モノのデザインを見るのが漠然と好きで、小学校低学年のころは、大人がマイルームを夢見て、モデルルーム見学に行くでしょ?あれをさ、私1人で行ってたんだよ←小学2年生とかが1人でモデルルーム見学←変わってるね(笑)

まあさすがに中まで入れてくれるところは少なかったけど、外から見たり、土日の新聞に挟まってる広告で住宅販売で中のインテリアまで写ってる写真なんかは何度も見たりして、もし自分が将来お家を買うとしたら、こんなデザインでこんな間取りで〜って描いて遊んでた。

こんな私なので、これ系のお店やネタは大好きで楽しくて、昨日もママと2人で、これいいねーとか、これは自分たちで作れるかもねーとか、これは面白みはあるけど、私はあまり好きじゃないわーとかその大邸宅の隅々、ドアノブや照明の明かりの陰までチェックして、あーだこーだ色々言いながら、お金遣わなくたって、心と頭がリフレッシュして楽しい気分になることはたくさんあるんだよねーって話してました(笑)

ママは私が少しドイツ語が出来るようになった事が嬉しくて一緒に色々やろうと考えてくれているのと、あとは彼女と私が過ごすことが私にとっては一番のドイツ語を覚える時間である事を彼女は分かってくれてて助けようとしてくれてるんだと思う。

現実は学生をする事ではなくて、やはりドイツでも自立した自分を確立すること=仕事を持つ事だと思っていること=言葉の壁・・・それらを彼女も良く察してくれているんだと思います。そして思ってるだけじゃなくて、自分にも何か出来ないか!?っていつも行動も起こしてくれるところが一味違う、さすがオリママって感じです。

見てるだけ、言うだけは誰でも出来るからね。

つくづく思うのだけど、不思議な事に、私たち話が出来てるんだよね〜

昨日も帰ってきてからオリバーにこんな話しもしたあんな話もした、こんな昔話知ってる?とか報告している時に、ふと、どんだけ話し好きなんだ、私たちわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)って思った。

もちろん話したいことの10%も話せてないけど、でも数ヶ月前はゼロだった事を思うと、すごい嬉しいし不思議って言うか信じられないっていうか、「時の経過」っていうのは、本当に小さな1秒、一刻の積み重ねなのに・・・その一刻の過ごし方でどうにでも可能性のバリエーションがあるんだなーと時計

次の私とママの計画は、クリスマスツリークリスマスを森に買いに行く!のではなく、森に探しに眼鏡行く!です(笑)
東京じゃちょっと考えられないよね(笑)
posted by wakaba at 16:29| Comment(2) | Berlin☆喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

はっぴーサプライズ

昨日(12月1日)とっても幸せなクリスマスシーズンの始まりを告げるサプライズがありました。

昨日学校から帰ってきて玄関開けると、暗いホールウェイ(靴脱ぐとこ)にぽつんと何か置いてあるひらめき

Dez1.jpg

あれ?と思ってよく見ると、可愛らしいクリスマスキャンドルホルダーにカードが立ててある。

オリが帰って来るわけないし、ママが何かの時の為にこの家のスペアキーを持ってくれてるから、彼女がまた私たちを喜ばせようと置いていってくれたのかな・・・なんて思ったのだけど、でも一昨日、お花と果物とカード届けてくれたばかりだしな〜・・・と思ってカードの裏を見ると、オリバーからでした。

裏にびっしり(いつも手紙は長文←カワイイ←笑)優しい言葉をたくさん並べてくれていました。

去年の12月、東京にいる私はクリスマスを今まで経験したことのないワクワク感で心待ちにしていました。と言うのは、初めてドイツでクリスマスを迎える計画があったからです飛行機

そんな私に、オリバーは、そのクリスマスをカウントダウンする、一日ごとに開ける小さな扉の付いたいかにもヨーロッパな雰囲気いっぱい詰まったカレンダーを送ってくれたのが↓これ。http://happysong59.seesaa.net/article/70252737.html#comment

手紙の最後に「今年は毎日開けられるカレンダーの小さな扉ではなく、スペシャルなサプライズを用意したよ!今日から始まるクリスマスのカウントダウン、最初のサプライズ開けて見て!」って。

えー・・・なんだろう〜〜ナニナニ〜〜ドコドコーー??って辺りを見回すと(背が低いのですぐに気が付かなかった^^;)玄関の壁にこんな風に12月1日の124までの数字が付いたプレゼントプレゼントが吊るされてるんですひらめき

Dez2.jpg

やられたーーーーーーexclamation×2exclamation×2って思いました。

オリバーってどんだけ、想像力に富んでいてロマンティストでスイートなんだろう!って思って。

サプライズってまさにこのこと。本当にびっくりの衝撃とハッピーな感情が同時に押し寄せ、一気に体が熱くなるほど感激しました。

Dez3.jpg

↑数字1がぶら下がってるプレゼントを開けると・・・

↓こんな可愛い子が笑いながらハローって出てきた黒ハート

Dez4.jpg

毎日毎日サプライズで、毎日毎日楽しくて、ただでさえ感謝感謝なのに、またこんな風に私を喜ばせようといつも何かしら考えていてくれる。出会ってからずーーーーーっとこの調子でいっつも私を笑顔にしてくれます。

「オリバーもこうして、子供の頃パパママにやってもらったんだろうな・・・」って感激しちゃって、言葉がなかったです。

幸せのおすそ分けしたい!ってこのことです、ほんと。しみじみ。

小さな頃から本当に色々あって、オリバーと会う直前までずっと歯を食いしばらないとやって行けない事が本当に多かったから、自分がこんなに力まずに自然体で幸せいっぱい、心静かに暮らせている事が、未だに本当に信じられません。

前にも言ったけど、夢でも見てるのか?私死んじゃうのか?って思うぐらい今までの人生とは別の世界です。

感謝をすべき人たちがたくさんいます。
posted by wakaba at 16:15| Comment(13) | Berlin☆喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

可愛い風物詩

Adventskranz.jpg

これはAdventskranzといい、主キリストの誕生を祝う準備の期間(=待降節)の環飾り。こうして4本のキャンドルが立っているのは、その待降節(クリスマス4週間前)の日曜日ごとに1本ずつ火を燈すという習慣があるんだって。

オリがイタリアに出張に行く前に、「忘れるところだった!」って慌てて近所の花屋さんで買って来たもの。種類は色々ですごく本格的なインテリアとして高額なものもあれば、このような子供向けっぽい可愛らしいものもある。

なんで忘れるところだった!なんて慌てていたかと言うと、ベルリン(ドイツ、もしくはヨーロッパ全般かな?)は日本では考えられないけど、日曜日はほとんどの店がお休みなんですがく〜(落胆した顔)
日本ではデパートとか土日が稼ぎ時なのにね。

で、今日(日曜日)帰国だと、その日に買って来ることが出来ない、月曜になってしまう!!ってことで、私としては、別に月曜でもいいよーって感じなんだけど彼は慌てて買って来てくれたってわけです(笑)わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

旧約の民に習い、ちゃんとしきたり通りに!って事で(めっちゃきっちりしてるオリ君です犬手(チョキ)

これに限らずいつもなんだけど、こうして、子供に教えるみたいにドイツの歴史や習慣を見せて体験させてくれようと配慮してくれるオリバーも素晴らしい。お父さんお母さんにそうやって育てられたんだなーとつくづく家族の温かみを彼の姿を見て感じる。

と言う事で、昨日の夜は、イタリアのビスコッティをどんだけー(古い?ワラ)つーぐらい山盛りお土産に帰って来たオリと、1本目のキャンドルに火をつけてコーヒー飲みました喫茶店

今週1本、来週2本目、再来週3本目、そして、いよいよクリスマスっていう週に4本全部に火が灯るっていう・・・この時期の風物詩。

要するに、カウントダウン始まったんだよね。
クリスマスクリスマスに向けて。もしくは新年2009に向けて・・・

しっかし早いね〜


posted by wakaba at 14:57| Comment(3) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。