blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年09月19日

“不信”が起こるワケ

ここ最近、急に青山さんのアンカーの動画がアップされてもすぐに削除されてしまうということが起こっています。もうあのアンカーを私のような外国にいるもの、関西テレビ圏内外の人がみることができなくなるというのは、残念と言うより、ピンチです。

青山さんのお話はとても貴重で芯をついています。
日本人として知らなくてはならない話ばかりです。

青山さんは日本の危機を感じて、身をすり減らし国のためにアクションを起こしてくれています。

お笑い、バラエティー番組の豊富な日本は、そっちにテレビの時間を取られてしまいがちですが、日常のわずかな時間をどうか、青山さんの話に耳を傾けて、日本のことを考える時間を少しでも持って欲しいと思います。

「政治不信」
「人間不信」

こんなふうに言う人、現代社会に多いでしょう。

なぜ、この“不信”が起こるのでしょう?

関わりを持ったことで傷ついたり、嫌な目にあったり、裏切られてしまった事で、離れていってしまう、そして不信にどんどん陥るのでは?
これも、当然のリアクションであると、私も経験があるのでよくわかっています。

でも!人間関係も、政治社会もこの「不信」を抱いた時に、回復してもらいたい、改善したい、日本人が暮らしやすい社会になって欲しいと思うならば、ここで避けて通る、離れて見ているだけでなく、“関わりをもつ”ことが第一歩だと思います。積極的にでなくても、ほんの少しでもいいんです。「不信」を脱出するには、人間関係でも政治に対してでも、気持ちを閉じ込めずオープンする、関わりを持っていくことが大事だと思います。

関わりを持つとは・・・

なんでもいいのです。

ただ、第一歩は、「知ること」です。
そして、もしもっと日本を思う気持ちが強くなったら、友達や家族に語ること・・・それだけでも十分関わっていることになります。

つまり、日本をよくするために、皆さんが出来ることはすぐそこにあるのです。
それを、ただ見ているだけで、政治不信だのと、ぼやくだけの人は、所詮自分のことしか考えていないとも言えるのでは。でもね、その自分の事に大きく関わって、影響してくるんです、ただ不信なまま、避けて、離れて見てるだけっていうスタンスを取ってしまうのは。

一日一日、忙しく過ごしている人が多い日本ですが、ほんの少しの時間、大事なお話に耳を傾け、日本を知る、想う時間をもってくれる人が増えるといいなと思ってます。







posted by wakaba at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 好き?!嫌い!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。