blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年10月09日

半端じゃないっBドイツ対トルコ

とにかく、こんな大規模に盛り上がるイベントは見たことがないっ!っていう熱気と壮大で異様な雰囲気のスタジアムでした。

どんな世界のロックスターのコンサートだってあの雰囲気はないと思う。っていうか、一緒に出来ない、比べられないかもね。

やっぱり、国のイベントって感じだしね。

試合はね、見てない人もいるでしょうから、ハイライトだけの動画張っておきます。
ハイライトと言っても、3-0なで、ドイツの勝利だったので、ドイツのゴールシーンなのだけど。

いや〜〜〜〜

生で会場で見る醍醐味って言うのは、大きいわ。
ライブっていうのは、アクション、リアクションの繰り返しをその瞬間、瞬間に肌で感じられるっていうわけだし、今回私が思ったのは、テレビとは違う角度で試合を見れること。私の席は一番後ろだったけど、上から全体を見れるって言うのは、また普段と違って面白かったです。最初のKLOSEのゴールも、私たちの席からの角度だったからこそっていうアングルでばっちり見えたし、あと、テレビだとテレビが映す選手しか見ることが出来ないけど、会場だと自分の意思で見たい選手や見たいところに目を向けられる。ボールを持っている選手にカメラが向くのが普通だけど、昨日は、ボールを持っている選手でない選手を追うことが面白いってことに気づきました。特に、ミューラーの動きは、なんっつーか、天才なんだなって思った。あそこにいる人たちはみんな天才なんだと思うけど…

昨日はポルドスキ以外はみんなそれぞれ本当に素晴らしかったと言う評価。ポルドスキも悪くないんだろうけど、なんか結構、雑なプレーが目立つ選手みたいなんだよね。でも、この人の代わりがいないから、出ているんだろうしね。勝ったのだから、チームの誰か一人が悪かったなんて言うのは変かもね。チームスポーツだから誰のせいで勝つ負けるは絶対にないわけだし。

ドイツの強さが全面に出た試合だった。

いろんな意味で、すごく大事な試合だったので、試合後、OTTOは、何度も(今朝になっても)「僕たち勝ったんだよ」って言ってました。
彼は昨日、トルコサポーターに囲まれ、埋もれる環境にいながら、一人でその中で大声出して、選手の名前を叫んだり、プレーに対してストレートなリアクションをしていました。敵に囲まれて、運が悪かったら、何十人も相手にボコボコ乱闘に巻き込まれる可能性だってあるのに、正々堂々と自分の国を応援する姿は、「正しい」と私は思いました。

日本政府が尖閣諸島で中国の船が意図的に日本の船に衝突してきたのに、日中関係に差し障るとかって理由で、その思いっきり誰が見ても、向こうのテロアタックだって分かる証拠のビデオを公開しないと決断したんですよね。そしたら、中国は調子に乗って「日本から衝突してきたから公開出来ないんだ」って言い始めた。何に対してもびびってる日本を完全になめきっている態度。でも、舐められる理由を大いに捧げてるのは日本側。

正々堂々と、正しいことを言う、正しいリアクションをすることに、びびりまくっている日本の外交のもとに、この先の将来、日本があり続けられるとは誰が考えても想像しにくいことではないですか?

世界のサッカーイベントを見て、国民たちの姿を見て、また日本についても色々思う私でした。

あと、エジル選手にまつわるエピソードで書きたいことがあるのだけど、これはまた後で。

私にとって「真剣、本気」の現場、スポーツからは学ぶことが大きいです。

以下、動画とドイツのサイトのフォトギャラリーのリンク貼っておきます。

ユーロ2012予選 ドイツ対トルコ n-TV
←クリックぴかぴか(新しい)カメラ

フォトギャラリー


で、来週すでにカザフスタンと対戦でしょー
ほんと、すっごい体力だよねー


posted by wakaba at 19:01| Comment(1) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半端じゃないっA愛国心

会場では、プログラムが無料で配られていました。

そのプログラムには1ユーロと書かれていたので、事前には有料で販売されていたのだと思います。

でも、残ったから配っていたのでしょう。

結構ないい内容でね、これはファンにはうれしいお土産だーと思った。

日本でも欧州サッカーファンはたくさんいるから、こういうの欲しい人いっぱいいるだろうなーと思った。見る人が見たら、この表紙だけでも、唸ると思うし。

09102010060.JPG


いよいよ、試合が始まりました。
国歌斉唱。

四方八方トルコサポーターに囲まれていたのだけど、幸い、私の隣は、おとなしそうな人のよさそうなトルコ人のおじさんたちで、変に酔っ払ってたり叫んで大声出してたりもしないし、その座って待ってる雰囲気からも、安心感があった。

でもね、国歌斉唱になったら、丸っきり人が変わったかのように、オペラ歌手かよっ!?ってぐらい、腹の底から大声を張り上げて、思いっきり気持ちよさそうに歌ってた。

愛国心、素晴らしいと思ったよ。拍手しました。

で、次、ドイツの番。私はさすがにドイツの国歌を歌うのは違うと思うし(歌えないし笑)一緒に立ち上がって歌っているつもりで聞いていました。

トルコサポーターに囲まれて埋もれちゃってた私たちだけど、その時になったら、なんとOTTOまでも、「おいっ!?」って別人になったみたいに、歌ってたんでびっくりした(笑)

でも、これが普通なんだよなーと思った。

みんな自分の国に誇りを持って生きている。特別なことではなく、当たり前のこと。

日本は首相が靖国参拝拒否とか、国旗、国歌が嫌いとか…

なんか、次元が違いすぎて話にならないと思っちゃった。

実はね、昨日、めっちゃ寒かったんです。
私は、がくがく震えてました。
寒いの分かってたので、かなり厚着して行ったのに、それよりももっと寒かった。

熱気はあったのだけど、気温とは別の話だなと思った(苦笑)

続く
posted by wakaba at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半端じゃないっ@欧州選手権予選

昨日、ユーロ2012(欧州選手権)の予選、ドイツ対トルコ戦を、ベルリンオリンピアシュタディオンで観戦して来ました!

試合開始より、2時間以上も早く会場入り。
いつもの試合だとビールは当然売られていたと思うのだけど、なぜかこの日は、アルコールフリーのビールしか売ってない。

なんか、わかるでしょ、理由が…

万が一の混乱を避けるためよね。

警備体制も並みのスポーツイベントではないわ。
警察もそっこら中に待機しているし、荷物チェックのみならず、完全なる念入りなボディーチェックをされた。

グラウンドの周りも、3メートルおきにセキュリティーが立っているという感じ。

そして、約8万人近く収容されるこのスタジアムは満員。

トルコ陣に埋め尽くされていたと言って過言ではない状況でした。

スタジアムまでの道のりも、ここは本当にドイツか?と言わんばかり、トルコ人だらけ。

私たちの席も四方八方トルコ陣に囲まれ、試合開始前から、かなり興奮気味で大騒ぎだし、予想を裏切らない熱気でした。

まずトルコチームがグラウンドに出てきて、練習を始めると、もう、半端じゃない騒音。

ドイツチームが出てくると声援もあったのだろうけど、ブーイングしか聞こえないような状況。要するに、トルコ陣の勢いが凄過ぎてそういうことになっていたのだと思う。

あんだけ四方八方を外国人に囲まれると怖いもんだ。しかも、両国の首相が来るほどの国の友好イベントであると言いたいが、やっぱりライブは勝負イベントという事になるじゃん。

試合前に思ったのだけど、私、かつてこれまでの人生で、これだけの異様な盛り上がりに達するイベントを見た事があっただろうか?と振り返ってしまった。

答えは“Never”
ないです。

本当に、簡単に言葉で言い表せないものすごい規模の独特な雰囲気でした。

私の席は、ギリギリにゲットした割りにとてもいい席でした。

一番後ろの席だったのだけど、ほぼ真ん中で全体が見渡せるし、後ろがいないって言うのは案外快適でした。

ドイツチームのウォームアップで、一番先にキーパーのノイヤーが出て来ました。

彼のWM(ワールドカップ)でのすばらしい活躍に惚れ込んでいた人はたくさんいると思いますが、もちろん私もその一人。

でも、私は、ドイツナショナルチームの中でも、やっぱりバイエルンミュンヘンの選手の方が気になっていたので、“ノイヤー好き好きハートたち(複数ハート)”って感じではなかったのだけど、昨日、一番先に出てきて、ウォームアップしながら、会場のみんなに、ハローって手を振ったりしている姿を見て一気にファンになりました。なんか、いい子なんだな〜って、ほのぼのしちゃった。

こちら↓昨日のノイヤー!オリバーカーンの素晴らしい功績を超えるか!?絶対超える!!

image_slshow_einzel_0_5-1.jpg



次々に選手が出てきて、遠目だけど、普段から見ているだけあった、誰一人わからない選手はなくて、遠くても十分に動きも確認出来て、その練習風景を見るのも初めてだったけど、なかなか面白かった。

この写真は、練習風景の時の全体図。まだ試合が始まるまで時間があるので、私たちの席の向かい側のVIP関係の席には空きがありますね。

トルコの首相はこの日、仕事柄(笑)OTTO情報によると、試合が始まる1時間ぐらい前にベルリンに到着しているんだよねー

慌しく、本当にこの試合のためだけに訪独しているってことよねー

Oktober 075.JPG


続く


posted by wakaba at 18:10| Comment(2) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Olympiastadion!

Oktober 072.JPG
posted by wakaba at 02:15| Comment(2) | TrackBack(0) | @携帯より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンゲラ(首相)も来るんだよ!

ユーロ(欧州選手権)2012のドイツ対トルコ戦サッカー

まもなくです!

なんとか、完結はしてないけど、きりのいい所まで仕事は終えた(つもり)です。

そわそわします。

ネットニュースで拾った情報ですが、今日のこのドイツにとってホームの試合にもか関わらず、トルコから約3万人のサポーターが駆けつける他、約300万とも言われるドイツ在住のトルコ移民の多くがテレビ観戦するだろうと言う事です。

ホームの試合でありながら、ホームを凌ぐほどのトルコサポーター。
熱気が既に想像出来ちゃう…軽くびびってます。

今日の試合にはドイツのアンゲラ・メルケル首相とトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン首相も観戦に訪れる予定となっているそうです。

予選とは言え、大変な試合なわけです。

しかし、シュバインシュタイガー(バイエルンミュンヘン)が欠場ってのは、痛すぎる、そして残念すぎる…

日本でもこの試合には注目してくれるファンがいると嬉しいなぁ…


posted by wakaba at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。