blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年11月13日

チョイス


choc_1012.jpg


ゴルフダイジェスト社の「チョイス12月号」

私がゴルフ始めた20年以上前から一番好きだった雑誌。(むかーしBAFFYって雑誌あったのも知ってる?あれも好きだった、特にこの2冊は写真の選択が)

今発売になっている12月号の、ビジネスマンのゴルフ・世界の歩き方 欧米編の編集のお手伝いをしました〜

小さな記事だけど、良かったら見て下さいね。

オリバーの親戚のお友達がここに掲載したゴルフ場のひとつの理事ってことで色々取材協力などしてもらいました。

ドイツ語で電話インタビューとか、初めての体験をしましたぁ…本当だったら私のドイツ語力で、すっごい忙しい人のオフィスに電話をして、ノロノロ喋って、嫌がられるだろうな〜迷惑だろうな〜と思って、本当は乗り気じゃなかったんだけど、やるしかないじゃん。だって、折角のお仕事だし、わがまま言ってられない。何でも積極的に挑戦していく以外、今の私、ドイツでやっと一歩を踏み出した私にはそれ以外、選択肢なし、やるしかない!でしょ。

いつも思うけど、自分の中で、出来ないって思ってることでも、やってみたら、「なんだ、案外、出来るじゃん?」ってこと、実はたくさんあるんだよね。

小さいころからこれの繰り返しで今に至ってます。

たまに、自信家だよね、って褒めているのか嫌味かはケースバイケースだけど、あるんだよね。でも、私は自信家ではないよ。強そうに見えるなら、それは自信がないからってことが多い。不安を隠している時とか。

けど、いざとなったら、自分しかないからね、自分を説得できる人って。それは小さなころから何故か理解してた。

だから、やるしかないっ!
って思った時は、自分に出来るよ!やってみるんだよ!って言い聞かせて、そして、ワカ父のいざって時の決まり文句のひとつ「死にゃ〜しないよ」ってもう一度言い聞かせて自分の背中を押す(笑)

私は決めるまで、結構遅いんだけど、決めると腹が据わるのが早い。

こうして実際にやってみて、あ、なんだよ!?簡単ジャン??っていうことが意外と多いこと、皆さんも気付いている?

英語の先生時代に思ったこと、これもそう。
みんな少しは英語習ってるわけじゃん?でも、なんか間違えるのとかが怖くて口から出てこないとか出さないで引っ込めるとか・・・

でもね、めちゃくちゃでもいいから、とにかく発する、チャレンジする!
そうすると、案外通じるの。これ知らない人多いかも知れない。
ほんと、なんとか通じるんだから。

気持ちが強ければ、本気になれれば、出来ないことの方が私は少ないと思ってる派です。

おっと〜チョイスの話から飛びましたが、ドイツにて、言葉が出来ない赤ちゃん段階からスタートし、今は少しだけ、仕事が出来るようになって来ているのは嬉しいことなのですが、その背景には、いじいじ、「えー無理だよー出来ないよぅ・・・」って言ってた私もいるのです。その度に、自分が始動する以外、自分がアクション起こす以外何も起こらない、やるしかない!って追い込んで、挑戦するんです。

ほんと、毎日挑戦なもんで、正直疲れてます。

周囲は私が何でいつも疲れてるのか理解しないでしょう。ドイツ人にとっては普通の日常の流れでも私にとっては、人に会う時はそれが家族だとしてもオリバー以外だったら、常に集中してないといけないし、挑戦から逃げられないし、本当に毎日毎日、大変なんっす(笑)

でも、頑張る理由があるから、大変でも嬉しいのです。





posted by wakaba at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなワタシ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今一度見て頂きたい動画

海保の皆さんの仕事、もっと皆さん、知るべきです!
命がけで私たちの日本を守ってくれている人たちです。
日本を守ることなんぞ全く考えておらず、政権の維持に必死になって、責任は一切取らない、他人事、人のせい、誤魔化して逃げてどうにでもなると思っている民主政権に国を任せられるとまだ思っている人が27%もいるとは驚きました(テレビの調査かなんかの数字が公開されてました)

私たちは何も知らずに平和に暮らしていても、日本を取り囲む海上では、命がけの警備が必要とされているのが現状で、命を懸けてその任務に当たってくれている人たちのことを、仙谷氏はじめ民主党は、中国に顔が立たなくなったと罰則する事で躍起になっている。

この動画、見て下さい。



それから、この動画も見て下さい。
「戦場の名言 大東亜戦争」

こういうものを見るのは本当に胸が締め付けられて辛いのだけど、でも日本はどうやって守られてきたか、もう一度、一人でも多くの人に自覚してもらいたい。

冒頭の21歳の若い中尉の言葉。神風特攻の前のこの言葉…
何を感じますか?

いよいよ明日は特攻だ
いつものように俺について来い
だが次のことだけはみんなと約束したい

こんど生まれ変わったら、たとえ蛆虫になろうとも、
国を愛する忠誠心だけは失わないようにしよう

廣森達郎中尉(享年21歳)




それから、以前もこちらで紹介しましたが、まだ見ていない方、もう見た方も含めて、今一度こちらの動画を見て頂きたいです。

青山繁晴さんの魂のこもった演説。
硫黄島のお話です。

日本の歴史を知らない人は日本人と言えるのか?
また、日本人が一番、自国の歴史を知らないと世界では言われています。

遅いことなどないです。これからもっと知って生きましょう。

どうかお願いです。見て下さい。
こちらをクリックして、過去記事に飛びます。

posted by wakaba at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 好き?!嫌い!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石原都知事

石原都知事
「何で愛国者を逮捕する必要がある。隠すのが間違っている。隠す方が売国的だよ」

その通りだと思います、私は。
みんなはどう思ってるのだろう…
posted by wakaba at 00:24| Comment(1) | TrackBack(0) | Twitter風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。