blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年12月16日

裸の銃を持つ男

とても忙しいけど、クリスマスっていうドイツの人たちにも特別なこのシーズンを日常的に過ごすのは不可能で、先週末の夜はバッハ親戚一同、と言っても、子供を除くベルリン在住の私たち入れて9名だけどうちで、パーティーしました。

その翌日は誕生日会。みんな家族で御呼ばれするのが普通なので、子連れが多く、小学校あがる前までの子供だけで15人ぐらいいた。写真を撮りたいとカメラ持って行ったけど、15人も赤ちゃんとちびっこがいたら、私は写真なんぞ撮っている暇はありませんでした。

クレヨンしんちゃんのテーマ曲?
♪パニック、パニック、パニックみんなが慌ててるー
ってのがグルグル頭をまわるような状態で、ほんと、大変でしたよ、でも、超楽しかったけど!

んで、帰ってきてその夜も徹夜で書類作成…昨日も今日も朝から晩までずっと…

本当は今日も御呼ばれしてたけど、お断りしました。

仕事は山積みなまま、仕事上考えねばならない事がたくさんあったりでいっぱいいっぱい。
でもね、実は、そのお呼ばれってのが、私的には、友達の誕生会より全然重要でなかったのでパス。むしろ内心、くだらねぇなー(笑)と思ってたこと…

何かっていうと、OTTOたちが友達3,4人で企画した「裸のガンを持つ男・追悼企画」と題して、集まってわいわい飲みながら食べながらそのフィルムを見るって言う上映会らしく。

先日、このアメリカで人気シリーズ映画「裸のガンを持つ男」の俳優さん、レスリー・ニールセンが亡くなったでしょ。
そのニュースを聞いて、この映画ファンの友達数名ですぐに電話で相談して、この上映企画を計画してたんだって。
OTTOはコメディーが大好きでね、この映画も何階見てもゲラゲラ笑ってるわけ。

私は、この映画、まったく面白いと思ったことないんだよね。私って少し笑いのつぼが違うっていうか・・・

アメリカにいた時もこの映画を好きな友達はたくさんいて、当時も何度も見る機会(羽目)があったけども、私は全然面白いと思えなくて、むしろ、これを見てゲラゲラ笑ってる人たちのことを見て、幸せそうだなーと、ぷぷっと笑いたくなる程度。

と言うことで、この上映会に私も呼ばれてたけど、こればっかりは仕事を何の惜しみなく優先出来る感じ(笑)

OTTOらは、男ばかりで食べ物飲み物を持ち寄ってその映画、2本も見るんだって。
ピザを作るって相談で決まったらしく、OTTOはピザの上に乗せるものを担当で、チーズとマッシュルームとハムかツナとか色々リュックに詰めていた。私は行けないお詫びに、手作りケーキを持っていってもらう事にしました。食べ物は人を幸せにするからね(笑)

と言うわけで、今OTTOは追悼上映会で爆笑していることでしょう。

それにしても、この映画のファンの友達が彼のニュースを聞いて、電話し合ってこういう企画をっていう発想は悪くないよね。

みんな立派なお仕事をしている人たちでとても忙しい人たちだけど、こういう何って言うか、少年の心を持っているのはいいことだと思うわ。

日本では「少年の心を持つ」ってカテゴリーが別枠にあるようだけど、こっちは、どっちかっていうと、これは普通、要するに誰しも男性には標準装備されていて、常に稼動しているって言える気がする。

こんな風に思うファンが世界中にいるこの俳優、レスリー・ニールセンさんもとても幸せだわね。

51ZDGS1HCRL._SL500_AA300_.jpg




posted by wakaba at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5歳の女の子からプレゼント

私の小さなお友達、Lara(5歳)の女の子からのプレゼント。

クリスマスの絵です。

日本の人はクリスマスと言えば、サンタとツリーと…って感じなので、宗教的な物語を詳しく知らなかったりすると思うので、わかりにくいかも知れないけど、よーく見ると細かなところまで面白いんです。よく描けているんです。

November 043.JPG


日本の話題をすれば、将来が心配になる話ばかり。みんなが目覚めて、一致団結し、売国政府を追求していかなくてはならない、とても平和を錯覚してぬくぬくしていられないニュースばかり。正直、面倒だと思う人もいるし、かかわりたくないと思う人もいるだろうし、どうにかなるでしょ、とか、なるようにしかならないでしょ、といい何もしないでいる人も多いと思う。だって楽だしね。でも、子供たちを見ていて思いませんか?国を守らなくては…って。

こんな絵を描いてくれる子供たちを見て、今がよければいいって目先のことだけ考えて、どうにでもなるでしょ、なる様にしかならないから、別に面倒だし自分は何もしないでいいと思っている人は私は違うと思います。何をしてほしいか、それは最低限、知ってほしいと言うことです。

子供たちに平和な日本は、このままではありえないと言えるかも知れませんよ…

私には子供はいないけど、でも、絶対守ってあげたいって思います…


posted by wakaba at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そろそろ目覚めて…


最近とっても忙しい。
クリスマスシーズンのイベント続きに加えて普段の何倍も束になって仕事が入って来た。
分散して入って来てくれればよいのに、そうは行かない。風邪が治るのに3週間以上かかり、やっと治って、折角またジョギングトレーニング開始したよ宣言してたのに、それも続けられないまま、運動不測状態がその大量の仕事の山のお陰で未だに続いています。

今取り掛かるべき仕事はPCと一日中一緒の仕事な上、日本語はほとんどなく、ドイツ語90パーセント、英語10パーセントの割合。
頭がとても疲れます。目もとても疲れます。肩凝りが半端じゃないです。
ふ〜
折角先日超癒しスポットウェルネスで一日休んで、アロママッサージまでたっぷり受けてきたのに、もう体はパンパンに疲れで張ってしまっています。
でもね…
考えたら、これは幸運だと思わないとね。
能力がなければ、そして可能性もなければ絶対に頼まれるような簡単な仕事ではないもん。
ドイツ人に出来る人がいる仕事だったら私には回ってこない。当然、ここはドイツ、ドイツ人が優先。ドイツで失業している人、仕事を探している人の為の求人だからね、基本は。私もそれでいいと思うし当たり前と思う。国家たるや、自国民を守ってこそでしょ。日本は違うけど…(って結局そっちに話それちゃうわ〜)

今日もこれらの動画紹介させて下さい。これもすぐに削除されると思うのでなるべく早く見て下さい。

ようやく地上波でも反日政府のニュースが告げられて来たのかもしれません。と言ってもまだまだ不十分ですが。

これを十分に行き渡らせる、日本国民に知らせ渡らせる為には、一人でも多くの人が本当のことを知ろうと、きちんと自覚して目を覚ますことでしょう。



この人、日本の国家公安委員長…警察のトップ…
青山繁晴「朝鮮総連と密接な関係にある政治家を国家公安委員長にした責任、菅総理と仙谷官房長官の責任は重大、辞任にも値する…」というコメント…本当にその通りですね。恐ろしいです。

あとれんぽーも見るたびに嫌な人になっていく…




posted by wakaba at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 好き?!嫌い!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。