blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2009年02月11日

T・レーマンにまで・・・

olliwakakodomo 030.jpg
コメント欄にコメントが最大に入ったのはウェディングドレス試着の「手作りドレス」でしたるんるんさすがにあれは衝撃だったかしらね(笑)
ブログを書いている以上、コメントは大きな励みになるので、とってもうれしいのですが、私のブログを見てくれている人たちは、コメントではなく個人メールで反応を示してくれる人が圧倒的に多いですひらめきブログコメントとか苦手な人多いみたい?いずれもとってもうれしいです。いつも見てくださっている方々、ありがとうございますハートたち(複数ハート)

つい先日の「オシゴト」のタイトルで書いた記事と一緒に載せた写真にも結構な反響がありました。このブログを見てくれている人たちの中でプロアマ問わずのゴルフゴルファー率は結構高いからでしょうね。
そういう皆さんがまた反応しそうな写真(古い写真のスキャンですが)をもう一枚載せますカメラ

これは全英オープンで優勝した年にトム・レーマンが来日した際に、一週間の通訳兼、マネージャーの仕事を某テレビ局から依頼された時の事です。

基本、一日中ベッタリの通訳なので、コースも出てまわるし、プレスインタビューの対応からスケジュール管理まで色々こなすのですが、そんなある日、彼の帯同キャディーがスタート直前になって足を怪我してしまい・・・がく〜(落胆した顔)
大会側も関係者もみんな大慌てあせあせ(飛び散る汗)バッタバタで代わりにキャディーができる人はいないか探し回っていました。ハウスキャディーも学生バイトも全部出払ってしまっている。それと同時にスタート時間に間に合わない!どうしよう!パニックどんっ(衝撃)

そんな時、ふと思ったんです「・・・っていうか・・・私やりますけど??」みたいな(笑)

当時は今みたいに女子キャディーが多い時代ではなかったので、周囲はそんな頭もはなからないし、私は通訳でスーツ着て現場にいるわけで〜

そして私がゴルフやっていた事、キャディーをするだけの体力、知識もある事など言わなきゃ分からないのは当然だわね(笑)でも、みんなのバタバタを客観的に見た瞬間にふとそれを思いついてさりげなく提案(笑)

「えーーーーがく〜(落胆した顔)???本当にできるの???」という言葉の次には、もう時間時計もないしあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)プロショップでウエアを買ってもらいすぐにそれに着替えて支度。

トムのバッグはものすごい大きくて(まあ普通にツアープロのバッグだけど)中にも何が入ってるんだ?ってぐらい重くて。私は背が低いので、バッグを引きずって18H歩くか?の絵になっている。なので、彼が中身を出して、バッグのストラップも最短にしてその上結んでさらに短くしてくれましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

その18Hは忘れられない最高にたのしいものでした。

あの三好カントリーをトム・レーマンのバッグを担いで歩いたんですよ〜すごいでしょーわーい(嬉しい顔)手(チョキ)
色んなトーナメント見てるけど、三好カントリーは好きなコース(観戦するに見てドキドキする)ベスト5に入るコースだったのでかなり興奮もしました。

世界のトッププレーヤーたちのゴルフを間近で見ることも誰しもができる経験でないことは分かっていますが、私はこれらの仕事(通訳)を通じて、彼らとの時間を共有する機会に恵まれ、精神的なこと、心のあり方など、人生に欠かせない勉強もさせてもらった話しの方がもっと心に残っています。

トム・レーマンに限って言うと、人生論、精神論について朝まで語りまくった事があります。それでは話し足りなかったのでしょう。アメリカに帰った彼から一冊の本が送られて来た事もありました。
希望を持つ事を、こんな出会いでこんな人からも教えてもらって・・・。

いっつも私は真剣というか真面目に真っ向からその物事に向かいます。というか、そういう風にしか振舞えない。見ない振り、知らない振り、どんな振りでもいいけど、偽った形での表現が出来ないのが難点でもあります。損をする事も多いし、その真っ向勝負ぶりに驚かれる事もあるでしょう。

でも、相手も同じテンションで嘘なく、真剣、真面目に向き合った時に生まれるパワーは、その後も多少の温度は下がっても、消える事のない炎のようです。

ここまで来るに、色々を振り返り、自分一人の力では到底乗り越えられなかった事を日々感じています。

この話しを書きながら思ったのは、家族、友達だけでなく、単発的とはいえ、こういったご縁あって巡り会った人たちにも、励まされ勇気を与えられ消える事のない炎を心に燈してもらったのだなと。これ以上のギフトはない価値のあるものです。

よい思い出、いっぱいあります。感謝です。


posted by wakaba at 17:27| Comment(4) | Golf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
☆消える事のない炎を心に燈してもらったですか〜!ほんとですね。。
わかさんは素敵な出会いを数多く経験されてますね〜!!
通訳やいろんな事が出来てしまうわかさんにはもう脱帽としか!!尊敬デス☆

それにしてもこのお写真可愛いですね〜^^
若〜い☆
もう一度読ませていただきまーーす。
今日もありがとうございました。
Posted by 真子 at 2009年02月11日 19:59
真子さん、突き指治りましたか〜?(^。^)この写真、若いでしょー。中3みたいでしょ(笑)中3の時もこんな感じだった、ほんと変わってない(笑)←同級生も見てくれてるから証人になってくれると思う(笑)でもね、この時既に20代後半だったんじゃないかなと思う(笑)
Posted by waka at 2009年02月11日 21:21
やはり、その道でトップになっている方々は皆すごい方ばかりですよね。我々一般人とはちょっと違います。そんな方々と直接色々なお話ができたなんて羨ましい限りです。

それにしても、素敵な写真ですね。
やっぱり、プロの方が撮影した写真ですか??
Posted by KAZ at 2009年02月16日 08:37
KAZさん、こんにちは!
確かにトップスポーツ選手っていうのは、正直何か別物ですね。心の在り方が。人間完璧じゃないから、細かい事言えばそれぞれ難点や悩みはあるのだろうけど、やはり一般的な発想とはかけ離れているし、やる事やって来て結果出してる人たちだから別の悟りもあると思うんですよ。一言でここでは語れない話たくさん聞いてきました。これは私がとてもラッキーであった事と、私にとってすごく必要だったのでしょうね・・・彼らにも力を借りる事が・・・。
っていうかー、KAZさんも一般人とはちょっち違いません?アラブ王様のホームパーティー呼ばれる人って日本に何人いるんですか^^;(爆)

この写真はプロが撮ってくれました。この日実は私話題の的で写真すっごいたくさん撮られたんだけど、ネガをくれるって約束だったのがずるずるになりそのうち見つけられなくなったと言うことで、この一枚しかないのです・・・貴重な一枚です。
Posted by waka at 2009年02月17日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。