blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2009年03月31日

手紙(ドイツ語+和訳)

Als ich Olli das erste Mal traf, lachten wir schon nach einer Minute. Wir lachten den ganzen ersten Tag! Wir lachten auch den ganzen zweiten Tag, und am dritten Tag hörten wir nicht mehr auf zu reden. Es schien, als ob wir die letzten 35 Jahre, die wir uns nicht gesehen hatten, aufholen wollten. Es war, als ob wir uns schon immer kannten, nur ewig lange nicht gesehen hatten und es für uns beide sehr viel aufzuholen gab. Fast so, als ob die Uhr unseres Lebens sich bis zu unserer beider Kindheit zurückdrehte.

Doch wir hatten nur vier Tage Zeit…

Vor meiner Zeit mit Olli war das Leben für mich sehr hart. Es ist unmöglich, hier und jetzt meine ganze Geschichte zu erzählen, schließlich ist sie sehr lang – 37 Jahre – aber schon seit meiner Kindheit hatte ich Angst zu leben. Diese Angst blieb, bis ich Olli traf.

Ich wunderte mich über mich selber, als ich wieder lachen konnte! Ich fragte mich: Warum spreche ich mit diesem Mann und erzähle ihm Sachen, die ich keinem anderen erzähle?

Beim Abschied dachte ich zuerst, dass ich Olli vermissen würde, denn – klar – wir hatten soooo viel Spaß miteinander gehabt. Die Zeit mit ihm war einfach toll gewesen. Aber ich war mir sicher, wir würden uns niemals wieder sehen.
Als ich mich verabschiedete, sah ich ihm in die Augen und war plötzlich von ihrer Schönheit eingenommen. Da war kein Grund zur Traurigkeit, denn ich merkte, dass ich ihn nicht vermissen musste. Denn: Er war mein Soulmate, mein Seelenverwandter. Er bleibt bei mir, wenn ich Hilfe oder Aufmunterung brauche. Er verlässt mich nicht, er wird immer in meinem Herzen bleiben!
(Ja!! Ich habe mein Soulmate gefunden!!) dachte ich.

In diesem Moment wusste ich noch nicht, was passieren würde. Aber es war ein komisches Gefühl, ich musste keine Angst mehr haben.
Ich spürte, da ist jemand, der mir zuhört und mich versteht; es gibt jemanden, mit dem ich zusammen lachen kann.

Als ich in seine Augen sah, sah ich pure Ehrlichkeit. Seitdem höre ich in meinem Kopf das Lied „You are the inspiration“ von Chicago – bis heute.

Es gab keine Traurigkeit zum Abschied. Ich wusste, ich würde ihn vermissen, doch es machte mich nicht traurig, denn ich fühlte, dass ein Wunder sich irgendwo versteckte und nur darauf wartete, zu beginnen!

Jeder geht irgendwie einmal durch schwere Zeiten, ich hatte sie auch; doch (nur) weil ich sie durchgemacht habe, konnte ich Olli erreichen. Es war ein langer Weg, mit vielen Höhen und Tiefen, doch am Ende erreichte ich Olli, nicht nur“ Fantasie“(Soulmate) aber mein Leben.
Ich war unterwegs nicht so glücklich, jetzt bin ich es und kann die Gründe akzeptieren, warum die Zeiten davor so hart waren.

Wenn Olli nicht so weitherzig und ehrlich wäre, hätten wir diesen neuen Lebensabschnitt niemals erreichen können. Und dass er so ist, immer ehrlich zu sich selbst und anderen gegenüber, hat er seinen Eltern zu verdanken, der vielen Liebe, die sie ihm gaben und geben.
Wie Olli mir seine Liebe zeigt,
wie er mich zum Lachen bringt,
wie er mir viele schöne Überraschungen macht, ist, was ihr mit Olli gemacht habt und wie ihr mit ihm umgegangen seid. Ich danke euch aus ganzem Herzen!

Auch seinen Freunden möchte ich danken,
die Freunde, die mit Olli viel gelacht haben und ihm halfen, wenn er Liebe und Unterstützung brauchte – ohne diese wäre er auch nicht, was er ist. Ich danke euch auch aus ganzem Herzen!

Danke



<和訳>

初対面の挨拶5秒、緊張ほぐれるまで5秒、その後はずっと笑いの連続でした。

出会って1分もしない内に、私とオリバーは一目も気にせず大声で笑っていました。

仕事だと言うのに、次の日はもっともっと笑いました。

そしてその次の日は、まるで、どこかで会ったことがある二人が、それまで会えなかった時間を取り戻すかのように、近い過去から遠い小さな子供の頃に遡り、夢中になって互いの記憶を掘り起こしていました。

そして、その次の日はもうお別れです。



オリバーに出会うまでの私の長い物語をここで語る事は出来ませんが、精神的に疲れて通院した事もありました。5年の睡眠障害との闘いは過酷でした。もともと人好きだった私が、人が恐くて仕方なかった事を隠して生活することも辛かった。

完全に閉ざした心が再び開く事も、ゆっくり眠れる日ももう二度とないであろうと思っていた私が、こんなに笑っている、こんなことまで話している・・・何故だろう・・・

仕事のパートナーとしての出会い、わずか4日間という短い時間でしたが、笑っただけでなく、ふわふわと緊張も不安も消えた不思議な心地よい時間でした。

長年のブランクから再び心の底から笑えた幸せがあまりに衝撃的で、当然、別れ際の感情のギャップは大きく、もう二度と会うことがないと思うと少し寂しい気持ちも残るだろうなと思っていました。
でもそれが現実だし、久しぶりに心底の笑いをもたらしてくれたオリバーに感謝し、笑顔でお別れしたいと思っていました。

この時、将来私たちに何が起こるか想像もしていなかったし、何かを起こしたいという願望も当然なかった。
とにかくありがとう・・・と、それだけ。

成田空港…最後にお別れ、そして感謝の言葉を、心を込めて伝えたいと、この4日間で一番近い距離で彼の目を見ました。はっとしました。

なんってきれいな、透き通った瞳なのだろう。

この嘘のないきれいに澄んだ瞳に、逆に心が締め付けられ痛かったのを覚えています。

正直に生きる事で何故かつらい想いが多かった私、正直に生きても嘘まみれにされる現実に傷ついて、人が恐くなっていた私には、あまりにまっすぐな瞳が直視出来なかった、「なにこれ・・・」って。

そして次の瞬間、思いました。

この人とはもう二度と会うことはないかも知れないけど、この人はどこにいても、いつでもきっと私のことを感じ取れる、そして理解してくれる、そして応援してくれる人だ。ずっと傍にいてくれる心の友達“ソウルメイト”だ、って。

その閃きが浮かんだ瞬間からずっと頭を離れなかった、ひたすらリピートされた、その時の気持ちとぴったりの曲があります。
それはこのシカゴのYou’re the inspirationです。

You're the meaning in my life you're the inspiration
You bring feeling to my life you're the inspiration

この曲が頭の中で流れ出したら、急に、別れが全く寂しくなくなったのです。

そして、今まで塞いでいた自分の心の扉をいきなり開ける事は出来ないかも知れないけど、その鍵だけは開けて緩めてみようと思えたのです。

彼が私に、この短い時間で、分かっているはずの事、出来るはずなのに出来る事を忘れていた事をたくさん思い出させてくれたからです。

勇気をたくさんもらいました。また再び前を向けば、もしかしたら他にも楽しいことが待っているのかも知れない・・・と、私を動かしてくれたのです。

誰しも人生には色々あるけれど、私がオリバーに会えるまでの道のりも長く、時にとても険しいものでした。

でも、それらのどの困難なシーンが欠けていても、今と同じ形にはならなかったと思っています。つまりすべてに意味があったと。

なぜあんなに大変だったのだろうかという理由が今、自然に理解出来、そして受け入れる事が出来るのです。

オリバーという美しい宝物にたどり着くまでの、神様からの試練、つまりチャンスを与えられていたが故の厳しい道のりだったのでしょう。

私に笑いをもたらし、勇気を与え、再び立ち上がらせてくれただけに留まらず、一生のパートナーとして受け取める大きな決心をしてくれたオリバー。

彼のその大きな器から毎日毎日、泉のように絶え間なく溢れる愛情と優しさは言葉で言い表す事が出来ません。



彼の姿のすぐ後ろには、パパとママ、二人の存在の大きさをいつも感じます。
優しさ、思いやり、愛情表現、前向きに生きる姿勢、なんでも笑いに変えよう!こんなサプライズ喜ぶかなぁ!と、いつもいつも楽しいことばかり考えているところも、全部全部、彼がパパとママにしてもらった事でしょう。

大きな大きな愛情を与えられ育った証拠、賜物の他ありません。

パパ、ママ。
オリバーにたくさんたくさん教え、与えてくれたのですね。

それらのお陰で私は今とても心穏やかに暮らす事が出来、そして私がこれまでの人生で習いそびれた大切な事も、日々伝授してもらっています。

パパママの愛の大きさがあったからこそ、オリバーがオリバーである。

私が彼に出会うだけにとどまらず、ここまで引き上げてもらい、将来に希望を持ち、あたらしい人生を歩む準備が出来たのだと思っています。

心から感謝しています。



そして共に笑い、共に悩み、大変な時には励まし彼を支えてくれたすべての素晴らしい友達。

好きな子が日本にいると相談された時はびっくりしたでしょう。

いつもオリバーのそばに皆さんがいてくれなかったら、私たちが二人並んでここに立つことはなかったと思います。感謝しています。

本当にありがとう






posted by wakaba at 22:52| Comment(17) | Wedding070309 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感動・・・
Posted by まー at 2009年04月05日 21:49
文章でいろいろを伝えるのはむずかしいけど、そうやって感じてそれを言葉にして私にこうして伝えてくれる人が周りにいることはとても幸せな事です。ありがとうございます。
Posted by waka at 2009年04月06日 23:04
こんにちは。とても感動しました。本当に巡り会えたのですね。とても素敵なカップルだと思いました。これからも、きれいな写真とブログを楽しみにしています。
Posted by まいか at 2009年04月07日 08:26
まいかさん、いつもブログ見てくれてありがとうございます!そして一緒に色々感じてくれて、共鳴してくれると知ると尚うれしいです。ブログがあると暫く会えなくてもなんか近くに感じられるのはよいポイントですね。距離を感じずまた再会の際にはいろんなお話しましょうね。今度はもっとゆっくり!
Posted by わか at 2009年04月07日 22:40
http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テ、テ・<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F05C.gif" alt="ツ可コツ姪ョツ暗ウツ1" width="15" height="15" border="0" />�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テサDテアテョテ「テ・テーテクテ・テュテサM�ソステ・テイテサG�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テヲティテ「テョ<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F046.gif" alt="ツ四ツ角ツ青板篠�9" width="15" height="15" border="0" />テサテャ
Posted by ioTeebSdffcvU at 2012年02月15日 19:19
http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テ、テ・<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F05C.gif" alt="ツ可コツ姪ョツ暗ウツ1" width="15" height="15" border="0" />�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テサDテアテョテ「テ・テーテクテ・テュテサM�ソステ・テイテサG�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テヲティテ「テョ<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F046.gif" alt="ツ四ツ角ツ青板篠�9" width="15" height="15" border="0" />テサテャ
Posted by ldVLLlBVZGym at 2012年02月15日 19:49
http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テ、テ・<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F05C.gif" alt="ツ可コツ姪ョツ暗ウツ1" width="15" height="15" border="0" />�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テサDテアテョテ「テ・テーテクテ・テュテサM�ソステ・テイテサG�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テヲティテ「テョ<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F046.gif" alt="ツ四ツ角ツ青板篠�9" width="15" height="15" border="0" />テサテャ
Posted by yWWNrSkkzHiZI at 2012年02月15日 20:03
http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テ、テ・<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F05C.gif" alt="ツ可コツ姪ョツ暗ウツ1" width="15" height="15" border="0" />�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テサDテアテョテ「テ・テーテクテ・テュテサM�ソステ・テイテサG�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テヲティテ「テョ<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F046.gif" alt="ツ四ツ角ツ青板篠�9" width="15" height="15" border="0" />テサテャ
Posted by tqZWmuZhBtfGbpxaF at 2012年02月15日 20:31
http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テ、テ・<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F05C.gif" alt="ツ可コツ姪ョツ暗ウツ1" width="15" height="15" border="0" />�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テサDテアテョテ「テ・テーテクテ・テュテサM�ソステ・テイテサG�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テヲティテ「テョ<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F046.gif" alt="ツ四ツ角ツ青板篠�9" width="15" height="15" border="0" />テサテャ
Posted by APeZIlmTpb at 2012年02月15日 20:45
http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テ、テ・<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F05C.gif" alt="ツ可コツ姪ョツ暗ウツ1" width="15" height="15" border="0" />�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テサDテアテョテ「テ・テーテクテ・テュテサM�ソステ・テイテサG�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テヲティテ「テョ<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F046.gif" alt="ツ四ツ角ツ青板篠�9" width="15" height="15" border="0" />テサテャ
Posted by gXsAZjISuCogH at 2012年02月15日 21:52
http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テ、テ・<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F05C.gif" alt="ツ可コツ姪ョツ暗ウツ1" width="15" height="15" border="0" />�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テサDテアテョテ「テ・テーテクテ・テュテサM�ソステ・テイテサG�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テヲティテ「テョ<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F046.gif" alt="ツ四ツ角ツ青板篠�9" width="15" height="15" border="0" />テサテャ
Posted by wwFqKpxDCzjPnu at 2012年02月15日 22:06
http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テ、テ・<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F05C.gif" alt="ツ可コツ姪ョツ暗ウツ1" width="15" height="15" border="0" />�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テサDテアテョテ「テ・テーテクテ・テュテサM�ソステ・テイテサG�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テヲティテ「テョ<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F046.gif" alt="ツ四ツ角ツ青板篠�9" width="15" height="15" border="0" />テサテャ
Posted by pevITjNx at 2012年02月15日 22:51
http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テ、テ・<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F05C.gif" alt="ツ可コツ姪ョツ暗ウツ1" width="15" height="15" border="0" />�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テサDテアテョテ「テ・テーテクテ・テュテサM�ソステ・テイテサG�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テヲティテ「テョ<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F046.gif" alt="ツ四ツ角ツ青板篠�9" width="15" height="15" border="0" />テサテャ
Posted by PxTELTdiYkAC at 2012年02月15日 23:35
http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テ、テ・<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F05C.gif" alt="ツ可コツ姪ョツ暗ウツ1" width="15" height="15" border="0" />�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テサDテアテョテ「テ・テーテクテ・テュテサM�ソステ・テイテサG�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テヲティテ「テョ<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F046.gif" alt="ツ四ツ角ツ青板篠�9" width="15" height="15" border="0" />テサテャ
Posted by vJuMsRTSaXMx at 2012年02月15日 23:48
http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テ、テ・<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F05C.gif" alt="ツ可コツ姪ョツ暗ウツ1" width="15" height="15" border="0" />�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テサDテアテョテ「テ・テーテクテ・テュテサM�ソステ・テイテサG�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テヲティテ「テョ<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F046.gif" alt="ツ四ツ角ツ青板篠�9" width="15" height="15" border="0" />テサテャ
Posted by eoGcrmsEOtaJd at 2012年02月16日 00:16
http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テ、テ・<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F05C.gif" alt="ツ可コツ姪ョツ暗ウツ1" width="15" height="15" border="0" />�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テサDテアテョテ「テ・テーテクテ・テュテサM�ソステ・テイテサG�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テヲティテ「テョ<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F046.gif" alt="ツ四ツ角ツ青板篠�9" width="15" height="15" border="0" />テサテャ
Posted by VBcmoSBdlImryNnTyf at 2012年02月16日 00:59
http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テ、テ・<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F05C.gif" alt="ツ可コツ姪ョツ暗ウツ1" width="15" height="15" border="0" />�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テサDテアテョテ「テ・テーテクテ・テュテサM�ソステ・テイテサG�ソス�ソス http://feeder-kharkov.at.ua テ妥・テェ�ソス �ソス テヲティテ「テョ<img src="https://blog.seesaa.jp/images_e/e/F046.gif" alt="ツ四ツ角ツ青板篠�9" width="15" height="15" border="0" />テサテャ
Posted by rMBBqrfHqXVzRC at 2012年02月16日 01:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。