blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2009年04月17日

3月21日はバッハの日だった〜

入籍→皇居見学→東京駅ビル地下街食べ歩き→次は東京都庁、新宿です。

新宿に向かう電車の中で元サッカー選手(!)のスベンが撮影した一枚カメラ

P3050134-1.JPGこれ、わかります?
隣の女性が見ているパンフレットの絵・・・バッハなんです(笑)
「バッハが時空を超えて帰ってくる」なんて書いてあるみたいです(アップにしてみると)

実はあのバッハの誕生日が3月21日なので、世界中でバッハの曲を演奏するコンサートがこの時期には開催されます。日本も例外ではなく。

私も2年前にお友達に誘われて連れて行ってもらったのですが、なんともまあ、鳥肌もんでした→がく〜(落胆した顔)

確かに時空を超えて、誰か帰ってきてるな(・_・;)という感じの鳥肌が止まりませんでした。
ベルリンフィルモニーのコンサートでボレロを体感した時も、「絶対ここには神様が降りてきてる!」って見えないはずのものが見えそうになるような感覚に襲われた時のようナ・・・
おっと、不思議ちゃんバージョンの和歌が・・・(笑)

そのコンサートホールに響き渡るバッハの曲は“生き物モバQ”でした。

またオリバーのずーっと先にこの人がいるんだって思ったら、もっと不思議な感覚にとらわれて、少し気が遠くなるようなめまいがしたのも本当です。

バッハと一言でいっても色々な曲がありますし、それぞれの表情というか感情はまた違うものなので、どれを聞いてほしいと言えるほど私もまだわからないのですが。これも折角のご縁?なので機会があったら是非CDではなく小さなピアノコンサートでもよいので足を運んでみて頂きたいものです。

というわけで、多分これが3月だったので、バッハの誕生日を祝ってどこかでコンサートが開催されるというチラシだったのでしょうね。スベンがこの女性はまさか隣にそのバッハの子孫がいたとは思ってなかったろうねーとわらってこの写真を送ってくれましたので乗せました。

次は新宿都庁見学のお話〜(からまたそれるかもワラ)


posted by wakaba at 23:00| Comment(2) | Wedding070309 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふーー!
この女性がバッハの子孫がお隣に座ってるなんて!!
バッハの表紙???
これはこれはすごーい偶然というか!!
不思議な事もあるんですねー。
うまく書けないけど驚きですぅー。。
Posted by 真子 at 2009年04月18日 21:16
その偶然が面白くって、正面に座っていたスベンがパチッと撮影してくれたの(笑)
ある、銀座のバーのカウンターである日、徳川、毛利、そしてバッハの子孫がお互いを知らずに席を並べて飲んでたって話も本当よ(笑)そこのママと私だけが知っていた・・・みたいな(笑)

Posted by わか at 2009年04月19日 02:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。