blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2009年08月08日

教えてください!

分かる人がいれば教えてください!



今更またこの写真ぶり返すの恐縮ですが、日本で結婚式をしたことがあり、ドイツの彼の多くの友達たちがその写真を見たいと会いに来るのです。毎週毎週誰か知らしらに、日本での写真を見せてその解説をしなくてはならないのです。この予約?約束は年内いっぱい埋まって、来年になっても収まりきらないぐらい、友達が順番待ちしている状態です。

こんな言い方して申し訳ないのだけど、ありがたいのだけど…ちょっと義務化してる感じがあって、疲れます。っていうのは、こちらの人たち、遠慮とかこちらの都合とかより自分の意思、気持ちを前に出してくくることが多いので、気持ちはありがたいけど、しつこい人には根負けしちゃうんです。先日も、時間がないから、忙しいからと断り続けているのにも関わらず、いやみか?ってぐらい、毎週のように、いつ会える?いつ会える?と言って来る女性カップル(!)に根負けして、3ヶ月断り続けたにも関わらず、出かけました、仕事山積みのまま。

裏表なくて、感情をストレートに表現しているまでで、悪気もないのだろうけど、ちっとこういうのが続くと気が疲れます(汗)

でも、贅沢な悩みでそれだけオリバーを慕っていて、私にも日本にも興味を持ってくれていると言うことなので、出かければ私も出来る限りの質問に答えられるように常に勉強しているわけです、今更日本の歴史とかね(汗)

毎週のようにそれらの写真を見せるため、誰かしらに会わないといけないのですが、見せるだけでなく、質問の嵐にも対応しないといけないわけです。

たいてい同じことを聞かれるので、先に書いたように大体調べはついているのだけど、まだまだ知らないこと、調べきらないことが多くあって…

今回立て続けに聞かれて、回答出来なかった、この着物の小物の詳細。

この写真は角隠しはついていないけど、角隠しについては仮説がいくつか違うものがあるにしてもおおよそのことは話すことが出来るのだけど、これらはほんとよくわからなくて。

知ってる人がいたら教えてください。

写真で違いが分かりますか?白無垢の時に付けたかんざしを、色内掛けの時は別のものに換えました。これについても分かる人がいたら教えてください。

hz8.jpg

あと、素材がべっこうだったりするのにも意味があるような気がするのだけど…どうなんでしょうか?

今月もまたたくさんの人に会わないといけなくて、いっつも聞かれるたび、分からない分からないって言ってるのも、日本で伝統的なスタイルを選択して式をしたのに、なんか軽い?って思われちゃうのもちょっと違うし…

自分なりにも色んな風に検索かけてみているものの、なかなかこれという情報にヒットしません。

知ってる人がいたら、結婚式の着物やかんざし、小物についてのお話や日本の結婚式の由来とか、様式、形式についての雑学、ぜひ教えてください!


posted by wakaba at 17:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 情報モトム! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お答します!
文金高島田のかつらにつけているのは「こうがい」と言います。
白無垢のときはべっ甲、色内掛けのときは珊瑚を使ったものが多かったりします、でも最近はパールを使ったものなだ色々あるみたい。

あと、向かって左2番のは「はこせこ」よ。
かわいい刺繍のしてある小物入れです。
昔はこれに口紅やおしろいを入れていたんだって。

それから3番は「懐剣(かいけん)」かな?
会見は昔の武士の嫁の名残りなんだって。

参考になったかな?

同じことを繰り返したりするのって大変だろうけど、それだけみんな関心あるってことで(笑)
頑張ってね!
Posted by くみ at 2009年08月11日 21:41
わかちゃん、2と3はわからないんだけど、1はカンザシのことを「こうがい」って言うよ。
白無垢のときはべっ甲で、色内掛けのときは珊瑚を使ったものが多いかな。
最近はパールのものなんかもあるよ。

4は「はこせこ」刺繍のしてある小さな小物入れで昔はこれに口紅やおしろいや紙を入れていたんだって。

5は「懐剣(かいけん)」、これは昔の武家の女子の名残みたい。

ちなみに白無垢のときに持つ扇子を「末広」と言うよ。

同じことを説明したりするの大変だろうけどそれだけ関心あるってことだからね(笑)
頑張れ〜〜!!
Posted by くみ at 2009年08月11日 21:48
くみちゃん!ありがとう!
すっごい助かる!日本の文化をきちっと説明できた時って結構、満足感でかいんだよねー(笑)この5の懐剣っていうのは興味深いのでさらに調べてみます!武士の嫁の名残ってのが!末広っていうのもちょっと調べないといけないねー。面白いね…
伝統は形だけしか残ってないものが多いけど、ちゃんと意味を知って行きたいなーと思う!本当にありがとう!さらに調べてこちらの人にさらに日本の奥行きを感じてもらいたいと思います!
Posted by わか at 2009年08月11日 21:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。