blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2009年08月23日

加納選手応援団も走る!

実は、男子マラソンの直後に誰でも参加出来る10キロランのレースがあったのです。

今回のマラソンのコースが、ベルリンマラソンのコースとは異なり、10キロの周回コース×4+2.195`だったのですが、この10キロのコースを男子マラソンレース直後に市民ランナーも走れるというイベントです。

これって素晴らしくないですか?こういうオープンな感じって日本では滅多にないですもんね…。

今日の今日でも必要なエントリーをちゃんと済ませれば誰でも参加出来るっていうのがこれまたいい!

DSC_1670.JPG

子供も走ります!
犬もゼッケン付けて走ってました。
乳母車引きながら走ってるママさんランナーも見かけました。

この写真は最後尾…
おばあちゃんとお孫さんだと思うのだけど…小さな子供が10`歩くだけでも大変。でもおばあちゃんも頑張ってるし、僕走る!って感じ、おばあちゃんも可愛い小さな孫が小さな一歩を一つ一つ重ねて進む姿に励まされて走っている…そんなストーリーが私にはとっさに浮かびました。心温まる光景でした。
走ることで繋がる友情や愛情は確実にありますね。

DSC_1692.JPG

明日の女子マラソンの加納由理選手の監督、コーチ、そして日本から遥遥応援にいらしたサポーターの皆さんと合流しました。

サポーターの皆さんは、もちろんこの10`レースに参加!

DSC_1656.JPG

コースを一足お先に走って、加納選手にアドバイスするんだと張り切っていました。JAPANを背中にそんな皆さんを激励しているのはセカンドウインド、加納選手の監督、川越さん。右端は後姿ですがコーチの平田さん。

DSC_1674.JPG

日本から応援に来た男性は、会社にばれたら気まずいと、日焼け止めを“バカ殿塗り”していました(笑)こんな頼もしいサポーターの皆さんがついて来てくれている事ってどれだけ心強いことでしょう!

セカンドウィンドの皆さん、本当に笑顔が素敵!
川越監督、平田コーチ以外は今日がはじめましてでしたが、明日、また皆さんに現場でお会いできること、楽しみにしていますね黒ハート

そうそう、そんな皆さんの実際走ってみた感想は、石畳が思う以上に気になるし、走りにくく、ちょっと怖い(転んだりしないか)ということでした。

選手のシューズは私たちのランニングシューズよりずーっと薄く出来ているそうで、この石畳の感じは色んな意味で当然気になるポイントであることは春に下見に来られた際に監督、コーチ、皆さん言っていました。石畳はかなり不規則にボコボコしていて、大きさも違うし若干坂になっているところにあったりして、素人の私が思う以上に不確定な要素があるのかも知れませんね。

テレビ中継で、上空からベルリンの街並みが映されたりすると思うので、私個人的にこのブログを読んでくれている人には、その辺も見てもらいたいです目

私は連日の応援で肩の皮がズル剥けました。
日本では考えられない、日焼け対策なしの日々で、もう自由にほったらかしてます→スキンケア(笑)

明日、ぜひ女子マラソン注目してくださいね!

posted by wakaba at 02:53| Comment(0) | TrackBack(1) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

壁話§マラソン〜ベルリン世界陸上〜
Excerpt: 勝敗がどうなるのかとは別に、ベルリンで開催中の世界陸上のマラソ ン中継を楽しんでいる。毎年開催されている“ベルリンマラソン”と はコース設定がまったく違うのだ。
Weblog: ひだまりのお話
Tracked: 2009-08-23 10:02
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。