blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2009年10月21日

やっと来た〜


DSC_2973.JPG

購入1ヶ月後には既にぶっ壊れPCだった・・・これにストレスかけられまくりのこの一年半で、それでもごまかしごまかしなんとか来年の3月の日本帰国まで持たせて、出来れば日本語のOSが入った日本メーカーのPCが欲しいと思っていたのだけど、まあ無理でした。で、新しいものをこちらで購入せざる得なくなりこれを。

面白いもんで、電化製品の大型量販店でも日本ほどチョイスがないんだよね…これが普通で、日本が家電大国過ぎるのか?

私のトラウマになってしまったHPの存在が目立つ中、次はこのACERってメーカー。これもなんだか怪しいのかも〜〜??とHPのトラウマから祟られたように半信半疑だったのだけど、そんなこと言ってたら日本以外のメーカーものを変えないアレルギーになってしまう・・・

日本メーカーではソニーのバイオが売ってたけど、日本での値段を知っている以上、買うことが出来ない、ユーロでは高すぎる。あと日本メーカーでは、日本ではパソコンとしてはあまり見かけない?東芝。しかもラップトップの表面前面に超!でっかい文字でTOSHIBAって書いてあるダサさわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

値段の面とスペックをいろいろ照らし合わせて最終的に妥協は否めなかったけど、私が一番好きだったアメリカのGATEWAYを買収した会社でもあるし大丈夫か!なんて分けのわからないこじつけで自分を説得しこのACERのTIMELINEというシリーズを。価格は700ユーロチョイ。まあまあパワーがあるものを選んだのでこの価格は最低限かなと。

DSC_2974.JPG

薄さ、軽さ、バッテリー8時間持つよ〜なんてのが売りみたいだけど、私としては、ほんと、そんなん二の次、三の次でいいから、普通に普通に仕事してください・・・お願いだから壊れないで・・・と祈るだけ。

昨日一日かけて、設定&設定変更などいろいろいじりました。
一日でどれだけドイツ語覚えたことか・・・壊したくないからいつもなら適当にOKとかクリックする私が辞書片手にパソコン用語のドイツ語を必死に覚えてましたよダッシュ(走り出すさま)

ウィンドウズ7のアップグレードCDを日本語版で申し込めるのか?と過ぎったのだけど、それもドイツ語のみ対応ってことでしたバッド(下向き矢印)

そう、OSがドイツ語なのです。日本語の場合はもうパソコン暦も長いし、習うより慣れろ法で、パソコン何台もぶっ壊しつつ覚えたので(爆)案外、たいていのことは自分で出来たり、結構深いところまで探りいれて修理したりも出来るようになったのだけど、このドイツ語版ではまた一からです。

写真見るとわかると思うけど、ドイツ版のPCはキーボードがちと違う。写真右手に、アルファベットAOUの上に点々がついている(ウムラウトという)があるでしょ?あとそのUに点々の上にもアルファベットのBに似た、エスツェットっていうドイツ語のアルファベットがあったり。あとブラインドタッチで唯一困るのは、使い慣れた配列とYとZの位置が違うことかな。
あともうひとつ見るとわかると思うのだけど、キーボード間に隙間あるでしょ。これ、多分欧米人?手が大きいのを想定しているのかと。私の使い慣れた感じのものからするとかなり幅が広く実際若干の使いにくさ、うち間違いがこの隙間によって発生しています。面白いよね。国によってパソコンのキーのサイズまで違う。まあ、当たり前か。ドイツで私には足がつま先しか届かない公衆トイレあるからね・・・

というわけで、PCが来ましたので少しづつシカゴとトスカーナのアップします〜


posted by wakaba at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。