blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2009年10月30日

キャンティdeハシゴ

DSC_2217-1.JPG

ホテルに向かう道のりはかなり長く、車酔いをしやすいタイプの私としては本来好ましくない道の形状、要するに山道!だったのだけど、景色の美しさにだまされだまされか?全く問題なし!

しかも、途中に数え切れないぐらいのワイン農家あり、そこのワインティスティングまで思いっきりエンジョイ!

ワイン農園を持つ農家では、ブドウを業者に販売しているだけの農家もあるのだけど、独自のワインやオリーブオイルをつくって販売しているところもあるわけ。販売しているといっても、看板もあったりなかったり。だから店を出しているイメージではなく、自宅で分けてるぐらいの感じ。

なので目的地に着くまでに、何軒ハシゴしたか>どんだけ飲んだか(爆)

テイスティング〜要は試食と同じことだから、ほんのひとくちぐらいの量と思いきや、しっかりワイングラスで普通に飲む場合の半分ぐらいは入れてくれたりする。これ、行く所、行く所で、赤ワインと白ワイン両方試飲するから…結構早いうち、午前中には気分良くなってました。

DSC_2216.jpg

キャンティという大きなエリアの中でも、伝統的にキャンティワインを作りつづけてきた地域は、黒い鶏の紋章(↑写真)を付けたキャンティ・クラッシコという名で区別されているそうです。

キャンティワインは、昔、多分日本でワインブームが起こるずっと前だと思うのだけど、大量生産の安いワインと言われていた時もあったようです。でも、今から25年ぐらい前にはDOCGに認定され、日本でもDOCGの帯のついたキャンティワインは結構いい値段だという印象がありますね。

このDOCGはイタリア語で「保証つき統制原産地呼称」と言う意味で、イタリアワインの中でも法的に最上位に分類される事だそうです。法的って何?って思ったのだけど、ブドウの種類や産地、またそのブドウの使用比率など偽りがあってはならない…
日本でも食品の産地などを偽って販売して問題になっているニュースがあったけど、味はもちろんそういう部分も法的に、日本のそれらのケースよりももっと厳密に管理されている感じなのかな。

一軒、最初に立ち寄ったところでは、イタリア語オンリーのおばあさんが、「ワイン?オリーブオイル?どっち?」みたいな感じで割りと、ツッケンドンにめんどくさそうに出てきた。
「あたしゃ、今忙しいんだよ!」なんて空気が思いっきり充満してた(笑)

イタリア語でベラベラベラベラ、こっちが理解しようがしまいが関係ない感じで解説…。

イタリア語オンリー。おばあさんにはどんな簡単な英語もドイツ語も通じない・・・申し訳ないな・・・と思ってたら、オリバーが急にイタリア語話し出した!(オイ!)

彼は学生時代にフランス語はやっていたけど、イタリア語は仕事や仕事で知り合う友達にイタリアの人が多い事で長年の経験で覚えた程度らしい。でもでも!全然イケルやん!!ってレベルでびっくり。片言だし、もちろん通じてんだか何だか分からないことがほとんどだけど、でも、やっぱこれって楽しいな〜と、言語を学ぶことへの興味と意欲がさらにわいてくるわけよ。私は今はドイツ語で必死だけど、このブログでも話したように次はイタリア語を考えているので!

おばあちゃんが超機嫌が悪いタイミングで来てしまったと思ってたけど、さすがに自分のところで作っているワインに片言でも一生懸命伝えようと感想を述べ、興味を示し質問をする彼に、さっきまでめんどくさそうにしてたのが別人のように語り出したわけ。

そして、色々試して、これが美味しい!と言われれば、あたしは忙しいんだ今!って言わんばかりに怖い顔していたのが、こんなに嬉しそうで可愛らしい顔に。きれいな人だね。本気の人だね、きっと。

DSC_2212.jpg

ちなみにこの写真ではオリバーは小さなグラスを持っているね。これはワインではなく、グラッパの試飲をした時の写真。このおばあさんの所では、赤ワインとグラッパをこの日の夜用に買いました〜

Grappaはイタリア特産の蒸留酒で、ブドウの搾りかすを発酵させたアルコールを蒸留して作るお酒なので、ワイン農家でこれを一緒に造っているところも当然あるわけです。
アルコール度数は30から60度あるので、結構きついよ。
でも、イタリアではもちろん、ドイツでもこういった強いお酒を食後に飲む事が多いです。日本人が食事の後に〆?としてお茶を飲んでいたように、こちらではこれらの酒を飲んでいたと思います。

食後酒の種類と言えば、一生かけても飲み切れないぐらいあると思いますが、私も好きなので、更なる自分好みを見つける為にチャンスがあれば飲みまくっています。食後のデザートより、私は食後酒派です。

イタリアの10泊。毎日、1g〜2gは毎日飲んでました。この日から…


posted by wakaba at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | Travel☆珍道中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オリバーさんのイタリア語お婆さんに通じたのですね!凄い。
オリバーさん、素敵☆

それにしても外国のお婆ちゃんは美しいですねぇー!
お肌がとても綺麗☆
ワインは美味しいですがご夫婦揃ってお酒に強いのは良いなぁー☆
ほんと。素敵な旅ですねぇー!夢がいっぱい。
Posted by 真子 at 2009年10月30日 10:27
日本人は基本的に体質的にお酒が弱い人が多いみたいなんで、私みたいなのは怪物扱いされる??んだけど、こっちに来たらみんな強いから普通。カップルや夫婦でお酒が強くて楽しめてる人は別に珍しくないんだよー。白人さんの肌と私たちの肌の性質って違うと思う。私たちの場合シミになりやすく繊細なんじゃないかと思う…分からないけど、全然ケアとかしないで日焼け止めなんかもしないでも肌がきれいな高齢者たくさんいます。もしかしたらワインとかトマトの消費量の問題かな?っても食事に関しては日本人も素晴らしい健康食文化だから負けてないと思うんだけど・・・
Posted by ワカ at 2009年10月31日 02:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。