blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2009年11月20日

HACHIKO

昨日はママと約束のHACHIKOを観に行ったよ。

その前に一緒に少し遅めのランチ。
ママの手作り料理でパパと3人で食事しましたー。オリバーは当然仕事でいなかったので、3人でそうやって食事するのはまるっきり初めてだったけど、会話が全く途切れないほど盛り上がりました。

HACHIKOの感想は…まあ思いっ切り想定内。
だけど、泣いちゃった。

もう少し子供タッチにして、完全に子供映画にしてしまった方が人気が出た(こちらで)のではないかと思った。映画館、ガラガラでした。

日本の犬って、こちらであまり見かけない。

でも、ママが先日パパと旅行に行った時に“ヤパーニッシュシュピッツ”を連れてる女性と出会って、その女性にHACHIKOの映画の話をしてあげてすっごい盛り上がったって言ってた。
このヤパーニッシュシュピッツってどういう犬か?
直訳すると日本のスピッツ。

つまり日本犬のことをそういうかな?スピッツってきつねみたいな顔じゃん。日本人も日本犬も?
実際彼女が見たのが何犬なのか分からないけど、なんとなく柴犬みたいなイメージで聞いていました。

オリママの犬に纏わる話し、すごいのあるんだよーそれこそ映画化出来るのでは?っていう。

最近ブログを短く書く練習をしようとしている私ですが、この話は長いのでまた(笑)
東ベルリン、西ベルリンでベルリンの壁でわけ隔てられていた時の話しなんだけどね…

ドイツも犬を飼っている人多いけど、まずこちらで犬の立場が日本とドイツでは違う!と思ったのは、犬が普通に電車とか乗っていること。どんな巨大な大型犬でも関係ない、そのまま乗ってます。デパートとかレストランやカフェでも犬が締め出されているのは見たことがない。

飼い主はペットというより、家族として飼っているのはどの国も同じと思うけど、第三者的な見方が日本はまだ、こっちの人たちの見方と違うのかなーと思った。まあ入れない方が衛生上いい場所とかもあるから一概には言えないけども、犬が電車に普通に乗っている姿は最初は衝撃でした(笑)



posted by wakaba at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。