blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年05月28日

ふたたび学生に〜

実は、6月7日からまた学校ですペン

ドイツの法律で私のような外国人でこちらに住む場合には600時間のドイツ語の授業を受けなくてはならない、もしくはそれに相当するレベルの語学力をつけなければならないのだけど、その過程を終了した後に、さらに、そういった外国人の必須クラスがあり、私ももちろんこれからなのでよくわからないのだけど、聞いているところによると、ドイツの法律やら国のこと、政治や税金のことなどの授業だとか。

私はこの600時間に相当する授業はとっくに終えていたのだけど、この特別コースが年に3回しか開催されない(私が行ってた学校では)ので、去年の10月はイタリア旅行とぶつかって、今年の2月は、日本帰国とぶつかって、いつも外してたんだけど、今回6月は何もなかったので、よっし!と楽しみにしているんでするんるん

日本に住む外国人の人たちにはこういった授業を受ける義務は課せられないのではないかな?

でも、移民が多いドイツ、もしくはベルリンでは、その移民によるトラブルも発生率が高く、ドイツを知ろうともせず、知ることもなく、その努力もせず…要するになんの目的でドイツに滞在しているのかが不透明な人たちを取り締まる一環だと思うんだよね。

日本はまだそういうのがないから、日本語できないで暮らしている外国人の人、いっぱいいるんだって。

子供手当てをもらいに役所に来た外国の人が、一言も日本語話せないのだけど、紙に子供手当て下さいって書いたものだけもって現れ、手続きを済ませて行ったとか、たくさんそういうケースが発生してるってニュースになってたもんね。

で、そうなってからバタバタしている日本サイドを見ると、やっぱりまだ、そういう移民がどんどん増えて、なんだか日本が変わってきている?!っていうのに気付くのが遅いことの現れだと思う。

テレビでも韓国ドラマが昼間ではなく、夜の時間帯に入り込んできたり、スーパーでも韓国などからの輸入物が増えていること…

CM業界牛耳ってる大手が、ほとんど外国の…とか。

顔が似てるから分かり難い、感じにくいけど、実際、日本人の少子化のエスカレートと反比例して外国人は年々うなぎ上りに増えてるんだよね。

外国人が増える事を否定しているのではなく、不透明な、不法な、不可解な要素が増えたとしたら、それは日本の政府の取締りが間違っていたこと、でも後の祭りになってしまうから、それを心配しているわけです。

だから、私は外国人に選挙のためにお金をばら撒くなんてことをしている民主党は違うと思うんだよね。

他にもっと、大事な決め事があるだろうにさ…

私は、日本にも外国人に対してドイツみたいな制度があってもいいと思う。

外国人の滞在が違法でないことはもちろん、日本に住む限り、日本の常識や、日本のことについて勉強し、理解する努力をして欲しいと思うし、そうしたいと思って普通だと思うし…言葉なんか、チャンスがあるなら積極的に学習したいと思うのが普通と思うし…

話飛びましたが〜、私、また6月7日から学生ですわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

多分また最年長だけど、楽しみ(笑)

そのIntergration Kursっていうのを終えてから、確か2つドイツ語試験も受けないといけないみたい。外国人局に証明として出すもの。

このぐらいガッチリやらされるぐらいの方が私としては自然に受け止められる。

外国に住むってことは、ある意味、自国に暮らすより、しっかりと、ちゃんとしていないといけないことだと思うから。

6月7日から授業が始まるのはいいのだけど〜
若干気になるのが、サッカーワールドカップ(爆)

ちょうど学校に行ってる時間帯のものもあるからさー

日本の初戦のVSカメルーン戦が、4時キックオフで私が帰って来れるのが5時で、微妙にどうするか作戦練ってるところですぅ〜サッカー



posted by wakaba at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Berlin☆喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
6月から学校なんですね!
がんばってください♪

海外で生活するというのも大変なんですねぇ。

ドイツ代表は、ミュラー君が自転車で転んで、
擦り傷を作ったそうです^^;
もう、しっかりしてほしいです。。。
Posted by かめ。 at 2010年05月28日 11:31
かめ。さん、こんにちは!コメント嬉しいです♪
6月から学校なのですが、とりあえずマストで受けなくてはいけないのは授業は3週間なので短期間です。その後、仕事の合間に、また少し特別クラスに通うつもりもあります。やはりドイツ語、まだまだ難しいので!

ミューラーを私たち家族で“まぬけ君”って以前から呼んじゃっていて、それがピッタリはまっちゃうアクシデントですね。プロとして、遊んでる最中の怪我は運が悪いけど、笑われちゃいますね。
Posted by Waka at 2010年05月28日 17:41
ドイツの学校なんて羨ましい。
日本もいつまでたっても鎖国だなぁ〜と思ってたんですけど、勤め先の千代田区のコンビニは朝から晩まで店員が中国人だらけです。しかも難しい日本語ペラペラ。
しかもみんな髪型とかお洒落で、名札みないと区別がつかない---
Posted by どいちゅ at 2010年05月28日 20:21
どいちゅさん、こんにちは。コメントありがとうございます!ドイツの学校と言っても、私の場合は語学学校なので、先生以外は全員外国人ということになります。さすがにアジア人は少ないです。私の前のクラスは、イタリア、フランス、スペイン、ポーランド、ベルギー、アメリカ、オーストラリア、スイス、ロシアと、私の11名のクラスで見事ダブることなく11カ国集まりました。国際サミットみたいですね(笑)それぞれの国の文化なども触れること、きくことが出来て、語学のみならずいろいろ勉強になり面白いですよ!
Posted by Waka at 2010年05月28日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。