blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年06月11日

片足で

学校があると、仕事もしてるし何かと忙しい。

今日は、朝5時半にOTTOといつも通り一緒に起きて、彼を送ってから自分の仕事を少しして、ヨガのクラスを受けて、そのままヨガマット持って学校に行った(笑)

今週金曜日から、ワールドカップサッカーも始まるでしょ!
もっと忙しくなるけど充実。
ワールドカップと学校のそのコースがほぼ同じ時期に終わるんだけども、多分、すごい体力消耗してるんじゃないかなわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

私って、何かに取り組む際に、コツコツと言うより、休まずガーっと一気にいけるタイプだけど、最近は疲れが溜まりやすく、そのガーっとやって、ガソリンがなくなるまで走った後は、暫く休まないといけない・・・復活に時間がかかるという現実に少々悩みながら、まだ逆らおうとしている自分もいます(笑)

そう、ヨガのクラスで思い出したけど、昔は、片足で立つポーズもバランス保って出来てたのに、今はなんだかグラグラしちゃう。

これはもちろんトレーニングをすれば、また出来るようになることと思う(当時もトレーニングをする前は片足ポーズは安定しなかったので)

ただ、このポーズがこんなに難しかったか?!と片足で立つポーズに苦戦している自分を見てファイトしてます(笑)

皆さんも家で簡単に出来るので、片足でどれだけ静止して立っていられるか試しにやってみて下さいよ。

ヨガのポーズの奥深さは私がブログで、文章で、うまく説明出来るほど、簡単なものでないから、"ヨガのポーズ”としてではなく、片足で立つっていうシンプルなことがどれだけ自分に出来るか試してみてください。

出来れば、片足で立つ→両手を広げて→その両手を広げた(伸ばした)まま頭上で合わせて立つ→さらに頭を上げてその指先を見る…

なんてこと、やってみて下さい。
どれだけ立っていられますか?
結構、出来なくないですか?グラグラしませんか?
これだけでも、全身の筋肉を使っている。また、やり方次第で全身を鍛えることが出来るに等しいぐらいの話なのです。

ただ、先ほども言いましたように、ヨガというものを私は、街のフィットネスクラブの従業員が片手間で講習受けてサクッとやっているようなレベルでは見ていないので、今までに、その奥深さを少しでも聞く機会があった以上、簡単にここで説明が出来ません。

もちろん簡単に説明しようと思えば出来るけど、私が英語の先生時代に、教科書の英語にふりがなを振るのは絶対に駄目だって生徒に言ってたけど(あのカラオケのカタカナ振り仮名もよくないと思っている笑)、私がヨガのポーズをここで書くことは、その英語の発音をカタカナで書くようなことと同じ、薄っぺらくなってしまうと思うから出来ない。

もちろん、手軽にヨガも本とかDVDとかで習う人もいるし、その人のスタイルで自由に行えばいいのだけど、私は、ヨガをある意味、リスペクトしているので、そんな風に軽く語れないっす(笑)恐縮しちゃいます〜

ヨガではないけど、上のように、単に片足立ち?をやってみて下さい。

これだったら、運動する時間がないって言っても、家で両足やっても、5分もあれば出来ます。
っていうか、3分ぐらつかないで立っていられれば、すごいと思いますよ。これはこれで結構いい運動になってると思います。



posted by wakaba at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなワタシ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。