blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年06月18日

オリンピック担当ドクター

足の甲を疲労骨折しているまま、あの気温2度で雨、雪まで降ってたという2010年の東京マラソンに初マラソンチャレンジした私の話は、ブログに散々書かせて頂きました。

が、その後、その疲労骨折していた足をかばいつつ走り続けた為に別のところを痛め、本当に、象の足!では大げさだけど、本当に小象の足ぐらいに腫上がっていたのも報告しました。

しかし、マラソン翌日にはハワイに飛んだので、病院行く暇もなく、そもそも、炎症を起こしているのは当たり前だと、医者に行ったところで、シップ程度の処置だと思っていたので、それぐらい自分で出来ると、薬局でそれらしきものをいくつか買いハワイへ…そして、そのまま時間が癒してくれるものだと思っていました。

腫れと歩行困難な状況から脱出するまでに5日ぐらいかかりましたが、あとは徐々に回復しているように思いました。

ところが、あれから、4ヶ月経った今も、痛みが残っている。

捻挫とかしたところが腫れて、太くなったり変形したりする程度は普通で、こんなんいちいち気にしてられない(笑)なので、多少、患部付近の足首が反対の足より太くなっているのはスルーしていた。

しかし、私の水泳部上がりの自慢の柔らかい足首が硬くなっている。というか痛くて動かない。バタ足をする方向への動きが痛い。ハイヒールを履くとくるぶしが痛い、布団程度の重量でも、その方向に力が入ると痛いんです。走ることも怖くて出来なくなってしまって…

でも、まあそのうち治るだろうと、走る以外のトレーニングはまた再開するも、よくならないどころか、なんだか痛みが気になりだしてきたので、とうとう昨日、病院に行って来ました。

ottoの関係者の紹介で、去年の世界陸上などでもオフィシャルで働いていたドクターチームに見てもらうことが出来て、あまりに専門的で「私、一体、何者??」と笑ってしまったよ。一般人なのに、すごいプロ中のプロフェッショナルチームが担当してくれて(笑)

でもって、結果は、くるぶし付近の損傷が見つかり、さらなる精密検査を予約して来ました。

これまたどういうことかというと、その言葉から想像出来る検査+あるファーがあるんですね。スペシャルチームが担当なので(^_^;)

最新機器を駆使して、走っている時の体重のかかり方などもチェックし、本当に総合的に診てくれるみたい。もちろん、私の普段履いてる靴やトレーニングシューズもチェックしてくれる。

そして、さらに、その先、薬や養成するだけの治療ではなく、その痛んだ患部を鍛えて、また元に戻さねばならないので、治療のためのトレーニングを指導されます。もう、まさにオリンピック選手待遇(笑)

ドイツの医療は最先端だと聞いたことはあるけど、ここまでやってもらえるのかとびっくりした。私の場合、専門医が特にそういうスペシャルなキャリアを持つ人たちであるからネタにしたけど、この人たちだけではなく、他の医師たちも、それぞれチームっていうか提携して連携で患者の回復を試みるわけです。

だから、医師が治療のために必要だと薦めれば、パーソナルトレーナーをつけてトレーニングするも、保険がきくわけです。

スポーツマッサージも保険が効く。びっくりしたのは、ヨガだって、医師がこの人にはこれが必要!と判断すれば、保険が下りるんです!すごいよね!

私、実は、自分のこの左足はもう駄目だなと諦めてたんです。なんとなく、自分でわかるじゃん。どれだけ無理したかも、自分しか知らない事で自分がよくわかっている。

疲労骨折してて、初マラソンで42キロ走った、その道中、痛みしかなかった、痛みとの戦い以外の何者でもなかった…っていう、この経験。

こうして傷になっても、自分の意思をごり押ししてやり切ったことを全く後悔しておらず、これぐらいの代償がなければ、私は、こんな重大な経験を神様にさせてもらえることはなかったと思ってます。

「意志さえあれば何でも出来る!」って子供のころからずっと信じてやって来たはずの自分のポリシーも、年とともに、なんだか、ただの思い出に変りそうになっていたのを取り戻せたのは、この先のまだ続く人生で大きな自信になるだろうと、本当にやれてよかった!ってottoはじめいろんな事に感謝したりして…

もうこの足は元には戻らないだろうけど、その代わりに、すごい経験をさせてもらった!ありがたい!って思ってたの。

だけど、もしかしたら、この足!治っちゃうかも!!

前回は痛いだけの、痛みとの根性比べマラソンで全然楽しめなかったので、もし治ったら、もう一回走っちゃうかも!!

それか…

実は、女子サッカーチームに誘われている…(笑)


posted by wakaba at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなワタシ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。