blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年07月01日

<身内ネタ>わーごる

6月30日、トムソンナショナルゴルフ倶楽部…

写真見るからに、蒸し暑そぉ〜〜〜〜
こちらベルリンでは、私は暑さより、寒さと“乾燥”にかなりダメージを受けているので、あの日本の蒸し暑い感じ、ウェットな感じが懐かしいぐらいです。でも、久しぶりに日本の夏を体感した時は、もしかしたら息が出来ないぐらい苦しいかも?って想像してしまう。

ここんところは一年に一度日本に帰国しているけど、いつも2月、3月あたりなので、もう日本の夏を暫く味わっていない感じ。OTTOに日本の夏(特に地方の夏祭りとか)を体験させたいのでなんとか夏に帰れる理由を作りたいのだけど、とりあえず来年も可能性があるとしたら、東京マラソン前後かなーと。まだわからない、未定だけれど・・・

そう、わーごるの皆さんが先日、プレーオフの末、優勝した植田浩史プロに、お祝いの言葉をかけに、そしてそのホットな植田プロのレクチャーを受けに行ってくれました。

暑さにも負けず、皆さん大満足で一日を過ごしたようです。

写真は植田プロが送ってくれました。

2010063011360000.jpg


最近はゴルフ雑誌で、より一層植田プロの露出が増えたと聞きました。当然ながら、スポーツ選手も過去の栄光だけでは食べていけないので、ホットな選手だけが残り、あとは過去に何があっても、忘れられちゃうからね。

以前、スペインの英雄、セベ・バレステロスと仕事した時に彼が言った、過去にどんな栄光があろうと、怪我をして活躍しなくなればそれまでだって。

それがこの世界の常識だって。

でも、ある別の選手たち複数が私に言った事のなかで、「日本は過去にすごかった選手で、いまは全然成績出してなくても、マスコミが持ち上げている人もいるし、マスコミが持ち上げないにしても、すっごくその過去の栄光にしがみついて、威張っている人が多い」って。

別の選手たちっていうのは、もちろん全員海外の選手たちです。

植田プロは、過去には“和製ペイビン”と言われることもあった活躍していた選手で、私が彼に初めて出会ったのは多分今から14年ぐらい前かな・・・

長竹プロの紹介で、栃木の居酒屋に現れた植田プロからは、怖ろしいオーラが出てました。なんだこの人?って(笑)アジアンツアー帰りで、なんか黒光がすごかったって話もあるんだけど(笑)でも、目が凄かったの覚えてるんだよね。一般人には見えない(←褒めてます!!)

そんな雰囲気を持つ植田プロは、いつでも本当に腰が低く親切で思いやりをもって私たちと接してくれます。

だからこそ、今回の植田プロの優勝はどれだけの仲間が喜んでくれているか!

今日のネタは完全、身内のゴルフ仲間ネタでしたが、植田プロも見てくれるので、ぜひメッセージコメントあればお願いします。

またレッスン会、8月か10月に企画しますので!

あと、今週のレギュラーツアー(TOSHIN)は、3月のわーごる合宿で来てくれた、冨山プロと、船越プロも出ています。

船越プロからメールがあって、サスペンデッドで、明日午後3時55分スタートだと…

朝3時おきの人もいれば、こういうケースもあるわけで、大変だよねー

あと、今日の暫定首位のJ・チョイ選手は韓国系アメリカ人の男前!
この選手、実はとくたけさんがサポートしている選手です。前回の試合はとくたけさんが担いでました!とくたけさんの新しい所属先は、Jチョイ選手のサンバイザーを見るとわかりますよ目




posted by wakaba at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | わーごる&まいごる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この写真は、ボールを集めている様にも見えますが、
1ydアプローチをみんなでしている風景です。
植田プロの丁寧なレッスンを受けると、
自然とその内容が心の中に入ってきますねぇ。
ありがとうございました。

by写真の一番→の人_(._.)_
Posted by けんたろー at 2010年07月02日 10:01
1ヤードのアプローチっ!!
渋いっっ!!
Posted by Waka at 2010年07月03日 18:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。