blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年07月06日

西村主審がいいっ!


ブラジルの監督、ドゥンガも辞めるみたいね。
でも、去り際に、私はこのブログで一試合目を見て以来、何度も絶賛しているんだけど、日本の西村主審に不満コメント出してたらしいよ。西村主審はブラジルの選手が、私の大好きなロッベンを思いっきり踏みつけた場面でレッドカードを提示するなど、冷静にいい仕事をしたと思うのだけど、ブラジルのドゥンガ監督は「審判がすぐプレーを止めるのでリズムを乱された」って言ったらしい。

あの場面見た人いるでしょ?
あの踏み付けかた、半端じゃなかったと思わない??あれは誰が見てもレッド、何の不正等さも見間違いもなく、あれはレッドでしょ。ほんと、殺気じみてて怖かったよ、あの踏み付け。踏みつけるっていうか、なんっつーか…とにかくすごかったね。骨とか普通折れちゃうよね・・・
ドゥンガのこれに対する不満は、負け惜しみに聞こえてしまうほど、世間(ドイツで感じる世間)は実は、その主審の西村さんを評価しているの。日本ではどんな風に伝えられてます??

西村雄一主審、相楽亨副審、韓国の鄭解相副審のチームは、既に1次リーグ3試合を担当しており、1大会4試合を裁くのは日本人審判員としてはW杯初の快挙なんだって!
それだけ評価が高いっていうことよね!

ドイツ対セルビア戦を担当したスペインの主審が、その後、私も気になって(当たったらたまったもんじゃないと思って)注意して見ているのだけど、その後出てきていないように思うのだけど・・・

やっぱ、審判の質もしっかり見られていて、大会側がよりよい審判をそのつど選抜して行っているのかな。

実は、状況次第では、この西村主審が準決勝や決勝を任される可能性もあるんだって!!

ドイツVSスペイン戦の主審になってもらいたい!!

安心して試合を見ていられるもん!!

明日、オランダvsウルグアイ
明後日、ドイツvsスペイン

日本は時差で大変だろうけど、民放で見れるのかな?サッカー


posted by wakaba at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
西村主審は日本メディアでは評判いいですよ。って当たり前か。オランダ戦見てましたけど安心して流れを止めずにいい試合でしたよ。是非ドイツ戦で見たいですね。
いよいよ明日明朝にドイツ戦。緊張してきた。勝って因縁のオランダ戦。で優勝したら誰も文句つけられないですね。イングランド、アルゼンチン、スペイン、オランダ。

話変わりますけどドイツにもイケメンいますよね。ラーム、フリードリヒ、キースリング、タスチ。俺的にはゴツいけどシュバの顔好きですけどね。
Posted by どいちゅ at 2010年07月06日 13:56
どいちゅさん、こんにちは。
西村さん、日本でも評判なんですね。それはよかった!
本当にドイツは今回のW杯、対戦相手はすごいカード引きまくっちゃってますね。OTTO曰く、オランダがここまで来た対戦相手の壁の大きさとはわけが違う、レベルが違うって。どいちゅさんが言うように、もしもイングランド、アルゼンチン、スペイン、オランダ(たぶん)優勝したら、本当の世界一、まぐれでもラッキーでも何でもないすごい優勝だって。

スター選手がいないって言うコメントについてなんだけど、それってドイツ人のスタイル、タイプなんだと思うんです。割と日本と似ている所があって、きちんと親の教育受けている普通の人は、割と周りとのバランス考えたり調和を考えたりします。“目立とう精神”はない方だと思うし、ファッションとかも地味ですよ、こっちの人たちは。あとは、ナチス時代の歴史背景も実はあって、つい最近まではW杯と言えども、ドイツが一番!と国旗を掲げるのでさえも敏感になっていたそうです。時が経ちここは開放されつつあるけど、でも今を生きる人たちに何の関係もない過去の歴史とは言え、ドイツ人のメンタルに大きく響いていてそういう場面に現れます。
多分、世界の報道の仕方もドイツをどこかでまだ悪者扱いしている人たちがいて、そういう書き方したりするのだと思うのだけど。私はスポーツ選手の通訳やスポーツ書の翻訳も経験ありますが、本当にその人の人柄も知りつつでないと、なかなか文章にするのは難しいと思います。書き方ひとつでぜんぜん違うニュアンスになるでしょ?最近のラームやシュバのコメントがあたかも、威張ってる感じに日本語に訳されていたのを見て、実際にその会見も見て、言葉も聞いて、表情も言い方も全部トータルしてみて、全然そんな風な訳をされるような言い方してないのはプロならわかるはずなのに、わざわざヒール役にしたいが為の工作?とか思っちゃいました。ドイツの選手たちは、品がよいと思います。乱暴な人もいないし、チームワークがよいのもみんながやさしくて明るくていい人たちだからだと思うんだよね。今回のW杯で、予選退廃したフランスのチーム内のゴタゴタが話題になっていましたが、予選で去ったチームで他の何チームかも、そういうのがあったみたいで、その点、ドイツはよくまとまっているなと思った。一人ずば抜けて目立つ選手がいなくても、だからこそバランスよくみんなの気持ちもまとまっているのかなと思ったりもします。

あ、イケメンね。
私は、昔のシュバはいかついと思ったけど、最近はなんだか大人になったのかな?やさしい顔だなーって思います。ラームはおとなしそうな品のよさそうなところが好きで、私的にドイツ代表の男前はエジル。なんかエキゾチックで素敵、あと、もちろんヨギ。あ、それからどいちゅさんが教えてくれた、元バイエルンにいたっていう、あのラテン系の男前…彼は、私はタイプではなかったです(笑)私のOTTOの方が男前です(笑)
Posted by わか at 2010年07月06日 15:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。