blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年07月08日

ニーチェが言ったよ…

ドイツ、負けちゃった。
すっごいショック。
でも、なんか感動もいっぱいした。

選手たちも、監督もチームマネージャーも、チームプレジデントもみんな、スペインが素晴らしかったとリスペクトを示し、ドイツらしさ、いつもの自分たちのサッカーが出来なかったこと以外の“たられば”してません。でも、私、ファンは“たられば”していいよね…

っていっても、そんなに、そのたらればもないんだけど…

強いて個人的に言えば、やはりミューラーの欠場は絶対に勝ち負け別にしてもプレーの流れを変えていたと思うんだよね。だから、たられば言うなら、あのイエロー出す必要あるか??っていう、ミューラーのイエローレッドかな。前の前の試合の話で究極のたらればだけども、ファンの心理として、この後ろ向きな感じも…許してね。

しかし、昨日は序盤から、硬かった、ドイツが。本当に硬かった。様子見てたんだろうか?緊張してたんだろうか?いずれにしてもそのなんだか中途半端な感じが、スペインのペースにどんどん呑まれてしまったように思った。結局、ドイツらしさ、いつものプレーが全然出来ないまま終わってしまった。ノイヤーのスーパーセーブが複数あって、0-1という結果だけども、内容的には、常にスペインに主導権握らせていたような感じ。

スペインは2年前のヨーロッパチャンピオンシップの決勝でドイツを破り優勝した、世界一と言われるチームでもある。確かに、ドイツVSスペインには、つい2年前にこういう経緯もあることを、デジャブーだって書くメディアもいるけど、デジャブーなんかじゃない!どっちが勝つかなんか予想できるレベルのチームでもステージでもなかった。

スポーツは生き物だ。

本大会において、スペインがスペインらしいいいプレーをしたのは、恐らく、昨日のドイツ戦が初めてではないか?って感じで、これまでいまひとつ冴えなかったが、昨日のドイツ戦では“らしさ”を発揮していた。

いつどこで調子が上がったり、下がったり、かみ合ったり、かみ合わなかったりは、本当に予想のしようがない。

昨日のドイツはかみ合ってなかった。負けもそうだけど、自分たちらしいプレーが出来なかったことも悔しかったろうと思う。

ドイツの選手たちのうな垂れる姿は、見ていた私も放心状態、吸い込まれるように見入ってしまった。

特にシュバインシュタイガーのこの姿は泣けちゃった。

20100708-102690936-getty-spo-view-000.jpg


本当に暫くこの状態でね。その後もグラウンドに座り込んで呆然としてたんだよね。

スポーツに限らないけど、何でも、一生懸命努力して努力して努力しぬいた結果が、思い願う形として現れなかった時に、悔しくて涙する、悔しくて諦められない思いが言動になってしまう…これは全然ありだと思うし、むしろ自然な姿。

口ばっかりで、本当に頑張ってもいないのに、大して努力もしてないのに、泣いたり、わめいたり、言い訳したり、文句ばっかり言う人っていうのは、不自然というか純粋でない…不純、矛盾な姿っていうかね…。そういう人を見ると、どんなにきれいな服を着ていても、お金持ってても、地位があっても薄っぺらく小さく見えてしまうよね。

本当に頑張った人の姿は、それが、泣いている姿でも、言葉も発せずに立ち竦んでいる姿でも、見ているものの心を動かし勇気を与えたりする。

私は自分で、悔しい思いをすると、自分に悔しがる資格があるほど、それに対してベストを尽くしたかを自問自答します。

昨日の彼らの悔しがる、またはうな垂れる姿を見て、「私もあんなに悔しがれるぐらい頑張りたい!」って思っちゃった。

今までの経験でも、頑張れば頑張った分、傷つくこともあることが頭と体にインプットされているので、時々、頑張らないでも、そこそこ思い通りになってる人とか、頑張らないで楽ばっかりしている人とかを、うらやましいな〜と思ったり批判してみたり…そんな自分もいるのだけど、やっぱり、思うんだよね、生きている以上、“頑張る以外選択肢はなし”って。

頑張れる理由を与えられる事はとても幸せなことだとも思ったりする。

ドイツの哲学者ニーチェが、「愛は言葉じゃなく、行動だ」って言った。

その言葉を私は本当にそうだなーっていつも思うのだけど、こういうスポーツ選手たちだって、色んな愛に支えられて頑張れてるんだと思うんだよね。赤ちゃんの時にまでさかのぼって、本当にたくさんの愛に支えられてさ…

ここまで愛の力で頑張って来れたことを、行動で示して結果を出してお返ししたいっていうスポーツ選手の気持ち…あるでしょ…

でもね、その“泣いている姿”も、支えてきた家族やスタッフやファンにとっては、言葉じゃなく、本気の頑張り、本気の愛を感じる“行動”の現われだと思うんですよ。

スポーツ選手と一般人の私とでは、同じ頑張るでもレベルも目標設定も全然違うけど、でも、彼らの姿、スポーツを通じて学ぶことはやっぱり大きかった。

ドイツは土曜日に3位決定戦があります。

この負けのショックは大きく、本当に何もする気になれないのが普通だと思います。
だけど、彼らは、3日後に控える、3位決定戦に向けてまた再びモチベーションをあげなくてはならないという…なんとも過酷な現状だなと思います。

でも、クローゼの記録も残ってるし、きっとまた私たちを沸かせてくれる試合をしてくれると思ってます。クローゼのW杯記録っていうのは、ロナウドの持つW杯通算最多得点記録15点を抜く可能性を持っているのです!

滞空時間の長いジャンプから繰り出す強烈なヘディングと、ゴール前の危険なエリアへの鋭い動き出しが特長のゴールゲッター。得点能力が高い割には、エゴイスティックなところが少なく、味方へのアシストも多いというクローゼは32歳。
36歳のワールドカップ…あるのかなぁ…

↓クローゼの空中プレー…しっかし凄い身体能力、凄い写真だよね。

20100708_1263-sports-reu-view-000.jpg


この際の際まで、諦めない姿!!執念!!
この人にチャンスが訪れないわけがない!!
20100708-00000015-jij_vanp-socc-view-000.jpg


決勝に進めなかったのは残念だけど、次の試合では思いっきりドイツらしさをまたファンに、そして世界に、平均年齢25.3歳という若いドイツ代表チームの“将来の希望”を存分に見せ付けて欲しい!



posted by wakaba at 22:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今CSでの放送と解説を見終わりました。民放では解説者がひどいのとスペイン贔屓だったので・・・CSは逆にドイツ贔屓2とスペイン贔屓1だったので概ねドイツがなぜ負けたのと言う試合後の解説でしたけど(笑)僕もこの試合はスペインが勝ったというかドイツの良さが出ずに負けたという試合だったと思います。前半は本当にイングランド・アルゼンチン戦の様な入り方ができてなかった気がします。でも2006年のイタリア・2008年のスペイン戦の様に今回もスペインがドイツの良さを消したのかなぁ〜とも。後は点取られた後にシュバだけでしたねアグレッシブに行ってたのは・・・若さがでた試合でもありますかね。ほんとに「たられば」になってしまうけどミュラーがいたら・前半からもっと前でプレスしてたらとなってしまいますが感動しました。試合後になぜシュバをカメラは抜いていたのか、それ位気持ちがシュバには出ていました。感動しました。失点が崩しじゃなくセットプレーだったのでMOMはシュバです。スペインの選手もドイツに敬意を表してくれてプジョルもイニエスタもシュバに駆け寄ってくれてました。ほんとクリーンな試合で、負けたことはほんと悔しいけど清々しい気持ちになりました。

後はルーフの試合後の潔さ、今回はドイツの良さがなかったし、スペインは強かったと・・・潔く負けを認め相手を褒めるってなかなか出来ないことだと思います。ルーフにはまだまだ続けてほしい。○ラ○スの監督みたいに握手拒否とかありえません。これから近い将来ドイツが優勝する時が来ると思います。それ位若い選手がどんどん来ますしね。しかしミュラー株はW杯で急上昇ですね。アルゼンチン戦の様な試合運びが持続出来るようになったら優勝です。

タコはサラダにしないで助けてあげてください。
Posted by どいちゅ at 2010年07月09日 01:15
ほんと残念だった〜〜!!!
なかなか主導権を握らせてもらえない感じだったね・・・。
ミューラーの欠場はかなりの痛手だったんじゃないかな。
決勝戦、出て欲しかったよ!

スペインもやっぱりさすがって感じだったわ。
強いわ〜。

日本では、もちろん連日中継とW杯ニュースやってるけど・・・日本が負けたらやっぱり盛り下がったって感じだね。
ちょっと悔しいけどこれが日本人だなって思う(笑)

次はウルグアイ戦だね、勝って絶対3位になって欲しいよ!
日本からも応援してるよん!




Posted by くみ at 2010年07月09日 06:50
わかさん...なんと言ったらいいんでしょう...。
昨日の試合は、皆さんがおっしゃるとおり、
ドイツが「自分たちの試合ができなかった」ことにあると思いました。その点、スペインは要所要所でスペインらしさを出していましたよね。やはりこれは経験の差と呼ぶべきなのでしょうか。このような大舞台で、いかに自分たちらしい試合運びができるか、それが(ちょっとだけ)上回ったのが「スペイン」だったのではないかと思います。
でも、この大会、いろんな意味でドイツに注目が集まった大会ではないかと思います。ちょっと前までU-21代表だったミュラー、エジル、ボアテング、ケディラ等々の大活躍、このことからドイツの若手育成プログラムの充実ぶりが分かりますし、これからますます素晴らしい選手がでてくるんだという期待が持てます。レーブ監督の手法も、もっと注目されるかもしれません(ブルーのニット以上に)。私的には、次の大会も是非レーブ監督にお願いしたい!あとロイターの記事で読んだのですが、ドイツスポーツ相が、「代表の強さは移民のおかげ」と言っていること。国際結婚や経済的事情等、移民になった、移民にならざるを得なかった理由は様々です。でも一生懸命頑張った人は、出生に関係なく、受け入れられ、平等に機会を与えられ、それに値する賛辞が贈られるべきですから。この記事には、移民側の意見は全く掲載されていませんので、これ以上何とも言えませんが、私にとっては両方の立場を知る上での良いきっかけとなりました。話がそれましたが、3位決定戦、こっちではCSのみの放送です。信じられない!!一緒に闘うことができないので、思いっきり「熱い」気持ちを南アに向けて送りたいと思います!

わかさんのブログ、政治方面も読ませて頂いてます。投票日近いですが、誰に投票するか実はまだ決まっていません。それだけ今回の選挙は「悩ましい」選挙でもあります。Googleの選挙特集等参考にさせて頂きます。
Posted by まる at 2010年07月09日 07:08
どいちゅさん>ありがとうございます!
試合後もうだいぶ時間が経っている頃に、ヨギとシュバが廊下みたいなところで二人で話している様子が映ってたんだけど日本でも映りました?シュバが怒っているのではないのだけど、結構強く何かを言っていました。雑談ではなくディスカッションしている様子でした。いったい何をヨギに訴えていたのか気になります。試合が終わってからも、そういうエネルギーがある彼を見て、話していた内容はわからないけど、プロだな…って関心しちゃったりして。本当にシュバ、際立ってたね。みんな頑張ってたけど、最後の最後まで集中力切らさず夢中になってたのが目に見えたね。本当にかっこよかったね。
移民系が多いチームでラームとシュバは思いっきりドイツ人だし、この二人は揺るぐことなくこれからもどんどん偉大になっていく“ドイツ”のスターであるって思った。
3位決定戦では、吹っ切った姿を見せてほしいですね。ウルグアイには申し訳ないけど、8-0ぐらいで勝利とか!?っていうか、クローゼの記録が出るといいですね!ミューラーは私とOTTOはバイエルンミュンヘンの試合見てて、そんなに周りが評価するほどの印象を持ってなかったのだけど、今回のW杯で見せ付けてくれました。素顔の彼もまだ、若さいっぱいの楽しくて仕方ない感じが出てて愛嬌あるし、ますます人気者になりますね。
盛り上がりまくったW杯も今週末で終わり、また4年後ですね。最後の2試合を楽しみましょう。

くみちゃん>日本でサッカー熱、日本退散と共に下がるって言うのは予想出来る話だわね。所詮メディアや宣伝広告会社の方針に則って流行が出来る日本だからねぇ…でも、日本の頑張りでサッカーに注目が集まって、これを機にJリーグがお客さん集めが出来ないものかと作戦練ったりして色々考えているらしいじゃん!スポーツで国が世界が活性化することは存分にありえると思うのでいいと思うなー!来週は全英行って来るからね!

まるさん>コメントありがとうございます。
本当に残念だけど…でも、なんか感動いっぱいもらっちゃいましたね。いっぱい改めて学ばせてもらったことも私はありました。彼らのプレーのみならず、表情や言動を見て、感じるものたくさんありました。本文に書いたように、究極の頑張りをした時はうまくいかなかったときのショックも大きかったり、傷つくこともあるけど、でも、そこでうなだれ涙する姿も、本当に頑張った人にだけ与えられる特別な時間、感情だろうなと思ったりして。

「移民」についての記事は、個人的事情以前にドイツは歴史的背景の引用が大きくあります。この辺はまた時間がある時に書きたいと思います。いずれにしても、移民であろうが、「帰化」したということは本人の意志ですし、その国のために戦うという信念があってあるべき姿。歴史を遡ったら切がないぐらいにひどい話はいくらでもあり、ドイツからひどい仕打ちを受けた人たちもたくさんいるけれど、そういう壁を乗り越えて、ドイツのためにドイツ代表で戦うっていう姿は、世界にまた別視点でメッセージを送っている代表でもあると思うんです。深いのですが、日本と日本における移民問題とも関連するテーマなのでまた書きます。

まるさんは私の政治についての記事も読んでくださっているということでうれしいです。私も、本来趣味にとどめておきたいブログではありますが、知りながら知らない振りなどしていられる場合でない状況なので、なおさらアクションを起こさねばと思い、細々と微力ではありますが、こうして書くことで日本を護るために一人でも多くの国民が状況を自覚してくれて、自分に何が出来るかを考えてくれたらいいなと思っています。

選挙まであと二日程度ですが、ぎりぎりまで皆さんの冷静な一票をもたらすための参考情報が提供できればと思ってます。
Posted by わか at 2010年07月09日 15:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。