blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年08月14日

火曜日はプロアマと素敵な再会を楽しんで、水曜日は、エジンバラ観光。

というのは、夜日本から、加瀬さんのファミリーがエジンバラ空港に到着するということで、泊まってるところから一時間半とかかかるし、選手やスタッフさんはみんな少しでも休んだ方がいいので代わりに私たちがお迎えにいく事になり…

その到着時間まで市内観光をってことで朝、近くのベーカリーカフェで紅茶なんか飲みつつ、地図を広げて計画を練る。

Schotland 226.JPG


さすが大きな街なので人も多いし、わかりやすい所謂、観光スポット、見所も多く、ショッピング街もある。
おしゃれなカフェやレストランも多かった。

これは、ガラスに書かれた文字を見るとわかると思うけど、ハリーポッターが生まれた場所!?つまり、ハリーポッターの作家さんがこのカフェであの物語を書いていたと言うわけだそうです。ハリーに特に思い入れのない私たちなので入りはしなかったけど、とりあえず写真撮ってみた。

Schotland 234.JPG


スコットランドの通貨はポンドなんだけども、アメリカドルに慣れてる私がユーロの国に暮らすようになり、そのギャップになんだかいつも消沈しているのに、さらにポンドの割高感がすごくて、買い物するも、食事するも、たっけーな〜〜〜と思いながらでした。

生憎の雨で、傘差しててもびしょぬれでした。

古い建物が圧倒的に多い街の全体の景色は、東京の電光ぴかぴかだったり、新築だらけのキラキラした感じはなく、全体的に灰色。これが、スコットランドのいっつも霧っぽい天候にマッチしているのが不思議。

Schotland 231.JPG


ちなみに、ヨーロッパの人たちにとって、東京のあの電光とかガチャガチャした感じとかはもちろん、東京、日本では普通のことで驚く光景があります。チラシやティッシュを配っているその数もすごいけど、声を出して店の宣伝していることよくあるでしょ?いらっしゃいいらっしゃいとか八百屋さんとか魚屋さんもそうだけど、例えば、居酒屋の宣伝とかドラッグストアのタイムサービスとか…あれは異常に見えるってオリバーが言ってた。ああいううるさい感じを好まないのかも知れない。まあ文化の違いで私もうるさいのが好きではないけど、慣れているって話だよね。確かにヨーロッパの人が東京に来たら、びっくりするだろうなーというのが、ドイツに限らず、他のヨーロッパ諸国を旅行する度に思います。

Schotland 227.JPG


エジンバラ城。
おおお〜〜〜と思わず声が出てしまうほど、ダイナミックです。
写真に見えているのはごく一部で、山の上全体に広がる大きなお城です。

しっかし、この"エジンバラ"っていう、日本語表記がどうしても納得出来ない。
Edinburghをどうやったら、"エジンバラ"と読めるのか??日本語のカタカナ表記も少し変えないといけない外来語単語がたくさんあるなーと思うこと多くないですか?





posted by wakaba at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Travel☆珍道中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全米、観てるよ!!(録画でだけど・・・)
わかちゃんどこかにいるのかな〜なんて思ったりしてるんだけど、みつからないわ!!

トムレーマンとわかちゃんてこんなに親密だったのぉ〜〜〜!!
それって、超スゴイわ!!!!!!
サイン欲しい!(笑)
うらやましい!!

う〜、酸欠になるよ(笑)

なんだか霧や強風で現地はすごそうだけど最終日までいるんだよね?

またリポ楽しみにしてま〜す♪

・・・「エジンバラ」ほんとだね(笑)
Posted by くみ at 2010年08月14日 20:30
くみちゃん、こんにちわー
全米は加瀬さんが解説で言ってるだけで、私が言ったのは全英と全英シニアで、今週はベルリンで忙しくしています!霧はスコットランドの霧だよー
話に時差があるから勘違いさせちゃうよね〜ごめんー
トムは本当にすばらしい人格者でそんな人と出会えていい話をたくさん聞かせてもらった私はラッキーとしかいいようがないよね!その彼が本当に何度も何度もおめでとうって言ってくれたのもまた心に響いて元気もらった気分。
Posted by waka at 2010年08月15日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。