blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年10月20日

バイエルン☆ザ・お城!

Oktober 095.JPG


Schloss Neuschwansteinぴかぴか(新しい)

これがかの有名なSchloss Neuschwanstein/ノイシュバンシュタイン城です。

昨日紹介しました、リンダーホーフ城を建てたバイエルン王ルートヴィヒ2世のもうひとつのお城。

どっかで見たことあるでしょう〜

私みたいに社会科の教科書の表紙だった記憶がある人もいるだろうし、実は、ノイシュヴァンシュタイン城は、ディズニーランドやディズニーランド・パリ、2005年に開園した香港ディズニーランドにある眠れる森の美女の城のモデルの一つでもあるそうです。

まさに、ザ・お城exclamationという感じかな。

お城まで行くのに、山を登るんだけど、結構いい運動になったよ。

お城から見下ろすそのバイエルンの景色はインパクトあったわー

で、日本人しかいない!とネタにされていたこのお城には、景気が悪いせいか、日本人はそんなにたくさんはいませんでした。でも、日本人がここを訪れる時は、確実に観光バスの確率が高いと思うので、それが故に、団体になって、しかも言葉も違うし、団体だからうるさくなるし、行動も落ち着きがない(見慣れないから興奮しちゃうのは当然)ので悪い意味で目立っちゃって、そういう語り継がれるお決まりのネタになっちゃったんだと思う。きっとバブル時代でしょう。

今はね、中国人がすっごい数だよ。
でも、ヨーロッパの人たちには中国人も日本人も分からないから、未だに日本人がうじゃうじゃ団体で大声で話ながら、人の流れを止めようがお構いなく写真撮るのに夢中になってる思われてるみたい(涙)

ドイツで、日本人っていうのは、あのお城で見たアジア人の団体だって思い込まれている現実を変えられないのは正直悲しいかも。結構、中国の人たちは日本人の人たちと違って、お構いなしの大胆行動取ったりして迷惑かけてたりすること多いみたいで…日本人って良くも悪くもなんだけど、人に迷惑かけないように、すっごい気をつける民族じゃん?

でも、この伝説は変えられて話されることはないんだろうなー

ドイツに限らず、外国で私がいろんな人に出会う度に思います。
「この人たちは、私を通して日本の印象を持ち、日本を見る可能性が高い…」
私、これは↑常に意識して暮らしています。


posted by wakaba at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆珍道中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も今から23年前に行きました!!
懐かしいです!私が行ったのは真冬だったので、雪景色の中でした。
いいですよね〜。
またチャンスがあったら行きたいです。
しかしWAKAさんの写真、本当に上手ですね。素晴らしい!!
Posted by KAZ at 2010年10月21日 20:57
KAZさん、ご無沙汰しています。こんにちは!
23年前とは、バブリーな時代、日本人がたくさんいた時ですか?
真っ白の雪景色のこのお城の写真を見て、これもいいなーと思っていました。このお城は、遠く離れたところから見るのもいいですよね!なんといってもロケーションがいい。次にノイシュバンシュタイン城にいく時は、遠くないので、ぜひもうひとつのLINDERHOF SCHLOSSも行ってみてください!
Posted by わか at 2010年10月21日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。