blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年10月29日

119.53秒

ギネスはグラスに注いだときに大量の泡(一般的なビールの泡のように、あふれ出すものではない)が発生するため、注ぎ終わってから泡が落ち着 くまで間を置くサージングという行程が欠かせないそうです。

写真の右がサージング中のギネス。

Oktober 084.JPG


ギネス社は「待つ人には良いことが来る」あるい は「1パイントを完璧に注ぐのに119.53秒を要する」のようなキャッチコピーで広告キャンペーンをしたこともあるそうです。

本当にじわじわと、泡が落ち着いてから、きっちりとギネスを完成させるその時間って、なんだかわくわくして見入ってしまった。

この写真は博物館の最上階の360度のパノラマバーになっています。

Oktober 080.JPG


全面ガラス張りになっていて、ここからは、広大な敷地内のビール工場はもちろん、アイルランドの海も山も街も全部見える、最高のロケーションです。

Oktober 078.JPG


フレッシュなギネスを思いっきり満喫しました。

ここのギネス飲んじゃったら、もう日本で売られてるギネスは飲めないかもーって思うぐらい、本当にフレッシュな味わいがサイコーでした!

Oktober 087.JPG



posted by wakaba at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆珍道中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。