blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年11月13日

今一度見て頂きたい動画

海保の皆さんの仕事、もっと皆さん、知るべきです!
命がけで私たちの日本を守ってくれている人たちです。
日本を守ることなんぞ全く考えておらず、政権の維持に必死になって、責任は一切取らない、他人事、人のせい、誤魔化して逃げてどうにでもなると思っている民主政権に国を任せられるとまだ思っている人が27%もいるとは驚きました(テレビの調査かなんかの数字が公開されてました)

私たちは何も知らずに平和に暮らしていても、日本を取り囲む海上では、命がけの警備が必要とされているのが現状で、命を懸けてその任務に当たってくれている人たちのことを、仙谷氏はじめ民主党は、中国に顔が立たなくなったと罰則する事で躍起になっている。

この動画、見て下さい。



それから、この動画も見て下さい。
「戦場の名言 大東亜戦争」

こういうものを見るのは本当に胸が締め付けられて辛いのだけど、でも日本はどうやって守られてきたか、もう一度、一人でも多くの人に自覚してもらいたい。

冒頭の21歳の若い中尉の言葉。神風特攻の前のこの言葉…
何を感じますか?

いよいよ明日は特攻だ
いつものように俺について来い
だが次のことだけはみんなと約束したい

こんど生まれ変わったら、たとえ蛆虫になろうとも、
国を愛する忠誠心だけは失わないようにしよう

廣森達郎中尉(享年21歳)




それから、以前もこちらで紹介しましたが、まだ見ていない方、もう見た方も含めて、今一度こちらの動画を見て頂きたいです。

青山繁晴さんの魂のこもった演説。
硫黄島のお話です。

日本の歴史を知らない人は日本人と言えるのか?
また、日本人が一番、自国の歴史を知らないと世界では言われています。

遅いことなどないです。これからもっと知って生きましょう。

どうかお願いです。見て下さい。
こちらをクリックして、過去記事に飛びます。



posted by wakaba at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 好き?!嫌い!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。