blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年12月22日

ドイツのテレビでも

昨日ね、こちらドイツのPHOENIXっていうテレビ放送局で、一日中日本をテーマにしたドキュメンタリーがやってるよって、義母からショートメールが来ました。

日本の冬、知床編だったり、京都のある修行僧のことだったりとか、パールハーバー、広島の原爆のこと、東京の様子やら色々。

で、ゴールデンタイムは「天皇」についてでした。
これって、明日12月23日の天皇誕生日を意識しているのかなと思いました。

日本では戦後の教育で、自虐感を植えつけられ天皇についても、それまでのように本来の天皇の存在や意味を知る人、意識する人が激減していく流れになっていたと思います。でも、それは日本国内の中で日本の勢力や日本人の強い魂を恐れる人たちの仕業だったりして、外国では、この日本の天皇って言うのは、とてつもない存在であると思って敬意を持つべき存在だと言う人がとても多いのです。

それにちなんで、今日も良い話、お勧めブログの紹介を兼ねてちょっとお勉強タイム。天皇を軽視し、国歌や国旗を嫌い、靖国神社を参拝拒否する民主党が反日政 府であることは皆さんもう大分気付いていると思います。しかし、日本はこれを失うわけには行きません…

ねずきちのひとりごとさんブログより一部抜粋

万世一系とは、日本の天皇家の男系(父系)による世界最長の皇位継承のことを述べたものだが、大東亜戦争後に、GHQの行った占領工作の 影響で、外国の価値観を刷り込まれた戦後生まれの日本人には、あまりピントこないものかもしれない。

世 界の王室を見回しても、日本のように世界最長の家系と王位を持つ王室は存在しない。天皇陛下は存在そのものが奇跡であり、神威(神の威 徳)と言っても過言 ではないのだが、反日団体やマスコミによって長い間、巧妙に情報操作されてきた日本人にとっては、そんなことは及びもつかないことだろ う。

日 本の皇室は、先人達の努力も去ることながら、歴史上、危機的な局面において、神風が吹いたような不思議な力によって守られてきた経緯があ る。女系天皇容認 論が台頭した中での、悠仁親王殿下の電撃的な御生誕はまだ記憶に新しいが、織田信長や大東亜戦争の敗北などの、他の国ならば王室が何度も 解体されているよ うな数々のピンチを乗り越え、今現在、皇統は日本の頂点に輝いているのである。

なぜ奇跡を起こしてまで神は日本の皇室を守りたもうのだろうか。

続きはこちらから
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-698.html


posted by wakaba at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆喜怒哀楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。