blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2011年01月04日

お勧めメルマガ

私が購読している数少ないメルマガの中で、とても勉強になるメルマガがあります。

新年に送られてきたそのメルマガの内容を転載します。

興味があれば、誰でもこちらから登録出来ます。もちろん無料です。

「日本の心を伝える会メールマガジン」
毎回とても興味深い日本の歴史を中心としたお話が配信されます。

■┓ メルマガ会員  ■
┗┛ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

登録費用も月々の費用も全部無料です。
月曜日から金曜日まで、平日の夕方、
一日一通のメルマガが配信されます。

↓お申込みはコチラ↓
http://www.nippon-kokoro.com/mailmag_entry.php



〜以下、新年に送られてきたメルマガの内容転載です〜


「天壌無窮の神勅」

平成23年(西暦2011年)元旦
明けましておめでとうございます。

今年は皇紀2671年にあたります。

皇紀は、初代天皇である神武天皇が即位された年を紀元とします。
日本は、世界最古の皇室を頂く国家なのです。

ちなみに、世界で2番目に古い王朝は、デンマークです。
デンマークは、10世紀後半にクヌーズ一世がデンマークとイングランドを征服して建国しました。現在36代を数えます(日本は125代)。

3番目は英国です。
西暦1066年にフランスのウイリアム一世が英国を征服して、ノルマン朝を開いきました。

そして、

米国の建国は1776年、
仏国の建国は1789年、
露国の建国は1991年、
中共の建国は1949年です。

私たちの国、日本は、神代の昔から続く世界最古の国家なのです。


神武天皇の祖父にあたられるお方が、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)です。

天上においでになるアマテラス大神は、孫の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を、豊葦原の水穂の国(トヨアシハラノミズホノクニ))に降臨させました。

これが「天孫降臨」です。

このときアマテラス大神は、ニニギノミコトに、次の神勅を与えられました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
豊葦原の千五百秋(ちいほあき)の瑞穂の國は、これ吾が子孫の王たるべき地なり。爾(いまし)皇孫、就(ゆ)きて治(し)らせ。行矣(さきくませ)。

寶祚(あまつひつぎ)の隆(さか)えまさむこと、當(まさ)に天壤と窮まりなかるべし
(日本書紀巻二)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

口語訳すると次のようになります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
豊かな葦原で、
秋になると稲穂がたくさん稲が稔る國は
私の子孫が統治する地です。

なんじ皇孫よ、これから行って統治しなさい。
元気で行きなさい。

寶祚(天皇の御位)が栄えることは、
当然に天地と共に永遠で窮まりないことです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これが、「天壌無窮の神勅」です。

三島由紀夫は、命よりも大切なものは、この「天壌無窮の神勅」と「三種の神器」であると言い切っています。

また幕末、吉田松陰は、水戸藩の郷士、堀江克之助に次の書を与えました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
天照の神勅に、

日嗣之隆興
天壞無窮 と有之候所、

神勅相違なければ日本は未だ亡びず、

日本未だ亡びざれば、
正気重て発生の時は必ずある也、

只今の時勢に頓着するは
神勅を疑の罪軽からざる也。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

口語訳すると、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
天照大神の神勅には、

天皇を頂点とする我が日本の興隆は
天地に終わりなし、とある。

日本はいまだ滅びていません。

ならば、
日本国が正気になるときは必ず来る。

ただいまの時勢に翻弄されるのは
天壌無窮の神勅を疑うということです。
それは、決して軽くない罪です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


posted by wakaba at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 好き?!嫌い!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。