blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2011年01月14日

ドイツ人の平熱


この前、体温計を買って、説明書を読んでて、これにちなんだすごい面白いことに気づいたんです。

日本の場合、たいてい平熱って36.5度ぐらいでしょ?

人それぞれ個人差があるのは別の話として、大体、一般的に平熱として知られているのって、そのぐらいでしょ?
でも、実際は低体温の女性とか増えてて、平均値はもう少し下がってるような気さえする。私もそれ、結構低体温。しかも低血圧。

ドイツ、もしくはヨーロッパ全域か分からないけど、少なくともその体温計の取り説も、周囲に聞き込み調査した結論でも、こっちで平熱とい えば37 度だそうです。
私は低体温の冷え性なので、37度あると、かなり具合が悪いです。
昨日は37度3分あって、自分としてはすっごい熱かったです。

この、ドイツ(もしくはヨーロッパ)では、37度が平熱って言うことを知って何を思ったかと言うと、要するに、私たち日本人より明らかに標準装備されている筋肉量が多いので、漠然と基礎代謝量も多いし、体温もこのぐらいが 平熱っていうことなんでしょう。筋肉量が多ければ、燃えやすい体であるから、運動すればすぐにそれが成果として現れやすい体質なのだと 思いま す。その代わり運動しないと、食べ物のカロリーが高くなりがちな食生活、食習慣なのですぐに太る。なんかうまいこと出来てるなーと思いました。もしもヨーロッパの人が食生活を同じにして、代謝の悪い体、筋肉量の少ない体だったら、怪獣みたいに大きな人、太った人だらけになりますよね…

私は本当に効率の悪い体で、ずっと運動は続けているけど、常に冷え性だからか、基礎代謝量も筋肉量に対して比例する数値ではないんですよね。
たまたま?運動好きなもんで、子供のころからずっと運動は続けているけど、もしも私が運動が苦手な子だったら…どうなってただろう?
まあ、運動しないとお腹も減らなかったりするのかも知れないけど、わかんないよね〜

昔ヨガの先生に、私は肉をもっと食べないといけないって言われたことがあります。肉食べたら太る!って思うけど、太らない為に肉を食べなさいって。どういうことか?要するに、体を温める食事をしないといけないってことみたいです。


posted by wakaba at 01:47| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
風邪の具合はどお?
文章読むだけでつらそうで…大事にしてね。

平熱、私も低かった子供だったな、36度なんて絶対ない子。
でもあの頃の知識として低い=悪いって認識なかったから、それが当たり前かと思ったけど、最近じゃ37度近くある人が健康って常識が変わってきたね。
自然の摂理ってゆーか、ほんとよくできてるよね、人間の体って。

肉は食べた方がいいらしいね、ほんとに。
ジンギスカンとかいいみたいね。
生姜は頑張って食べてるよ(^^)
ドイツにもある?生姜。
Posted by ユキ at 2011年01月16日 10:20
やっと良くなったよ〜風邪。
もうどうしたら防げるんだ?ってことを真剣に考えちゃうよね。
生姜はドイツにもあるんだ。でも、家庭料理に日本みたいに頻繁に使われる食材ではなく、あくまでアジアン系の人が買ったり、あとはちょっとお料理得意な人がしょうが入りのレシピを試したりする程度のような印象。ちょっと前は、生姜はマーケットに並んでなかったそうです。ここ数年だってさ。

はるくん早く治るといいね…
Posted by わか at 2011年01月19日 18:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。