blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2007年08月30日

ワカ父写真公開(笑)

dad.bmpワタシの父を知る人だけでなく、知らない人がワタシの書く彼を想像して、是非見たい!と思っているらしく・・・わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
お父さん、天国の酒場かスキー場でそれ聞いて、張り切って調子こいてるだろうなー(笑)

ワタシのお父さんと言えば、超スポーツマンexclamation×2
しかも、全部我流(笑)
ゴルフとかすごかったよ、彼のスイング(笑)
トップで超〜〜ヒールアップみたいな(爆笑止不可←me)

誰かに能書き習ったならまだしも、我流で勝手に自分の加減でそのヒールアップやっちゃうんだから。多分、彼の先生は、当時のジャック・二クラウスとかあの辺でマネしてたんだろうね、すっげーウケル(笑)

でも、そのテレビで見る人たちの真似事でそこそこいい球打つし、野球もスキーもボクシング、ヌンチャク(ブルースリー笑)もそこそこの線までカッコついてたし、やってたと思うんだよねー。
中年太りをしている彼を見た事はなかったなー、亡くなったのは57歳の誕生日の約1ヶ月前だったけど。
とにかくカッコいい自慢のお父さん。
ずっこけ武勇伝はまた書きますが、とりあえずお父さんのカラーがすっごく出ている写真を見つけたので携帯電話のカメラで撮ったものを載せます。
子供の頃はお父さんに似てるって言われて結構嬉しかったんだよねー。
似てる?
遺伝子はかなり影響しています。お父さんのいいとこ、全部引き継いでるつもりでいます(笑)

ワカ父武勇伝、シリーズ化するかも?乞うご期待?

生きていたらお父さん、今年で61歳です。
でも多分、バリバリ毎晩張り切って飲んで暴れて、若い人たち仕切って翌朝早朝野球とかしてたと思います。

24時間テレビで欽ちゃんが走ってましたね。大変な事と思います。なんだかんだ気になるし、感動する。で、まあ欽ちゃんと言えば、“欽ちゃん走り”ってのがあるじゃん。あの横っぱしりみたいなやつ(笑)

うちのお父さんの場合も、(ワタシが勝手にさめた目で見てたのですが/爆)“ワカ父バシリ”ってのがあるんだよ(笑)

どういうのかっていうと、かかとがお尻にバンバン爆弾付く走り方(爆)分かる?
彼がこれをいつもやってたかは記憶に薄いのだけど、ある運動会、多分幼稚園の時かな〜小学校かな〜。お父さん競技に出てリレーかなんかで走ったとき、まーすごいこと、かかとがオシリにバンバンわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

運動量はその日いたお父さんたちの誰よりもあったと思うのだけど、「進んでなくねぇ?」みたいな、子供ながら気を遣って後にそれを彼に言う事はありませんでしたが、心の中では、冷めた感じで、“無駄が多いな”と思ってました(笑)
でも、それがいいんですよ、彼は。
毒ばっかり吐いて、はちゃめちゃで、野生動物のようにワイルド過ぎて手に負えない時もあるのだけど、なんか憎めない。
この笑顔、素敵でしょー。彼は年間、ものすごい比率で雪山にいました。
これもそう。スキー場が似合うお父さんだなーと子供の頃から思ってました。
自慢のお父さんわーい(嬉しい顔)手(チョキ)


posted by wakaba at 17:04| 東京 ☔| Comment(6) | ワカ父 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わー。ご自慢のお父様の写真が見れるなんて!私のもっていたイメージが覆ってしまいました。もっときびしそうな、ちょっと怖い感じの人かな?と思ってたんですが、さわやかな素敵な笑顔じゃないですか。笑った時の目が似てるかも、、。娘に自慢されるお父さん、いいです!!!武勇伝、楽しみにしてます。
Posted by まいか at 2007年08月30日 19:20
ワカパパ素敵〜!!
この写真、ちょっと「シゲル・マツザキ」に似てない?(爆)日焼け(スキー焼け)してるからかな?
お父さんのいろんなこと聞いて納得!やっぱり娘だね〜(笑)
でもでもホントに素敵なお父さんだね!こんなにお父さんのこと想ってくれてること天国で喜んでるとおもうわ!
Posted by くみ at 2007年08月30日 22:10
素敵な写真ですね〜!!
運動神経と豪快さは「お父様譲り」なんですね。素敵な父娘の関係に感動しました!
続編を楽しみにしてます。
Posted by Kaz at 2007年08月30日 23:35
まいかさん、くみちゃん、Kazさんありがとうございます!
お父さん、厳しいイメージ有りました?でも厳しい面もあるんです、いろんな意味で。
厳格なのではなく、一番怒るのは、「根性がない」とです(^_^;)
分かりやすい話で言うと、小学生の時、大磯ロングビーチの10メートルの飛び込み台から飛び込めといわれ、飛び込めなかった時にはぶっ飛ばされるみたいな(^_^;)
まあ、キリスト教とかの洗礼?みたいなもんですかね?うちは無宗教だったのですが、ある意味、ワカ父教ってのが、かなりあり、お父さんが経営していた店も
若い人々(お客さん、学生さんとか)が「道場」みたいな呼び方してましたから(笑)
しつけに厳しいのは、人の目を見て話さない事と、小さい頃から敬語が使えないのは怒られました、かなり厳しく。あと返事。
ほんと、ありがたいですよ。
「シゲル・マツザキ」そうそう!それ系(笑)
ワタシが彼を誰に似てるか言う時は、いつも、西川のりお(そっくりです/爆)と西城秀樹と、渡哲也混ぜたみたいな感じっていうんだけど、知る人によっては西川のりおオンリーだって(笑)
だけど、どっちにしろ濃いぃよ。いつも陽に焼けて真っ黒だし声デカイしリアクションデカイし。今から20年とか30年前に親指立てて「グッドラック」的なサインをするオヤジいたか?(笑)
うちのお父さんは飛んでました。いい感じです。ほんっとーに思い出したら笑いが止まらないよー。
ワカ父武勇伝、また思い出して書きますね。
皆さんにカッコいい素敵なお父さんといわれてきっとすっごく喜んでいると思います。そういうレス、ガンガン下さい!
Posted by waka at 2007年08月31日 03:19
いいお写真ですね(^^)V
こんなに娘に好かれるお父様って素敵ですよね!
きっともっと娘と一緒にいたかったでしょうね・・・
天国であたたかく見守ってくださってるのが目に浮かびます(^^)
続編、楽しみにしてます♪
Posted by すずき at 2007年08月31日 15:52
好かれるっていうか、変だし面白いから自慢なんです(笑)ワタシは、個性がある人じゃないとチャンスは薄いと思ってるんで。日本は個性的なことを時々悪い意味を含ませて嫌う、避ける、認めない傾向もなくもないと思うのですが、ワタシは個性がある人の方がチャンスはあると思ってますから、そういう意味で超個性的なお父さんは頼もしい人でしたよ!彼の場合、チャンスをつかんだというより、チャンスをつかむどころか、それを飛び越えて、いっつもぶっとびまくっていたと思いますけど(^_^;)
Posted by waka at 2007年08月31日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。