blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2007年12月27日

今年一番の感動〜Boléro

Olii's mama 297.JPG
クリスマスプレゼントプレゼント
期待も想像も全くしてなかったので驚いているのですが、山盛り頂いちゃいましたクリスマス

こちらのプレゼントの仕方は数で勝負してるわけじゃないけど、「開ける楽しみ」も価値観のようで、数で言ったら私は50個ぐらいもらったかもわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)その中には手作りのクッキーだったり靴下だったりキャンドルだったり小さなものも一つ一つラッピングしてあり、すごくカワイイです。カード書く習慣も老若男女問わずあるようで、心がこもっています。

そしてその沢山ある中の一つ、お友達のご両親からオーケストラのコンサートチケットがexclamation×2

昨日はなんとベルリンフィルハーモニーに行ってきましたるんるんるんるん

1882年からの歴史を持つ ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker)は、ドイツ・ベルリン(旧西ベルリン)の「フィルハーモニー」に本拠を置くオーケストラで、世界でもっとも有名なオーケストラの一つ。

コンサートホールはとても複雑な五角形の施設で、有名な設計士による音楽と建築空間のコラボらしい。

見た目の芸術的外観だけでなく、確かにもんのすごい響き渡ってましたがく〜(落胆した顔)

ホールの収容人数は1,180〜2,440席。遠過ぎずこの密着感が興奮をさらに掻き立てます。


ひたすら鳥肌。

Maurice Ravelって作曲家のBoléroって曲知ってる?
誰もが絶対に聞いた事がある曲。

バレエ曲らしいのですが、日本でもCMやドラマ、映画のBGMなどによく起用されているし、最近聞いた気がするのは女子フィギュアスケートの村主がショートプログラムで使っていたような。

同一のリズムが保持されるなかで2種類のメロディーが繰り返されるという特徴的な構成。単調なように思うかも知れないけど実に奥が深い。

ワタシが数えただけで30近くの異なる楽器があったと思う。言葉では表せない色彩豊かな音色。なんっていうかぁぁぁぁぁ・・・もう言葉にするの無理っすバッド(下向き矢印)

小さいドラム(小さな太鼓一台)が同じリズムをどれぐらいだったろう・・・20〜30分ぐらい刻み続ける。

そのドラム奏者がなんと、70歳の真っ白白髪のおじいさん、半端じゃないがく〜(落胆した顔)ひらめきConstantin Avgerinosって人。ベルリンフィルではかなり有名らしい。

ボレロは最後の曲で全部で30分の休憩を挟んで9曲あった。

実はワタシ、このおじいさん、一番最初から気になっていた。

正式名称なんっていうんだろう?バスドラムかな?(写真の中央一番後列)大きな太鼓4つを前にものすごい存在感だったの。一緒に行ったみんなに「あのおじいさんなんかすごくない?!」って演奏の最中なのに興奮しちゃって同意を煽ったりしてました(笑)

太鼓なら誰でも出来そうだとよく子供の頃、音楽の時間や学芸会など何か出し物の合奏をする時、楽したい男の子が取り合いをしていたけど、太鼓〜〜半端じゃないっす。

当たり前だけど技術だけじゃない。全体の空気を彼は察して全部読み取って時にはコントロールしているようにも思えた。指揮者以上に。なんだろう?

あとものすごい腕力。っていうか全身を使ってる。驚異的体力です。・・・どんな筋肉してるんだろう?どんなトレーニングしてるんだろう。強烈な肉体労働。ある意味スポーツ以上の部分があるかも知れません。その体力と集中力は。
そこに到達するまでに沢山の怪我もしていると思います(腱鞘炎とか。見てるだけでこっちが腱鞘炎になりそうだったもん)もうびっくりです。

ボレロはそのドラムと第一フルートで静かに始まる。(この時はおじいさん指揮者の横に出て来て演奏←写真のおじいさんの左にドラムあるでしょー)

ドラムのバチの先端だけ1センチぐらい残して短く持って、顔がドラムのすぐ近くまで寄るほど前かがみで小さく小さく叩く。そして次第に楽器も増えてきてクレッシェンドが効いてきて気づいたらおじいさんの体も段々起きて来て、なんと休むひまなく叩き続けているのに少しずつそのバチを長く持ち替えて行っている・・・。

クライマックスでシンバルが加わり、すべての楽器の音が最高潮に鳴り響いたものすごい迫力のフィニッシュには、鳥肌と涙とで頭が真っ白、体中熱くなって、手は真っ赤に腫れあがるほど拍手をやめる事が出来ませんでした。

彼らはまさに神様からのギフト、音楽は神様からのギフトではないでしょうか。

今、こうして思い出しながら書いていても涙が出てきます。

IMG_1424.JPG本当にすごかった。

音楽が好きとか嫌いとか疎いとかなんとか全く関係なく、ベルリンに来たら絶対にベルリンフィル絶対体験して下さい!

カメラ写真は、OKだったのかNGだったのか分かりませんが(^_^;)おじいさんに感激しておじいさんが観客の盛大な拍手に応えている時に撮りました。ボケテルけど。
もう一枚は演奏の間のブレイクの時に撮った写真。
開演前も、その間の休憩時にもワインやシャンパンを飲んで、その時間を楽しみます。






posted by wakaba at 19:00| フランクフルト 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タンタタタ タンタタタ・・・
ラヴェルの生ボレロ しかもベルリンフィル
そりゃー鳥肌もんでしょう。うらやましい!! 言いようも無く感動したんですね、いいなあ。
ドイツでもブラボー!って言うのかな?
Posted by すっぴん at 2007年12月27日 21:06
思いっきりブラボーってみんな叫んでましたよ。
本当にサイッコーでした!
Posted by ワカ at 2007年12月27日 21:45
超有名オーケストラだね!!すごい〜〜!

ところで、オケの後ろのほうに座ってる人たちって一般の人?
気になるわ(笑)

私も生で聴いてみたいわぁ♪
Posted by くみ at 2007年12月28日 14:06
くみちゃん、ありがとう。
後ろの方に座ってる人たちは多分、何か特別に招待されている施設の人たちとか老人ホームの人たちだと思う。ぐるっと一回り観客席だよ。だいたいみんな結構なおしゃれをして来ているよ。コレ系のコンサートやオペラに。
でも子供もおじいちゃんおばあちゃんも年齢問わずにみんながクラッシックを楽しむ環境ってのはまたきっと日本では養われない感性があるんだろうね。もちろん日本にもこちらでは養われない感性、価値観はあると思う。
Posted by ワカ at 2007年12月28日 23:06
ドイツ旅行記、楽しみに読ませて頂いてます!

こんな最高のGiftを贈って下さる素敵な方々にわっこちゃんは迎えられているのね♪

コロッセオのようにオーケストラが中心にいて観客が周りを囲んでいる感じなのかしら?

重低音は下の空間を走り、高音は天井いっぱい響き渡り、素晴らしいボレロだったことでしょう♪
想像だけでため息が...(はあ〜〜〜っ)

いつかドイツに行ったらベルリンフィルのチケットは必須にしようと心に決めましたよ(笑)



Posted by yuriko at 2007年12月29日 04:12
yurikoちゃんありがとう!
いつかベルリンに来た時は絶対だよ!絶対!!その時もしワタシもいたら一緒に行こう!!yurikoちゃんも音楽好きだからたまらないと思うよ。道端でホームレス?の人たちが楽器を弾いているレベルだって半端じゃないんだよ。こっちの文化だね。ワタシたちが折り紙で鶴が折れるのと同じ感覚?ちょっと違うかも知れないけど多くの人が音楽を生活の一部のように取り入れている気がします。
Posted by wakko at 2007年12月29日 05:14
ドイツ旅行記、楽しく読ませていただいています。
ホント、素晴らしいクリスマスでしたね!!
今度また、いろいろとお話を聞かせてくださいね。楽しみにしてます!
Posted by KAZ at 2007年12月29日 12:09
無事ドイツに到着し、しかもクリスマス時期にドイツに居るとは羨ましい限りです。ところで、スキポール空港でのトランジット状況は如何だったのでしょうか?とても気になります。
ベルリンフィルの演奏を聞けたとはかなりラッキーですね!
この時期のチケット獲得は先ず無理です。
ホームステー先の方達の並々ならぬ努力とワカコさんへの心使いをひしひしと感じます。元気な情報をこれからも期待しています。
Posted by Hori at 2007年12月29日 17:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。