blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年06月29日

オカルト話(W杯編)



今日は私の足の件で、例のスポーツアナライズドクターに会う日だったので、少し時差がありますが、昨日のドイツVSイギリス戦で私が思った“オカルト”な話をモバQ

まずは、この上のMSNのニュースをご一読下さいませ。

1966年のワールドカップサッカーイギリス大会は、イギリスが優勝、ドイツが準優勝でした。

このドイツとイギリスがファイナル(決勝)で対戦した時の事件が、44年たった今もなお、当時の白黒映像を元に専門家が分析を繰り返すも、未だに“疑惑のゴール”として語り継がれていたのです…

そして、2010年、その疑惑のゴールの謎をぶり返すような不思議な出来事が。

1966年のワールドカップのイギリスの3点目のシュートは、ゴールの上のバーに当たり、真下に落下。その落下地点が、白線にかかっていたどうか…その疑惑のゴールは、後になって、あの一点はなかった(入ってない)だろうという声が多くあがるも、やはり、その時の審判の判断がすべて。イギリスがW杯初優勝を果たす。
しかし、今もなお、それは伝説となるだけでなく、分析は続けられていたが解明は迷宮入りしていた。

そして、日曜日、怖ろしいほどに同じ事が、今度は逆の立場で起こったのです。

「疑惑のゴール」事件があったこの44年後、まるで当時がフラッシュバックするようなシュートを、イングランドのランパードが放った。クロスバーに跳ね返ったボールはゴールインしていたのだけど、これを主審が「ノーゴール」と判定したのです。

44年前の1966年はこれで、イギリスに点が入った。
そして44年後の2010年はこれで、ドイツに点が入った…

どう思います???

オカルトでしょ!!

あたし、鳥肌立っちゃいました。



サッカーの試合は、ビデオ判定などもないし、審判のタイプや腕はもちろん、その時の運も含めの結果が大いに左右される場合もあり、その苦い思いはこのブログでも何度も書いて来ましたが、サッカーの試合を見れば見るほど、こういったものも含め受け止めなくてはならないことだと痛感もしてました。これにより泣く時もあれば、胸を撫で下ろすこともある。

分かっちゃいても、いつもついつい自分の応援しているチームが不利になると、なんやかんやと言いたくなる。これもファンの心情としてありだと思う。

ただ、今回のこのゴールシーンは、ビデオ再生で明らかに審判の誤審だと分かったので、私たち、ドイツを応援しているみんなも、あの瞬間手放しでは喜べなかったんです。

もしも、折角勝っても、一生言われる…って。

だから、あと2点は入れないと駄目だ!!ってみんなで話ししてたの!

そしたら、本当にあと2点を追加点とし、堂々たる勝利を収めた。

ほんっと、感動した!

誤審問題については、ドイツイギリスの試合だけに限らず、正直、毎試合、大小に関わらず必ず発生していることだと思う。

ここは、本当に難しいところ。

試合直後のイギリスの監督は、納得しない様子のコメントをたっぷり残していたけど、翌日のイギリスの新聞には、あれがゴールだったとしても、ドイツが強かった!と書いてくれていたそうです。

イギリスの新聞って、普段は結構、ボロクソだったり、嫌味たっぷりに書くらしいのだけど、その後は結果は結果として受け止めて、捻くれたことを書かないところは、すごくリスペクトだって、OTTOや周りの友達も言ってた。

私もこういうのが気持ちいいと思う。
もしドイツが負けても、ファンがあれこれ言うのは勝手だけど、メディアはそういう対応、報道の仕方の方がスマートだと思う。

国をかけての試合だから、必死なのは分かるけど、それはみんな同じなのに、審判のせいで負けた!と試合後何日経ってもいい続けている国があるのが一部話題になってる…

誤審による結果を含めて結果と言うとしても、納得いかないと誰もが思う時はあるかも知れないんだけどね、私が、今回のこの1966年フラッシュバック事件を見て思ったのは、誤審とかも含めて、神様が見ているのかなと。誤審で負けた!と騒ぎ立てている国も、それを理解することが出来たら、過去などに思い当たる節があるのかも…

うまく出来てるって言うか、ほんと、不思議だけど、偶然ではなく必然なんだろうね…

すっごいもの見させてもらった〜


posted by wakaba at 03:03| Comment(2) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YOUTUBE検索中

今、昨日のドイツVSイギリスの試合のハイライトと、例の“誤審”のゴールシーンと、あと私が“オカルト”と名づけた、1966年のワールドカップの映像をYOUTUBEで色々と探しています。

それと一緒に書けば、見てない人もサッカーに興味がない人も興味がわくんじゃないかと思って。

で、探している段階で、まだチャンピオンズリーグをやっている時に私がテレビで見て感激して、みんなにも紹介したいと、このブログに“神CM”と題してアップした、ナイキのCMが、あの時はYOUTUBEで探してもなかったのだけど、今日たまたま見つけたので、改めてアップします!

あの時は多分、リンクからわざわざ飛んで、それを見てくれた人っていうのはサッカーファンの人たちだけだったと思うので、今日はその時見なかった人にも見てもらいたいナーと。

もちろん、欧州サッカーのすっごいタレントで構成されているCMなので、選手を知らない人はそこは楽しめないかも知れないけど、なんっつーか、面白エキサイティングな、ナイキのFIFAワールドカップ公式CMです!

posted by wakaba at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

ドイツ!超〜〜っ!

昨日のドイツVSイングランド戦サッカー

見ましたか??

結果は4-1でドイツが圧勝しました。
が…

信じ難いことが起こったのです。オカルトです!

これについて、書く前に、昨日の様子からー

現地時間4時キックオフで、私は2時から3時15分までのヨガレッスンに出かけ、その足でオリバーと駅で待ち合わせて、友達の家に向かうことにしました。

国歌斉唱を聞きたい、選手たちの試合前の表情を見たいので、3時45分には着く計算でギリギリの待ち合わせをしました。

が、ヨガの先生も、「今日は10分早めに終わらせます!」って(笑)

駅に着くとottoが既にスタンバイして待ってました(笑)

JUNI 2010 092.JPG


お友達のうちに行くと、結婚式にも東京まで来てくれた、オリバーの幼馴染メンバーがそろってました。4家族だけど、おじいちゃんおばあちゃんも来てたので、総勢、子供たちも入れると20人でした。

大きなお家で、大きな庭のあるお宅なので、ほんと、ここに人が集まる時はいつもお祭り騒ぎです。みんなで食べ物飲み物持ち寄って、すっごく楽しいです。

下は0歳から、上は80歳越えまで一緒に応援です。

JUNI 2010 106.JPG


スクリーンは、ワールドカップ用に買ったみたいです。いい買い物した!ってみんなに褒められてました(笑)

同年代の周囲を見渡すと、小さな子供たちがいる人たちが多いから、自分たちの思うように出かけることも出来ないこともあるみたいだけど、点が入るたびに、窓から、ものすごい大声で叫んだり、ブブセラ思いっきり吹いたりしても、サッカーの場合はどこからも苦情など絶対来ないので家でも仲間と集まって思う存分楽しめるのがいいですね!

JUNI 2010 097.JPG


一点目、クローゼ。思いがけないイエロー二枚のレッドで前回のガーナ戦に出場出来なかった彼の、執念の一点。

すっごい集中力!

当たり前なんだけど、でもすっごい執念とその集中力は、ゴールシーンを見ればみんな感じると思う。その目を見て!わかるから!!(動画探してます)

そして2点目のポルドウスキの角度のないところからのシュート。これも美しかった〜〜

JUNI 2010 104.JPG


そして、次にイングランドに一点返され、そのすぐ後に、オカルトは起こったのです…

オカルト話は別に書きますモバQ

とにかく、イギリスと言う大きな大きな壁を突破しました。
4対1で突破!!

あたし、興奮してのど渇いちゃって、サッカーの試合の二時間弱でビール大瓶、6本もラッパ飲みしちゃったの初めてかも(笑)

ほんと、さいっこーでした!

JUNI 2010 108.JPG



次は、なんとアルゼンチン…

昨日、ドイツの試合の後、散々飲んで騒いだ後に、落ち着いて、冷静にアルゼンチン戦をこの大画面で見たけども…

やっぱ…なんか違うな…

って感じで、これまたさらに大きな大きな壁。
この時点で決勝っぽいよね…

アルゼンチン突破は容易では想像が付かないと世界の人々が言うだろうけど、今のドイツチーム!なんかすっごく乗ってる!

1966年の祟りを祓い去るかのようなことが起こっているような…

そうそう、この1966年の祟り?!の話は別に書きます!

ということで、続く…
ぴかぴか(新しい)

ちなみに昨日のベルリンの大きなパブリックビューイングには、なんと50万人のサッカーファンが集まって、この試合を観戦したようです!

posted by wakaba at 19:44| Comment(7) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

ゴルフ業界もW杯の影響大!

昨日のサッカーW杯サッカーアメリカVSガーナ戦も凄かったねー

私にとってアメリカはやっぱり、切り離せない第二の故郷みたいな感覚あるし、前回の試合もすごい劇的だったし、個人的に言うと、ガーナのボアティングが、なんか乱暴でさー、あまり好きじゃなくて…より一層、アメリカに勝って欲しい!!って気持ちで見てました(ドイツ代表の本来のキャプテン、バラックを怪我させて出場出来なくなったっていう事実は後に出た事実なんだけど、たまたま見たインタビューが、母国や人を馬鹿にするような酷い内容だったからっていうのと、あと普段の乱暴感じが苦手だからかな)

でね、今日話ししたいのは、この試合の話ではないのだけど(残念ながらアメリカ負けちゃった)…

この試合のハーフタイムでチャンネルを替えたの。
そしたら、ゴルフBMW International Open2010をやっててね。

ドイツのミュンヘン開催のこの試合は知ってたんだけど、あー今やってるんだー。と、どんな様子か、このハーフタイムの15分ぐらい見てたら、解説の人が面白いこと言ってたのをみんなに話したくて!

明日(今日)のドイツVSイギリス戦サッカーを選手がみんな見たがっていて、大会側と話し合いをし、最終日の決勝はこのサッカーを見るために、午前6時に競技をスタートすると!!
この時間にスタートをすれば、どんなに遅くても3時には全競技が終了しみんなもれなく、最初からこの試合が見れるってわけです。

これ、凄くない??!!(笑)

選手がみんなで訴えて、これが通る!!

まあ欧州では、信じがたい話ではなく、仕事だって中断がオフィシャルに許可されちゃうぐらいだから、普通の流れと言えば、普通の流れだけども、こうしてゴルフの選手たちも、私たち一般市民と同様、みんな注目しているわけです。

6時の朝早いスタートという事は、トップの人は間違いなく、3時起きとかでしょ。もっと早い人もいるはず。ゴルフを知らない人は分からないかも知れないけど、ゴルフ選手も色々準備があるんだよー。普段、もし朝6時スタートなんてことになれば、それはそれは文句ぶーぶーの世界。でも、今回に限っては、みんなワールドカップが気になるわけです(笑)

いよいよ今晩、ドイツVSイギリス!

サッカー史はもちろんだけど、歴史的背景も含め、この二国が戦う時はいつも、すっごい加熱してしまうそうです。

現地時間では4時キックオフ。(日本はいい時間だね!)
私もばっちり応援準備して(新しく購入した、ドイツカラーのアフロヘアーカツラもキメて)友人で、縦横3メートルのスクリーン(プロジェクター)持ってる人がいるので、そこで観戦します!

ドイツに絶対絶対勝って貰いたい!絶対絶対勝ってもらわないと困るっ!!

posted by wakaba at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

FAIR=強さ&巧さ



↑この記事、ほんとそう!

日本はフェアープレーだと思う。

欧州のサッカーをこちらで毎日のように見るようになり、一番思ったのは、このラフさ(当たりの強さ)、時に乱暴な感じに日本がどれだけついていけるか?って言うこと。

明らかに、わざと!!って言うのが、本当に目に余るんだよね。
すごいよ。

日本人はそういうこと基本的にはしないよね、わざと突き飛ばすとかさー。でも、だから社会生活において、まじめにやってる人たちが強引な人たちに押しつぶされるって言うケースもあるんだけど、ルールに基づいて行われているはずであるスポーツの勝負の現場では、この記事の通り、スポーツマン精神に則り、フェアーであることが強みになるケースもあると証明される!

日本のこれまでのイエロー3枚って出てるけど、昨日のスロープレー?(ゴルフではこのペナルティーをそういうのだけど、サッカー用語だと何と言うのですか?)に対して出た2枚のイエローは、なんか嫌がらせに感じたぐらいのもの。

PKをデンマークに与えたファールも、ドイツの解説者も、なんで??何にもないじゃん??って何度も言ってたし…

すっごい危険プレーのイエローとかファール、仕方ない時はあるけど、私が嫌いなのは、明らかに悪意、故意で肘鉄とかふっ飛ばしとか…

昨日もデンマークの選手に何人もつかまれて、吹っ飛ばされてたよね。よくそんなこと出来るなーって思うけど…反射的にやっちゃうのもあるだろうけど…でもすごいよね…日本人は基本、そういうこと考えないよね…

びびった結果のそれ(相手に果敢に接近する姿勢がない)では勝てないけど、巧さ故のそれであれば強さに比例するものね!

侍ジャパン!
日本の誇り!次も突破して下さい!絶対!神様〜仏様〜〜モバQ黒ハート
posted by wakaba at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶叫

冒頭でいっきなり、日本に2枚のイエロー出たじゃん。
あん時は、言葉失って愕然としたよ、「また審判による悲劇が始まるのか…」って。
OTTOも同じ気持ちで、ブーイング。最初っから結構、笛吹いてたので、解説の人もそれに気付いて、私たちだけでなく、ファンはみんな不安感じてたと思うんだけど、その矢先に立て続けに日本にイエロー。

しかも、モタモタしてたみたいな?!?!
全然、イエローになんか値しないようなものに、そんな過剰反応したので、本当に青ざめました。

審判によって公平不公平はある程度仕方ないけど、ちょっと腹が立った。

点を取ることでねじ伏せる以外、この審判の元では、勝っても負けても納得のいく結果に結びつかないのではと不安だった。

ふー

絶叫したよ。
あんなに叫んだのって、最後いつだっけ?ってぐらい。

ゴールの瞬間絶叫したのだけど、その後も興奮冷めやらない私を見て、OTTOが、窓を開けてくれて、思いっきり叫べって(笑)

日本が点が入って叫ぶ人は、ただでさえベルリンには日本人少ないのに、近所なんかでは見かけたことないので、きっと誰も予想してなくて、正直、ご近所さんはびっくり、何事?(犯罪?)って思ったりしないかと一瞬過ぎったが関係ない。思いっきり、やらせてもらいました(笑)

OTTOもいつもドイツチームの戦いになって、ゴールして興奮すると、その時も叫んでるけど、後になってもそれが収まらなくて、失礼…と席を外し、窓を開けて、信じられないぐらい大きな声で叫んでます(笑)

は〜〜〜〜それにしても昨日の日本は本当に素晴らしかった。

日本代表、どんどんよくなって行くね!
また自身がついたと思う!

3点も取れるなんて、欧州サッカーファンは思ってなかったと思うよ。

デンマークは事前に日本チームをボロクソ言ってたからねー
あの態度を見て、あーデンマークには絶対勝って欲しいなーって思ってたんだ。なんか、自分たちの強さや結束力を堂々アピールしたり自信満々に勝ちを宣言するのは大いに敵チームであっても頼もしいと思うけど、まるで、差別的発言とも言えるような見下した態度でボロクソ言って鼻で笑ってたんだよね。

昨日試合後のデンマークの選手のインタビューで、「日本が強かったということですか?」って聞かれて、鼻で、ふん!って馬鹿にするように
向こうが勝ったんだから、そうなんじゃん?みたいなふてぶてしい態度でした。まあ、これはあれだけ大口叩いて、一番楽勝だと思ってた日本に負けたわけで、相当悔しいだろうから仕方ないと言えば仕方ないけどね。

やっぱ、大和魂、侍ジャパンの名のもとに、日本の“神様、仏様”がついてたんだよ!(写真)

20100625-00000024-jij_vanp-socc-view-000.jpg


この横断幕見た時、思わず笑っちゃった。なんかこれいいじゃん!って(笑)

武将コスチュームもいいね!侍コスチューム。
今度日本に帰ったら、私もそういうグッズ買ってこないと!

解説のオリバーカーンが言ってたよ。
日本のサッカーは2002年からどんどん成長しているって。そしてカーン個人的に、キーパーの川島も、すっごい集中力を持っていて、時にそれがクレージーに映る時もあるけど、いいキーパーだと思うって言ってた。

いやー
昨日の日本の試合みたこちらに住む欧州の人たちは、驚いたと思うよ。

実はこれから、学校。
今日は半分授業でその後、例の移民に義務付けられている試験がある日。

昨日はサッカー熱でテスト勉強あんまり出来てないけど、もう今日の夜のお祝いの酒(OTTOと友人が私のその修業を祝ってくれると)が待ち遠しくて!修業祝い、あとドイツ代表と、日本代表に乾杯です!




posted by wakaba at 17:02| Comment(5) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

突破した!

昨日のドイツVSガーナ戦…

日本ではCSでのみ放送だったのかな。
今朝のニュースのダイジェストで、ゴールのシーンだけしか見れなかった人は多いと思います。
結果で言うと、ドイツが予選突破しました!
本当にヨカッタ!!

でもでもでもでも〜〜〜〜〜
こちらのサッカーファンは、もーーーーーーードギマギしていました。

まるでドイツらしからぬ、びびりまくりの試合だったというファンの声は絶えません。

最初の15分ぐらいで、なんでこんなにゆっくりなんだ?って、テレビが壊れてるのか?って一瞬思ってしまった私。

私のような素人が見ても、いつものドイツと違って、全くスピードも積極性もなかったように見えたのです。

本当のところは私たち外野には分からない事なんであれこれネガティブな憶測しても仕方ないんだけど、私の周りの何十年もサッカー見続けているドイツ人たちは、彼らのびびりプレーに試合中は大声出して「何やってんだよ!」って怒ってました。

若いチームで、ワールドカップ自体が初めてである選手が多いこと、後のない予選の最後ということもあり、プレッシャーを感じ過ぎて、動けなくなっているとか言ってた。

ゴール決められそうになったシーンでも、なんと、またラームがゴール際でスーパーセーブしたんだけど、その時も、他の選手はそのピンチの現場の後ろの方で止まっちゃってて…みたいな。

(私の中では、昨日のMVPはLAHMとNEUERかな。エジルはゴール決めてくれたのでよかったけど、決める前まではミスが多く、ファンの中では、早くエジルの選手交代を!って叫んでた人もいました)

あんなプレーで、次のイギリスに勝てるわけがない!!って大声出して熱くなってたファンもいるけど、私は、やっぱこの"予選突破"というシチュエーションが最も緊張する場面である(ドイツがまさかの予選落ちほどの敗北はないので)と思うので、確かに彼らの昨日のプレーはどうしたんだ??って思ったけど、まあもう次へ向かって切り替えましょう!!とその熱くなるドイツ人サッカーファンたちを沈めときました(笑)

熱くなる人たちは批判をしたいのではなく、大好きだから心配で心配で仕方ないのよね。もっとドイツチームを信じよう!って言っといた(笑)

でね、一位突破したことで、次の対戦相手がイギリスになりました。

イギリスとドイツは、なんっていうか、宿命のライバルっていうか…
とにかく、イギリスは今までこのワールドカップでも本来のプレーが発揮できてなかったと言われていたけど、ドイツ人曰く、イギリスは、相手がドイツになると、絶対に負けられないと、すごい勢いで闘志を燃やしてくるんだって。

これは、サッカー史以前に、戦争を含め歴史的背景が大いに影響している姿らしいです。今、学校でドイツの歴史を学んでいるので、この辺の背景の意味は、なるほどな、そうだよな、と分かる部分もあります。

ドイツもそうやって、強く出てくる(時に乱暴に見えることが私にはある)イギリスに対し、こっちだって負けるもんか!と闘志がぶつかり合う…この二国の対戦はいつも、すごく激しいものになるそうです。

今回のガーナ戦、ドイツのプレーはなんだか相手のミスを待つような消極的なと言うか、なんか闘志よりもプレッシャーが前に出ている試合に見えたのだけど、次の相手、イギリスが闘志しかないようなアグレッシブなプレーをしてくるとしたら、これはドイツだって、昨日のようなプレーは出来ない。アグレッシブに対抗するしかないわけです。確かに次の対戦相手がイギリスっていう強く大きな壁であるのは、先へ先へ進んでもらいたいと思うファンにとっては、思う部分はあるけど、ワールドカップだしね!イギリスだけが強いわけじゃない。ここでイギリスと当ったことに私たちがプレッシャー感じてたら、それがまたメディアを通して選手に伝わる!これはやっぱよくない傾向だよ。メンタルは大きいよ。

ちょっと今回のガーナ戦で出し切れなかった闘志を、次のイギリスに引き出してもらいつつ、思う存分に精一杯の戦いを見せてもらいたいと、世界の頂点を見せてもらいたいと思っています!

今日は、いよいよ、日本VSデンマークだね!

Ottoは仕事で会議など含めなんだかずるずる長い一日らしいのだけど、間違いなく、日本の試合の前には帰って来るからね!って出かけていきました。

彼も日本の予選突破を願ってる。前回のボールをすぐ奪われてしまう日本のプレー(前半戦でオランダが71%ボールキープしてた件)を心配してたけど、相手違えば、何もかも変わるわけで、今日はまた一味違う、日本のプレーを世界に見せ付けて欲しいです!
posted by wakaba at 18:19| Comment(4) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

SAMURAI

日本VSオランダ戦…

私、結局どこに見に行ったかと言うと…

なんと、オランダ人経営のジャズバーのPVです。
そこのマスターが、オランダ人でもサッカー狂のオランダ人で、すんごい勢いなんです。OTTOといつもオランダVSドイツのサッカーの話でバトルしているのですがいい友達なんです。

そこに、オランダ人オンリーが集まる中、私は乗り込んで行ったのです(笑)日本人が集まってみている所より、環境的にはピリピリすると思ったけど、アピールに行って来ましたよ(笑)

前半に0対0で耐えたことは、彼らに取ってかなり不服だったようで、結局一点入れられてしまったけど、すごく粘り強い日本を認めることはしなくても、オランダらしさがなく退屈な試合だったとふて腐れてました。要するに、日本が思ったよりいいプレーをしたことに動揺していました。

もちろん、世界1のチームの中の一つのオランダに勝てる確率は少なかったのは誰もがわかっていることだけど、あそこまでがんばれた事は、私は彼らの自信をまた取り繋いだという点で、負けを強調する必要など一切ない試合だったと思ってます。

日本がボールをあまりに奪われるのがうまさと言うか、プレースタイルの違いかなと思ったりしましたが(オランダが圧倒的にボール保持率が高かったので)それでもチャンスをいくつも作ったのはよかった!

しかし、あそこまで戦えるなら、やっぱりせめて引き分けて欲しかったけど、まあそんなこと言っても仕方ない。

オランダ人の皆さんと握手をして帰って来ましたよ。

そう、どいちゅさんがコメントしてくれたように、その次のガーナ、オーストラリアがこれまた見ごたえがありましたね。

ドイツチームのグループD組のレベルはもともと高く、国際サッカー連盟(FIFA)の最新世界ランキングを足して4で割ると18.25
ブラジル、ポルトガル、コートジボワールがそろうG組は「死の組」と呼ばれているらしいのだけども、ランキング105位の北朝鮮が平均を下げてその数字は34

D組は他のどの組より4チームに実力差が少ない本当の「死の組」と言えるでしょう!って事なんですよねー

確かに、その通りの接線になっていて、最後までドキドキです。

しっかし、惜しかった!
でも、よく頑張ったと思います!

侍ジャパン、次も堂々と戦って、その大和魂を見せて下さい!

あ、余談だけども…
誰が一番“侍ジャパン”っぽかった?っていうか、SAMURAI!?っぽかったって、やっぱ岡田監督ジャン^^;?!?!

試合前や途中で映るその表情の静けさはワイワイ騒いでるオランダ人には不気味に映ったみたい。国歌もなんとも静かだしね!選手たちがしっかり口を開いて、君が代を歌っている姿は気分がよかった。

岡田監督は本当にあのまま、侍の時代にBack To the Futureの映画みたいにタイムスリップ出来るかってぐらいの雰囲気出してたよね。

侍ジャパンって、いいネーミングだと思う。

この名前に負けないプレーを次も期待!
posted by wakaba at 01:54| Comment(5) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

セルビアチームでさえ

今日のセルビアvsドイツの試合サッカー

結果しか見ていない人は、「あードイツ負けちゃったんだわね〜わかちゃん残念がってるねー」って思ってるだけだと思うけど、単に残念がるだけで済むような試合じゃなかったっす。

もー
なんっつーかー

一言で言うと、イエローカード出しまくる主審には参った!
全部でこの試合だけで10枚だっけな?

最初のファールとかでいきなりイエローとかさー

しかも、正しくない、フェアーでないだろ!って思うような場面も多く。

クローゼはまさかの2枚のイエローで退場になるし、ラームもシュバンシュタイガーもイエロー出された。

11人が前半で既に10人体勢で戦うことに。

次の試合で、もしもまたイエローが出て、ラームもシュバンシュタイガー、そして全試合でイエロー食らっているオジルも退場になっちゃったらどうすんのよーーーーーって感じでドキドキ落ち着かない私だけど、そんなこと考えても仕方ない。

だけど、このイエローだしまくりの審判はどう考えてもNGだと思う。

勝ち負けの問題じゃない。
フェアな判断がなかったら、スポーツって意味がない。
昨日のフランス戦の審判もちょっと、どうなの?って感じだったけど、審判がここまで怖い存在だとは思わなかった。

主審のあまりの暴走に、選手たちは後半、注意深くプレーするようになった気がした。当然か。思い切ったプレーもスピードも落ちていったように思った。

選手たちのメンタルにすごくダメージを与えたこの主審。
世界のプレーを見れるチャンスをぶち壊している。ファンも怒るはずだ。監督のヨギも怒り爆発してたね。

日本で伝わってるか分からないけど、勝ちチームのセルビアでさえも、“あの審判のジャッジはちょっと異常だった”と言っていました。

この審判の癖っていうか、タイプも、試合の展開の大きな要素になる。

本当にフェアな判断が出来る上手な審判ならば、余計なこと心配せずに、選手たちは自分たちらしく戦えるし、ファンもそれを楽しめるのに、何だか後半は審判のことが気になって仕方なかったところもあった。

もちろん審判だけが負け要因ではない。負けは負けでいいんです。でも、フェアでないのはあまりにも辛いです。

審判も大変だし、過去にこういうことが原因で自殺しちゃった審判もいるなんて事も聞いたこともあるし、ほんと、済んだことだし、あまり追い込んではいけないんだけど、でも、何が残念だったかって思うと、勝敗ではなく、私は“そこ”でした。

ドイツチームは11M(PK)を決められなかった事もあるし、チャンスもいくつかありつつも決めれなかったわけで、ついてなかったけど負けは負けだ。

しかし!

ゲルマン魂!

とにかくドイツ人には根性がある!(日常生活の中で時々、その根性にむかつく時あるんだけどねわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

本当にすっごい根性。
一致団結、心を一つにし、自分たちを信じて正々堂々と真っ向勝負する根性。これ、ドイツの国歌、今日学校で習ったんだけど、この歌詞にもそれが丸出しになってた。今度紹介します。

個人的には、ラームがまた変な審判にイエロー取られたらどうするんだ〜〜〜って気がかりでならないのですが、そんなこと言ってても仕方ない!彼らの真っ直ぐな信念を信じています!
絶対予選突破してくれると信じています!

明日は日本対オランダ!

帰りの地下鉄でやってたニュースでロッベン(ROBBEN)が親善試合での怪我を克服して明日登場するとありました。

日本チームにとっては、かなり怖い選手だと思いますが、やっぱりワールドカップだし、世界の一流のプレーが見たい!日本をもちろん応援しているけど、大好きなロッベンの華麗なシュートも見たい!そして、それを日本の皆さんにも見て欲しいって気持ちがある!もっと言えば、そんなロッベンやベンチにさえも世界トップクラスの選手しかいないチームを相手に、堂々といい試合を見せて欲しい!本当に楽しみです!

昔、日本のサッカーの育ての親であるクラマーコーチが、来日して日本選手のあまりの覇気のなさに、怒りまくって「ドイツにはゲルマン魂がある、日本には大和魂はないのか!」と言った話をどこかで聞いたことがあります。

そう、大和魂!大和魂だよ!!
いい試合を期待していますぴかぴか(新しい)

posted by wakaba at 02:53| Comment(5) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

学校サボりたいの!!

今日のワールドカップサッカーは、こちらの現地時間13時半から、大好きなドイツチームの第2戦目ですexclamation

私は14時から受けなければいけない授業があります。

でも、昨日先生(30代半ば女性)が、これはオフィシャルではない発言だけど、「明日、なんとか私も休めないか、代わってくれる先生を探したのだけど誰もいなくて、私のサッカー好きは学校中の人が知ってるから、仮病も考えたけど、絶対ばれる…だから泣く泣く来るよ…でも、みんなの中でサッカーを見るために来ない人がいても、それは理解出来るから、オケ!」って言ってた(笑)

なんて理解のある先生だ(笑)

私は、15分遅れて来ますって言いました。

学校の一室が大画面のパブリックビューイングみたいになってるので、そこで前半だけ45分見て、後半は再放送?で?って正直に遅刻を告白しました。

そしたら、先生が、「いいこと考えた!」
「クラスで一人ずつ交代で、見に行こう!(下のその部屋に)」って(笑)

実はさ、昨日、木曜日、いつも通り、教室で先生を待っているのだけど、来ない。20分しても来ないのでオフィスに尋ねたら、私たちの担当の先生がいない!ミスコミュニケーションで誰も来てない!ってことで、折角来たのに、授業はキャンセル。

なんだよ〜〜〜〜〜これが金曜日(今日)だったらよかったのに!!って正直思った。
私は学校も授業も好きなので、まるっきりなくなるのは嫌だけど、サッカーを見るために延期になるのは大歓迎なので抗議したのだけど、夏は語学学校も人が入れ替わり立ち代り忙しいんだよね、きっと。

ちなみに、ottoの職場では、オフィシャルに、ドイツのサッカーの試合は勤務中でも緊急が何もなければ、テレビを見ていいことにアナウンスされたって言ってました。さすがドイツだよね。

Ottoに授業をサボりたい旨を正直に伝えたんだけど、来週金曜日に大事な試験もあるんだから、それは駄目でしょって言われた(苦笑)
彼は私の夫でもあり、お父さんみたいな存在でもあるからね…学校サボるって言って、いいよーって言うお父さんは、多分、私の本当の父→ワカ父ぐらいでしょう。彼はスポーツのことがカラムと学校二の次でいい人だった(笑)

とは言え、私も自分にどこまで厳しくなれるか保証はないっす。
前半戦次第で、お父さんに内緒で授業サボるかも!?!?

先生も理解があるので、プリントをもらって来て、この週末はその分、勉強しないといけないことになりえるけど、それもありだと思っています。

でも、夜はそのドイツ戦をガンガン再放送っぽくやると思うので、ここは、抑えなければいけないなとも思ってるけど…どっちにしても、授業が集中できないだろうなーわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

posted by wakaba at 15:16| Comment(4) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

岡田監督!よかったね!



やったね!
頑張ったね!踏ん張ったね!

日本代表で誰に一番、この嬉しさを伝えたいかって、そりゃー岡田監督だよ。いじめられてたからねーメディアに。まだまだ先は長いけど、この一戦は重大だったね!本当によかったね、岡田監督!

それにしても、これほど後半の45分が長く感じた試合はないわ(^_^;)

もう最後の20分は、早く時間が過ぎろ!早く過ぎろ!ってこればっかり思ってました…ってこれも、日本代表に対して失礼な話かも知れないけど、それが本音よね。どうにか勝ってもらいたいって思ってさ〜

正直、オランダに勝つのは難しいだろうし、デンマークは、オランダに今日敗れたものの、調子が悪そうなわけではない。

今回、負けでも引き分けでもなく、勝ち点の3ポイントは大きい!

それにしても、最後の最後まで冷や冷やしたよ!
学校が終わって、教室飛び出して、駅までの道のりのパン屋さんでテレビ出してたので、チラッと覗くと、まだ0対0。

「よっし!私が帰るまでそのまま耐えてくれ!」とか祈りながら、地下鉄に乗り込んですぐにottoにsmsを送り様子を聞く。

「0-0」とだけ返信。ottoも真剣に日本チームを応援してくれていた(笑)何故か、ottoの友達もみんな、日本を応援してくれていた(笑)その根拠って、友達の嫁が日本人だから…ってだけでしょう?(もちろん相手国カメルーンに対して思い入れがない人の場合だけど)

でも、嬉しいよね。日本を意識して見てもらえることは。

スポーツだから何が起こるかわからないし、日本代表の力を信じてないとかではなく、普段ヨーロッパのサッカーを見ているもんだから、日本のチームがどれだけこれに対抗出来るのか?ってイメージが正直なかなか沸かなくて、折角つかんだワールドカップの切符だから、一勝もしないで帰るのだけは…って思っちゃってたんだ。
つまり…全敗を予想してた???…ごめんね…その可能性もあるって少し思ってた…どうにか勝ってもらいたくて、その気持ちが強過ぎて、心配過ぎてついネガティブな本音もどっかにあった。でも、それを口に出す事はしたくなかったので、世間がバッシングするのを批判してた。そして、今日の勝利!外国開催のワールドカップではこれが初勝利だって。

プレッシャーだけでも大きいのに、メディアの批判とかなんだかネガティブなものばかりでウンザリで、あまりいいムードで乗り込んでいたと思えなかったけど、この一勝で、もっと自分たちを信じて、自信を持って、勢いつけて次に挑んで欲しい。

次は優勝候補でもあろう、オランダが対戦相手。
私たちは、この試合は週末なので、このワールドカップのために作られたビーチクラブのパブリックビューイングで観戦します。

日本人があまりいないベルリンで、日本人以外の欧米人に囲まれつつ、日本対オランダを見る…昨日のオーストラリアのボロ負けみたいにならなきゃいいな・・・なんて本当は思っちゃいそうなところだけど、こういう時に弱気なのはよくない!堂々と日本チームを応援して来ようと思います!

その前に、金曜日、現地時間1時半からドイツ対セルビアがあるのだけど、まさに、授業のど真ん中!

これは、今日、先生に抗議しました(笑)授業時間をずらせないものかと(笑)そしたら、先生は(女30半ば)「私だって休みたい!」って言ってました(笑)

posted by wakaba at 03:08| Comment(4) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

ラ〜ム(はぁと)



昨日のドイツの試合は、本当に気持ちヨスギル黒ハート

みんなみんなかっこよかった、感動した!

シュートが決まるシーンは誰が見ても爽快なのだけど、私の中で昨日それらの4点のシュートと同様に熱くなったシーンの一つはこの上の記事の写真。

ラームが止めた!!

つか、ラームがこんなところにまでいたっ!!

ラ〜ム黒ハート

その他にもたくさんいい写真が見れるので、ぜひドイツのこのサイトチェックして下さい。リアルタイムにどんどん更新されるので昨日の試合は早めに見て下さいね!(更新されても見れるけどドイツ語が分からないと探すのが一苦労の場合もあるので)

N-TV.DE←超おすすめ!
posted by wakaba at 15:42| Comment(4) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカーファンの皆さん◇お勧めドイツ語サイト

昨日、リアルタイムでドイツ対オーストラリアの試合を見て、寝る前にとりあえず一言でも書きたいと思って、本当に一言書いただけなのに、いくつかコメントを頂くことが出来て嬉しかったので、こちらベルリン朝、7時で起きたところでやること色々あるっちゃーあるのですが、もう一言書かせて下さい(笑)

昨日のドイツ、オーストラリア戦では、とりあえず、ワールドカップ始まって3日目、一番いいプレー、ダントツに一番いいプレーしてたと思います。どの国も強豪で、点数合戦などにならない、一点が、なかなか決まらない感じが否めなかったのですが、昨日のドイツは、まー素晴らしかった。

専門家でないし、サッカーは本当に最近のめり込み始めたことなので、詳しいことは分からないけど、素人コメントすると、私の目には、ドイツチームはすごく頭もよく、冷静で、まじめに監督の作戦などを聞いて連取しているチームだろうなーと思ったし、結構、オーストラリアも、イギリスみたいに、意図的にぶつかってきたり足ひっかけたり、ドサクサ紛れに肘鉄とかも目に付いたけど、私が見る中で、これはバイエルンミュンヘンの時から思ってたけど、ドイツチームはそういう点では、下品なプレーはしないし、すごくフェアーだと思ってるのですが、いかがでしょう?私のえこひいき目線なのかな?そんなことないと思うのだけど・・・

この週末もずっとワールドカップ見てて思った。
ボクシングとかも好きで見るんだけど、あのスポーツは誰が聞いても見ても、“殴りあう”ことが分かっているので、痛いものを見る覚悟がある。

でもね、サッカーも、格闘技と同じっつうか、本当にタフな体でないとやっていけない。すっごい走るし、しかもダッシュだし、ガンガン転ぶし、当たられて吹っ飛ぶし、蹴られるし、頭でど突かれるし…

すっごい痛いです。見てて。

球蹴りスポーツなんていう印象は、全くない。運動神経のすべてが揃ってないと出来ないっていうか…とにかくすごいです。

私もヨーロッパのサッカーを見るまではここまで思ったことなかったのだけど、もしも自分の子供とかがサッカー選手になりたいって言ったら、ボクサーになりたいって言ってると同じだな、って思って心配(怪我だらけなので)になると思う。

あ、話それました。
昨日の試合では、まずPODOLSKIがゴールを決めました。
これ、日本の人は知らないかも知れないんだけど、ドイツのサッカー特番で、前日(土曜日)にやってたんだけど、彼の試合用のスパイクを、アフリカの占い師?祈祷師?霊媒師?みたいな人のところにレポーターの美女が持っていって、何やら草とか香辛料とかで液体を作って、それをその人が彼のスパイクに擦り付けてお清めだか、おまじないみたいなのをしてたの。これで絶対PODOLSKIは明日ゴールを決めるって言って、そのスパイクを本人に渡していたんだよね。本人はありがとうと言いながら、こっちは忙しいのに、こんな企画につき合わされちゃって参ったなー(~_~;)って感じだったんだけど、本当に決めたんで、それを見ていた私はびっくり(笑)PODOLSKIは夫曰く、ドイツのブンデスリーグでは、さほどいい活躍をしてないので、最初のゴールはアフリカ祈祷師の伝統のおまじないが効いた!?なんて言ってたけど、先制点は、すっごい大事だよね!!興奮したよ〜

そしてKLOSE。この選手がスタメンに入っていることを紹介した時に、ちょっとしたエピソード映像みたいなのが流れたんだけど、そのタイトルが、直訳すると“心配な子供”だったんだよね。これ、どういう意味?ってOTTOに尋ねると、いい選手なのに、今シーズンは全く調子が上がらず不安を抱えてここまで来ていたと言う。でも、監督のJOGIは彼を起用。絶対的チャンスに決められなかったシーンが前半にあった時は、プロゴルファーのイップスと同じで、抜け出せない精神的なものか?とか思っちゃったけど、そんなことはない!彼は美しいヘディングシュートを決めた。選手と抱き合うKLOSE、後半に選手交代した時にJOGIとギューーーーーーっと抱き合うその彼の姿は、何って言うか、それまでの苦痛や苦難をやっと払拭できたと言わんばかり、エモ−ショナルな映像でした。彼にとってこの1点がどれだけ人生で大きな意味を示すか。私たちが想像出来ることを遥かに超える思いが駆け巡ったと思います。

これで、KLOSEのブランクが解禁になったと私は信じる!

みんなすごい評価だけど、私とOTTOの中では、さほどいい印象がなかったミューラーがこの日は、何倍も大きく見えた。やるじゃん!

KAKAUもKLOSEと交代で入ってすぐだもんね。いい仕事する!さすがです!

シュートを決める人たちばかりがどうしても目につくけど、ドイツチームは本当にみんながそれぞれよい仕事をした。みんな全員、すごくよかった!バイエルンミュンヘンで言うと、私ランキングの3位になるラームも、ドイツ代表になると、その上位1,2位が抜けるので、自動的に1位になる。このラームがまた、本当に素晴らしくってサー

ブログじゃなくて、サッカーファンの人たちと語りたいよ、どっか集まって(笑)

今日はいよいよ日本チームです。
4-0のオーストラリアは、弱かったわけじゃないと思うけど、ドイツがすご過ぎた。でも、さすがに4点取られるのは屈辱でしょうね…

日本チームがどんな状態か私は一切見た事がないので分からないけど、周囲のバッシングやら批判を裏切りまくって、胸張って堂々と戦って勝利して欲しいと思います!

ドイツのサイトなのですが、このブログを見てくれているサッカーファンの皆さんに紹介したい。

すっごくいい写真が試合後にすぐに掲載されます。

リアルタイムでどんどん更新されるので、昨日のドイツの試合写真は、早めに見て下さい!

リンク張っておきます。ドイツ語分からなくても、写真だけでも十分楽しめます。“BILDERSERIE”と言うところをクリックすると色々見れます。

N-TV.DEサッカー



posted by wakaba at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4-0

ドイツ目
かっこよかったよー
っていうか、これぞプロのプレー!って唸るようなシーンがたくさんありました。まだ見てない人は、結果云々ではなく、そのプレーをぜひ見て下さい。

南アフリカと時差のないドイツでは確実に全試合、見ようと思ったら見れるもんで、ある意味大変です。

明日、月曜日は日本の初戦、カメルーン戦です。
現地時間の午後4時ってことで、私が学校が4時15分に終わるんで、猛ダッシュで帰ってきて、ハーフタイムに間に合うぐらいなので、後半45分は見れる。全部見たいけど、まあ学校なのでここは仕方ない。

ドキドキするー
頑張って欲しいねー日本代表サッカー
posted by wakaba at 06:31| Comment(2) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

西村雄一さんでした!

昨日書いた、清清しい気持ちになった、誇らしい気持ちになったという、日本人の主審さんのお話。

{サッカーワールドカップ 日本人 主審}で検索したらこんな記事を見つけました!紹介したくアップします。


南アW杯2010:サッカー 日本人審判の成長見せて−−今市出身の丸山さん /栃木
 ◇70年メキシコ大会の先駆者 後輩2人にエール

 11日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会でピッチに立つ2人の日本人審判員に熱い視線を送る人物がいる。70年のW杯メキシコ大会で日本人として初めてW杯の審判を務めた丸山義行さん(78)=東京都練馬区=だ。「代表の実力同様、審判のレベルも一段上がったことを示してほしい」と期待を込める。

 今市町(現日光市)出身の丸山さんは県立今市高から中大へ進み、FWとしてプレー。卒業後の54年に審判員となった。スポーツ用品メーカーに勤務しつつ経験を積み、61年に国際審判員に認定された。当時の日本は人気、実力ともサッカー後進国。他国の審判から「日本ではサッカーをやっているのか?」と聞かれた。

 一念発起した丸山さんは60年代後半、毎年のように自費で欧州を訪れ、イングランド、イタリアなどのプロリーグの試合を観戦。世界最高峰のプレーを肌で感じ、審判としての肥やしにした。地道な努力が実り、日本がフランス大会でW杯初出場するはるか28年前のメキシコ大会で夢舞台に立った。

 担当したペルー−ブルガリア戦。副審(当時は線審)を務めたが、異国のスタジアムは巨大なすり鉢のようで「観客の多さと地鳴りのような声援で足が震えた」。欧州での経験が生きたのか、試合が始まると落ち着きを取り戻せたという。77年に審判を引退。昨年8月に日本サッカー殿堂入りした。

 南アフリカ大会では開幕日となる11日のウルグアイ−フランス戦(日本時間12日午前3時半)の主審を西村雄一さん(38)、副審を相楽亨さん(33)が務める。2人ともW杯の舞台に立つのは初めてだが、“ピッチの番人”として的確な判定が求められる。

 「雰囲気にのまれたらだめ。プレーヤーとボールの動きに集中していれば動揺することはない」。道を切り開いた先駆者が後輩2人に贈る言葉だ。【松本晃】=一部地域既報



この西村さんを、日本においてのこの世界のパイオニアの丸山さんが励まし応援しているって言うのも、なんか気持ちのいい話です。
posted by wakaba at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選手より気になっちゃった

誰が?

それは、主審。

たった今終わった、フランス対ウルグアイ戦。

日本人が主審だったんですよ。

そんな事知らずに、ビール飲みながら、あぐらかいて(笑)「リバリー(フランス代表)決めてくれよぉ〜〜」とワクワクしている時に、主審が日本人であると言うことを紹介されると、何故かワクワクから、変な緊張が始まってドキドキする私(^_^;)

世界が注目する、世界がことによってはパニックになるサッカーワールドカップで日本人が審判。

もちろんどの国の人も主審になりえるのだけど、正直、典型的日本人丸出しでは世界のスポーツの主審、特にサッカーの審判なんて絶対出来ないって思ったんです(・_・;)
日本人を軽視しているのではなく、THE日本人!っていう性質の中に、世界のどの国の人も真似できない素晴らしいものはたくさんある。ただ、このケースは、日本人向きの役割としてピンと来なかったのが本音。だから緊張した。大丈夫かな…って心配になった、まるで身内のことのように。

でもね、冷静、そして勇ましい態度、さらに日本人の真摯な対応で臨んでいたと思う。最初の方のホイッスルはなんか微妙っていうか緊張が感じた(ってか、私が緊張してたのかな?笑)けど、本当に素晴らしかったと思う。

結構な数のイエローカードが出たの。
このカードを出すのも、正直、勇気がいる場合あると思うよ。スポーツの判定に関してはいつも、クリアなわけではない。野球とかでも、ビデオ判定とかよくあるけど、後で誤審だと分かるケースはたくさんあるじゃん。でも、それも含めてスポーツだったりするんだけどね…。

今日はレッドカードも出た。ファール含め、こういう瞬間って、選手からもサポーターからも当然、すごい勢いでブーイングがぶつけられる。

ある選手が、イエローカードにすっごい興奮して、接触した相手の選手と周りの選手も巻き込んで乱闘になりかけた時も冷静だったし、その後、乱闘は逃れたものの、イエローを受けた選手がまだ興奮しているのを見かねて、再び、彼の目の前に立って、目を見て、ゆっくり冷静に言葉正し、納得させた、落ち着かせたみたいなんだよね。そのシーンもテレビで映ってて、ドイツ人の解説も、この場面では「この日本人の主審の対応はなかなかいいと思う」って褒めてた。

全体的なこの日本人主審の評価は私には分からないけど、今日の彼の姿は見てて、すごく日本人として気持ちがよかった。

こういうのが私は嬉しいんだよね。同じ日本人として。
試合と同じぐらい注目して、審判の事を見ちゃったけど、世界で正々堂々とフェアーに真摯に選手同様戦う彼を見て、なんだか得意げな気持ち、日本人として誇らしい気持ちにさえなったよ。

20100612-00000005-maiall-socc-thum-000.jpg


試合はね〜やっぱ、世界のトップのぶつかり合いなだけに、点数の取り合いにはならないよねー。なっかなか決まらない。結局0対0で引き分け。
メキシコ対サウスアフリカも1対1だったから、本日の両試合とも引き分けだ。

日本であの主審さんの人のこと、何かコメントされてた?
何か評価受けてた?もしあったら、あの主審のエピソードなどあったら是非教えて下さい!
posted by wakaba at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪い冗談で(ごめん)

「この画像見たら、カメルーンに勝てる気がして来た」というタイトルで友達から送られてきたこの画像…

すっごく悪い冗談なんだけど、ごめん、茶噴いて笑ってしまったよ(笑)

o0550036910586153338.jpg


茶噴いたっていうか、メキシコVS南アフリカの試合をビール飲みながら“南アフリカ味”?とかっつーチップス摘んでいたので、ビール噴いた!が正しい(笑)

岡田監督…(^_^;)

元気出して!

監督、日本代表!失うものは何もない!と、抑えている感情も丸出しにして暴れて、吠えまくって欲しい!

がんばれ〜

って、とりあえず、今晩のフランス対ウルグアイの試合まであと30分。フランス代表は、バイエルンミュンヘンのリバリーがいます!
彼は、レッドカードで大事な最後の最後の試合に出場が出来ず、本人はもちろん、ファンとしても彼の姿を暫く見れていないのはかなりのストレス!今日は思いっきり見させてもらいますよ!

クラスにフランス人の男の子がいるので、フランスはチャンピオンズリーグでもリオンが勝利したし、何かとサッカーについて話が出来ればと思ったけど、どうやらサッカーには興味がないようで、クラスメイトの中にはサッカーの話題で盛り上がれる人がいなかった、先生も含め。まあ、いいけどね(笑)

さっさと、ドイツの税金についてなどがテーマの宿題済ませて、もう一本ビールあけます!ちなみに、この3日間オリバーは仕事で帰りが遅く、今日も夜中になるので一人テレビ観戦です。

小話すると、学校帰りに、デパ地下によって少し買い物して来たんだけど、ワールドカップの影響と思う。人がいない!普通、金曜の午後は日曜はドイツかな、少なくともベルリンは法律で決まっていてスーパーなど営業してないので、週末の買い物客で人は多いはずなのに、閑古鳥状態でした。

しかし、地下食料品売り場に、テレビがたくさん出ている。
でも、なんかこれ、従業員用?!って感じだった(笑)

だって、魚屋とか肉屋コーナーの目の前に、どう見ても、肉屋が見やすいようにテレビのポジショニングしてあったり・・・そんな感じだもん(笑)

日本ではスーパーやデパートで従業員が見る様のテレビが設置されてるとか考えられないけど、ワールドカップだし、サッカーだし、ドイツにとってサッカーは重大なテーマだし、私はこういう発想もありだと思ってます(笑)

posted by wakaba at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

これ欲しい!



明日開幕のサッカーワールドカップ!
ドイツの民族衣装を着て、ドイツを応援しよう!って事で、こんなのが販売されているらしい。

この民族衣装は、南ドイツのもので、写真のデザインはもちろん、オリジナルとは掛け離れる、サッカー仕様サッカーぴかぴか(新しい)ですが、今でも有名なオクトーバーフェスト(ビール祭り)などではお決まりです。

OTTOは私も絶対似合うって、バイエルンに行ったらお土産に買ってくれるって言ってた(笑)

これでいいよ、あたし!
サッカーバージョンで(笑)

私の結婚式、パーティーではなく神前式の時、LINAが着てたの、覚えてる人いるかな。

いよいよ明日からです。サッカーワールドカップ、南アフリカ大会。

私が行っている学校でも、一つ教室を、映画館のように開放し、みんなで観戦出来るようにしてくれています!さすがでしょー

明日は、OTTOが仕事で遅いので、学校で友達と騒ぎながらみようか、どうしようか考え中。

ほんと、いよいよで、ドキドキします。
世界のトップが集結するこの大会において、これまた練習試合の段階で怪我人が続出している事実もあり、その中でも、私の大好きな、バイエルンミュンヘンのロッベン(ROBBEN)の怪我は気になる。

彼はバイエルンミュンヘンに所属していますが、お国はオランダ!
オランダ代表です。

つまり、日本と対戦します!

つまり、日本の皆さんにも確実に見てもらうことが出来る!!って思ってエキサイトしてたんだけど、どうなるだろうか。

全試合見る人は、このブログの常連さんの中にはそんなにたくさんいないと思うけど、日本チームは見るでしょう。

ロッベン、注目してね。彼の美しいシュートが見たい黒ハート
posted by wakaba at 01:26| Comment(2) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

神CM!

神CM!
凄過ぎてオリバーとあんぐり口をあけて見入ってしまった。
多分、ワールドカップ前の期間限定CMサッカー

欧州サッカーファンだったら、もう涙もの、永久保存版もんじゃないかと思います。

3分間というこのCM、昨日、ドイツナショナルチームとハンガリーの親善試合みたいなのがあって、それを見ていた時に流れてね。

初めて見たんだけど、ほんと、凄過ぎて吸い込まれちゃったよ。

欧州サッカーファンは絶対見て下さい!

そうでない人たちは登場人物が誰だか分からないというハンデはありますが、それでも、おおお〜〜〜〜!!!って思えるCMだと思いますのでぜひチェックを。

ドイツ語サイトなので軽く解説〜

こちらのリンクをクリックすると、画面の上に、1,2,3,4と数字があります。この数字の2をクリックすると、画面の左下に“film ansehen”という文字がありますので、ここをクリックして見て下さい!

サッカーファン必見!神CM!はこちらクリックひらめき

http://www.nike.com/nikefootball/home/?locale=de_DE
posted by wakaba at 06:41| Comment(7) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

美しすぎる50歳ヨギ

今日スーパーに買い物に行っても、サッカーサッカーワールドカップにまつわるものがより一層目に付くようになって来てるなと感じました。

今日は金曜日なので、飲む日手(チョキ)ってことで、おいしいチーズなどを今晩の夕飯の材料を買いに行ってレジを済ませると、ワールドカップのスクラッチカードがもらえたわーい(嬉しい顔)

前の人は随分たくさん買い物してて、10枚ぐらいもらってた。10ユーロに一枚だな、多分。

OTTOが帰って来てから一緒にスクラッチしようと楽しみにしています!何があたるんだろうか?(って当たる気でいる)

普段食べてるお菓子を買っても、点数集めてプレミアグッズをもらおうとか当てようとか言うのがたくさんある。

オリバーのおやつで常に常備しているお菓子でね、昔のビックリマンチョコってあったじゃん?変な絵のシールが入ってるやつ、あんな感じで、サッカーワールドカップ、ドイツ代表選手のステッカーが入ってるのがあるわけ!普段はオリバーのおやつで私は別に食べないのだけど、ここんとこ、シール欲しさに食べちゃってるんだよね(笑)

ドイツ代表の中では、ラームが一番好きなので、ラームが当たるまでは!!と思っているんだけど、なっかなか出てこない。もう10枚以上あるのにー未だにラーム出ず(-_-;)ちゃっかり心理読まれてるわけ??

なぜか、ゴメスとフリードリッヒが一番多くて…

サッカー選手のシール集めたりして、丸っきり子供みたいになっていますが(^_^;)

あとね!このブログでも2,3回は出てきてると思うのだけど、ドイツナショナルチームの監督、ヨギ!

こっちではみんなにヨギってニックネームで呼ばれてるんだけど、本名はなんだっけな、忘れた(^_^;)

なぜ私がドイツに来て以来、いまみたいにサッカー熱が盛り上がる前から、このブログにヨギを取り上げるほど気になっていたか!

それは、超〜〜〜〜男前だからです黒ハート

そして、おととしの世界記録が出た時のベルリンマラソンは、私、ゴール真横のVIPのテントで見させてもらっていたのだけど、そこにヨギが現れた!!わお!!

甘い視線〜やばいーーーあせあせ(飛び散る汗)

あまりに近すぎて、見つめ返すこと出来なかったのだけど、OTTOがすかさず話をしていました。なんだか少しシャイな印象だったけど、やっぱジェントルマンでした。

50歳つってたかな。魅力的な50歳だわー

ちょっと男前過ぎてか、あのトレードマークのマフラーが気取ってるように見えちゃうか?こっちでは、ご愛嬌レベルだけど、テレビでネタにされ馬鹿にされてる時もあるよ(笑)

この前、チャンピオンズリーグ決勝戦の後にワールドカップをテーマにしたサッカー番組のバラエティーやってたんだけど、「世界一美しすぎるヨギ」とか言って、面白おかしくエピソード語られてた(笑)

ドイツ人は冗談がすっごい好きみたいで、こういうのは全然ありなのです。面白かったよ、そのサッカーバラエティー番組。サッカー選手や監督の物まね名人とかも出てきてさー(笑)

ワールドカップ、6月11日開幕。
日本チームはもちろん、皆さん、ドイツチームも注目してね。その時に、私のドイツの有名人で一番最初に好きになった男、ヨギもチェックして下さい!

DSC_2055.jpg


↑これ、私が撮った写真!ヨギ、私を見てるよね!!絶対見てるね!!
posted by wakaba at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

日本代表頑張れ!

Fussball 019.JPG


ブログのタイトルの下に、「ワールドカップのトロフィーゲットした〜」っていうの、気になってた人いませんかね?
実は、これなんですよるんるんチョコのトロフィーるんるん

前々から食料品買いに行くたびに、どうしようか迷って迷って迷い続けてたんだけど、ある日行くと、残り数が2つになってて、でもその日もなんだか自分だけの判断でこの大きなチョコレートを買うことが出来ず、OTTOに相談すると、「なんで!早く買わないとなくなっちゃうよあせあせ(飛び散る汗)」って(笑)次の日行ったら、一つだけ残っていました、ふ〜ぅ、無事ゲットぴかぴか(新しい)

些細なことなのだけど、このチョコレートのラッピングにプリントされている国旗に、日本の日の丸がある〜!しかもドイツの国旗の隣に!

単純に日本の国旗のデザインがシンプルで分かりやすいからかも知れないけど…全出場国の国旗がプリントされているわけではない中での、この偶然?にテンション高まる私です(笑)

Fussball 020.JPG


気のせいでもないと思うのだけど、サッカー日本代表の岡田監督のバッシングが結構マックスに達して来ていない?

日本チームが弱い、まとまらない!っていうところで責められている以外は、細かな事情は私は分からないけど、日本チームがまとまらない!って、これだけでも、十分責められてしまう理由なのでしょうかね。

それにしても、最近、一部マスコミはすっごい書きようだなーと思ったりしました。

スポーツと政治はやっぱり勝手が違って、作戦を練ったりするのは岡田監督ではあるけど、実際プレーするのは選手だったりして、その選手がいつも監督が思うように100%動けるかも当然定かでないわけだし、相手もいるし、なんたって、スポーツって、動いている生き物同然の要素があるわけだから、想定とか過去のケースとか、同じ状況が設定できる物って多分、ないと思うしー

だから面白くも難しくもあるわけだしー

あれだけバッシングされて、何でもかんでもを自分ひとりのせいにされるのは可哀相だなーとも思うけども...

弱いものいじめしてどうなるわけじゃない、誰も別に得しないっていうの、子供の世界だけでなく、こういう大人の世界でも浮き彫りになるねー。

この監督が本当に駄目なのであったら、この人を選んだ人たちにも責任がある。これが、選挙のように国民投票ではなく、身内で決めるのね。利権まみれの自分たちの都合のいいように…

民主党を選んでしまった国民が今、どうにも酷い状況に自業自得だと言われつつも、次の選挙では何とかせねばと、変えたい!変えたい!とメディアだけに頼らず自ら積極的に情報収集をするなど、私を含め動き出している人はたくさんいます。これが出来るうちは、まだ救いはあると信じて進んでよいのだと思います。

しかし、サッカー界は、利権がらみの、民主党と一緒なのだ!というのを、こんな記事で見ました。

セルジオ越後さんのコラム記事を中心に日本サッカー界、特に川渕氏の闇などをまとめてあります。なんだかなー。

どう受け止めるかは皆さん次第ですが、興味があればこちらをクリックひらめき
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3853.html

こちら↑の記事にある、2006 ドイツW杯ジーコジャパン敗退その5の動画から一部抜粋された文章はなかなか…↓
http://www.youtube.com/watch?v=QMf8akmjyts


(動画より一部抜粋)

セルジオ越後
「お金が貰える、待遇が良くなる、契約が良くなる、というのは、日本の場合には、あてはまらない。
例えば、Jリーグを一つの例として見ても、優勝しても大した変わらない。
逆に優勝しないチームの方が収入が上がっている。
名古屋のチームには1億円選手がいるが、優勝したことがない。
一方の優勝したチームにはお金がないから、選手に大金を払えないでいる。こんなJリーグはプロリーグとは言えない。

だから、ナショナルチームで勝ったら物凄いお金が入る。
日本は活躍しない(勝たない)選手でもCMに出ている。
日本の選手はプロに関して、けじめがない。
だって、好感度をつくれば、CMに出れて飯が食える。
それはアイドルであって、サッカーの実力者ではない。
今、オシム監督のメンバーに入っていない選手でもテレビCMに出ている。
こんな事は、どの国でも有り得ない。
だから、『別に、どうして俺サッカーで頑張らなければならない?』、『何で俺ワールドカップで頑張らなければならない?』、『俺、海外に行けば試合に出なくても、飯が食えるんだ。』という選手が多い。
この風潮を許す社会、日本のメディアが嘘の記事を書いて、人を騙しているという社会では、選手に自覚を持たすこともないし、勝つはずがない。

そして、結局ジーコが好感度が高い選手を選んで、観客動員には貢献している。
これは、ジーコがやったのか日本サッカー協会がやったのかは分からない。
要するに、客が入って儲かれば良い、視聴率が上がれば良い。
でも、勝って美しいということがブラジルにもアルゼンチンにもある。
日本は勝っても負けても関係ない。そういう目標ではない。
ジーコは、試合出ていないし、勝っていない人をどうしてあれほど試合に使ったのか?
どうして皆黙ってそれを見ていたのか?」


セルジオ越後さんのコラムにありますが、日本サッカー界がこうなってしまった理由の一つに、「日本の悪しき風習」とあります。

利権問題…日本の民主党のどろどろと似ていますね。

興味がある方は、こちらのブログさんによくまとまった記事があります。

日本チームがなんだかテンション下がっている様子を私たち日本国民にもその感じが伝染しちゃうけども、ここまで来たら、ジタバタ悪い想像ばかりしても、誰の責任だなんて論議をしても仕方ない!

まだ起こってもない結果をネガティブに予想するばっかりじゃなくて、失うものはないじゃん!びびらず思いっきりぶつかれ!!って感じで、気持ち盛り上げてあげた方がよくないですか?

日本の代表ですから!

サッカーがすごくエキサイティングなスポーツである事に、日本でも見ていたのにも関わらず、ドイツに来てまた改めて感じてしまった私は、ドイツ代表も多い、バイエルンミュンヘンにはまりまくって、チャンピオンズリーグが終わるや否や、既に気持ちはワールドカップに向いていて〜じわじわと盛り上がっていますよ!

ドイツ代表と、もちろん私は日本国民ですので日本代表を応援します!あと、大好きなオリッチのクロアチアは出場しないので、ロッベンと、ボンメルがいるオランダ代表!これ、日本と対戦するんだよねー(^_^;)
みんなにロッベンのすごさ美しいシュートを見てもらえるのは嬉しいけども…日本も…頑張れ!!

あとは、各国の素晴らしい試合を期待しつつ世界のプレーを堪能したいと思ってます。

南アフリカとは時差がないし、もうドイツもこちらベルリンもこのワールドカップ期間中は街中サッカーだらけになると思うので、ほんと、丸ごと全部楽しむ如く、心の準備をしておりますドコモポイント

posted by wakaba at 02:09| Comment(4) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

学んだよ!

Fussball 016.JPG


おっと!ビール抜きの写真をアップしてしまった(前記事)

見よ!このあわ立ち!
瓶ビールで、家でこんなビールが飲めるの、楽しくない!?
しかもこれ、グラスに注いだ直後じゃないよ!直後はもっと泡が盛り上がってるんだよ〜おいしいよ〜ビール

これは、とりあえずいまの所(まだまだ種類はたくさんあるので)、ドイツ白ビールの中で私の一番好きなPaulanerです。

チャンピオンズリーグ決勝サッカー
バイエルンミュンヘンVSインテル…

キックオフの1時間半前から、中継で現場と繋ぎつつ、これまでの試合などを編集し特番が組まれていて、それがまたわくわくドキドキを加熱させるものでねー

日本にもたくさんバイエルンミュンヘンファンがいるようなので、こういうのを見せてあげたいナーと本気で思いながら普段こんなに必死にドイツ語のテレビ見ないのに、耳を澄ませて集中してました。分からないところはOTTOに要約したドイツ語訳で解説してもらい…

ドキドキする!って頭で思ってるだけじゃなくて、自分の心臓が本当にドキドキしていることに気付いて、すっごい影響力だなーこの人たちはーって思った。

結果を先に言います。

2-0でバイエルンミュンヘン負けちゃいました。

なんっつーか、いつものバイエルンミュンヘンのいい所が一つもなかった、というか、出し切れなかったと思います。それだけウワサ通り、相手の防御が素晴らしかったとも言えます。

「攻撃は最大の防御なり」という言葉がありますが、これは、もともとは「防御なくして攻撃なし」という言葉が由来だそうです。これは自らの力を蓄えてからでないと外敵に対して攻撃ができない、ということを意味するそうです。

本当に、まさにこれだな!って思いました。(サッカーに限らず、今話題の国を守ることに関しても同じ)

インテルのディフェンス、がっちりでした。バイエルンがあれほどに何も出来なかったのが信じられないぐらい。私の大好きなオリッチなんか、途中で交代させられちゃってさーふらふら

私はファンだからかも知れないけど、力不足で負けたとは思ってません。チャンスはあったし。

このブログで散々、サッカーに興味のない人まで巻き込もうとアピールして来た私としては、OTTOが2点目を入れられてからは、もう見る気が失せてる横で、「負けとかじゃなくて、私はバイエルンの一点が見たい!」ってかぶり付いてました。

試合開始後すぐにピンチが来てそれを逃れた時に、思わず大声で叫んじゃった私に「ヘイ!うるさいよ!落ち着いて!」とか言いやがって!「勝ち負けだけでスポーツを見るなっつーんだよ!」って言ってやりました。笑ってました(-_-;)

いい試合だったか?っていうと、私としては勝ち負けの結果ではなく、なんだかムズムズ残るものはあったけど、でも、これまたスポーツを通してたくさん感じさせてもらって勉強になりました。

ちなみに一言余計なこと言わせてもらうと・・・
あのイギリスの主審・・・嫌いです。

あと、試合前半に、インテルの13番…ゴール前でハンドっぽいのなかった??あれ“Elf Meter(11メートル)”じゃん?ってOTTOと話してた。これ、日本語で何って言うんだっけ?フリーキックだっけ?

審判のタイプや判断も試合に大きく影響し、その雰囲気や流れを変える力を持っているので怖いところです。

私としては、審判の判断で流れをつかめなかった要素も多かれ少なかれあったように思うけど、まあこれも、勝負の世界の真相でもありますね。

もう次はワールドカップですサッカー
日本チームとドイツチームを応援します。

あの代々木のサムライブルーパーク??坂本竜馬が立ってる??
あれ、なんかいいねー


posted by wakaba at 21:27| Comment(3) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

今日の夜中だよ!



1465878_w2.jpg

日本時間 5月23日(日)深夜 3:35〜サッカー
UEFA チャンピオンズリーグFINAL決勝ぴかぴか(新しい)
バイエルンミュンヘン×インテル


土曜の夜、いかがお過ごしですか?
これから就寝?
オケー!
でも、3時半には起きてね(笑)

私はこれから、観戦のための支度買い物に行きます!
食べ物、酒、応援グッズなど(笑)

バイエルンミュンヘンの応援、よろしくお願いします!

日本にいる弟から、「俺は生中継でどうしても見れないけど、後でじっくり最初から最後まで見るから、絶対に途中経過とか結果とか感想とか送ってこないでね!」とメールが届きました(笑)

posted by wakaba at 17:21| Comment(2) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

一緒に見よう!

2009-10シーズンのUEFAチャンピオンズリーグは、スペインの首都マドリードで行われる決勝でクライマックスを迎えます!

クラブ・サッカー界最高の栄誉を懸けた大一番に臨むのは、FCバイエルン・ミュンヘンとFCインテル・ミラノパンチ

ワールドカップより大事な戦い!と言うのはインテルの監督。
クラブサッカーは世界からいい選手を集めてチーム結成をする。それぞれのチームが最強の状態で挑むわけで、ワールドカップのように国籍縛りのチームではこれが可能ではない点を言っているのだと思う。
でも、国籍縛りだからこその独特の雰囲気など、どちらが重要とか凄いとか比較する必要もないほどに、両方とも物凄い世界イベントである事は間違いないと思います。

それを今年は、立て続けに見れる!
まずは明日!自分が応援しているバイエルンミュンヘン黒ハート
来月はワールドカップ、我が国、日本代表チーム、がんばれ侍ジャパ〜ン演劇

もう待ち切れない思いでそわそわしているのは、私だけじゃないと思います。

OTTOは携帯のスケジュールに、ワールドカップのドイツ戦と日本戦の日程を。

ちゃんと日本の試合もそうやって気にかけてくれているところが、嬉しい。私、バイエルンのことばっかりで日本のチームのことあまりわかってないし、特にそれについて話もしていないのに、そういうところは本当にOTTOらしい。

あと、対戦表もゲットしたので、あとはリビングをワールドカップモードにすればOK手(チョキ)(ドイツ応援グッズなど、色んな所で売り出されているので)

ただ、そのワールドカップの前、そう、こちら時間の明日の夜、チャンピオンズリーグの決勝があるので、まずはそれにマックス集中眼鏡

どういうわけか、みんなバイエルンよりインテルが優勢だって言うんだよね〜サッカーファンの方々などのブログ、どれを見てもバイエルンミュンヘンが優勢だという声はない。

中心的存在の一人、リベリーが出場できないことも大きな理由だと言うし、確かにそれはかなりの痛手だと思うけど、でも、一人の選手のせいで勝ち負けが決まると思えない。ここまで勝ち進んできたわけだし…でも、そういう予想を聞くとなんか心モヤモヤするっす。

手に汗握る土曜の夜!
実はこの試合、日本でもライブで見れるんだって!
フジテレビだよ!
夜中ど真ん中へんな時間だけども…見て欲しいな〜ワールドカップ前に、この熱い戦いを!
一緒に見ようよ、チャンピオンズリーグサッカー

どうしてもこの時間はキツイって方は、それでもダイジェストとかじゃなくて、録画してちゃんと見てくれたら嬉しいな!
ダイジェストじゃ、スポーツって伝わらないもん。流れとか見れないわけじゃん!

あまりサッカーに興味ない女子も、私のブログ見て「WAKAちゃんがそこまで興奮しているならば〜」と便乗してくれないかな〜(笑)
男前チェックだけでもいいよ!(るんるん
私の一番大好きなのは、オリッチ黒ハート黒ハート
注目して見ていたら、女子はみんな好きになると思う!彼の最後の瞬間まで諦めないプレーサッカー

あと、次なるWAKAチェックの男前は、キャプテンのボンメルと若手のアルティントップとコンテント。この3人を見ると、私のルックスの好みが明確になると思います(笑)

プレーから絶対に目が離せないのは、オリッチはもちろんロッベン、ラーム!ロッベンはオランダ代表だから、日本がワールドカップで対戦する選手だよ!要チェックだよ!すごいよ!

男前とプレーから目が離せない選手を分けて書いてしまったけども(笑)〜結果的にみんな最高のプレーヤー=全員男前なのです黒ハート一つ、正直に言うと、全く男前に見えないのが、FWのミューラーなんだけどねわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

そうそう、肝心の放映時間は以下の通りです!よろしく!

日本時間 5月23日(日)深夜 3:35〜サッカー
UEFA チャンピオンズリーグFINAL決勝ぴかぴか(新しい)
バイエルンミュンヘン×インテル


posted by wakaba at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

男前揃いバイエルン2冠!サイコー♪



バイエルンミュンヘン、また優勝しました!2冠達成です!素晴らしすぎる!

ブンデスリーグも今回のポカルリーグ(これ日本ではドイツリーグって呼ぶのかな?)も決勝はベルリンのオリンピアスタジアムなのです。

DSC_1537.jpg


オリンピアスタジアムは去年、世界陸上の際に毎日のように足を運び、あのボルトの神の走りを目の前で体験した時、その興奮をこのブログでも書きました。

写真に加工は全くしない(出来ない笑)私ですが、加工したかのようにこの写真きれいだと思いません?でも、このままこんなきれいなスタジアムです。

DSC_1503.JPG

来年は、間違いなくチケット争奪戦に乗っかります!
オリバーは子供のころから、ポカルリーグの決勝はいつも観に行ってたそうですが、最近は忙しくそのチャンスもなかったみたい。ここに来て、私のサッカー熱が結構マジなんで、また一緒に楽しいみたい(笑)

来週、いや、今週の土曜日はいよいよ、マドリッドに乗り込んでのチャンピオンズリーグ決勝です。

ドキドキします。

日本でも民法で見れると聞きました。
ライブだとへんな時間だと思うのだけど、ここは録画でもいいのでダイジェストではなくしっかり見て頂きたい!

今後の私のブログがもっと楽しく読んでもらえると思うし〜(笑)

すぐ後に控えている、南アフリカのワールドカップで日本が確実に対戦する、オランダ代表が、バイエルンミュンヘンに二人います。

このブログでも紹介しました、キャプテンのボメルと、私がオリッチの次に大好きなロッペンです。

ワールドカップで日本VSオランダを見る前に、このチャンピオンズリーグ決勝でちょっとチェックしてみて下さいよ。

サッカー応援グッズ、おととし買ってもらったんだけど、どこにしまったか、出してこなくては(笑)ドイツ国旗カラーのサッカーマフラーとかキャップとか、顔に貼るステッカーとかです(笑)

posted by wakaba at 14:35| Comment(2) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

ワールドカップ詐欺

<サッカーW杯>ツアー業者と連絡取れず 相談相次ぐ
 6月に開幕するサッカー・ワールドカップ(W杯)を巡り、開催地・南アフリカでの宿泊場所や移動手段の手配を請け負った、東京都内に事務所を置く旅行業者に連絡が取れなくなり、申込者に不安が広がっている。旅行業法に基づく登録は観光庁や都にされておらず、同法に抵触する可能性もある。今月下旬以降、在南アフリカ日本大使館などに相談が相次ぎ、同大使館も調査している。【安高晋】(毎日新聞)
[記事全文]


こんなことが、やっぱりあるんだねぇ。
「記事全文」で詳しく読むと分かるけど、このツアー100万以上とか。まあそうだよねープレミアチケットだけでもいくらだか分からないし、南アフリカって日本からじゃ、相当遠いしねー
普段のホリデーで日本人が選択する観光地ではないし、旅行会社も添乗員の教育とか準備も大変だろうしねぇ…ツアーが高いのは分かる。

でも、一生に一度の大きな夢の買い物だと思って、毎日一生懸命働いて貯めた貯金叩いてこのツアーに申し込んだ人がほとんどでしょう。

すっごいむかつくし、可哀想。

絶対捕まえて欲しい。お金の振込みだって、クレジットカード会社やら銀行通しているわけだし、絶対に捕まらないことは、まさかないよね?

このワールドカップ、もちろん私も今からとても楽しみにしていますが、先日、日本大使館に用事があって行った時、通りがかった南アフリカ大使館の前にあと50日!っていう電光掲示板があったのはここで話したんだけど、日本大使館の前に掲示板があって、そこに、次だか次の次のワールドカップ日本開催を目指そう!みたいなポスターが貼ってあったんだよね。

OTTOはそれを見て、「え??なんで??日韓ワールドカップで2002年かなんかにやったはずだよね??またやりたいって言ってるの??」と、何でだ?って顔してました。

そんな欲張っては駄目でしょ?の何でだ?なのかも知れないけど、日本的には、日韓ではなく、日本だけでやりたいのかもね。韓国のワールドカップ疑惑があったからね…

もしも、次のサッカーワールドカップがヨーロッパで開催される場合は、皆さん、私に問い合わせて下さい手(チョキ)

パートナー契約している旅行会社“INTER AIR”と相談して、日本人向けのワールドカップツアーをびっくりスーパープライスで組みますよ手(チョキ)

来年の全英オープンとかも希望者がいればやりたいと思ってるんだけど、これは日本にもたくさんツアーあるしね。ただ、一ついえるのは、日本のツアーの半額近い安さで作ることを私は前提で考えているんだけどねー目
posted by wakaba at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

マドリッドへ!



皆様、おはようございます晴れ
こちらベルリン、朝7時です。

昨日開催された、FCバイエルンミュンヘンとリヨンのチャンピオンズリーグサッカー準決勝2回戦!

やってくれましたexclamation×2

決勝進出です演劇ぴかぴか(新しい)

素晴らしかったexclamation×2

本当に大事な試合で、どの試合もそうだけど、先制点って言うのがこれまたすっごくキーになると思って、手に汗握ってドキドキしながら見てました。

サッカーはいつ見ても一点がそう簡単に入るスポーツではないので、しょっぱな大チャンスを逃した、ミューラーに対して、OTTOと二人で、超〜ぶーぶー「イディオーット!(ばかばかーーー!)」とか叫んでました。OTTOはいつも、最悪の状況から想定していく慎重派なので、「あー今日の試合はハードになるし、難しいなー」とか言ってる。

また、始まったよ・・・バッド(下向き矢印)

私は、なんで最初っからそんな風にネガティブ結果を恐れてコメントするのか意味が分からないんだけど、最初のころは「何言ってんの?なんでまだ起こってもない事に対してびびってんの?よくないよ、そういうの!」とか言ってたんだけど、毎度のことで、私もそれどころじゃないので、はいはい、つって、ほっときます(笑)

オリッチが開始26分でやってくれました!

あの精神力、あのスタミナ、パワー、そしてボディーバランス!

一点目も絶妙なテクニックの混合だったよー
くるっと回ってシュート。かなり横っ腹ねじれる体勢。
どっかに動画ないかなー眼鏡

あった!見て下さい!(最後に付けときます)

普通の30代がやったら、確実に横っ腹つります。目の前にキーパーを選手がいたのだけど、本当にその隙間だもんねー違う方向を向いてボールをキャッチして、いつの瞬間にその隙間を見てたのか分からないぐらい即効でくるっと回って…あ〜惚れ惚れ〜黒ハート

そして、結婚指輪に吸い付くほど熱烈なチューーーーexclamation×2

素敵素敵ぃ〜〜〜黒ハート

子供3人いるんだよね。試合中には見れないけど、得点した時や試合が終わった時に見せる笑顔を見ると、どんだけいいお父さんなんだろうかーって好感度さらに炸裂黒ハート

本当に毎回すっごいよ、オリッチは。
もちろん、チームで一致団結したからこそ勝てたわけで、ゴールを決めるFWが注目されるけど、昨日のバイエルンミュンヘンは本当に冷静でまとまっていたと思う。

ベッケンバウワーも「今までと全然違うじゃん!」って嬉しそうに、その後のインタビューでキャプテン、ボメルに言ってたよ。ボメルはニコニコ笑いながら「作戦としては一緒ですよ!」って言ってた。

ほんっと、みんなそれぞれが役割をしっかり果たした感じだった。団結力も再確認して次の決勝に向けて自信をさらにアップしたと思う。

今後、私のバイエルンミュンヘンの話、まだ続くと思いますサッカー

このブログはサッカーファンブログではないので、サッカーに興味がない人もたくさん見てるのは承知なのだけど、今回はお付き合い下さいませ!!

決勝戦は日本でもライブで皆さん見れるって事なので、事前に少し情報を入れて置くと、このライブを見るのが楽しみになるはず!!
だからメンバー紹介の写真なんかも載せていってます。

そうそう、オリッチは結果、この日、ハットトリック、一人で3点獲得しました!

最後は選手みんな、サポーターの前で踊ってました。
カメラマンや報道陣を押しのけて、オリッチと、もう一人誰だったか忘れたけど、その二人がより、スタンドのファンに近づいて音頭を取って、みんなで歌って踊って喜んでいました。こういうファンサービス精神も素晴らしいね!

リオンのファンも試合が厳しくなっても、3点も取られては、無理だっていう状況になっても、最後まで、素晴らしい応援だったと思った。歌がずーっと途切れなかったし。

マンチェスターユナイテッド戦の時だったかな、イギリスのファンは、得点されたら、むかついて帰っちゃう人とか、試合終わってないのにもう駄目だと思ったら帰っちゃうとか、火炎瓶?何って言うんだ?火と煙が出るやつをつけて怒りアピールしたり、結構なんっつーか、気持ちは分かるけど、怖いなーって思ったり。

敵地で熱狂的なファンだから、怖いのかなーと思ってたけど、フランスのサポーターは昨日はとてもよい印象だった。

3点獲ってもドイツも最後まで集中力切らさずに、時間稼ぎのプレーなどもせずに、スポーツマン精神貫いて最後まで魅せてくれたと思います。

決勝戦は5月20日(ドイツ時間)つまり日本時間だと21日の早朝だわね。

OTTOに「何も予定入れちゃ駄目だよ!」と念を押しておきました。

3点目のヘディングシュートで頭を切ったかがく〜(落胆した顔)、流血してるのに交代もせずに最後の最後までいつも通り常に走りまくってたオリッチは、そのまま走って家まで帰ったんじゃないか?ってOTTOが笑ってました。彼の粘り強さ、ガッツにはいつも本当に心を打たれます。

では、こちらの動画、よろしく!画質よくないけど短いからとりあえず見て!オリッチの笑顔黒ハート

posted by wakaba at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情熱がベース

この言葉好きだ〜〜〜〜黒ハート

本日、私が昼間っから仕事そこそこにソワソワしている。
今日は、チャンピオンズリーグの準決勝2回戦、ドイツは、FCバイエルンミュンヘンと、フランスのリヨンの対決。

土曜日のブンデスリーグの試合を終えて、月曜の午前中にフランスに移動したそうです飛行機

以下は、バイエルンミュンヘンファンの人は多分みんな見ているであろうFC Bayern Munich Official Siteからの記事ですサッカー

このサイト、ドイツ語だけかと思いきや、5ヶ国語にも翻訳されたページがあり、その一つに日本語があるってのが、これまた、日本でも野球のメジャーリーグを見る人が多くなったと同様に、サッカーも国内リーグでなく、本場のものを見る人が増えたわけだねー、っていうか機会があれば、やっぱり本場ものを見たいのはスポーツファンとしては当たり前かな。

フィリップ・ラームは、情熱は決勝進出への「ベース」となると述べた。「自分たちの秩序を守り、ボールをしっかりキープしなければならない。僕たちのゲームをするんだ。それができれば良いチャンスとなる。」ファイナルに進出するためには失点ゼロで十分。しかし、ファン・ハールはアウェーゴールを目指すと明らかにした:「われわれは失点をゼロにするために守るようなチームではない。今シーズン一度もしてこなかったことだ。明日も守りを堅めることはない」


情熱がベース

これ、本当にそう!
私、自分で言うのもなんだけど、これ、本当にいつも胸にある感覚!子供のころから情熱さえあれば何でも出来る!って信じてやってた。頑張ればそれなりの結果出せると思ってた自分に、頑張っても無駄なことがある、出来ないことがあるって言うことを、30過ぎて初めて知った時は打撃受けたけども…^^;でも、基本私の中にあるモットーも別の言葉だったけど、まさにこんな感じなもんで、「そうだそうだ手(グー)」って思っちゃってぐっと来た!またぐっと来たよ!!

バイエルンミュンヘン、背番号21のラームも当然ながら気になって仕方ない選手ぴかぴか(新しい)
彼は毎試合と言っていいほど出ていると思う。休みなし!
ディフェンダーというポジションだけども、チームに代わりがいないような役割を果たしている気がする。一番背が小さい選手だからすぐ分かる。プロフィールによると、170 cm /62kg /25 cm(足のサイズ)…ってことなので、本当に小さいね。

でも、世界でサッカー選手として大活躍していると思うと、体の小さい日本のサッカージュニアたちも、夢膨らむね!勇気いっぱいもらうね!

折角の機会なので、皆さんにお顔を知って頂きたく、写真も!考えたら私の好きな選手って、結果的にみんな男前。結果的に。

lahm_573.jpg

ここでこれまでに紹介した、私の大好きなオリッチ、ロッベン、そして、ボンメル、ラームと、全員スタメンであると思います。しょっぱなから、強烈だと思いますサッカー
 
まじ、ドリカムの“決戦の金曜日”聞くんじゃなくて、大声で歌いたくなって来た!

情熱がベース!!
posted by wakaba at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

決戦の火曜日

今日は私も体力を使う日・・・あせあせ(飛び散る汗)

そう、チャンピオンズリーグサッカーの準決勝も生中継が、こちらドイツ時間の夜8時半から始まるのですー

テレビ見終わった時のあの、すっごい疲労感と、肩がカチカチに凝っちゃってる感じは、毎度なのですあせあせ(飛び散る汗)
力入っちゃうんですふらふら

バイエルンミュンヘンぴかぴか(新しい)
ドイツで一番強いチーム&一番当然お金も持っているチーム・・・ミュンヘンっていう土地柄もお金持ちの土地柄です。

今の時代はどうか分からないけど、私が子供の時って、アンチ巨人野球(野球)な人が巨人の地元である東京にも多くなかったですか?

今はスポーツ選手、CMに留まらずテレビバラエティー出まくりだけど、当時、今から30年とか前に、テレビCMとか出てるスポーツ選手、巨人軍の選手だけ(オロナミンC?)だったじゃん?
なんか露出が多い分ちゃらちゃらして見えたのかね?球団がお金持ってる感じが結構出ちゃってるのが調子付いてるように見えたからか、地元でもアンチが居たように思うんだよね。

ドイツでも、そういう見方で、バイエルンミュンヘンを見るサッカーファンが結構いるらしいんだよね。

OTTOの友人のサッカー好きは、バイエルンミュンヘンは嫌ってるらしい。理由は、色々細かい事があるみたいだけど、私でも分かるのは、お金にもの言わせてる部分があるって言うんだよね。
ミュンヘンって土地柄もドイツで一番裕福な土地柄って言われてるだけにサポートも大きかったり、まあお金が先行したかどうかは分からないけど、強いからいいじゃんね。まあ、強くてお金持ってるから嫉妬か。

まあドイツには、チームが他にもたーくさんあるわけだから、それぞれ好みでいいと思うんだけど、バイエルンミュンヘンファンって言うのが少し、ミーハーみたいっていう人もいるらしいんだよねー。そういう感覚、日本もドイツも似たり寄ったりだなーって思った(笑)

でも、私は堂々と、バイエルンミュンヘン大好きです!ってドイツの友達に言いふらしてます!みんな私が大してサッカー理解してないと思って、そっかそっかーって子供の話聞いてるみたいなスルーの仕方するけども、サッカーは本格的には関わってないし、そりゃー分からないことだらけだけどさ、スポーツ選手のメンタリティーとか長年触れてきた経験もあるし、知らないったって、多少は知ってるし、話し出すと私の言う事が結構深いところついてることもあるみたいで、びっくりしてる人もいるよ(笑)熱くなっちゃうんだよね(笑)

今日、月曜日にフランス入りしたそうです飛行機
現地入りして翌日試合ってのも、タフだけど、ドイツ人タフだし!
厳しい試合になるのは間違いないけど、なんとか突破して、チャンピオンズリーグ、決勝戦のマドリッドに行って欲しい!

あ〜バイエルンミュンヘン〜黒ハート


posted by wakaba at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

ROBBENはドイツ代表じゃないよ



一昨日、実は次のこちらの日本大使館に行く必要があり出掛けた時、南アフリカ大使館の前を通ると、FIFAワールドカップ開催までの、カウントダウン電光掲示板が、その南アフリカ大使館前に立っていた。一昨日で50日前となっていた。あっという間だね!

こちらドイツではチャンピオンズリーグに、ブンデスリーグに、昨日はユーロリーグだっけな?ドイツだけでも4つもリーグがあるから、とにかく毎日のようにサッカーだよサッカー

上のような産経の記事を見つけて気になった。
日本代表の岡田監督が、つい一昨日私が興奮してこのブログにも書いたチャンピオンズリーグのバイエルンミュンヘンVSリオンの試合に視察に来ていたと言う。ROBBEN(ロッベン)の好調さにびびったと言う…え?なんでロッベンチェック???って私はまだ、皆さんご存知の通りサッカーファンとしてはこちらドイツに移り住んでからのことなので、2年ほど、つまり新米ファンなので、情報が薄く、急に思い立って、FIFAワールドカップの対戦組み合わせを調べてみた!

あ〜なるほどね〜

2010 FIFAワールドカップ組み合わせ クリックダッシュ(走り出すさま)ひらめき

日本はEブロックで、対戦国はオランダ、デンマーク、カメルーンです。で、一昨日のバイエルンVSリヨンの試合を見てビビッてたっていう記事が載ってた分けだ。

なぜならば〜、私がオリッチの次に好きだと昨日紹介したロッベンの国籍はオランダなので、オランダ代表なのです。

岡田監督「(バイエルンミュンヘン)ロッベンはなかなか大変な選手」「やっぱりレベルが高い」と頭を抱えていたそうです。また、日本チームに最後の合宿でビデオを見せるなどして危機感を持たせないとと言っていたそうです(危機感?)

試合日程

* 2010.6.14 オランダ vs デンマーク
* 2010.6.14 日本 vs カメルーン
* 2010.6.19 オランダ vs 日本
* 2010.6.19 カメルーン vs デンマーク
* 2010.6.24 デンマーク vs 日本
* 2010.6.24 カメルーン vs オランダ


グループリーグ順位決定試合方式は以下の通り

(1)1回戦総当たり方式で行なわれ、各試合で勝利=3、引き分け=1の勝ち点が与えられる。各グループにおいて、最も勝ち点の多い上位2カ国(計16カ国)が決勝トーナメントに進出する

(2)グループリーグを終えた時点で勝ち点が同ポイントで並んだ場合、得失点差、総得点の順に順位を決定する

(3)上記条件でも決まらない場合、当該チーム間の直接対決における勝ち点、得失点差、総得点の順に順位を決定する。それでも決まらない場合は、くじ引きで順位を決定する


blogram投票ボタン

posted by wakaba at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。