blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2009年08月21日

SEXY!女子高飛び

昨日の夜に行われた競技で結果は出ていますが、これも目を惹きつけられてトイレにもいけませんでしたよ。

この写真の二人、クロアチア代表(右)とドイツ代表(左)なのですが、ライバルの典型というか、お互い目を合わせることも言葉を交わすこともなく、犬猿の仲という噂。

blanka-vlasic-ariane-friedrich-13138131-mfb-quer,templateId=renderScaled,property=Bild,height=349.jpg

確かに競技中の殺気もすごかった。
でも、セクシー!!!!

ドイツの選手が失敗続きで最後のチャンスでクリアした時に、まーーーー吠えたこと吠えたこと!!あの美しさにあの強烈なパワー&ソウルがまたもセクシー。興奮しますぅ〜

うまく踏み切れずバーに頭ぶつけた時のコメンテーターのせりふが、「床屋にあの髪型は相談した方がいいね」なんて。この写真では分からないけど、彼女の髪型、めっちゃキメキメだったの見ました?それを踏まええてのコメンテーターのその発言が、自由で笑えました。

5000メートル男子で最初の3分、日本人選手がぶっちぎって100メートル以上差をつけて走ってたの見ました?
それを見た現地コメンテーターは「何々??どしちゃったの?この人?誰も理解できない爆走をしているねぇ??」とか言ってた(笑)言い方によっては頑張る選手をバカにするような発言にも成りかねるんだけど、実際、意図があるのか?気がおかしくなったのか??って思うぐらいの爆走してたので、世界中の誰もが思うことを素直にそのまま口にしちゃった感じが、自由で面白かった。それにしてもその辺のこと、彼は日本で絶対に聞かれてると思うのだけど、どんなコメントしてた?知ってる人いたら教えて?なぜあの爆走をしたのか?意図があったのか?結局1周以上の差をつけられてしまったけど…どんな意図があったのか?気になる!

分かる人がいたらぜひ教えて下さい。現地で目を丸くして、「なんでこんなことしているのかこの日本人のことは誰も分からない!誰か教えて!」とコメントしていたコメンテーターにメールで知らせますので!

日本では土日に総集編やるでしょ。
絶対見て欲しい!

それにしても高飛びの選手ってスタイルすっごくいいのね〜〜
美しすぎる!!!!必見です!!!




posted by wakaba at 19:09| Comment(4) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

19.19

d825b83e58c14f6ebc0fcd99d5a68769.jpg

200メートル決勝。

またもやブッチギリだったね…
しかも最後余裕を見せていたような…

昨日も食らいついて見入ってしまいました。

息が止まってたよ、そのボルトの世界記録19.19の間。

日本のテレビで映ってたか分からないのだけど、ボルトがレース前にベルリンの人が大喜びするTシャツを着て登場したの。

これが私もなんだか嬉しくてね。気がついたら、個人的に会う事も知る事もない彼にすごく幸せな気持ちにしてもらっている自分に気がついたりしています。

こういう人柄のスポーツ選手、しかも世界中の人を吸い込むような迫力あるパフォーマンスで世界の歴史を塗り替えるようなヒーローは、世界を変えること出来るんじゃないか!?って思った…

327_med.jpg

彼についてもっと知りたい!って思っているのは世界で私だけではないと思います。私さ、ブログ書き始めて思ったことがあるのだけど、あまりに感動や衝撃が強いと言葉が出てこなくなるんだよね。その現象に陥っています、まさに。

あ、そうそう!ボルト選手がそのTシャツを着ている写真がどこかにないものかと探しています。
見つかったらベルリンの人たちが反応した嬉しい楽しいエピソードと一緒に書きますね!

どの種目についても、全部思うことがそれぞれ違っていて、全部についていちいちコメントしたい私(ナニモノ?笑)なんだけど、時間が追いつきません。ごめんなさい〜

今日は、私は会場には行けないで、一日中料理です。
イタリアの陸上関係者が家に来るのでおもてなしをしなければ。これはこれで、私のこの期間だからこそありえる仕事だと思って喜んでもらえるように心を込めてお料理しようと思ってます。あ!大根がない!大根おろしを肉料理に添えるので大根を買いに行ってお料理開始です。

明日はいよいよ男子マラソン。
そしてあさっては期待膨らむ、女子マラソンです!

オリバーも疲労がマックスの境目を行ったりきたりしています。
昨日シカゴとイタリアから到着した関係者とのミーティングなどこなしつつ、夜中2時にやっと帰宅&就寝。でも3時には起きて3時半には今日の競歩と明日からのマラソンの準備に出かけました。ほんと、ドイツ人のスタミナには驚きます。そして月曜日はいつも通り警視庁ですから…頭下がりますバッド(下向き矢印)

待ちに待っていた世界陸上。
やっと始まった!と思ったのが一週間前。そしてもうあっという間にクライマックスに差し掛かっています。充実している時間の経過の早いこと!

あと3日!
選手も大会関係者の皆さんも思いっきり燃え尽きて、最高の思い出にしてもらいたいと思います。

私はただひたすら思いっきり声援を送り、この感動を少しでもこのブログを読んでくれている人に伝えられたらって思っています。
(が、実際、追いつかなくてすいませんです…)

日本の皆さんもこの週末は世界陸上で燃えてくださいね!織田ゆーじさんが今大会はどんなテンションで解説をしているのかが気になる(笑)
posted by wakaba at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

50`競歩

IMG_3303.JPG

マラソンと、競歩のスタート&ゴール地点にはギャラリースタンドが並び、その裏にお決まりのソーセージの屋台、並んでます。
ビールも飲めます。

私にとってこのソーセージはもはや特別な感じが全くしなくなっていて、日本で言う私にとって“たこやき”みたいなもんです(笑)

でもお腹が空いちゃうとこれしか売ってるものがない(笑)

普段は2ユーロぐらいで買えるのに、この時とばかり、すべての食べ物の物価上がってると思います。

これ、3ユーロ。

まあ390円ぐらい?

どんな屋台のソーセージでも、日本のこういった出店のホットドッグのソーセージなんかとは比べ物にならないぐらい美味しいですけどね…

応援でベルリンに来ている日本人の皆様は、一度は食べてみると良いと思います。

あと、ベルリンの名物のソーセージではカレーヴースト(って発音がうまくカタカナに出来ない)っていうのがあります。要するにカレー味。日本人にとってカレーは馴染みあるものなのであまり特別な感じがしなかったのが私の感想ですが、でも美味しいのでそれも見つけたら食べて下さいね!

ちなみにこの写真を撮ったのは、大会開催前なので人もまばらですが、今はいっぱいです。明日あさってのマラソンではどこを陣取るか?作戦練ってます!

今日は競歩50キロです!
この競技は男子のみです。素人には地味に見えるけど、競歩という競技がいかに過酷か物語っているように思えます。

昨日のベルリンはすごく暑くて35度とか。
でも、今日は一気に気温が下がって今現在、24度と出ています。
競歩、9時にスタートしています。
昨日の気温では、選手にとって思わぬ展開になりえる危険性の確率が高かったと思いますが、そういう意味ではこれはラッキーかなと。でも疲れるに従って段々暑くなるというカラクリですから、ほんと、苦しいと思います。

競歩、日本で放送されていますか?
日本の選手も出ているのでちゃんと放送、紹介されていることを祈っています。

単純に逆算します、また…

注目選手の一人にオーストラリアのNathan DEAKESという31歳の選手がいます。彼のベストが3時間35分。

これ、50キロ競歩。
ちなみに素人ですがオリバーのフルマラソンのベストが3時間23分だということは、マラソンは42.195キロだからこれより速いって事だよ!

1キロを4分ペースで…って想像できますか?このスピード。
私がランニングする時、1時間で10キロ走るとしたら、1キロを6分ペースです。私は大変よ、このスピードでたった10キロでも走るって言っても。

これを50キロ、しかも歩いてるという定義に基づく限界のフォーム&ものすごいスピードで。

競歩については、見てもらわない限り伝わらないと思います。
私も初めて間近で見て、スポーツ好きなので想像だけは色々してみてはいたけど、全然違う世界でしたから…

日本代表も3名。
山崎 勇喜選手
森岡 紘一朗選手
谷井 孝行選手

その中でも、森岡選手は初日の競歩20キロで11位で健闘していました!2種目も出場するってすごいことです!

入賞目指して頑張って欲しいです!

posted by wakaba at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

ベルリーノ君

世界陸上ベルリン大会のベルリーノ君(ベリーノと発音)のことは既に書いたのだけど、もうすんごい面白くてさーーーー昨日は声を大にして爆笑しちゃったよ。

気ぐるみ着てる人は当然ドイツ人だと思うので、気持ちは分かるし、頼もしいのだけど、ドイツ人の選手が活躍した時のその喜びようは、“ベリーノ”としてプラス“個人”の感情も加わって半端じゃないわけ(笑)

昨日私が見てて、大声で思わず爆笑しちゃったのは、円盤投げの選手(しかもベルリン出身らしい)の優勝が決まった時に選手がベリーノ君をすんごい興奮の勢いで担ぎ上げたんで、ベリーノ君まっさかさまにされてんの!!プロレスじゃあるまいし、危ない!って思ったのだけどベリーノ君も嬉しくて、飛行機みたいに両手広げてさー(笑)
可愛い!楽しい!って見てたんだけど、その後もベリーノ君“個人”の興奮も冷めやらず、仕舞いには服が思いっきりはだけちゃって(笑)
選手が国旗を持って観衆にありがとうとトラックを走った時に、ベリーノ君も一緒について走ったのだけど、なんかもう、服が脱げちゃってるんだ(笑)それが面白くって笑っちゃって笑っちゃって。

日本のテレビでどれだけベリーノ君が映るか分からないけど、もし映ってたら注目してみて下さい(笑)いちいち面白いので!

日本から来る応援団の皆さん。
スタジアムはもちろん、ブランデンブルグ門の広場にも時々出没しますので、見かけたらぜひ彼の様子を伺ってくださいるんるん
きっと楽しい気持ちにさせてくれますよ!チャンスがあれば写真も撮ってもらうと良いと思います!

その時は“DANKE”(ダンケ)ありがとって声かけてあげてくださいね黒ハート
posted by wakaba at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ金☆やはりパワー系

連日の盛り上がり、疲労の度合いがトイレに行くと分かる?(爆)
疲れてる時ってオシッコの色が…ってスイマセンわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

かなり疲れているはずなのだけど、テンションを元に戻すことが出来ないぐらい毎日感動で肩ぱんぱんに凝ってます。

一昨日と昨日、ドイツから金メダルが出ました。
女子やり投げと、男子円盤投げ…初日は銀メダルだったけど男子砲丸投げ。

分かってくれる?私がいつもこのブログで言っている、ドイツ人とは基礎体力と基礎筋力が違い過ぎて、日常生活でもついていくのが大変だって話。私も日本では、ゴルフでもレディースティーから打ってると100%ブーイングされる系女子、バカ力で有名でその辺のネタになると目立ちまくってたのだけど、こっちに来たら別にフツー眠い(睡眠)全く目立つ存在ではない。

オリンピック競技で短距離走や跳躍系などの分野でドイツ人が金メダルはないし、そういう印象もないけど、パワー系になるとうなずける印象。

で間違いなく言えるのは、このパワー系には日本人が予選にも一人も出てこないこと。室伏選手が唯一のその一人だったのかも知れないけど棄権しちゃったしね。色々感じた部分が多かったので、後日、7種競技と10種競技という日本ではあまり取り上げられない種目についても語りたいと思うのだけど、これもすっごいタフで日本人でこの世界の舞台に立つ人はいない。

やっぱり短距離、パワー系、跳躍系は日本人のDNAだとかなり難しいのかも知れないと思ってしまう。

日本男子100mを世界レベルに引き上げたパイオニアであろう、前回の世界陸上でも大活躍だった朝原選手が以前話していたのだけど、日本人が短距離でメダルっていう日は…来ない…DNAが変わらない限り…って。つまりDNAなんか変えられないわけだから…。そんなことは言いたくないだろうけど、それが現実なんだろうなと。
でも、0.1秒未満の戦いの世界でもあるから、チャンスが絶対にないとは言えない。みんな夢を信じて頑張っている。私たち一般人の中のどれだけの人たちが、このレベルの夢を抱いて生きているか?このレベルの夢というのは、力の限りを尽くして尽くして結果を出そうとする過程の先にもしかしたら到達出来るかも知れないというレベルの夢。

「一生懸命」なんていう素晴らしい言葉を日常使ってしまう私たち。本当に字の如くの行動がそこにあるか??

毎度のことなのだけど、こういう人たちを見ていると、自分がどんだけ甘ったれてるか!と思う。彼らのようになれない事がどうだと言っているのではなく、自分なりでいいからもっと頑張らないと、とかわがままばっかり言ってる自分は何なんだ?!とか…

まあ、こんな風に思って、気を引き締めてもまた緩んじゃうのが一般人な証拠なのかも知れないけど、少なくとも、世界陸上やオリンピックの度にこれを思わせてもらっているだけでも選手たちに感謝。

選手たちにとっては世界一になる事が目標でも、私たちにとっては、選手たちの姿を見ることで与えてもらうことは大きいのです。

語りたいこと、競技についての話など書きたいことが頭をグルグル回ってるのだけど、全く時間がありません。

今日、イタリアとシカゴからマラソン業界のボスたちがベルリン入りするのですが、彼らと会わなくてはいけない予定が入っているのと、明日は家に招くことになっている事もあり今日、明日はスタジアムには行けずです。200メートル決勝(ボルト)もテレビで見ることになると思います。

そして、金曜日は50キロ競歩。
土曜日男子マラソン。
日曜日女子マラソン!

あっという間です。

週明けに少しでも書ければと思います。
でも、来週末は2日間だけですが、イタリア、トリノへ行かなくてはなりません。

目が回ります〜ぅ。

世界陸上の為にベルリンに訪れる日本人選手サポーターの皆さんも読んでくれているということで、一枚写真載せておきます。

DSC_1421.JPG

この写真のセンターの石畳のライン。
マラソンを観戦する時に、テレビでも選手たちの足元に映ると思いますが、これはベルリンの壁があった跡です。その壁があったところにずーっとこのようにしてしるしてあります。

第二次世界大戦後、1961年、米・英・仏占領地域に当たり資本主義を名目とした西ドイツと、ソ連占領地域に当たり共産主義を名目とした東ドイツに分断されました。その時に建てられたのがベルリンの壁です。
それが崩壊し東西が再び統一されたのが20年前。ベルリンの壁が崩壊してから今年でやっと20年なのです。

世界選手権観戦でベルリンに訪れる方、もし興味があればチェックポイントチャーリーにも出向いて見てください。チェックポイントチャーリーミュージアムも当時の様子を知ることが出来るとても興味深いものです。

あと、マラソンコースの途中(スタートからも遠くないです)にあるベルリン大聖堂(ベリーナドーム)はお時間があればぜひ立ち寄って見てください。中にも数ユーロの入場料では入れます。
posted by wakaba at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

尾崎選手と!!

あのねぇ…アタシさぁ…3日目、4日目にしてギブかもたらーっ(汗)

世界陸上、興奮し過ぎて疲労が半端じゃないです。ヤバイよーもー。

まだ始まったばっかりだっていうのに、この疲労はどういうわけだわさ。

世界のアスリートたち目の前に、疲れが…なんて何をほざいているか?!と自分に呆れまくっています。
応援で筋肉痛ってどういうことドコモ提供
連日、手の平、真っ赤になって腫れ上がってるしね。拍手を止める事が出来ないの。感激しすぎて、選手に私一人の拍手なんか聞こえる分けないと思うのだけど、でもやめられないの、「届け!!私の感動をありがとう!!ってキモチ!!」みたいなさー…分かるこのキモチ?

でもね、毎日とても充実していて、現場では元気はつらつよ!ドロドロは家に帰ってから…

昨日はね、女子マラソン代表の尾崎好美選手と山下佐知子コーチとコースチェックに一緒に走ったのくつ

すっごくすっごくスペシャル&光栄なことぴかぴか(新しい)

前日の夜遅くにベルリン入りしたので、この日はゆっくりの試走って事で私もご一緒させてもらえたの〜手(チョキ)

で、コースのことはオリバーがよく分かってるから、彼も一緒に来れないか尋ねると、喜んで!って事で4人でこんな感じ(笑)

IMG_3333.jpg

山下コーチが4月に下見に来た時と若干変わっているところや、舗装工事が当時行われていたところがきれいになっている事の確認や、他変更点などもあったので、オリが来てくれて色々説明してもらえてよかったと思ってます。私一人では単なるお邪魔虫だった可能性大だしドコモ提供

IMG_3332.jpg

尾崎選手、オリバーの「コンディションはどうですか?」っていう質問にGOOD!!と笑顔で答えてくれました手(チョキ)

小さな体で42.195キロを走るスタミナと、身長も小さい分、歩幅だって大きくないのに、どうやったらそんなに速く走れるんだ?って、素人丸出しの素朴な疑問がさ…そして、またおとなしくて可愛らしい雰囲気を見たら余計にクエスチョンマークの嵐でね〜〜。質問マニアの私としては色々聞いてみたい事もあったのだけど、試合前だし〜一応空気は読める日本人でありたい(汗)


ゴール手前のブランデンブルグ門前の広場にオフィシャルマスコットのベリーノ君を発見exclamation

このベリーノ君が、連日いい仕事してるんです。
日本でここまで気ぐるみパフォーマンスできるプロを私は見たことがない!ディズニーランドのミッキーも完敗だと思う、ベリーノには。なんたってね、行動が自由過ぎる(笑)スタジアムで勝手に、幅跳びをして砂に飛び込んだりして怒られてた(笑)

その大好きになっちゃったベリーノと念願の写真が撮れちゃいました!しかも尾崎選手と佐知子コーチも一緒に!
見よ、この私の嬉しすぎる顔ドコモポイント

IMG_3337.jpg

試走の後、近所では私の一番のお気に入りの公園にあるビアガーデンに行き、思いっきりコテコテのドイツ料理をいーっぱい頼んで日曜日の健闘を祈って乾杯しましたビール

昨日の夜もスタジアムのチケットあったのだけど、さすがに今日もあるので、休みましたが、それ以上に特別な体験が出来ました黒ハート

尾崎選手exclamation×2
幸運とご健闘を私たち二人、心から祈っています!
現地で思いっきり声援を送りたいと思います!

ぴかぴか(新しい)フィールグルックぴかぴか(新しい)
posted by wakaba at 21:25| Comment(3) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9.58

958
現場で見たよ、世界新記録!

DSC_1553.JPG

ボルト選手、どんな人物って彼を形容する言葉がどれも物足りない感じがする。人間とは思えない…と言うのが私の思いつく限りの言葉かな。超人!では物足りな過ぎて…

タイムで見ると一般人の私たちにはごく一瞬の差であろうという風に思うけど、目の前で見るとね、ぶっちぎりに見えたよ。

世界2番目に早い記録をマークしたアメリカのゲイ選手が遅く見えちゃう??っていうこの異様な目の錯覚っていうか…

ライブでそれを目の当たりにした感想は、うまくいえないけど、現実離れした空間に自分もトリップしてしまったような不思議な感覚だったよ。

いやーーーー
申し訳ないけど、その時の興奮を私の文章力で皆さんに伝えるのは無理ふらふらすんませんあせあせ(飛び散る汗)

なんたって世界のスポーツ史が塗り替えられたその瞬間を見たんです。世界一早い人間が走ってる姿見るだけでもすごい一生に一度だってない人の方が多い事なのに、その歴史を変えた瞬間を現場で…思い出しても鳥肌です。

これについて細かく書いていると、また時間がなくなってしまうので、きっと世界陸上編集後記?で後にゆっくり書かせてもらうと思いますわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

愛嬌たっぷりのボルトは世界一速いだけでなく、世界一の愛されキャラって印象も受けましたね。人間とは思えない才能(厳密に言うと才能って言葉でも足りない。もっと!)人間らしさ溢れるキャラのコンビネーションがこれまた私は色々思う部分があるわけです〜

世界中に声を届けられる人って限られていると思うのだけど、彼もその一人、間違いなく、年齢性別を問わず、多くの人が彼に今後も注目していくでしょう。彼の活躍を通して、動いていくことはあると思います。これだけ人を感動させられるのだから。

今後、彼がどんな役割を果たしていく運命にあるのだろう…

大変なスーパーヒーローが誕生しましたね。
お決まりのキメポーズ、これの由来が気になる。
日本で誰かやってなかったっけ?吉川晃司(古)?絶対チガウし〜

posted by wakaba at 19:56| Comment(4) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

一万b女子決勝<続き>

続きです〜☆

後半急にトップに躍り出てきた、ケニア、エチオピアの選手たちの、その表情たる、ほんと恐ろしいですよ。
私がはっきり覚えているのは、残り2キロ、既に8キロすんごいスピードで走って来た人とは思えない、なんとも、何事もなかったかのようなあっけらかんとした顔。特に、Masai選手の顔は爽快そのもので、「私、今起きたところ〜朝食前に朝のジョギング〜♪」みたいなの!本当に!びびったよ。

しかもさ、長距離走る選手が脂肪がなくて、筋肉のつき方も短距離走や他の競技選手とはまた違う、ほっそりした体型である事はもちろん承知なのだけど、このマサイ選手の体格は、リカちゃん人形真っ青の、棒のように細い足。ここに筋肉がどうついているんだ?筋肉がなければ走ることなんか出来ないはず、でもどこにその筋肉がついているんだ??ってぐらいすんごい直線的なわけ。

他のアフリカ系の選手たちもやっぱり細くて長いのだけど、筋肉は目に見える。でもこのマサイ選手は筋肉の盛り上がりとか筋がよくわかんなくて、本当にスーーーーっとした体型なんです。

この写真で伝わるかな…
朝飯前のジョギングな感じと、このカモシカの脚!

IMG_3309.JPG

んで、またさー
結果2位になってしまった注目株だったエチオピアのメルカム選手…
見た人は分かると思うけど、勝ち誇って両手を挙げたのよね…勝ったと思ったんだわね。
でも最後0.1秒の距離が残ってたのよね…
この0.1秒、果たして体感することが可能なのかも分からないほどの一瞬で抜かれてしまった。悔しいだろうな…どんな思いで振り返るのだろうか、その0.1秒を…想像出来ないけど、鳥肌です。

最後のゴール手前、数メートルの映像が未だに脳裏に焼きついて取れないです。すごい興奮です。

見てください!絶対!

ちなみに、このマサイ選手、1989年生まれでつい最近、2005年から本格的に走り出したんだって。

恐るべしDNAとしかいいようがないです。本当に世界陸上、スポーツの芸術だって思ってたけど、それだけじゃないです、人間の神秘、DNAの秘密まで、興味津々、頭がいっぱいで肩もパンパンに張ってます、既に(笑)



posted by wakaba at 18:15| Comment(3) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10000b女子決勝!

最後の0.1秒の戦い爆弾
見逃してしまった方!

TBSのサイトから競技動画が見れます。

この10000b女子は、前回の大阪大会でも私がもっとも興奮した競技のひとつではありましたが、またもやすごいレースでした。<世界陸上大阪大会の時に書いた記事はこちら>

感動しすぎて、興奮しすぎて、書きたいことがあり過ぎて、この中途半端な持ち時間では書きたくない!また現場に出かけないといけないので、少し時間がある時に書かせてください!といいたいところだけど、いつもこれをやって書きそびれる!

毎日毎日、日常生活でさえ新しい出来事の連続が引っ切り無しなのに、この世界陸上ウィークは普段の何倍も書くこと有り余るでしょう。

リアルタイムで書けるレベルはかなり薄くなるかも知れないけど、書かないよりまし!?と思うので出来る限り…。

とにかく、すごいレースだったので、見ていない方は総集編を!もしくは、以下のリンクで、10000b女子決勝!まず!ご覧下さいませ!!→ムービー映画

0.1秒の戦い!
恐るべしDNA!!

前半はね、中村選手がトップ、2位の位置に付けて快調に走ってたの。
席もトラックから近かったので、表情もばっちり見えて、私が覚えているインタビューシーンなんかでは可愛らしい雰囲気いっぱいだったのを覚えていたので、こんなに変わるか〜走ってる時って勇ましいなーと、かっこいいなーと熱くなっていました。

IMG_3308.JPG

彼女ならチャンスある!!と願いを込めて、肩にも力が入り、頑張れ!!と声をかけながら応援していました。

が、後半、あっという間に、トップグループの面子、全部、ケニア、エチオピアに入れ替わっていました。

それまでは束の後ろの方で目だってなかったのですが、ある瞬間に急に!しかもすっごく爽やかな顔して現れたの。

唖然としました。 続く

posted by wakaba at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Berlin OlympiaStadion

IMG_2425 048.jpg

私にとって初めてのオリンピアシュタディオン。
この近所にベルリンマラソンのオフィスがあるので前はしょっちゅー通るのですが中に入ったのは初めて。

オープニングセレモニーにぎりぎり間に合うように到着出来ました。

興奮しました。

この美しいスタジアムに、世界各国の国旗…



posted by wakaba at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界陸上初日

オープニングセレモニーは午後5時45分からでしたが、午前中には競技場での各種目の予選と、スタジアムではなく、ブランデンブルグ門をスタート、ゴールとする競歩男子の決勝が13時から行われました。予選がなくいきなり初日決勝のこの種目を見たく、競技場のチケットも持っていたのですが、ブランデンブルグへ直行。

IMG_2425 026.jpg

したら、いました、またこのおじさん(笑)
セリクの話とあまり関係ないんですが、なんか同じ場所に同じ格好で同じ気だるい感じで座ってたので思わずまたシャッター押しちゃった(笑)ベルリン来られる方がいましたら、このおじさん、ブランデンブルグ門の正面を背に右手のベンチに座ってます!

と、話戻します。

競歩!

初めて生で見ました!

あのね、ふっつーに考えて…また逆算しますけど…

20キロを1時間20分前後で…
つまり、10キロを40分!え??何それ??

前回の世界陸上の時もベルリンマラソンについて書いた時も同じネタでしたが、私が普段、ジムでトレッドミルを時速10キロにして走る…これでも私にとってはかなりのスピードです。

でも、競歩!走ってないのに走ってる以上に速い!しかもすんごい速い!

IMG_2425 029.jpg

この写真で向こう側に写っている赤のユニフォームで帽子をかぶっている中国のWang選手、銀メダルだった選手です。

素晴らしい手の振りのフォームが印象的で私はやたら気になっていました。最初の頃は上位グループにいなかったのですが、見る見る追い上げて2位!

この写真見ても分かると思うのだけど、この膝がロックした感じ…なんかすごくない??ピンと反り返ってロックされてる膝。普通の人がこれで3歩でも歩いたら完全に膝おかしくなるでしょ。

競歩についてのメカニカル、全然分からないけど、これも速く歩くが故のポイントであることは想像が出来ます。ただ、かなりこの膝ロックはじめ、股関節の動きから、それらのパーツへの負担は想像したら痛々しいです。かなり不自然な動きなので、競歩の選手、みんな足の骨が変形しているように見えました。みんなあの反り返る膝ロックでなっちゃうんだと思うけど、足が昔の松田聖子みたいな…分かる?O脚っての?

骨が曲がるほどの練習を重ねてきているわけですよ、単純過ぎる感想で申し訳ない…でも本当すごい。

競歩が陸上の花形ですごく日本でも注目されている競技であるとも思わないけど、どれだけハードであるかって事は他の競技に引けを取る事は全くなく、もっと日本でもメカニカル含め、注目して欲しい、取り上げて欲しいと思いました。

IMG_2425 027-1.jpg

日本チームの給水ポイント。
コーチ陣でしょう、JAPANのジャージ、やっぱり目につきます。

競歩男子、11位の森岡選手が日本人としては最高位でした。
この森岡選手、なんと!!一週間後に行われる50キロ競歩の代表でもあるのです!!

今日は女子の20キロ競歩決勝です。
日本人は3名、大利選手、川崎選手、渕瀬選手です。
12時スタートですので、これを見てからまたスタジアムへ行きます!

ベルリン、昨日も今日も普段より暑いです。


posted by wakaba at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

いよいよ今日開幕!

ただ今午前4時45分。

オリバーは3時45分に目覚ましをセットして、4時20分には家を出ました。5時から仕事開始です。大変です。

今日、競歩が午前中にあるので、そのゴールとコースの責任者でもあります。競歩の中継があったら、ゴール付近にオリバー見つけられるかな?(笑)

私も現場行きます。

競歩が終わって片付けなどをしたら、5時からの開会式に間に合えばオリンピックスタジアムに一緒に行きます。

間に合わなくても私一人で先に行って、開会式は見たいと思ってます。

そうなんですよ、普通開会式って一番最初だけどなんらかの都合でしょう、午前中に何種目か競技が先に行われ、夜の部が始まる時に開会式なのです。

いきなり、今日、初日、男子100メートル1次予選。

日本代表の塚原直貴(富士通)は6月の全米選手権覇者マイケル・ロジャーズと同じ組で走ります!

今日はとりあえず…

北京オリンピック陸上男子100m決勝で、80メートル付近で勝利を確信し、両手を広げ流して走り、ゴール前も胸を手で叩くなど、パフォーマンスを見せながらも、世界記録更新、9秒69という驚異のタイムをマークした注目のウサイン・ボルト(ジャマイカ)はもちろん、タイソン・ゲイ(米国)の走り&イケメンぶりをしっかり見てきますよ!(お顔は個人的にウサイン好みですが)

200px-Osaka07_D2A_Tyson_Gay_Victory.jpg


タイソンゲイと言えば、大阪世界陸上では100m、200m、400mリレーの三冠。苦手とされていたスタートダッシュのトレーニングを積んでのこの成績は世界中を沸かせましたね。後半追い込み型の選手だと言われていますね。50mを超えてからの追い込みの凄まじさ、また見れるか!?
あの「追い込み」ってぞくぞく興奮しません???

やばい、朝っぱらから4時台でこのテンションの急上昇…わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

posted by wakaba at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正解は〜

この方です!

DSC_1445.JPG

完全プライベートだったからか、QちゃんもTBSの藤森アナウンサーもリラックスで、すっごくたくさん笑いましたよ〜

「どうやって進展したの〜??」なんて気さくに私たちの馴れ初めなど聞いてくれましたよー

私の母がQちゃん大ファンで、「あなたとQちゃん絶対気が合うわよ!」って何の根拠もなく言っていましたが、案の定?彼女、5月6日生まれ、私と3日違いですが同じおうし座でした!?…ってここも根拠が微妙なのだけど、私おうし座の人って好きなんです。

もちろんおうし座以前に、日本の国民の皆さん同様に私も彼女のファンです。彼女には何度も泣かされてます(感動で)
100%、Qちゃんも国民的ヒーローですよね。彼女の言動には常に光るものがあった。引退をしたこれからも色んな分野で活躍してくれること間違いなしです!

あと、私がインパクト受けたのは藤森アナ。

プロデューサーさんも見たことない!ってぐらいリラックスして一緒に盛り上がってくれました。

藤森アナ
毎日6時のニュースの顔ですからすぐ分かってくれた人もいるよね!はなまるとかも出てたしね。


DSC_1462.JPG

この写真は得意の?耳芸が受け、リクエストに答えて何度も披露しているところ(笑)気を遣いながら盛り上げる?って言うと、じゃあ、全然リラックスしてないじゃーん!?って思うかも知れないけど、これが出来る人っていうのは頭もいいし、優しいし、品がある!とっても好感の持てる方でした。大プロデューサー(!!)も一押しのイケメンアナウンサーです!

世界陸上といえば、織田さんと、中井さんコンビはおなじみですが、今年はスペシャルコメンテーターとしてQちゃんが加わり、そこに藤森アナも加わり、世界陸上の新しい看板になってくれたらなーと思うのでした!

いよいよ、今日開幕!

posted by wakaba at 12:07| Comment(3) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

誰でしょう〜?

敢えてボケボケの写真でクイズ!

楽しかったです〜

DSC_1471.JPG

posted by wakaba at 05:26| Comment(2) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

尾崎選手!!

東京国際女子マラソン 005.jpg

世界陸上の大ファンである私が、今回特に楽しみにしている選手ということで、以前から何度か紹介させて頂いている加納由理選手と同様に、尾崎好美選手のお顔も皆さんにも是非事前に確認&ちょっとパッと思い浮かばないわ〜という方には改めて知って頂きたく、元バルセロナオリンピック代表の山下佐知子コーチに写真を送っていただきました!

そう、この写真、2008年の東京マラソンで優勝した時のものです!
ああ!!!っとこの素敵な笑顔、思い出してくれる人も多いのではないでしょうか??

そして隣に写っているのが、そのコーチの山下さん。

4月に一日、コース下見で同行させてもらったことをブログに書きました。(4月25日付け→ペン

気さくな姉御肌!という第一印象(!)
このコーチの元ならばお弟子さんたちも心強いだろうなーと、なんというか、体は小さいけど、懐の広さを感じさせる素敵な女性です。

私、物心ついた頃から、ド素人にも関わらず、なんっつーか、独断の「ワカ父オリジナル☆スポ根教育爆弾」で育てられました。

ずば抜けてすごいものはひとつもありませんが、どれもこれもそこそこ出来るし、そこそこ経験している方だと思います。トレーニングに燃えて、ジムのトレーナーさんに、「何目指してる方ですか?」と100%聞かれていた時期もあります。腹筋台で1時間ずっと腹筋やっていた時は、「や、やり過ぎです…」と止められたことも(笑)いっその事、ボディービルやってみませんか?とか、ベンチプレスの日本代表選手目指してみませんか?とスカウトされたことも(笑)

とにかく私、体を動かすのが好きで鍛えるのも何かの練習も嫌いでない性格なのだけど…ただ、走るのだけは絶対的に苦手で避けていたし、見るのは見ていても、その先には特に興味もなかったのに、最近ちょっと違うのよ(笑)しかも、走ってみちゃったりもしてるっていう(笑)

出会いの影響力ですね〜
子供のころ、弟がジャッキーチェーンの映画見たあと、やたら家の中で飛び蹴りとかして暴れてた感じと同じタイプの影響の受け方??

彼がジャッキーがかっこよく見えてそうなったのと同じで、私にとっては彼女が素敵に見えた、彼女の言葉が響いたからでしょうか。

やる事やって来てる人の言動の重みって、受ける側としては、タイミングとかにも寄るかも知れないけど、色んな意味で揺れ動かされるパワーがあるね。

その山下コーチの愛弟子さん、今回の世界陸上の女子マラソン注目選手のもう一人、尾崎好美選手のこと、WIKIから引用しました↓↓

応援させて頂きますexclamation
皆様もよろしくお願いしますexclamation×2

尾崎好美選手

* 1981年7月1日、神奈川県出身。

* 実姉は元資生堂・現セカンドウィンドAC所属の尾崎朱美選手。(このセカンドウィンドは加納選手の所属です!)

* 第一生命入り後は、主にトラック・駅伝に出場。第一生命監督を務める1991年世界陸上選手権(東京)女子マラソン2位の山下佐知子の指導を受け、堅実に実力アップを図る。

* 2008年3月9日に開催された第29回名古屋国際女子マラソンに一般参加で出場。初マラソンながらも2位入賞と健闘したが、優勝して北京オリンピック代表となる中村友梨香(天満屋)には、惜しくも28秒差で届かなかった。

* 2008年11月16日に開催された第30回東京国際女子マラソン(今大会で終了)に、2回目のマラソンで出場。終盤の38Km手前で加納由理(セカンドウィンドAC)をかわし、その後先頭を走っていた渋井陽子(三井住友海上)を38.4Km地点で追い抜き逆転、マラソン初優勝を果たす。これにより、2009年世界陸上選手権(ドイツ・ベルリン)の女子マラソン日本代表に選出された。


                      
posted by wakaba at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

加納選手!!

加納選手のコーチからまた練習風景の写真を送っていただきました!

かっこいい!!!

IMG_0560.JPG

なんかすっごく、熱く感じてくるものありません?!!!

加納選手、アメリカ、ニューメキシコ州のアルバカーキでの合宿もあとわずか。
フランクフルト経由で18日にベルリン入りをすると言うことです!

本日入ったニュースですが、地元で現在の女子マラソン界の女王、ミキテンコの突然のキャンセル(ご不幸があったそうで…)はとても残念です。

でも、私には女子マラソン、注目すべく二人の選手がいます!

尾崎好美選手・加納由理選手

尾崎選手の写真はないのですが、現地入りした時に下見に同行するのでその時に撮影出来たらしてきて、皆さんに大会前に顔を覚えてもらいたいと思います!!

そして、以前からご紹介させて頂いている加納選手。
ブログ&プロフィールはこちら→ペン

こちらのブログで合宿の様子を書き綴っておられます(チームのメンバーが交代で更新するブログみたいです)

更新の度に様子を伺っていますが、とても元気で順調に取り組んでいる絵しか浮かんで来ない=期待膨らませちゃう!!

こちらの写真も練習風景。
先頭を走るのが加納選手。
そして二番手を走っているのが、女子3000m障害に出場する早狩実紀選手だそうです!

IMG_0548.JPG


所属は加納選手のセカンドウィンドACではないそうですが、よく一緒に合宿をしていて、今回のアルバカーキ合宿も一緒だったそうです!

これも何かのご縁だと思って、この競技の日は現場にいるので大声で応援したいと思います。

皆さんも一緒に応援しましょう!!

3大会連続(通算4度目)世界陸上出場、北京五輪にも出ていました!!
その早狩選手のBLOGです→ペン

今日は大会関係者とプライベートですが、食事会です!
内容が濃すぎて書けるかどうか許可をもらわねば…って感じの面子ですが〜(笑)

色んな場面で本気の人々、頑張る人々に出会うことが出来て、私は本当にラッキーです。
たくさんエネルギーを与えてもらってます!
posted by wakaba at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選手団

IMG_2425 010.jpg

いよいよ今週の土曜日開幕の世界陸上!

昨日の記事で書いた、クルーズ観光の際に今回の世界陸上のオフィシャルホテルの前を通ったの。

おそろいのトレーニングウエアに身を包む団体が散歩していました。

格闘技の選手ではないから、めちゃめちゃ体は大きいわけではなく、脱いだらすごいんだろうけど、脱がない限り、普通の外国人の若い男性にも見えなくもないけど、もしかしたら…なんて思って見ていたら、わーっとサインを求められ囲まれていたので、間違いないなと。

IMG_2425 009.jpg

ただ、どの国の何の選手たちだったかは全く分かりませんでしたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

TBSの現地入りするスタッフは総勢100人なんだって。

ちなみにスペシャルコメンテーターのQちゃんは日曜の夜にベルリン入りしていま〜す黒ハート

2年前の大阪大会では、世界212の国から約3,200人の選手が参加し、延べ65億人の人々がその熱い戦いに注目したそうです。

今年はまたより多くの人たちに注目されるイベントになることでしょう!

初日からいきなり、100メートル男子ありますよ!
初日予選、2日目にはこの一番人気の競技のひとつ、100メートル走、世界一が決定します。

私の世代だと、子供のころ、カールルイスが10秒を切ったって大騒ぎで大変な興奮の渦を世界中に巻き起こしていたけど、今は、それどころじゃない新幹線

ちなみにさー、昨日単純想像をしてみたんだけど…

100メートルを10秒で走るって事は…

1秒で10メートル走るってこと!?だ!!

一秒たったら、目の前から10メートル先まで行ってるって…信じられない…がく〜(落胆した顔)

posted by wakaba at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

8月15日開幕だー

8月と言えば!私もとーっても楽しみにしている世界陸上がベルリンで開催されます!

世界陸上日本語サイト

世界陸上ドイツ英語サイト

同じ大会の広告なのに、日本版と世界版のこの温度差すごくない?(笑)

日本は「記録の壁を壊せ!」なんつって、ベルリンの壁を意識させる、燃える闘魂!?みたいなサイトトップページ。ベルリンの壁崩壊20周年の年でもあるしかけてるんだろうか。

それに大して、世界発信のこの英語、ドイツ語のサイトは、最小限インフォメーション?っつーぐらいあっさり(笑)

これが結構、日本とこちらの広告業の温度差の現実かも?よく分からないけど。

こんな一大イベントなのにこっちでは情報が分散というか偏っているというか…広告がほとんどなかったの。ここ最近になって急にちらほら見かけるようになったけど、それでも日本の広告の出し方と比べたら1000分の1ぐらい。日本の広告業がやり過ぎ(金が動く)なのか、こちらが普通なのか、レベルが低いのかは人それぞれ捕らえ方があると思う。

でも、私は日本の広告業やメディアの影響力の脅威はこちらに来て、すーーーごく感じます。メディアの書き方、言い方、出し方次第でほとんどの日本の一般市民の脳はその意図に動かされるものね。それでいい場合もあるけど、ただ動かされるだけじゃなくて洗脳チックなニュアンスが入る事があった場合、ちょっと冷静に考えると怖い部分もある?って思ったりしません?今、日本の政治界を外国から注目して見ているとちょっとした偏り報道が見えて来るのは気のせい??

日本の広告業やメディアに関しては私、実は最近すごく怖いなーと思うことがあるのだけど、世界陸上から外れるので、また今度書ける時に少しだけ意見聞いて欲しいと思います。

とにかく、日本ほどテレビの影響が大きな国ってあるのかなーって思ったりします。これも忙し過ぎる事、精神的に余裕が持てない事がまた理由のひとつにあがるような気もするんだけどね…そもそも余暇にテレビを見てる確率や時間ってドイツの人は日本よりも少ないと思う。家より外だし、電車で携帯やってる人がほとんどの日本に比べてこっちは本読んでる人が圧倒的に多いし。

そうそう、この世界陸上が開催されるオリンピックスタジアム、先日U2のコンサートで何万人って言ってたっけな…とにかく満員で、その夜私たちは出かけていたのですが、土曜だと言うのに街に人があまり出てないの。何で???

どうやらこの U2コンサートも理由ではないかという結論で。

コンサートは1日、2日でも、世界陸上約1週間あるからねぇ…埋まるのかな…ってちょっと心配。宣伝がうまく出来てない感じがする、日本目線だけど。

世界一足の速い人とかどんなん???って目の前で見れるのって怖くない??(笑)すんごい高く飛ぶ人間とか??
目の当たりに出来るもんなら、是が非でもチケット買うと思うのだけど、まだ知らない人もいるよ、絶対。

学校で話題にしても、ベルリンに住んでいるドイツ人の先生たちでさえ?え???そんなんあるの???だもん。

スタジアム外で行われる、マラソンと競歩はチケットを持っていない市民や観光客も街頭応援の出来るので、街中はかなりの混雑が予想されています。交通麻痺、どのレストラン、カフェも座るところなし、地下鉄も新宿状態か?

ちょうど夏休みなので外国からベルリンに遊びに来ている人も多いし。特に、女子マラソンはいつもすごい人気なので、この日は大変な盛り上がりになるであろうと関係者が語っていました。

ご縁があり以前から紹介させて頂いている日本女子マラソン代表、加納選手や山下佐知子コーチ(元バルセロナ代表)率いる尾崎好美選手には、このベルリンの応援熱もパワーに換えて、最高のパフォーマンスを見せていただきたく健闘を祈るばかりです!

女子マラソンに限らず、言ったらきりがない!興味ある人はリンクのサイトチェックして下さい!

でも本当にすべての選手に思いを込めて観戦したい(っていうかしちゃう)と思います!

前も書きました。
外国にいると、自分が日本人であるという意識は自然に高くなり、強くなります。スポーツ選手というのは、私たち一般人が出来ない偉業をなすことで、人々に様々なことをアピール出来る限られた人たちだと思います。世界大会ともなれば、この「人々」という意味合いが、「世界中の人々」と幅が広がります。

今回の世界陸上でも、そんな選手たちがどんな熱いメッセージを、エネルギーを夢を希望を私たちに与えてくれるであろうか、本当にわくわくしています!

大げさに聞こえる?
いやいや、全然。これでも抑えてる方よ。
あたし、ある意味マニアだからドコモポイント実際目の前で語りだしたらこんなもじゃないです。ブログでよかったね(笑)
posted by wakaba at 02:23| Comment(1) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

加納選手ガンバ!

Kano.jpg

以前このブログでも書かせていただきましたが、私の大好きな世界陸上が前回の大阪に続き、今年はベルリンなのです!

前記事→くつ

大阪で開催だと言うのに大阪に見にいけなかったことは残念でしたが、なんといってもリアルタイムで見られたこととやはり日本開催だけあって、関連情報や特集も多く見ることが出来たり、まーー楽しませてもらいました、毎度のことですが。

それが今回はベルリン!
しかも仕事や手伝いでイッチョ噛み出来る!
チケットも既にゲットしている!っつー手(チョキ)

こちらの記事で、ベルリンに下見に来ていた日本人コーチさんたちや選手のことを書いていますが、マラソン女子日本代表の加納選手のコーチからメール頂きました。

レース前の最後の合宿をアルバカーキー(米・ニューメキシコ州)で行っているそうです。

ど素人の私ですが…スポーツ観戦ファンとしては、陸上選手の美しさには芸術を感じます。人体の芸術じゃないですか、陸上って。っつか、人体の科学であり芸術か?いや!もっと深い!

私とご縁のある人のことをここに書くことがある場合、それは読んでくれている皆さんにもご縁があると言うことだと思います!

応援よろしくお願いします!

と、言うことで!世界陸上前に、加納選手のチームのセカンドウィンドのサイト、ぜひチェックして下さいね!こちらに選手やコーチのブログもあります!!

あと、元バルセロナオリンピックの日本代表選手、現在はコーチの山下佐知子さんも代表選手を抱え、最後の調整に燃えていることと思います。

日本人として外国に暮らすようになると、今まで以上に、日本代表!っていう人たちの存在が大きく心に影響します。この辺の感覚、外国暮らしをしている人、したことある人なら、すっと理解出来ると思うのだけど、そうでない人もなんとなく想像出来ますか?

私もスポーツ業界に日本だけでなく世界に何人か知り合いはいるのですが、どんな競技でも個人的に出会いがあった、ご縁があった選手を絶対的に応援したくなる心情は当然です。
でも、世界大会となれば、やはり日本代表選手たちが、実力を発揮する自己最高のパフォーマンスを見せてくれること、健闘と幸運を祈りつつ、いつも余計な力体中に入りまくって見させてもらってます。(終わると必ず左肩が凝っているたらーっ(汗)

加納選手、まりコーチ、さちこコーチ!選手をサポートする関係者の皆様!!ベルリンで待っています!


posted by wakaba at 15:49| Comment(2) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

加納選手応援しよう!

山下さんとの出会いについて書きましたが、実は先週22日には、世界陸上のマラソン女子日本代表の一人、加納由理選手とコーチ(左)監督(後ろ)がベルリンに来て世界陸上マラソンコースの下見をされました。
加納選手とチームについてはこちらクリア
http://www.sw-ac.com/
http://www.sw-ac.com/news.shtml#news59

IMG_3157.JPG山下さんの時は私はおまけでしたが、今回は一応、アテンド通訳として・・・といっても、加納選手は実際に走りたいということで、当然私は自転車で追う事にしたのですがわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

前日にベルリン入りした、加納選手。時差ぼけしてる暇もなく、翌朝7時半に集合し、私が着いたらすぐに走り出しました。

ベルリンは緑が多く、水辺が多く、街中といってもとっても気持ちがよいです。朝だったので空気もまだヒンヤリとフレッシュで。
天気もよかったので、すごく気持ちよかった晴れ
私は自転車で邪魔にならないように、でも加納選手について走るこちらのスタッフ、ジョン(写真:中央加納選手の右)の話が聞こえる(通訳しないとならないからね)ところを走っていないといけない・・ってことで結構ポジション取りが難しかった(^_^;)
もし今後、この手の仕事が増える可能性があるなら、やっぱ走れないと駄目だな・・・と思ったりもしました(^_^;)

なんと、加納選手!
これが水曜日で、木曜日にロンドンに移動して、今日、日曜日にロンドンマラソンを走っていたのですよー!

30キロ地点まではトップ10グループにいたのですが、結果は11位フィニッシュ。

でも、この強行スケジュールは、ロンドンマラソンにピークを持って挑んだのではなく、世界陸上の下見と、ロンドンマラソンで世界のレベルを見る、体験するという目的があったみたいなので、40キロ手前までトップグループで走り、十分手ごたえを感じ、その目標は十分達成したのではないかと勝手に想像し、夏への期待を膨らませています。
限られた出会いの中で、こうしてご縁があったならば、応援したいですから!

ちなみに女子の優勝は去年のベルリンマラソンの覇者、ドイツのイリナ・ミキテンコ。
去年のロンドンマラソンでも優勝していて、最近の女子マラソンでは最も注目されている選手。

ミキテンコ選手は去年ベルリンマラソンでお会いしましたが、加納選手もそうだし、マラソン選手って実際に会うと、テレビで見ている何倍も小さくてギューーーっと絞り込まれていて・・・この小さな体のどこからあの距離を猛スピードで走るパワーとスタミナが隠されてるのだろうかーと思ってしまいます。

去年か一昨年、男子マラソン世界新記録2年連続保持者(2回ともベルリンマラソンにて)のハイレについて書いた時、そのスピードについても触れたのだけど・・・
大体みんなが想像出来る感じトップランナーのスピードを簡単に書くと、30分以内で10キロ走る感じ・・・想像出来る?
ジムのトレッドミルで時速10キロ設定すると1時間で10キロ走るわけ。いきなり走ると足からまるよ(笑)この2倍の速さ。時速20キロのスピードで42.195キロ走る。想像できないよ。時速20キロをやってみたろーと思ってもトレッドミルにその設定がなかった(危険だからかな)とにかくすごいよ。

私はすんごい体調がよい時で、一時間で10キロ走るぐらい。でもだいたい1時間10分ぐらいで10キロで私の中では上等。大満足。

これが続いたら、将来的な目標で時速10キロで2時間ぐらい走れるようになればいいなと思ってるけど、そんなの無謀かな?なんてちょっと考えながらワラッチャウ大き過ぎる目標。

ドイツ人の優勝で、今日のオリバーの帰りは確実に遅くなるなと、家庭事情(笑)実は、オリバー、今日は飛行機ではなく、車でロンドンから(もちろんフェリーにも乗り)帰ってくるのです。長時間ドライブ、またも心配性の私はソワソワですが。無理せずゆっくり帰って着てほしいです(ドイツは“この先何キロ出してもいいよー”って高速道路標識ありますからあせあせ(飛び散る汗)
多分、徹夜ドライブで明日朝そのまま職場直行で、夜帰ってくるでしょう。

昨日、実は飲み過ぎて・・・
今日はゆっくりの朝でしたーもう大分休んだので、復活。
夕方また走ろうと思います・・・ドコモ提供
posted by wakaba at 21:17| Comment(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

バルセロナオリンピックの!

ちょっと別のお話〜いい気分(温泉)

今年、世界陸上がベルリンである事はこのブログでも何度か触れましたが、実は、最近その関係で素敵な出会いがまた生まれているのです目ぴかぴか(新しい)

日本から戻ってすぐに、バルセルナオリンピック女子マラソン4位の山下佐知子さんにお会いしました!現在は第一生命女子陸上部監督です!

(応援しましょうよ!→第一生命女子陸上部クリア

他にもたくさんのレースで活躍されている実績のある方なのでマラソンや陸上ファンの方でなくても、お顔を見ればすぐに「あ!」って分かると思います。
2002年12月の全日本実業団対抗女子駅伝競走大会では、第一生命チームを監督として駅伝初優勝に導くなど、指導者としても注目されています。

その山下さんのチームの尾崎選手が世界陸上女子マラソンの代表になったので、そのコース下見に来ていたワケです。

既に、陸上専門のドイツ語×日本語の通訳さんもアレンジされていて、現地スタッフと予定が組まれていたのですが、ベルリンマラソンのディレクター(結婚式にも来てくれていたマークです)が私のことを思い出し、先々色々あるから、世界陸上のコース、その他陸上関係を勉強する事含め、一緒に同行してきてはどうだと提案して下さり・・・通訳さんは既にいたので、単なるおまけだったんですけど・・・おじゃま虫にならないようにドコモポイント


IMG_3107.JPGなーんだか、とーっても気さくな人で、楽しくて、一緒にコース見てまわりつつ、おしゃべりモードに切り替わっちゃいそうな場面がたくさんあってやばかったですーオジャマ虫モードドコモポイント

こんな風に石畳が多いベルリンの街中を走るので、その石畳の大きさも所々違うので、その辺のチェックや、場所によってはマットが敷かれるところもあったり、路面電車の線路はゴム製のもので埋められる事の説明とか、ドリンクの場所とか、坂の感じとか・・・ゴルファーが練ランで、コースの起伏やハザードチェック、風向きチェックするのと同じです。繊細です。

すーごくたのしい方で、オリバーにも紹介したく、下見が終わってからオリバーも、呼んで一緒に食事にいきました!

楽しかったーるんるんいろんな話をオープンにしてくれて!

でもネ・・・その気さくさの裏には・・・じゃないけど、目は据わってますよー(笑)これご本人にも伝えたんですけどね。

私、世界のトップクラスのスポーツ選手とこの距離で話をする機会、今までに何度もあったけど、みな共通していえる。

気さくで、心に余裕があるから、打ち解けた時はとーっても心地がよいし楽しい。でも、100%目は据わってる・・・みたいな(^_^;)

笑ってても、よーく目を見ると完璧据わってます(笑)

って、これ伝わるかな・・・私が意味してる“据わってる”カンジわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

簡単な言葉でいえるもんじゃないんだけど、敢えて簡単に言うと、“やる事やってきてる人の目は違う”っていうの?当たり前かも知れないけど、スポーツ選手の目シリーズ(?)私結構見てきてるからー

選手たちを指導し励まし、血と汗と涙・・・根性積み重ねて長年掛けて得てきたお金で買えないものを、今はそのわが子たちに与え教育している・・・

「教える」という意味では世の母、父たちも、先生たちも同じ部類。
半端な“役割”じゃないですね・・・超重大な存在。

本当の強さを持つ人が本当の優しさも持ち備える・・・やる事やってる人は自分の軸をぶらさない強さ、厳しさがある・・・だから故、めっちゃ優しかったり楽しかったりするのだとも思います。

そうでないと、軸のしっかりした子は“育たない”でしょうし、ついても来ないでしょうし・・・

実はね、私、今!この山下さんにすごい影響を受けているんです!
出会いには人の人生変える可能性、常に潜んでるなーと(笑)
続く〜イヒヒ〜ドコモポイント

posted by wakaba at 04:13| Comment(3) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

オシゴト

ありがたい事に、今週はお仕事があります。
単発の翻訳の仕事ですが、日本からのものではなく、こちらでもらったものです。
一発で通るものではないので、今後2週間ぐらい訂正訂正で仕上げていくと思います目

ドイツ語から英語にされたものを日本語に。
あるイベントのパンフレットですペン

ちょっと前に気がついたのだけど、こちらに来て、英語っていうのが、出来て当たり前(出来る事が特別な能力ってほどでもない)なので、仕事をするにあたっての、英語力の求められるレベルが日本で英語を使った仕事をするにあたり求められるレベルの何倍も高いのふらふら

上手く言えないけど、出来て当たり前ぐらいに受け止められるからスピードも要される遊園地(日本では多少、時間的余裕が欲しいといえば通用したがこちらでは通用しない)

なので今回の翻訳の仕事も、私の限られた能力をフルに搾り出して必死にならないといけないので、かなり遣り甲斐がありますわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

実は今回翻訳すべき原稿は既に以前日本語にされていたものなので、それを改新版にすると言うことで微調整だと思ってたの。

でも、実際見たら、そうじゃないわけ。何故なら、もともとの訳がかなり間違えていた事実が発覚してがく〜(落胆した顔)

スポーツ関連のテキストなのだけど、この人、このスポーツ知らないのかもって言う訳の内容。

一つ大きな例を挙げると、競技名を完全に間違えている・・・これって、大変な事だよねたらーっ(汗)その競技に出ようと日本からドイツに来た選手が現場に来て、その競技ではありません!って分かった瞬間・・・どうなるの??みたいなたらーっ(汗)

テニスだと思ったら卓球だった・・・ってぐらいの違い。大きくない?わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

他にも違うところがたくさんあって、その翻訳が今まで世界に出回ってた資料だと思ったらぞっとしましたがく〜(落胆した顔)

翻訳家っていうのは、かなり重大な責任を担う仕事であることをさらに実感しましたふらふら

物語とかだと訳し手により、多少ニュアンスが変わるっていうのは分かるけど、マニュアル系は事柄を淡々と訳せばよいものなのでニュアンスも何もない。ある意味遊びがないっていう言い方も出来て、正確性が求められる仕事。

正確性といっても、あくまでも“訳”だからそこは難しい場合もあるのだけど、誤差が生じてはいけないわけよね。

昔、東海クラッシックゴルフで通訳の仕事をした時に、私ともう一人とても優秀で外国の大統領など多くの政治家の同時通訳までこなすような方とご一緒しました。

それぞれ別々の選手を担当したのだけど、私なんか高校時代アメリカで覚えたハイスクール英語で、要するに幼稚な英語ですよ(^_^;)英語に不自由はないけど、通訳としてはかなりレベルひくい(日本語も下手だしたらーっ(汗))って事でちょっと心配してたんです。
でも、最終的には私はゴルフを知っている事で周囲が期待する以上の仕事が出来たと評価され、その通訳として最高レベルの方は、ゴルフを全く知らなかったがためにその日の午前中で首になっちゃいました。

ルールとかが把握出来ない(ルーリングの通訳もやるので)のは真剣勝負ですごい高いギャラもらって来日している選手に迷惑もかかるし、下手したら通訳のせいで失格もありえる・・・とても危険と言う事で。

そりゃそうだー。
私に政治家の翻訳なんかやらせたら、大暴動が起きちゃうだろうし(笑)

資格でしかその人の能力を判断出来ない、しない現実社会は日本以上にドイツが厳しいから、私みたいに大した学歴も資格もない、経験とノリとガッツ?だけで勝負している人間にはまともな仕事にありつけるのはラッキーなしではあり得ない気もしますわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

だからこそ、一つ一つのチャンスを大事にする(全力尽くす)っていう感覚と覚悟がいつもある=それで次に繋がっているようなもん・・・とも思います。

本当はこの手の仕事をする時は先にギャラ交渉するのですが、今回の仕事のギャラは分かりません(イレギュラーに来た話なので)
ですが、これを機に、ある人たちに、私にも出来る事がある、というアピールが出来ることが何よりのギャラだなーと思っています。

それにしても、ほんと、よくよく考えたらすごい責任重大な仕事です。考え過ぎるとコワイっすわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

カメラ↓古いポラロイド写真のスキャンですが〜名物通訳って雑誌に取り上げられるほど、調子に乗ってた時代(笑)東海クラッシックのパーティーにて。フィジーのビジェイ・シンとアメリカのスチュワート・シンク(この年、USPGAのルーキーオブザイヤーで来日)つか、もう10年前なんだね〜〜グッド(上向き矢印)

TOKAI.jpg
posted by wakaba at 17:49| Comment(2) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

東京マラソンを振り返って

IMG_1628.JPG東京マラソンの時は私も仕事で忙しかったので、携帯で写真をちらっとアップするしかできませんでしたが、振り返って少しだけ書きますペン

昨年に引き続き、今年もベルリンマラソンのスタッフ通訳としてお手伝いさせてもらったのですが、去年のエキスポは東京ドームからビッグサイトに変わり、第二回東京マラソンということで、参加応募者が12万人もいたことを見ても分かるように(うち、3万人が抽選で選ばれて走りました)、明らかに去年よりは人の数も多かったです。

エキスポでは先日書いたように色んな出会いがあり、また私が今年からベルリンにいることもあり、専門誌や旅行会社の人たちからの要望やオファーを聞けることもできて、朝から晩まで立ちっぱなしで大変でしたが、充実感もありましたわーい(嬉しい顔)

レース当日、前に書いたように、レースを追う、リーディングカーに乗せてもらうことが出来るexclamationということで、当初、レースはのんびり家で見るか〜と思っていたのですが、8時に待ち合わせの新宿パークハイアットに向かいました電車


マラソンのために交通規制をされ、車のない都心にいつも以上のものすごい人。
何か不思議な雰囲気でした。

IMG_1635.JPG極寒の日でしたが、空は青く、ランナーの皆さんの気合いのせいでしょうか、エネルギー溢れる、清々しい空気でした。

ランナーでないワタシがいうのも変ですが、新宿の高層ビル街をスタートする感じ、異様というか、妙な興奮がありました。

来年は参加、もしくはスタートに出向いてみてください!
ちょっと鳥肌ものかもしれないですよ!

http://www.tokyo42195.org/index.html
スタート時の写真がトップページに載っているので見てください目

ワタシはリーディングカーの中からコースを全部見て回ったのですが、沿道の応援もボランティアの皆さんの盛り上がりも素晴らしかったです。

浅草あたりの沿道の応援(カメラ)が一番人も多かったし盛り上がっていたように思います。下町の人情効果でしょうか揺れるハート

コースはまさに東京をぐるっとまわる感じで、東京の人は見慣れた場所ではあるけど、普段走るようなことが出来ないコースを行くのはエキサイティングだったと思いますし、地方の方も海外の方もきっと東京の街のパワーを感じながら走ることができたのではないかと思います。

IMG_1640.JPG
大変なのは分かっているけど、生まれて初めて「マラソン、走ってみてもいいかな・・・」って思ったかも。

雰囲気で走れちゃうんじゃないかなとか、思ってしまったわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)甘いよねわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)



車イスランナーさん(カメラ)とすれ違った時は感動して泣いちゃいました。

上位ランナーたちのゴールは、信じられない猛ダッシュぶりに驚きましたがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
この人たち本当に42キロ以上走ってきたの?ってあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

マラソン、半端じゃないなと思いました。
IMG_1638.JPG

ジムのランニングマシーンで、時速10キロにして1時間走るのだって、結構ハイペースで(私にとって)これを12キロとか13キロにしたら1時間連続してなんて走れない。

30分も考えただけで嫌になるふらふら

なのに、フルマラソンを2時間ちょいで走ってくるってことは、時速20キロぐらいで走ってるってことじゃない?
みんなの自転車ダッシュより明らかに早いかもダッシュ(走り出すさま)

ちなみに去年のベルリンマラソンでは、ものすごい世界記録(2時間4分26秒)が出たのですが、そのエチオピアのハイレ選手は100メートルを17秒7という速さで走り続けたことになるんですがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

想像できますか?
できません。

異次元の話ですね。信じられない。

posted by wakaba at 01:14| 東京 ☀| Comment(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

BOSTON RED SOX

mlb00204-5658386.jpg昨日、ライブでワールドシリーズ優勝の瞬間見ていました野球

鳥肌ボーボーの感動ものでしたよあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

ワタシは高校時代、ボストンの学校に行っていました。だから当然、レッドソックスの試合は何度も見に行ってるし、懐かしい気持ち含め思い入れはもちろんあります目

ワタシが子供の頃から野球が好きなのはこのブログを見てくれている人はもう知っている情報かと思いますが、ボストンに居たからレッドソックスひいきにしてはいましたが、実は、ワタシ中学生の時から、ピッツバーグ・パイレーツのTONI PENA(トニー・ペーニャ:捕手)がもうほんっとーに大好きで黒ハート爆弾日本では野茂以降、メジャーリーグが注目されはじめ、テレビでも見れるようになりましたが、私はそのずーーーーっと前からベースボールマガジンとか買って(笑)
んでんで!!なんと!!そのトニー・ペーニャが今ヤンキースの新監督候補!?やばーーーーい!!
PENAって、座ったままセカンド刺しちゃうキャッチャー雷日米野球なんかで後楽園球場に来てたの、覚えてない?つか、話それてる・・・(・・;)

レッドソックス優勝の瞬間の歓喜はもちろんだけど、しばらくロッキーズのメンバーがその場で放心状態で動けなかったの注目しました?ベンチから去る選手も少なく、もうみんな放心状態。

優勝のその瞬間、ピッチャーのパペルボン(写真)の飛び上がる姿、彼が岡島と交代でマウンドに上がった時の興奮状態もこれはライブ見た人でないと分からないかも知れないけど、コーチ?監督?に声をかけられている時の様子や外野手がフライをキャッチした瞬間や・・・もう殺気づいちゃって格闘家みたいでしたよがく〜(落胆した顔)

でも勝者も敗者も、ウソ、偽り、言い訳、ごまかしなくただひたすら頑張って来た人たちにとって究極のあのシチュエーションにおいて、あれがまさに真の姿、本音の姿と思う。
松井(かずお)なんか、瞬き一つ出来ずに、その場でそのレッドソックスを見つめているのか遠くを見つめているのか・・・瞳孔開きっぱのもんのすっごい顔してました。

ワールドシリーズ、さすが世界一を決める試合だなと、最後の最後まで感動がもれなく詰まった試合の数々でした。
嘘、言い訳、ごまかしの利かないこの世界だからこそ、感動があるんですよね・・・。
歓喜の瞬間、日本のサイトでもあるのかも知れないのですが、こちらでもどうぞーレッドソックスHPに野球http://boston.redsox.mlb.com/



posted by wakaba at 15:13| 東京 ☀| Comment(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

毎年9月の最終日曜日

OliverFinish2-Berlin2006.Jpg
今日は、中国で開催されていたFIFA Women's World Cupサッカーでドイツチームが優勝しましたが、現地ドイツではベルリンマラソンが開催されていました。

東京マラソンEXPOでベルリンチームと仕事をした事で何かと現地情報が入ってくるのですが(Qちゃんのマネージャーからのオファーで彼のところに「きれいどころの通訳を紹介して欲しい」とドイツから依頼があったそうで、そのマネージャーは「ブサイクでふざけた奴しかいなかった」って先方に返してたらしい。どうなん?この裏話眠い(睡眠)

今日は「今!スタートした!」とか「世界記録出た!」なんて携帯メールが〜なんとなく不思議なものです、ライブってちょっとドキドキするんです。

世界5大マラソン(ニューヨーク、シカゴ、ボストン、ロンドン、ベルリン)の一つであるこのイベントも4万人の参加枠が毎年あっという間に埋まり、今年も世界各国115カ国のランナーで盛り上がったそうです。日本からもたくさんの参加者があったそうです。女子の部で坂本直子が5位入賞。男子は瀬戸智弘が9位。

今回の優勝者は男子も女子もエチオピアの選手。男子の優勝と女子の優勝で約19分の差がある。

やっぱり男の方が女より何を取っても絶対、体力的には何をとっても勝ってるんだね〜。

“その分の余裕”って事で、もう少し、男性にはどんと構えて「俺に任せとけ手(グー)」みたいな感じで居て欲しい願望間違ってる?本来頼りがいがいがあって当たり前って考えていいわけじゃないん??って改めて思っちゃった猫こそこそセコイ男が身近にいたもんで(笑)

つか、ジムに行ったら、くっだらない理由っていうか、理由なんかないんだけど、すれ違いざまに小声で「邪魔なんだこのやろー」とか言って、ウエイトを投げるみたいにガンガン音立ててセットしてるプロレスラーみたいな人がいて、思わず「は?」って挑発しそうになった(笑)

レベル低過ぎる=頭おかしいかもと思ってやめたけど、イントラが言ってた、その人はそういう迷惑人なんだと。
いくら鍛えても人間的に小さいんじゃ無駄だなって本気で思った眠い(睡眠)

何もしなくたって、男性っていうのは女性より強いのだからこそ優しい生き物なんだと私は把握しています。
女は体力は比べたらそりゃ弱い、だから気ばっかり強い。そういうことじゃないの??ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

あ、でもアタシ、KURO-BARで男性二人腕相撲で倒してます(爆)
その人も何回も挑戦したがるんだけどワタシ的には「何回でも掛かって来い」みたいな(笑)まあ、そういう場合もまれにありますわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

話それましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
が、ベルリンマラソン、車椅子の部で優勝は日本人でしたよ!
マラソンエキスポで車椅子ランナーにもたくさん会いましたが、彼らを見ると自分がいかに怠けているかをまた戒められる&パワーをもらうんですね・・・

折角生まれてきて&生かされている&生かしてもらっているのだから、やっぱり頑張った方がいいなーって思います・・・

まだ優勝の記事は出てませんが、彼のHP、プロフィールなど見てください。事故で不随になってすぐにマラソン始めてるところとか・・・すごいです。
悪い過去をいつまでも引きずる、ボギー引きずる・・・ダメですねわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
http://members2.jcom.home.ne.jp/soejima-masazumi/
IMG_0153.JPG
2001年、2002年と連続で高橋尚子選手、2005年には野口みずき選手が優勝を飾ったことで、日本での人気も定着したベルリンマラソンイベントくつ
多くの観光名所の前を通るコースの沿道は、力いっぱい応援する観客で埋め尽くされ、60以上のミュージック・バンドやダンスグループが大会を盛り上げるそうでするんるん演劇
世界5大マラソンのビッグボス達の食事会に通訳で行った時に聞きました(見た目ゴッドファーザーのたちの会食わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗))、ベルリンマラソンは、マラソンイベントとしてはこの他に類を見ない熱気だと。

来年、一緒に走りませんか?目

写真カメラ=「珍道中」のカテゴリにもたくさん書きましたブランデンブルグ門。ゴールの300メートル手前がここらしく、エキスポでこのイベントに参加したことのあるたくさんのランナーが同じ事を言って行きました。この門が見えたとたん涙が溢れる。そしてこの門をくぐり抜ける時はものすっごい勢いでこみ上げるって。
posted by wakaba at 04:26| 東京 ☔| Comment(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

世界陸上パートX〜長らくお付き合いありがとうございました(^_^;)

昨日の一番感動は、男子槍投げ。
最後の3人(3投)見ましたか?
ラスト3名で、銅、銀、金とその時点の暫定結果があった最後の投てきで、まず、銅メダルの位置にいた、アメリカのメジャーリーグから驚異的な肩の強さを評価され転向してきたと言うグリア選手(経歴に興味津々&男前)が、最後の逆転を狙って、最後の一投。

逆転ならず・・・

その時に、大きく手を上げて、手拍子を始め、次のその時点で暫定銀メダルの次に投げるノルウェー、トルキルドセン選手へのClapを観客に求めたんです。

自分がメダルの色を変えられなかった残念だったその次の瞬間に、次の選手にエールを送る。

出来そうでなかなか出来ない事だと思いますよ。あの状況で頭も胸もいっぱいだろうに。
素晴らしく感動しました。

それを受けたトルキルドセン選手「よし、俺に任せろ」とその仲間の思いをしっかり引き継いだように、こっちにもその引き締まった表情、全体からむんむん出る雰囲気から感じられました。

こちらも緊張いっぱいいっぱい・・・彼の精一杯の思い、集中力、パワーのこもった、メダルの色を変える(つまり金狙いの)一投を息を呑んで見守りました。

キャー!キターーーー?!
本人も手ごたえがあったのでしょう、両腕を上げて、槍の落下地点を・・・しかし惜しくも届かず。行ったと思ったようで、思わず倒れこんで転げて天を仰いで・・・

でも、すぐ立ち上がると、お腹に手を当てて、まるで王子様みたいに観客の皆さんにお辞儀をする。。。素敵過ぎ揺れるハートぴかぴか(新しい)

最後、またその彼が、次、つまりラストの金メダルのフィンランド、ピトカマキ選手のために観客とClapをしながら彼の一投を見守る。
私は当然ガシガシ、会場もさらなる緊張感に包まれたと思います。

金メダル確定は分かっていたので、もちろん一番は自分への挑戦だろうけど、一緒に頑張ってきた仲間への敬意を示すべく、多くの応援してくれた人々への感謝を示すべく・・・もうこれ以上ないぐらい、全身全霊、魂すべて込められた、鳥肌が立つようなすっばらしい一投。
「あっーーー!!!ひょっとして!!!」

超えましたパンチパンチexclamation×2

もう終わった事だけど、良かったら、このブログで私が紹介したシーンだけでも動画でチェックしてほしいです映画
ちゃんと総集編をやるのなら、それも是非見てほしいです。

http://www.tbs.co.jp/seriku/result/atm0531_010.html
これは槍投げの動画のページ。
断片的なので、ワタシが感動したと言う、次の選手への敬意を示す激励のClapなどはあまり映っていませんが、メダル3人の投てきは見てもらっても損はないと思います。
っていうとどれも見てほしいので、これだけ動画ページ載せるのも自分としてはイマイチなので、こちらTBSの世界陸上ページ。
動画で結構楽しめる、記事もなかなか面白いのもあるので、興味がある人は是非!
http://www.tbs.co.jp/seriku/top.html
トップページの速報中っていうところから、動画見れますから。

マラソンの土佐選手も、日本の唯一のメダル。おめでとう。
旦那さんが沿道ですっごい声だして応援してたのも感動したし、さらに、勝ち方を知っているベテランではあるけれど、35歳の「」の余裕の金メダルにも感激しました。

人間の脳も体力も限界ってどこにあるんだろうって、簡単な言葉で「すごい」って言いたくないぐらい、ある意味ミステリーだなとか・・・。
自分はそれのどっちも大して使ってない、ふー。

ちなみに、2年後の世界陸上はドイツ、ベルリン。
なんと、既に仕事のオファーが・・・超〜ウレシイ!
その時は、現地からのさらなるレポートになるかも知れませんね。今回なんか目じゃないぐらい熱くなるの確定なので、覚悟してね、そん時はわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

posted by wakaba at 23:59| 東京 ☁| Comment(4) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

世界陸上パートW

昨日の男子走り幅跳び決勝では興奮して公共の場所で中継を見ていたにも関わらず軽く飛び上がり声出し。
世界陸上ネタ、ワタシとくみちゃんでしか盛り上がってないのかと思ったりして、個人的に盛り上がりすぎて、引かれちゃってるかなと別のところに書いて来ましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
っても、KURO-BARのブログですけどダッシュ(走り出すさま)つか、バーのお客様には全く関係ないネタなので、熱くならないように書いたら結局不完全燃焼眠い(睡眠)
やっぱここで思うように書かせていただきますわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

今日、ライブで見れた競技の中から。
なんといっても、4×100bリレー予選。
実力が出たっていうのかも知れないけれど、あの感じ、ホームでの応援も全部力になってものすごい一致団結、心が一つになった走りに思いました!すっごい感動しました!(毎回これなんで、体力かなり消耗しています)
個人的には、あの第一走者の塚原選手、いいね!若さ&気合爆発!バトン渡したた時、大声で吠えた!その気持ち伝わった!!
彼の「朝原さんにメダルを」っていうコメントもあの“吠え”に気持ちがいかに込められているか感じるよ〜〜。ああいうの大好きです。吠えろ吠えろ〜〜
もちろん、ひとりひとりの力の集結の結果。ひとりひとり素晴らしかった。朝原さんの世界大会ラストラン、明日!幸運を祈りますぴかぴか(新しい)

200b女子決勝、アリソン・フェリックス スーパー女子大生と言われているが、女子大生とは思えないほど爽やかで初々しくてカワイイ黒ハート肌の艶が確かに全っ然違う(爆)笑顔、超カワイイexclamation×2しかし、あの髪の毛はめっちゃ重たそうなのだけど。水泳の選手とか体毛全部剃るほど髪の毛の抵抗だって馬鹿にならないと思うのだけど?

400b金メダル ウォリナー。陸上選手っていうか、白人ラッパー、エミネム?(若干古)っぽいのが不思議な感じ。走る競技は黒人さんが強そうな印象があったけど、ダントツ金メダル。あと、この決勝で、頭から全身タイツのモジモジ君が走ってたの知ってた?(謎)


100、200メートル金メダル ゲイ、200の表彰台での笑顔、最高!まつげクリンクリン!たばこが乗るっていうか、たばこ乗せたら巻きついちゃう。
すっごい優しい顔。総集編で表彰台のシーン出たら注目して!本当に優しい笑顔。厳しさを知る人こそが本当の優しさをも知っているのかと思わされる、本当に優しい顔です。

110メートルハードル、リュウショウ(中国)
金メダルおめでとう演劇
すっごい激しいレース。素人のワタシが見ても、あのハードリングは別の選手とちょっとどこかが違うような。飛んでる時も重心が低いから人一倍着地が早いような。あとゴールする時に頭を突っ込んでいくのもカッコいいしすごい。金メダルネタで十分なのですが、このリュウショウ、レース前から気になっていました。なぜなら、あの笑わない感じがカッコよくて。さすがにレース後は満面の笑みで別人になってましたけどわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)彼を最初見たとき、優勝する前、有名になる前の、SKホを大きくした感じ?なんて思ったのはワタシだけ?あの地味な感じ、一昔前っぽいレトロな感じ?っつーか、なんっつーか哀愁漂った雰囲気と面持ちが気になる。

でも、リュウショウが男前ったって、ワタシの中で、セリク#1の男前は、200メートル銅メダル スピアーモン(写真)
あのクールな感じ、ワカル?(何が?)黒人さんで瞳がグリーン・・・エキゾチックなわけー。
2007062502.jpg
皆さんのセリク@の男前、べっぴんさんは誰ですか?
女の人、きれいな人たくさんいるよねー

あとね、大会7日目?織田裕二、色んな意味でオッケーになってきた(笑) 



posted by wakaba at 22:40| 東京 🌁| Comment(5) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

世界陸上パートV

まだあるか(笑)

男子のハンマー投げ、昨日室伏やってたけど、今日、女子の砲丸投げやってましたね。アレ系の競技って男子より女子の方がある意味想像を超えるので迫力が(~_~;)
明日、室伏選手、決勝。彼も選手歴長いでしょ。ワタシが覚えている限りでは10年以上前から認識あるよ。32歳だって。すごいなー。
メダルのチャンス、注目目


砲丸投げで思い出した・・・ワタシ、中学の時、中学対抗の陸上大会などに選手で選ばれてたぁ。
走った記憶もある(何メートルだったか忘れた、中距離だったと思う)けど、幅跳びと砲丸投げも(笑)

砲丸投げは体育の授業であった時の記録で選ばれたんだと思うんだけど、笑っちゃうのはさ、何のテクニックやコツも教えてもらわずにただ、あの鉄の塊を投げさせられてたんだよね。危険じゃね?(笑)肩痛いよ、ふつー(笑)
だけど、ワタシは今考えたら肩が強かったんだと思います。水泳やってたからか。遠投も結構行ってたし、中学のその砲丸投げも大会で入賞してたと思います。授業で10メートル飛ばしたらスッゴイって事だったと思うのだけど初体験の初投げ一投目でそれを軽く超えて、体育の先生が絶句してたの覚えてます(笑)都大会とかは行った事ないから、ふつーの女の子よりパワーがあったっつーだけで、大したことじゃないんですけどね。要はネタっすよね、今となれば(笑)
ちなみに中学女子の砲丸は2.7キロだそう。
手投げで10メートル鉄の塊投げてたわけ?マジ?ウケル(一人盛り上がり笑)

スポーツに限らず、何をするにも力の出し方、伝え方って難しいと思うんです、コツを知らないとなお更。
日常生活や人間関係の中にもスポーツに共通するものがたくさんあるように思うんですよー。
パワー(経験、知識なども含め)とバランスとタイミングの関係って興味深い。

100メートル男子決勝。
どんだけ速ぇぇんだよ(笑)
最後の数メートルの伸びっていうか、あのゴール際の勝負がまたスッゴイっす。
アメリカのタイソン・ゲイ選手。走り切った後、超〜ワイルド〜黒ハートグッド(上向き矢印)
ゴリラみたいに胸バンバン叩いて興奮してたね。しちゃうんだろうね。あんな興奮はワタシは未体験なので(一般人だしねわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗))どんな感覚なのか想像付きませんが(~_~;)
記録9.85秒。
ワタシがこのブログの一行を打ち終わる前に100メートル走り切ってる(笑)

PS 朝原選手、お疲れ様でした。
posted by wakaba at 00:42| 東京 ☀| Comment(2) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

世界陸上パートU

昨日の10000b女子決勝見た?!
福士加代子選手は靴を踏まれて靴が脱げるアクシデント、とてもアンラッキーで可哀想だったけど、ごめんね、彼女の事ではなく、優勝したエチオピアのディババのラストラップの走り!
ぶったまげたよ爆弾爆弾爆弾

2位にピッタリとつけていた彼女。最後の1周の鐘がガンガンなったとたんのあの猛ダッシュスパート!爆走とはあれだ!

9800b走った人とは思えない猛ダッシュ。ブッチギリだよ。
口あけて呆然と見ちゃった。信じられないっす。
興味がある人は是非世界陸上のHP、RESULTのページで動画を配信しているので頂きたい、もしくは多分総集編をやるでしょ、TBSTV
動画は記録が32分近いので全部見るの大変なら、早送りして最後の方だけでも見てくださいよ。もうほんっとスゴイ。

みんなスゴイんだけど、なんっつーか・・・神掛かってるっていうか〜掛かってるって言うより、神様走っちゃってる?ぐらいの(~_~;)
表情も独特で、なんとも言えない顔してました。


織田裕二、やっぱりイマイチ、アタシ的に(~_~;)
為末の予選落ちがワタシはすっごショックだったのだけど、彼の走りが終わって、自分の結果に頭抱えて倒れこんでいる彼が映った後に、すぐ特設スタジオ?の織田裕二にカメラが切り替わったの。そん時の彼・・・あのニヤケ顔どうにかならないわけ?なんで笑ってんの?って感じ。
それで、「なんだよータメ〜」(為ってニックネームでしょ、末(スエ)って言ったかな?どっちだったか忘れたけど)そんなコメント。
おかしくね?グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
なんかちょっと違うんだよな〜。日本中の多くの人が彼のまさかの結果にショック受けてる時に、友達なのは分かるけど、あの場面で、あの投げかけやコメントもおかしいし、あの半笑いの表情と場違いな感じのテンションが気になるな〜。
とにかく、その半笑い顔やめようよー軽いよーもうやだ〜(悲しい顔)みたいな。

もともと俳優さんでおしゃべりがうまい分けじゃないのかも。だからコメンテーターとして盛り上げよう無理しているのかも。でもな〜なんか変な感じ(~_~;)中井美穂さん、オトナキスマーク(笑)

あと、朝は競歩やってたね。20キロ競歩。
また徹夜明けで、眠いんだけど、見たいんで、目は半開き基本で見てたけど・・・つか、どんだけ速ぇぇんだよ、競歩爆弾爆弾
20キロで記録が1時間20分台だよ。
10キロを40分台で早歩き?がく〜(落胆した顔)
ワタシ、走るのは全く好きじゃないんだけど、気が向いてジムで走るときは時速10キロで1時間走る。早くも遅くもないスピードだと思うんだけど、競歩の選手、そんなスピードよりずーーーーーーーーーーーっと速いんだよ!うっそでしょーーーーーって感じっす。
今度、ジムで時速10キロにトレッドミルセットして体感してみて下さいわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
さっきジム行った時、あのスピードのベルトの上を競歩真似てやってみようもんなら、股関節抜けそうになった(爆)
posted by wakaba at 22:35| 東京 ☀| Comment(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

世界陸上パートT

始まったぜ〜
まあ、世界陸上以前に、甲子園と、世界水泳で大忙し(精神的に?)だったワタシ。

とは言っても、結局、年がら年中スポーツテレビ観戦に燃えているワタシなんですね、気が付けば(^_^;)

いきなり朝6時から見ましたよ、男子マラソン。目、半開きで。

色々書きたい事はあるのだけど、世界陸上と言えば、織田裕二exclamation×2exclamation&questionチガウカ???
あの人、何年前からだっけね、この中継コメンテーターやってるの。
ワタシ過去のブログネタに書いてるかも知れないけど、本当に、なんだかよくワカンネーんだよね(笑)でも、ましになったのかな・・・つか、ワタシたちが慣れたのか?(笑)今年は何言うか!?どんなテンションで来るか、どんだけ声裏返すか?みたいな・・・ある意味、楽しみにしています。

色々選手たちをクローズアップした番組がやっていますが、やはり“家族愛”重要だなーと。
いつかのブログで、ワタシの文章に家族やら結婚やら、子供やらのキーワードが増えていますね、そろそろご自身の事を考えては?なんて
ご指摘?頂きましたが(^_^;)実は、ワタシは子供の頃からこのキーワードには拘りがあり、小学校、中学校で書いた文章の中のテーマも子供なのに、夫婦についてとか結婚離婚についてとか、家族愛についてとか書いてました。なので、コレに対する深い意味での興味は、今に始まる事ではないのです〜わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

いちいち気になる。頑張ってる人たちの力の源が。

家族愛は絶対基本だと思うんだよなー。
もちろんそうでない人たちもいる。その人たちはその人たちで、家族愛にあふれている人たちとは違う苦悩があるが故の強さがある。
でも家族愛があるかないかは、“ハンデ”だと思うんですよね・・・ヤバイ、またハマってきた(^_^;)

また、話飛びそうだ(笑)

この世界陸上でも結構そういうストーリーをクローズアップして選手を紹介しているので、いちいち、感じすぎちゃって体力消耗してるアタシ(^_^;)

つか、室伏がクボタコンバイン?農作業の車(WHY?)のCMに出ていて、セリフが超棒読みで、やらされてる感に苦笑(^_^;)
今日だね!室伏選手!頑張れ!
posted by wakaba at 20:49| 東京 ☁| Comment(4) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。