blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2007年08月24日

佐賀北高

感動しました。
色んな逆転劇はあるけど、信じられないこんなタイミングでこんなパターンあるの?っていう逆転劇。

リストラされて、空き巣に入られおまけに放火され?命からがら自分は脱出、命は助かったものの家は全焼。途方にくれているところにふと、ポケットに一枚入っていたサマージャンボ〜
それが1等賞?みたいな感じ?
チガウカ?(^_^;)

負けた広陵高校の彼らも素晴らしかった。さわやかだったね。本当に丸坊主の田舎の高校生はカワイイ!超カワイ!!

しっかし、感動。
つか、そこら辺で日常的に使う“感動”という言葉の意味、レベルを超えてましたね。ナンだったんでしょう、あの出来事は。不思議だな〜考えれば考えるほど・・・(考え過ぎ)

運も実力のうちと言うけど・・・。
本当に運?気合?彼らの守護神たちの戦い?何?
って感じ。
本当になんなんだったんだぁぁぁ?(ヤバイ、またハマってきた)

最後まで諦めない事がどれだけ大切か。

奇跡って言葉がある理由は、奇跡っていうものが起こりうる可能性があるからだって思ってワタシも絶望的なある事を乗り越えた事があります。(事故のリハビリ、またそのうち書きます)

どんな絶望的なシチュエーションになっても努力を怠らずにやってきた者にはチャンスがある。甲子園球児サイコー!

夢を持っている人、目標に向かって努力を止まない人は本当に素敵ですね。ピッカピカに輝く。悔し涙を流す姿も輝いている。

最近、私、俺、輝いてたかも?って場面ある?
ない(^_^;)
HZ_Milde_0167.jpg
この赤ちゃん、一生懸命今立ち上がる事を覚えているの。
誰に教わる事もなく、立ち上がろうとしている。
私自身その時のことは覚えていないからなんともいえないけど、この一生懸命な姿はすんごい集中力発揮していることが伝わるんだよね。
この赤ちゃんは、立ち上がる事を目標にそれに拘って何度もトライする。尻餅ついてもまたトライする。
今日は駄目でもまた明日トライする。
そして立ち上がった!
そしてすぐ尻餅ついたんだけど、また立ち上がろうと奮闘する!その瞬間の写真です。その時のこの嬉しそうなピッカピカの笑顔!見て黒ハート黒ハートわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

まさか、この甲子園の話から繋げてこの写真を皆さんに公開できる時が来ると思ってなかったけど、私の大好きな写真の一枚なので、ウレシイ!

どんなに小さな目標でもいいから、常にチャレンジャーである事に拘って行きたいと子供の時から思っているワタシだけど〜最近また怠けてたかも(^_^;)
赤ちゃんに、甲子園球児に尻叩かれまた目が覚めた(^_^;)感謝。


posted by wakaba at 20:34| 東京 ☁| Comment(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

ダル&貴子

どうでもいいことなんだけど、いつか言いたいと思ってたのよ〜
ワタシが言う前に、旬な話題に上げられちゃってるんだけど、できちゃった結婚のダルビッシュ君は、イケ面髪型にした頃から、ワタシは女優の常盤貴子にしか見えないの・・・

前に、ハンカチ王子が試合が終わって帽子を脱いでインタビュー受けてる姿が、その潰れた髪型といい、若い頃の渥美二郎?「釜山港へ帰れ船」の演歌歌手に似ていると言ったの・・・(潰れてる髪型とか言ってすいません→二郎)
渥美二郎の時は誰も似てると思ってもらえなかったようで、声が全く上がりませんでしたが、今回のダル&常盤貴子、似てると思ってる人いません?わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
posted by wakaba at 15:34| 東京 ☀| Comment(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

KUWATA18

桑田真澄

今ワタシが感じているこの人について書くには時間がなさ過ぎてトピックにあげない方がよいかとも思ったのだけど・・・ニュースでちょっと特集っぽく取り上げられてるの見たら黙っていられないです!

夢を希望を勇気をありがとう!って言葉を惜しみなくかけられる事ができる人の一人です。
本場のメジャーリーガーに囲まれたら小さくて、細くて、しかも年長の彼だけど、なんっつーか、あの穏やかな口調と雰囲気の裏にあるであろう、“ど根性”という最強の魂の火は誰しもが自身で着火出来るものなのかも知れないけど、なかなか・・・

家族愛なくしてこれも有り得ない話みたいです。
また時間のある時に、出来損ないのスポーツライター並みにも満たないのはわかってるのですが、まじめにゆっくり書きたいです。

そうそう、このニュースの特集で彼が自分がメジャーに昇格して背番号が18になったと聞いた瞬間が映ってたのですが、それは移動中か何か分からないけどとにかく急にそれを知らされたみたいな不意の一こまのようだったのですが、その時彼が手に持っていたのは、電子英語辞典。さすがです。これにも心動きました。なんっつーか・・・やっぱり自分の志ありきですね。彼も言ってた、「結果ではなくプロセスだ」って。


posted by wakaba at 01:12| 東京 ☀| Comment(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

ロドリゲス

今朝はNYヤンキースVSダイアモンドバックスの試合を見ていました野球

NYヤンキースのアレックス・ロドリゲス(愛称:A-ROD)雷

今更いう話でもないのですが、まさに“アメリカンドリーム”といった感じ、大好き(当然男前)黒ハートhttp://arod.mlb.com/players/rodriguez_alex/index.jsp


ワタシはあのバッターボックスに入った時の目つきが特に好きです。

どの方向にもフェンス超えを狙えるSluggerです。
っていうか、とにかく彼の振り、見てください。
何しろすっごいです。191センチ、101キロ爆弾
そりゃーデカイけど、あのマン振りスイング見てたら、自分がどんだけ軟弱なんだ?!って思いますよ(って比較の対象にしてるのオカシ?)
いやー、とにかくすごい。当たったら全部ホームランって感じ。爽快です。キモチ良過ぎグッド(上向き矢印)
軽めの嫌なことぐらいなら忘れちゃいますよ。

彼に限らずメジャーリーガー、みんなすごいんだけどファンの人気投票の高い選手のプレーはやはり誰しもを釘付けにして感動させると思います。日本選手みたいに野球と全然関係ないCMやTVやアイドルとバラエティーとか、ゴルフ対決??みたいなアピールが少ないからか、スポーツに歴史があるからか、ファンは野球そのものやスポーツ選手としての存在、在り方を純粋に見て、とてもいい意味でシビアだしフェアに評価していると思います。

ちなみに、ファンが厳しく、そしてフェアな目線で評価をするMLBオールスターファン投票野球今日見た情報だとイチローが3位なんですよねー(1位:ゲレーロ、2位:ラミレス)これも半端じゃなくすごいことですし、アメリカ生活経験のあるワタシとしては、日本人でありながら、日本人という枠で括られなくなった時というのは「辛抱してがんばった甲斐があったな…」なんて思ったりしたもんで・・・
もちろんイチローの話とは桁が宇宙に飛ぶほど違いますがわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)なんとなく分かるというか嬉しい気持ちで、彼の活躍は同じ日本人として自慢です。
posted by wakaba at 10:49| 東京 ☀| Comment(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

朝青龍お疲れ様!

いや〜〜朝青龍vs白鵬
昨日の千秋楽、もう優勝は決まっていたものの、熱いものがあったー
鳥肌が立ちました。
色んな意味で朝青龍に勝って欲しかったけど、勝負だから仕方ないですねぇ・・・

あの緊張感、気迫がTVの画面を突き破ってぶるぶる鳥肌立つほど伝わるのって何!??!みたいな。

彼らの長年の苦しみや努力や積み重ねた思いや念・・・そんなんが強すぎて、遠くで見ているTVの前の私たちにも来ちゃうのかな・・・
ほんっと、スポーツってどんなドラマや映画を見るよりもワタシは感動して考えさえも変えてもらえちゃうチャンスやきっかけになり得るなと思うほど、ワタシには、影響力が大きいですむかっ(怒り)パンチ爆弾ひらめきグッド(上向き矢印)黒ハート
朝青龍の場合、以前から色々あったでしょー。バッシングみたいなのが。真相や誰が悪いとかは分からないけど、人並み外れた努力を繰り返して乗り越えて来た人でも「心」っていうのは傷つくしね・・・。亀田がランダエダとの最初の対戦であの勝利はありえないとかバッシングされてた時に何がワタシが(ファン)一番辛かったかって、あの若さで心があの状況に耐えられるかなって。やる事あれだけやって苦しくて死にそうになるほどトレーニングして自分を信じて家族を信じてまっすぐ来た人を、なんで一般人の、のん気にメタボリックシンドロームになっちゃってる人達にイチイチ言われなきゃなんないんだよむかっ(怒り)ってワタシは画面見るたびにハンギレ。やる事やってから言えや!みたいなさもうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)心が壊れてしまわないかとても心配していました。やたら亀田批判してる漫画家の人とかいたね。ハンパなくうるさいよ。多分彼も注目度挙げるのに必死なんだと思うけど、またその辺がワタシは気に入らない。スポーツにそういう人は絡んで来るなってカンジ。ってまた熱くなってきましたが(笑)
やっぱり、彼らをどう言うのはもちろんみんなの勝手。でもスポーツが好きで見てるなら、意見としてあれはどうなんだ?あれはないだろ?という批判があっても、同時に彼らの計り知れないそこにたどり着くまでの道のりや背景、気持ちも察してあげて欲しいなっていうのがワタシの本音。多分、身内にスポーツ選手が多いからそういう意見になってしまうのだと思うけど・・・でもそういう見方をすればもっともっとスポーツが楽しいしもっと自分の力になるし感動になると思うし色々感じる機会になると思うんですよね〜スンマセンわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
あ、そうだひらめき相撲と言えば!
おかみさ〜ん!見てたら大相撲千秋楽を終えて〜ってことでコメントして欲しいな(笑)黒ハート
posted by wakaba at 13:42| 東京 ☀| Comment(2) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

亀田

亀田サイコーです手(グー)
やっぱりワタシは彼が好きグッド(上向き矢印)
変なタイミングでレフリーが止めた事を、ワタシ以上に赤井秀和が抑えきれず微妙な発言かも?と躊躇しつつも連呼してたのが印象的でしたが、TKO文句なかったと思いますexclamation
「来いや!」と大声で相手と自分を煽るような場面はワタシは良いと思うんですが、あのお尻を振ったりするのは、いつまでやってるんだろうなーとも思うわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
でも、彼も若いからなんじゃないかな?違う?いずれあのパフォーマンススタイルも変ると思うし、何より、やる事やって成し遂げている人だからTV見ている人たちに何一つ文句や悪口を言える隙はワタシはないと思うんですね。彼は本当に素晴らしいと思う。発言も大人っぽく、よりプロらしくなってきたと思うの・・・ワタシだけかな?
どっちにしても、ワタシは亀田が大好きで、3人兄弟だけど、やっぱりお兄ちゃん、興毅が一番好きです。
ただ、弟が自分への挑戦、「強くなりたい」という一心で武者修行にアメリカに行っているという話なのですが、それには感激しましたね。
言葉の不安と壁についてはやはり取り上げられていました。
日本人がもっと英語を覚えた時に日本が何か変化するのは見えるような気がする・・・
日本人は本当に英語が出来ないと世界でも評判だから・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)
posted by wakaba at 03:51| 東京 ☀| Comment(3) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

TOKYOマラソン

一昨日からベルリンマラソンディレクターの通訳で出ています。
いや〜一日中オオウケなワタシ。笑いが絶えないエピソードはまた後日という事で、明日開催されるTOKYOマラソン、もしくはワタシが初めて近くで触れるマラソンというスポーツとランナーたち。素晴らしいです。
ワタシ、マラソン始めちゃうかも。5キロぐらいはウォームアップで走ったりするけど、10キロ走れって言われたら「めんどくさいな〜」と、実は一番苦手なスポーツもしくはトレーニングの一つなんだけど・・・
色んなプロスポーツ選手と縁があり、彼らの色んな話を聞かせてもらっていますが、マラソンは全く違う感じがあります。特にアマチュアで熱心に走っている人たちは、ワタシがとても驚く共通点がありました。これも絶対皆さんに話さなくては!
とにかく、マラソン!是非注目してみてください。
昨日は瀬古さんや高橋尚子さんにも会えました。
他、外国の有名ランナーにもたくさん会えました。素晴らしいです。またお時間がある方は、東京ドーム、マラソンEXPOに遊びに来てみても良いと思います。要はゴルフフェアの陸上競技(マラソン)版なのだけど、ゴルフフェアと違ってシューズやウエアなどグッズが販売されています。
これから出かけるのですが、“是非!”のこのメッセージは事後に書いても仕方ないと思い、出かける前に投稿しました!

そして、ワタシはやはり日本より、ヨーロッパやアメリカの男性の方がウケマス(笑)いじられまくりです(笑)日本でも皆さんの目から見たら相当、ハジケキャラの枠に入っているだろうワタシですが、外国人のスタッフとの仕事はもっとです、でもそれが普通なのですが。今回の仕事はベルリンマラソンから直接もらったオファーで日本の企業が挟まってないので、ギャラのインボイス、領収書のやりとりも直接。だから余計に自由です、誰も監視してない(笑)いつも日本の会社からの仕事の依頼が多いので、外人に受けてもあまり楽しそうにやると、「なんでお前はいつも笑ってるんだ!」ってそれ自体何が悪いわけでもなく怒られる・・・みたいな。
冗談が加熱し過ぎると(特に相手をけなす系の冗談、例えば、ワタシにありがちなのは、こいつは女じゃねえからとか/笑)調子に乗られて、逆に段々冷めちゃって引いちゃったりする事がすごく多いワタシですが(笑)、でも彼らはレディーファーストだったり、女性を常に女性としてフォローする基本は崩さないので、冗談が過熱してむかつくことがなく、それに乗っけて乗っけて乗っけて〜って感じで余計に盛り上がる(笑)あとは平べったい冗談とは一味違いユーモアある笑いなので好きです。ジョークに対しての頭の使い方が違うと言うか。オヤジギャグが超苦手・・・というか引いちゃうワタシにはぴったりあってます(笑)行くところ行くところ大笑いの渦です。これは後日話します。外国人から見た日本という視点なのだけど、かなり笑えます。
写真アップする余裕がないのですが、また書きます。
posted by wakaba at 07:16| 東京 ☀| Comment(5) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

41thスーパーボウル

食いついてくれる人いるかな・・・
今、ライブでスーパーボウル(アメフト)見ています。
ワタシ、まだ日本に衛星放送とかあったのかなかったのか?あっても声が遅れて来るような時代だったと思うのだけど・・・(よく夜のヒットスタジオとかで外国人アーティストが出ると必ず声は割れるし遅れるし切れるし〜みたいな時代/笑)そんな時代から、メジャーリーグと、スーパーボウルは見ています。なんやかんや、実は20年以上前になるのでは・・・とにかくスポーツ好きのワカ父の影響でしょうね〜今考えたらあの時代に珍しい小・中学生女子だね。とにかく、どうやってその映像を入手してたんだろう・・・ってぐらい昔からスーパーボウル見てました。大好きなんです。このスポーツで話せる友達は日本にはいないのであまり言わないのですが。今あまりにも興奮していて、コマーシャルの合間に書いてます(笑)
アメリカの高校に行った時は、もちろん現地の試合も何度も見に行きましたよ。アメリカで好きだった男の子(アメフト部/笑)の家で一家全員で雪の降る日にこのスーパーボウルを見た覚えがあります。
当時私が好きだったのはデンバーブロンコスのジョン・エルウェイ。
メジャーリーガーは、このニッキでも何度か話しましたが、ピッツバーグパイレーツのキャッチャー、トニー・ペーニャとカーディナルスのショート、オジー・スミス。ぶっチギリで好きだったのは、ペーニャで、なぜだか、ワタシは白人有名人を好きになる事はないのだけど、エルウェイだけはなんか好きでしたね〜。黒人選手が多いアメフト界だったからこそ目だって見えたのかな・・・
と、今日のこの試合も冒頭からスゴスギ。ヤバイ。Sorry, I gotta goダッシュ(走り出すさま)
posted by wakaba at 01:01| 東京 ☁| Comment(7) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

亀田戦

正直、彼は今までに経験したことのないプレッシャーに潰されそうになっているように思います(私の個人的な意見ですが)でも、ここでそのプレッシャーに打ち勝ってこそ、真のチャンピオンとして認められると思うし、私は是非頑張って欲しいし彼の幸運を祈る一人。
彼の色々を批判する人も多いけど、やはり頑張りは並大抵ではない、やることやってる人とかってレベルははるかに超える特別な使命を持って生まれてきた人だと思います。

なぜか・・・ワタシは彼の負けを見るのが怖いです。
この気持ちって何なんでしょうね・・・

でも対戦相手だって同じ努力をしてきているわけだし並大抵の苦労じゃないのは何も聞いてなくても、その場に存在しているだけで明らか。勝負は勝負ですよね。亀田を応援はしているけど、二人がそれぞれの力を出し切れる試合を見せて欲しいと思います。

やべ、早く酒屋行って帰ってスタンバイしないと(笑)
posted by wakaba at 14:18| Comment(2) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

新庄パート2

ちょっと遅れた話題ですが、新庄の胴上げって、監督より先だったんだって???
やだーーーーそんなのーーーちっ(怒った顔)

ヒルマン監督は、それに関して何も言ってなかったようだけど、
なんかおかしくない?いくらなんでも?
ワタシそういうの嫌だな〜〜〜バッド(下向き矢印)
他の選手もだけど、新庄もそれは監督が先だよ!って譲るというか促すというか、そういうアピールを示すべきだったのでは?
例えば、あの最後の場面で彼が逆転ホームランとか打ったとかってシチュエーションならともかく、なんっつーか、ワタシはそれはちょっと・・・って感じでとても残念バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
監督が外国人なだけに、外国のメディアにも
そこはある意味クローズアップされる可能性もあるし〜バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
日本人としてそういう振る舞いとか敬意の示し方とか優先順位の持ち方とかなんっていうか、日本語でなんって言ったらよいか分からないけど、英語で言うなら、ワタシ的には、その"Attitude"に疑問をもたれるのではないか不安バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

ワタシは外国人のスポーツ選手と多く友達がいるので、
そういった日本人が集団になった時の“??”はよく耳にするけど、これってワタシが別に新庄ひいきでないから思ってるだけ?
それとも新庄ファンの人も「あれはちょっと・・・」って思ってるの?一般的見方、見解として、あれは全然OKなの???
ヒルマン監督だって、内心はどう思ってるか・・・

つか、田口の方がスゴクネ?野球
posted by wakaba at 02:52| Comment(10) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

新庄

日本一。
おめでとうございます。

本人も言っていたけど、
この人の人生って何か“ある”って感じなのかな。確かに出来過ぎというか何というか。

私は新庄はかなり苦手なタイプで、正直まったく興味なかったし、毎日スポーツニュースで報道される彼の語録や“新庄劇場”的なネタにはコリゴリしていました。見てて疲れるし別に面白くもないって感じで(スンマセンたらーっ(汗)

でも、この人の野球人生野球後期は目立ち通し、輝きっぱなしって感じでしたねぴかぴか(新しい)
凄いことだと思います。


超プラス思考っていうのかな?
何でも自分のエネルギーに変えられる人。
勘違いの仕方もスバ抜けてうまい事(結果が良いのでいい意味で)

凄い。

変人→偉人→スター??

バッシングや批判も絶対に多いはず、目立つ人は。
でもそれを跳ね除けるほどの“超プラス思考”という才能を持つ人なんだと思います。

今後は何をどうしていくのだろう?
あまり楽しみではないけど(笑←スンマセンあせあせ(飛び散る汗))興味はあります。
posted by wakaba at 23:20| Comment(4) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

落合監督

いい顔してたね。
インタビューで充実感のジンジン伝わってくる本当にいい顔してたー
本当にすっごくいい顔だーってジーンとしました。
posted by wakaba at 00:25| Comment(1) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

柔道サイコー

jyudop.jpg優勝インタビューで「柔道サイコー!」って。
(つか、このプーさん前にもらったんだけど、
なんでよりによって柔道着なのさわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

秋山よかったね!

まず最初に彼を見た時、
ものすごい体が大きくなっていたのにビビリました。
太い筋肉がモリモリついて全然々チガウがく〜(落胆した顔)
何キロUP?

正直、あの相手のあの勢いにもびびった。
最初は手足の長さも違うしあの猛烈なスピードで当たり外れ関係なくガンガン来られたら無理か?
なんて思ったけど、あの勢いが彼には仇となった?

秋山がブン投げられたはずなのに・・・
勢い余って2回転exclamation&question
オイexclamation&question
秋山が上グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
みたいな。

寝技になったら有利だなーと思って見てた。
最初は負けそうあせあせ(飛び散る汗)って見てたけど、
でもあそこからの技術って凄いと思った。(素人がスンマセンダッシュ(走り出すさま)
スポーツはほんと、頑張ってる人にはチャンスが必ずあって、何が起こるか分からないから感動するんだねー。

ちなみに、金子グッド(上向き矢印)
別に騒がれてるネタ(芸能人だからとかなんとか)はどうでもいいのだけど、
やはり、全然巧さが違うように見えた。

体も大きいし、確かにパワーはあるのだろけど、
バタバタ暴れてるようにしか見えなかった。
というか、そのように追い込んだ、所がやっぱ「巧い!」って感じぴかぴか(新しい)

それよりワタシとしては、あの後の会見で、金子が迷彩のパーカー着てて、それはいいのだけど、
すっぽりフードをかぶって話ししてたのが気に入らなかった(笑)
黒人ミュージシャンのマネでしょ?音楽
キメられちゃったのに、キメてるつもり?(爆)
それとも恥ずかしくて顔隠してたの?どっちだとしても、もっと堂々とスポーツマンらしくコメントして欲しかったな〜(ってド素人がウルサイわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
posted by wakaba at 02:16| Comment(1) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

ドンフライ!

見ました?HERO'S雷
今日のドンフライ!
サイコーパンチでした。
アメリカンおやじイエイビールです。
(あのアメリカ海パンもかなりナイス)
40歳、大逆転。
金子の試合を「次は!」「次は!」と
全然次じゃないのに引っ張りまくるあの感じにイラっとしてたのだけど、
ドン爆弾
疲れ果ててて誰もが負けを覚悟していたフラフラの中の超ヘビーな一発exclamationブンパンチ
かなりエキサイトどんっ(衝撃)
チャンピオンになった秋山の話も書きたいけど、
私の中ではとりあえず「ドンexclamation×2」です(笑)
posted by wakaba at 01:09| Comment(4) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

松坂君&トニー・ペーニャ

lion.jpg楽しみだなぴかぴか(新しい)
彼のメジャー進出野球

これ頂いたのですが〜正真正銘の黒ハート
松坂君のサイン入り非売品ライオンちゃん猫

ワタシは彼が横浜高校の時からのファンなのです〜

まだメジャーが流行らない子供のうちから、ワタシはメジャーリーグ選手を追いかけていて、トニー・ペーニャ(ピッツバーグ・パイレーツ)の大ファンでした黒ハート
他はオジー・スミスexclamation
でもトニーへの熱狂振りはすごかった。
日米野球で彼が来日した時、後楽園まで行って
移動のバス見つけてがく〜(落胆した顔)
まだアメリカ行く前ですのでカタコト英語でファンである事を伝えたら、
向こうも小さい女の子が自分のファン?え?そんなに?わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)みたいな感じで、
ビックリ&喜んでて〜バッチとか色々お土産もらって〜(笑)

ペーニャ以外、日本の選手にも球団にもあまり「この選手が!このチームが!」という思い入れは無かったけど、松坂君はずっと注目してました。(野球以外の元木(元巨人)の発言はある意味注目して楽しんでたけど/笑)
posted by wakaba at 11:59| Comment(2) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

世界新記録

私のバラエティーに富む英語の生徒さんの中に、世界チャンピオンがぴかぴか(新しい)
日本チャンピオンであったのは前からなのですが、世界記録出しちゃったあせあせ(飛び散る汗)
ベンチプレスの世界記録パンチ
67・5キロ級の小柄な人ですが、233キロあげたって(怖)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

今日英語のレッスンで、「今日の昼メシ、牛丼食いました〜」みたいなどうでもいいような話のテンションで「世界記録が・・・一応・・・でたんでぇ・・・」みたいな(笑)
あまりにノーマルテンションというか普段からおとなしい人なので、その話がすごい事に一瞬気付かずの私。だんだん「え?!?」みたいな。

彼が英語をやっている理由は当然、世界を見ているからですパンチ
今年の12月の全日本に優勝して来年デンマークでの世界大会に出るそうです!
233キロをベンチプレス、寝た状態?でもちあげるんですよ!
オリンピック競技などにないだけに、それをTVでもなんでも見た事がある人って少ないと思うので、なかなか伝わらないと思うけど、本当に驚異的です。
つか信じられない光景ですよ。

いつもは英語のレッスンで引っ掛け問題を出していじめてますが(この方、勉強も熱心で出来る人なんで、ついひっかけたくなる/笑)彼のトレーニング風景をみたら、「スンマセン」としか言えません(^^; 
集中力を高めていく様子は吸い込まれるような独特なエネルギーがその場に充満します。凝視するに息が苦しくなるような緊迫した雰囲気です。

ちなみに、今日、「ゴルフドラコンをやってみたら?いい人(世界の加茂プロ♪笑)紹介するよ?」と勧めときましたが(笑)
posted by wakaba at 01:40| Comment(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

亀田の日

いや〜今日は、亀田の日だったね黒ハート黒ハート黒ハート
大好きなんですよ、あのファミリー本当に。
叫びまくり、しびれまくりでした。語りたい事たくさんあり過ぎてというか、興奮がおさまらず普段文章は考えずに勝手に手が動く感じで書くのだけど今はそれが出来ません。心臓がドキドキなんかよく分からないヤバイ(笑)ダッシュ(走り出すさま)
亀田が終わったら風呂入る暇もなく、プライドやってるしーグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)テレビに縛られまくりあせあせ(飛び散る汗)

高坂(PRIDE)も良かったな〜。引退試合。
やはりマークハントには適わなかったけど見たらすごい年exclamation&questionなのに、打たれても打たれても蹴られても蹴られても血だらけになりながら立ち上がり戦おうと前に踏み出す姿は胸がいっぱいになりました。
藤田にも驚かされました。相手のシンプソン、あの人、目が完全にイッチャッテて、人間には見えなかったぐらい怖かったんで、最初から見るのが怖かった。本当にあの人の目ってヤバイですよね?放送コードギリギリじゃないですか?まじで。体も一回りもデカクて試合が始まってすぐボスボスと鈍い音で膝蹴りがガンガン入って動き取れなくなってるのを見たら思わず徐々に潰されて血だらけになる藤田の姿が浮かんじゃって怖くて見てられずチャンネルを一瞬かえてしまったほど。だけど最後は勝っちゃった。
諦めないというか、強いというか、なんと言うかまじ、怖いっす。

この2,3時間で心臓ドキドキが止まらず興奮して本当に疲れまくりました。露骨に苦しまみれ血と汗、命がけみたいな所がぐっと来るのかなぁ。何がいいのかなぁ、格闘技。亀田がいいのは試合をしている時だけではなく、その前後も好きなんですけど、他の格闘技も結構見ちゃうのは何故だろう?って自分でも良く分からない。でもお父さんが私が小さい頃具志堅の世界戦とかよく見に行ってたし私も連れて行かれたし・・・弟もボクシングやってたし・・・って影響なのかな?
それにしても今日、亀田の日はいい日だった。これだけ感動させてくれる、心動かしてくれる人って本当にプロだなって思うし、これぞスポーツ!という感じ。試合そのものだけではなく、色々思うことあったんだ〜小池栄子の吹き替えやらせてもらいたいぐらい、一人で解説爆発してましたよ。みんなで亀田戦について語りたいな〜〜(笑)だって感動したんだもん〜
TVでこんなに充実した時間が過ごせたのは久々です。変に出かけなくて良かった。
posted by wakaba at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

トリノ

冴えないねぇ。夜中にずっと見てはいるけど、なんだか冴えない。
私的には、なぜか里谷の事を心の中で応援してたのだけど、残念。スノボのドームとメロも異様なテンション↑↑だったのに(特にメロのラップ←ナンダヨアレ?/爆)なんか予想してなかった結末だったし、ジャンプの原田・・・カッコ悪すぎだし、男子フィギュアはまあまあ頑張ったんじゃないかな?(ぶっちぎり優勝が最初から分かりきってたロシアの選手の顔が余裕ぶちかましで、見ててなんかムカついたのワタシだけ?あと2位の選手はおかまちゃん?爆)
今、中継で、大回転やってる。これさー、現場で間近で見た事あるけど、凄い迫力だよー。この種目で、岡部さんがワールドカップで日本人初の表彰台に乗ってるってのが凄いよね。あ、岡部さんは、私のにいさんです。岡部哲也。お世話になってます。弟の高校の先輩でもあります。この前ジャンクスポーツ出てた。スポーツ選手がキャスターやらタレントもどきなどをやる中で、なんでてつにーが出てこないのか不思議。舞の海やサッカーの永井?(←夕方のニュース出てる、かみまくりの人)よりよっぽど面白いしカッコいいんだけど。昨日、アルバムの整理をしてたら、グスタボ・トエニと私の2ショット写真が出てきました。この人、誰か分かる???ちなみに、ステンマルクとの2ショットもあったよ(笑)この二人分かる人います?スキー界では神様みたいな人なのかな。実はワタシはスキーは4歳からやってました。
posted by wakaba at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

薪谷翠!金!

世界柔道!無差別級!
残り14秒の逆転一本勝ち!
大怪我から1077日ぶりの復活、感動!

戦う様子やインタビュー見たら、当たり前の事なのだろうけど、どれだけ努力してきたんだろうってガンガン察しちゃって、こういう人たちって、苦しい苦しい練習や怪我や色んな精神的葛藤を乗り越えて来てるんだろうなと思って鳥肌。
世界陸上に続き、世界モノにとり憑かれてるワタシ。世界レベルスポーツ、強烈。
posted by wakaba at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

為末大!

また見ちゃいました、LIVEで世界陸上。午前4時まわってます。あまりにも感激したので、今!書きます。

為末大のレース、半端じゃなかった!感動しました。夜中なのに大声と拍手止められなかったです。涙出ちゃいました。ふー。

怪我からの復帰や、亡くなったお父さんへの思い入れや・・・多分、彼の特番が後日放送されると思うので絶対見て下さい!

いつも思うのは、スポーツはやっぱりライブがいい。今日の私の話は陸上レースですが、何だとしても、その名場面って一瞬だったりして、それを上手く編集してくれてダイジェスト版やスポーツニュースでも楽しめるのだけど、でも、私は、その前後の選手の表情や雰囲気があまりにも独特な世界に感じて、それを見るのもすごく好きなんです。

今日のレース前のい為末選手の表情もずっとカメラが追ってました。上手く言えませんが、集中している彼らを見ているとググッとくるものがあります。…話したらキリがないほど色々感じました。

最高に素晴らしい銅メダルでした。
執念の走りというか、有言実行、「死ぬ気で走る」と言った通り、魂のこもった走りって感じで感動しました!
それとは裏腹に・・・織田裕二のコメント&解説はなんなんすか?(爆)
posted by wakaba at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

佐々木VS清原

今日の最後の清原との対決、結局、清原が三振という事だったのだけど、最後の一球は、なんかウサンクサク見えたのは私だけでしょうか?
あれは、まじ振りしてますか?
清原は「最後は世界一のフォークで、打てませんでした」みたいな事、言ってたのですが、なんか普通なら全然手出ししなそうな球に無理矢理振ってたように見えたんですけど、実際どうなんですか?(^^;;
ちなみに、私は野球は子供の頃から見てますが、言うほど大して分かってません。でも、なんとなく、変な感じに見えて〜もしかして、私が知らないだけで、皆さん公認のパフォーマンスだったのかなーとか(^^;;
posted by wakaba at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

サッカー勝って良かったね!

北朝鮮に勝ったね。途中まで見てたんだけど、なんかスター選手がいっぱい抜けてたせいか、前半戦はあまりのインパクトのなさに「え?」って感じだったね。冴えないな〜と思いつつ油断してたら、点を入れた時も見てなかったのだけど、良かったね。勝った事を思えば、スター選手が出ないお陰で普段全然目立たない選手が出れた事も良かったジャンね。最中に友達から電話があって、「ワカちゃん、絶対オガサワラとか好みのタイプだよ!」って言われて、「え?どの人どの人?」って探してたら、急に一瞬映ったの、後頭部だけ。顔は映らなかった。でも「後頭部はオッケー」「やっぱりね」みたいな会話。坊主が伸びたような頭(笑)スポーツ選手が長いのは「ジャマだろが!」って思うんだよね〜特にサッカーは帽子かぶってたりしないし、ジャニーズみたいのが多いじゃん。だから甲子園球児みたいな、オガサワラ選手の髪型はナイスでした(笑)
posted by wakaba at 17:42| Comment(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

二子山親方

あまりにも若すぎますね。私のお父さんも2年前に57歳で亡くなりました。がんです。なんというか、若い頃は「死」というものをのんきに考えていて、当たり前に70、80まで生きるのが人間だぐらいに思ってたけど、今はやたら自分のその日が怖いです。なぜその日を怖がるのでしょうかね。欲張りなのでしょうか。親方の現役はうっすらですが覚えているような気がします。確か記憶に新しい、貴乃花が出て、相撲ブームが巻き起こる前のブームって確かありましたよね?高見山が「マルハーチ!」って布団のCMに出てた頃。ニュースで街行く人が「一つの時代が終わった感じ」というコメントをしていましたが、本当にそんな感じですね。
posted by wakaba at 17:43| Comment(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

イチロー

イチローのスーパープレー。今テレビでやってました。ホームランを阻止したファインプレー。カッコイイなこの人。

生まれた時はみんな同じ赤ちゃん。
小さくて何も知らない、理解も出来ない、力もない、自分ひとりで何も出来ない…小さな赤ちゃんだった頃は皆同じだったのにね。
同じ人間が、いつどこでどの辺で能力(大きな意味の)の差が出てくるのだろうか。何がそんなに違うか。素質やセンスはもちろんだろうけど、やっぱり人間形成は育った環境ですかね… イチローが、有名人が、お金持ちがすごいという価値観は私の中にはないのですが、「人を感動させる事が出来る人」というのは特殊というか特別というか、すごいと思う。
posted by wakaba at 18:01| Comment(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

マスターズ&星野監督

ぶっちゃけ、星野さん、TBSで随分前から、事前の特集やらでマスターズのレポーターっていうか、キャスターっての?なんかやってるよね。今までもずっと思ってたし、今日、初日のテレビを見ても思ったけど、なんかイマイチっす、ぶっちゃけ。喋り下手だし、状況もよく伝わらないし、実際分かってんだか?って感じだし・・・何の為にそこにいるのかっていうか、いなくても全然いいような。なんであの人がやってるのかよく分からないけど、もう少しゴルフ知ってる人がやったら良かったと思うな〜折角のマスターズだからなぁ。って思ったのは私だけ?(^^;)
posted by wakaba at 18:03| Comment(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

ボクサーの友達

ボクサーの友達に相談があると言われて出かけた。
試合前の減量をしていて、前に見た姿より痩せている、ぶっちゃけ、なんだかそういう人と会うのって辛い感じ。相手に気を遣って私は喫茶店でいいよって言ったのだけど、向こうも気を遣ってファミレスに。私はいきなりビール頼んじゃったけど(爆)向こうはコーヒー、その後何かしら食べようとmenuを彼も見るのだけど決まらず私に何か頼みなって言うんだけど、そらー出来ませんよ。先に決めてよーとかいいつつ結局彼が食べないので私も食べませんでした。そして彼の悩みとは・・・「ボクシングをなぜやっているのか分からない時があるんだ・・・」となんともいきなりヘビーというか、奥深い所にどーんと一緒に落ちた感じ(‥;)
彼は真剣で思い詰まった様子。
でも私には心当たりがあったので一生懸命聞いて自分なりの思う事を伝えました。7月の試合に向けて練習を頑張っているのだけど、とても辛いことが多いみたいです。だけど自分に負けたくない理由があって、なんとか頑張りたいのだけど、時々嫌になるそうです。そんな事は誰にも言えないみたいだけど、そんな時、そんな中、どうしたらいいのか私に聞きたかったそうです。正直、私はセラピストでもカウンセラーでもない。だけど何か人の力になるなら一生懸命話は聞きたいといつも思ってるんです。こんな話があります。昔、少年院の子供たちに触れることがあって、本当は愛情にすごく飢えてるだけなんだっていう、なんとも複雑な気持ちが交じり合う表情が忘れられず、彼らの何か力になりたいと思って、ボランティアで少年院の子たちで面会者がいない子達を月に一回訪ねて話相手になる程度だけど、そんな事をする人たちがいると聞いたので、私も是非って思って志願したんです。そしたら、却下。理由は学歴。私はアメリカの高校が最終学歴で要するに大学に行っていない。それがNGだそうです。正直ビックリしました。そういう事を言う人たちに管理されている方がよっぽど致命的だなと思ってしまった。もちろん専門家になるには必要な学歴がある、勉強もしないといけないと思うのだけど、でも、それだけじゃないと思うんです。彼らに必要なのは愛情で、私のように自分から望んで彼らと接したいと思う人と彼らを接させる事の方が事務的に来る人たちよりどれだけ有効かって思ったんですけどね。少年院のボランティアにはなれなかったけど、でもなぜか私の周りには話を聞いて欲しい人たちが集まるのでその時は一生懸命聞いています。その場だけでも必要とされていると思える事は自分の為の癒しにもなっていることは間違いないです。だけど、今回の相談を聞いててもつくづく思ったけど、体育会系って言葉、個人スポーツは別だなって。個人スポーツは、なんっつーか…暗い(爆)暗いっていうか、自分の殻にある程度篭ったりする事が出来ないと乗り越えられない何かがあったりする事が多そう。過酷だし孤独だし。ふ〜。彼の試合が終わったら食べ放題に行こうって約束して今日はビール2杯で先日の5時間ゴルフトークに続いて、5時間ボクシングトークでした(^^;;
posted by wakaba at 18:19| Comment(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

ベンチプレス

今日、ジムに行った。結構体調が悪い日が続いてて久しぶりだった。それで、イントラたちに、「随分休んでたんじゃないですか?どうしたんですか?」とか言われ「なんか調子が悪くて。でも、調子上がるの待ってても来ないから、自分から来たよ」「あ〜そうなんすか。体調悪い時は無理しないでやって下さいね」なんて会話。いつも通り、30分走って、今日は上半身のトレーニングをと、まずは1種目目のベンチプレス。久々なので大丈夫かなと思いつつ、いつもの重さをつけた。「あれ?重い・・・」と思いつつなんとかこなす。2セットめ、「あれ。キツイ・・・」と思った時、苦しくてペースがゆっくりになったのを見て、イントラが補助に入る。補助を借りずに2セット目は終わったのだけど、3セットやる前のインターバルで、「重たそうですね」ってイントラに言われ「分かる!?そうなの、重いんだよー。やばい、私、弱ってるかも・・・。弱ってるからだよね・・・」と真顔で返答すると、腰の低い遠慮がちなイントラが、少々どもり気味に「い、いや、あの・・・いつもよりウエイト重いの付いてます(‥;) 全然弱ってないと思うんで・・・あの・・・む、むしろあがってるんじゃないかと思います・・・(会釈して去る)」みたいな。体調不良で10日も休んでて、久々だったので重たく感じて当然と全然納得してたのに、全然あがっちゃってました。
posted by wakaba at 18:20| Comment(0) | Sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。