blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2011年01月14日

ドイツ人の平熱


この前、体温計を買って、説明書を読んでて、これにちなんだすごい面白いことに気づいたんです。

日本の場合、たいてい平熱って36.5度ぐらいでしょ?

人それぞれ個人差があるのは別の話として、大体、一般的に平熱として知られているのって、そのぐらいでしょ?
でも、実際は低体温の女性とか増えてて、平均値はもう少し下がってるような気さえする。私もそれ、結構低体温。しかも低血圧。

ドイツ、もしくはヨーロッパ全域か分からないけど、少なくともその体温計の取り説も、周囲に聞き込み調査した結論でも、こっちで平熱とい えば37 度だそうです。
私は低体温の冷え性なので、37度あると、かなり具合が悪いです。
昨日は37度3分あって、自分としてはすっごい熱かったです。

この、ドイツ(もしくはヨーロッパ)では、37度が平熱って言うことを知って何を思ったかと言うと、要するに、私たち日本人より明らかに標準装備されている筋肉量が多いので、漠然と基礎代謝量も多いし、体温もこのぐらいが 平熱っていうことなんでしょう。筋肉量が多ければ、燃えやすい体であるから、運動すればすぐにそれが成果として現れやすい体質なのだと 思いま す。その代わり運動しないと、食べ物のカロリーが高くなりがちな食生活、食習慣なのですぐに太る。なんかうまいこと出来てるなーと思いました。もしもヨーロッパの人が食生活を同じにして、代謝の悪い体、筋肉量の少ない体だったら、怪獣みたいに大きな人、太った人だらけになりますよね…

私は本当に効率の悪い体で、ずっと運動は続けているけど、常に冷え性だからか、基礎代謝量も筋肉量に対して比例する数値ではないんですよね。
たまたま?運動好きなもんで、子供のころからずっと運動は続けているけど、もしも私が運動が苦手な子だったら…どうなってただろう?
まあ、運動しないとお腹も減らなかったりするのかも知れないけど、わかんないよね〜

昔ヨガの先生に、私は肉をもっと食べないといけないって言われたことがあります。肉食べたら太る!って思うけど、太らない為に肉を食べなさいって。どういうことか?要するに、体を温める食事をしないといけないってことみたいです。


posted by wakaba at 01:47| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

ドイツに来てから…

風邪を引く。

今、めっちゃ辛い状況。

一昨日辺りから始まって、昨日がピークかと思ったら、今日はもっと辛い。

日本にいる時は、「風邪」は引いたことがなかった。なかったと言えば嘘かも知れないけど、覚えてないぐらいだし、周りにも、「私、風邪引かないんだよね〜」と子供のころから言っていたと思う。最低でも日本を出発するまでの10年、15年は風邪は引いてないし、もっと言うと、引いたとしても「風邪薬」は飲んだことがないって言える。

とにかく、馬鹿は風邪引かないとか言うけど、あそこまで風邪引かない私は、馬鹿のさらに上言ってるな!と思ってた。

本当に風邪とは縁がなくてありがたかった。

しかし、ドイツに来て以来、一年間、冬の時期だけで3回、4回はひく。「風邪気味」ってレベルではなく、かなり辛いもの。

これって、ドイツの空気が乾燥しているから?そうとしか考えられないわね。
ほんっとーに辛い。

今、もう体中痛いし、目玉とかも痛いし、鼻水、のど、髪の毛の生えてる毛穴まで痛いよ。いつもこんな感じ。

保湿機って言うんだっけ?忘れた。
あの蒸気がボーボー出るやつで部屋に置くもの。
日本はドイツと比べたら全然乾燥してないのに、あれを見かけること多いよね。
ドイツでは日本の何倍も乾燥して、かっさかさなのに、あれが売ってないんだよ。
たまーに売ってても、なんだよ、これ?っつーよーな、ちゃっちくて小さいもの。役に立ちそうもないような…つまり、こちらで浸透していないわけよね。

そういった商品のマーケティングも、ドイツだから、ドイツ人の好みや体質に合っているものが出回っていて当たり前なんだよね、考えてみたら。だから、私が必要としているものがなくてもまあ仕方ない。

私がドイツ人仕様の体質に少し慣れていくしかないんだよね。

でもね、考えたら、ドイツに来て最初の一年は、もう毎日、一年中、肌が千切れそうで痛かった。乾燥に耐えられなかったんだね、日本で育った肌は。髪もバサバサになり、いっぱい抜けたりして、環境の変化に対応していけない自分の体があったよ。

数年経って今、考えたら…肌の痛みはだいぶ治まったかな。乾燥は半端じゃないけど、前みたいに痛くて仕方ないってのは収まったから、これは慣れてきた証拠かね。

うー
風邪辛いよー
体が強くて風邪なんか引かないのが取り柄だったのに、なんか凹む。早く、ドイツ人仕様の乾燥に強い体にもならねば、これ、ばーさんになってからでは辛すぎるわねー
posted by wakaba at 19:18| Comment(4) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

とーっても幸せな話

とーっても幸せな話…ってタイトルにしたけど…

もしかしたら、みんなが聞いたら、「とーっても幸せっていうか、まあプチ幸せ程度じゃん?」って思うかな。

最近、実はOTTOが日本語を習い始めました。

私が行っていた語学学校で。

でも、忙しい彼はスクールのスケジュールが合わず、とりあえずのお試しコース(全8回)に行っています、週一回ペースで今週4回目を終了。

彼はいまひらがなを一生懸命覚えています。
学校では会話、文法にまではまだいけない…っていうか、日本語ってつくづく難しいと思う。これについてはまた後日。

一生懸命、家でひらがなの練習をする彼を見ているととても幸せな気分になる。

私が子供のころ、幼稚園のころには読み書きをしていた。日本はこれって普通だよね。外国は国によって色々だけど。

私、自分がいつ、どうやってひらがなを覚えたのか、どうやって練習していたのか、どんな字を書いていたのか・・・覚えていない。当時のものも残っていない。

ひとつ覚えているのは、仕事で夜中1時、2時に帰ってくるワカ父と唯一触れ合えるそんな夜中の時間に、昼間の間に一人で練習(当時から基本私は独学だった)したひらがなを披露したくて、眠いのをこらえて待っていたの。そして、それを、得意げに披露しつつ、新しい文字を教えてもらったりしていた…そんな私たち親子の絵だけは、なんとなく頭に残っている。

お父さんはどんな気持ちでそんな私を見ていたのだろう?
お父さんはどんな気持ちで私にひらがなを教えてくれていたのだろう・・・

っていう場面が再現されているかのような現象を今自分の目の前にしているのです。

OTTOが一生懸命ひらがなを練習する姿がそれです。

私が父にしていたように、「テストしてみて!」ってOTTOも言うのです。

そして、OTTOが書けるひらがなが、まだ、は行までなので、は行までの単語を声に出して、それをヒアリングさせて書かせるっていうのをやるんです。

一文字を思い出すのにも時間がかかる。
書くのだって、お手本の通りに慎重に書く。
時々間違える。
「し」が逆になったり、「い」と「こ」が混乱してたり…なんか可愛いくて。

きっとお父さんも私のことをそうやって笑いながら見てたのかな〜とか思うのです。

私たちには子供がいないけど、私は彼のそういう姿に自分の子供か?!って錯覚するような楽しい気分になれることがあるし、OTTOにとっては、いまだ片言の子供みたいなドイツ語話している私がいつまでも子供みたいで可愛いようです(笑)

来月日本に帰るまでに、ひらがな全部制覇するって張り切っています。

ちなみに、今のところ一番好きなひらがなは「と」だそうです(笑)
一番嫌いなのは「ふ」と一番変なのーって思うのは「ひ」だそうです。なるほど、なんとなくわかるような(笑)

posted by wakaba at 22:56| Comment(5) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

ヒント!?

そう、その私の未発表?!のチャレンジが何か??ってのの、ヒントは、長い髪を、来月日本に帰ったら、ばっさり切ることにしていることかなー

結婚式でヘアメイクしてくれたマイスタイリスト二宮さんぴかぴか(新しい)に切ってもらうつもり。
でも、なんせ都内に5泊で朝か夜しか時間がない…
どこで時間を見つけられるのか…

Dezember2010 068.JPG
posted by wakaba at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

ベルリン年越しイメージ

ベルリン年越しイメージ画像。

このひとつ前の記事で大晦日の雰囲気をちらっと書いたけど、文章がてきとー過ぎて伝わってないと思うので写真を。

酔っ払ってるし、まじめに写真撮ってないもんで、伝わるか分からないんだけど、わかる?この感じ?

Weihnachten 041.JPG


各家族ごとにそれぞれかなり大きな打ち上げ花火を家の前の通りで上げるので、バルコニーからの景色はとにかく、目の前の画面にポンポン次々と色んな花火が結構長い時間絶え間なくあがっている感じです。

ベルリンでは、12月31日の午後17時以降だっけな…
花火が許可されているんです。危険な場所とか屋内とかはもちろんNGだけど、外ではその時間になると、バンバン、花火や爆竹の音が鳴り始め、年越しの瞬間以降がマックスに達するわけです。

パパママ宅のバルコニーからの景色がよくて、これまで見たことのない絵が見れて、なかなかよかったですよ。

義母…今年70歳ですが、2011年になった瞬間、そのバルコニーからシャンパン掲げて、超〜〜〜〜大声で、あけましておめでとー!!!!!って叫んでました。

70歳とかで、あんな大声が出る人も知らないし、明けましておめでとうを窓から叫んでる70歳も見たことがなくて、本当にこの家族は最高だなーと思った瞬間でもありました。

今年も目標やチャレンジはあるけども、自分も家族もみんなが健康であることが一番の願いです。

posted by wakaba at 08:28| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

20

今日、明日、ベルリンはマイナス20度まで下がるらしい雪

今日は、語学学校時代のお友達とカフェで会うことになっているのだけども…
スキーウエアー着て出かけたい気分です。
posted by wakaba at 19:18| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

ラムだよ

ちなみに・・・
今日は、ラム肉にしました。
ラムのロースト。

ソースでお皿をきれいに飾ろうと思い、2種類思いつきました。
イチジクのソース、赤。
マンゴーのソース、黄色。
で、お肉はダークカラーなので、ドイツの国旗っぽくなる??

適当に想像しながら作ってます。

ラム肉、1キロ22ユーロでした。

他の肉より何倍も高いけど、今日は私のおごりで奮発です〜
今日のためだけの買い物で8000円ぐらい使ったけど、でも、外食してたら2倍は軽くかかるものね〜

そろそろマリネ液に一晩漬け込んだ、そのラムを調理しまするー


posted by wakaba at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

ドイツの新幹線なのか?

ベルリン生活で地下鉄は普段かなり乗っているけど、所謂、特急電車っていうか、ドイツの新幹線だわね、これに乗ったのは初めて新幹線

Dezember2010 002.JPG


ドイツの新幹線って言い方はかなり正しくないと思った。
なぜなら、すんごいゆっくり走ってたし…
それは、雪のせいだからなのか、普段から大して早く走る電車ではないのかよくわからないけど、やはり長距離行く電車なので、のろのろ運転ではないでしょう。ドカ雪のせいだね、きっと。

Dezember2010 003.JPG


そして、こちらライプツィッヒ中央駅(Leipzig Hauptbahnhof)は、ヨーロッパ最大の面積を有するらしいです。1日で約15万人の利用があるって情報だけども…天井吹き抜けて高いし、広さも利用客の大きさも感じない。ドイツの家族が東京に来た時の例えば、新宿駅の混雑ぶりは、混雑という言葉ではなく、混乱っていうか、まさにカオス。ほんと、センセーショナル&ショッキングだったと思うよ。

でもね、おかしなことに…

新宿駅で迷子になり、どっちの方向に行くべきか分からなくなってるのは、必ず私なのです、OTTOではなく。日本語の読めないOTTOが私より、日本国内でもどこに行くにも方向に敏感なのです。っていうか、危機管理が身についているのかなんだか知らないけど、とにかくすごいよ。一回通ったことがある道とか覚えてるもん。

私は、何回まわったコースも、キャディーバイトして何十回も何百回もまわったコースも覚えてない(笑)
posted by wakaba at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

今週はね…

12月20日台に乗ったか〜クリスマス

今年もこの12月は既に散々、↓の写真の、ホットワインホームパーティーやお呼ばれの為にケーキ作りやお料理をしましたが、まだ続きます。

Dezember2010 046.JPG


今週は、23日がOTTOの誕生日なので、22日に新鮮な食材を買出しに行って(肉にするか魚にするか分からないけど、いずれもスーパーではなく専門店に買いに行きます)、22日のうちに何かと仕込みをします。

23日は毎年のことですが、両親を招いてうちで食事です。楽しいことが大好きで、友達もたくさんいるオリバーは本当は誕生日会もしたいだろうけど、時期が時期で、どこの家も自分の家のクリスマスの準備で大変なのを気遣って、特に自分のためのパーティーはしないのです。じゃあ、誕生日より何日か前にすればいいじゃん!?って思うのだけど、ドイツがそうなのかヨーロッパ全体か分かりませんが、誕生日の前倒し祝い、もしくは誕生日のお祝いの言葉などを前もって口にすることなどは、縁起が悪いんだかなんだかで、NGだそうです。

そんなの気にしなくてよくない?!?って思うのは、忙しい東京では私だけではなかったと思いますが、その「誕生した日」でないと意味がないって…、まあ確かに分からないでもないですが。

23日の私からOTTOへのプレゼントの用意も出来ています〜これはまた後日。

で、24日は今度は両親の家に招かれて、美味しいドイツ料理を頂きます。
二日連続で4人で過ごします。

そして、夜の11時ごろかな?家族4人揃って、教会へ行きます。

これは、日本でみんなが大晦日から年越しにかけて、神社に初詣に行ったりするのと同じかなと思います。もちろん神父さんの話があったり、賛美歌があったり、パイプオルガンの演奏があったり、各家庭で出かける初詣よりはもっと宗教的な意味が当然含まれているけども。

そして、25日がこれまた恒例の、バッハ家一族が集まる日ってことで、私にとっては3日目にして、エネルギー使い切る感じです。

これはOTTOのお父さんの弟夫婦のおうちにお呼ばれするので、私はお料理とかしなくていいけども、人数も多いし、全員バッハだし…わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
みんな久しぶりだったりすると、同じタイミングで全員が違う話をしだす、みんな話が好きだからやめない、誰が何はなしているのか、私には分からない。

もう神経と脳みそがパンクしそうになります。いやな事は何もないし、バッハ家の人々み〜んな超いい人たちばっかりで、私のことも大事にしてくれて、本当に有難い、感謝の時間なのだけど、それとは別にすっごい疲れる日なのですぅ(苦笑)

人の話を聞かないってのは言葉が分からなくても、なんか態度的に失礼だし、相手に私が言葉の壁を感じて孤立しているのを見せてはいけないと思うじゃん、それを見たらやっぱり、気を遣わせることにもなり兼ねる。だから、私はいつも一生懸命聞いていますよ。でもさ、ほんと、一生懸命聞かなければ何も聞こえてこないんだよね、ここが本当に疲れる点です。日本語じゃない、ドイツ語だから。

ほんと、一瞬でも気を抜いたら、話が飛んで見えなくなっちゃうんだよね。これがつらい。だから、たぶん8時間ぐらいずっとその親戚の家で、飲み食いしてるんだけど、ずっとマックス集中です。ほんと疲れます。

でもね、みんなが話したいことがたくさんあって、よく食べるしよく笑うしよく飲むし…健康的な人たちで何よりだなって思います。
posted by wakaba at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

辻井伸行さんありがとう!

昨日、行ってきましたよ、辻井伸行さんのベルリンでのコンサート。
いや〜〜…
もうね、凄過ぎて言葉になりません。何といって表現していいものか分かりません。
本当に、目の前で何が起こっているのか、ふと我を失うかの感覚に襲われるほどの、驚異でした。
演奏の素晴らしさを超えたところに私はワープさせられ、気付いたらジリジリ涙が出てきていました。

なんって言っていいか、本当に分からないぐらい凄かった。

私たち一人ひとりが世界にたった一人の自分である事に間違いはないけど、彼はその意味とはまた別の意味で、世界にたった一人の人。他の誰も彼を真似できない。他の誰も、彼が世界に訴えるメッセージを代弁出来ない…って思いました。

お正月には特番があるようです。
テレビで見るのとライブでは何百倍も伝わってくるエネルギーとメッセージは違うと思います。でも、もしチャンスがあったら是非この番組を通してでも彼を知ってください。そして、近くでコンサートがある時は、ぜひお子様も連れて見に行ってください。

私は前から3列目の席で、手が真っ赤に腫れ上がるほど、拍手しました。
「なんでもっと大きな音が出ないんだよ、私の拍手!」って思いながらこれ以上叩けないほど叩きました。痛いけどそんなの関係ないって思いました。
目の見えない彼に、私だけでなく、涙ぐんでいた人の顔、笑顔にあふれる人の顔、感動して放心状態の人の顔…それらを見てもらう事が出来ない。でも、彼は音は隅々まで、そしていろんな音の拍手が聞こえるはず。その音で彼はきっと私たちのことを思い浮かべてくれていると思った。

その魔法、奇跡としか思えない時間の体験談は、仕事で忙しい時は書けないぐらい繊細な話です。また時間がある時、心が落ち着いている時に書けたらいいなと思います。ほんと、あまりに凄過ぎて、あまりに感動が奥深くて、今言葉にする事が出来ません。

彼を知るにテレビを見たり、CDを買ったりするものいいと思う。でも、出来れば、会場に足を運んで、その魔法体験して下さい。

辻井伸行さんオフィシャルサイト


「奇跡のピアニスト〜飛翔への旋律」

2011年元日 21:00〜23:00

11月6日サントリーホールで開かれたリサイタルの模様を完全ノーカットで放送されます。

昨日聴いた曲の中でも、私もOTTOも大好きなシューマンのPapillonって曲がこれまた半端じゃなかったんですよ。
YOUTUBEでどうしても見つけられないのですが、この特番で流れるみたいなんですよ…ぜひぜひ多くの方に、見てほしい。1月1日は見れない方は予約録画で!

こちらは例の2009年のコンクールのセミファイナル。
演奏が終わって何度も何度もおじぎをする姿、昨日も同じだった。そしてアンコールに応えて、2曲披露してくれた。

何度も何度もお辞儀をする彼に、こちらこそありがとうって、昨日会場にいた全員が思っていた事に何の疑いもありません。OTTOも優しい笑顔でそして少し目を潤ませてその姿を見つめながら彼が舞台袖から見えなくなるまで拍手を送ってました。

posted by wakaba at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

今日はバッハ抜き

これから、NOBUこと辻井伸行さんのベルリンでのコンサートへ行ってきます。

曲目は以下の通り

曲目:
ショパン:2つの夜想曲作品27
シューマン:蝶々作品2
リスト:ため息、リゴレット・パラフレーズ
ムソルグスキー:展覧会の絵

バッハは今回はなしだけども…

クラッシックコンサート行くと、たま〜にアンコールでバッハを演奏してくれる人もいるしー
今日はどうでしょ〜

仕事はひとつ片付いてまたひとつと増えていくので、きりがない。
でも、週末は週末!ってことで、どんなに立て込んでても、スパッとここは手をやめて、週末の遊び、リラックス、ストレス解消に専念するっていう、ドイツっぽいのか欧米っぽいのか分からないけど、この感じ、いいと思う。賛成手(グー)

私もいいことは真似して、ダラダラと頭抱えて能率の悪い(頭の回転鈍ってくるもんね、一週間ずっと考えてると)仕事は切り上げて、ちょっとお洒落して、金曜の夜を楽しんで来たいと思います〜

皆さんもよい週末をぴかぴか(新しい)クリスマス
posted by wakaba at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

NOBU

結構日本で話題になってたから、知っている人も多いと思うのだけど…
辻井伸行さん。

AIL_TUJIN.jpg


外国ではこのフルネームは覚えられにくいと言うことで“NOBU”と言う愛称で通しているそうです。

彼のコンサートを明日、OTTOと二人で鑑賞しに行きます!
(ベルリンに住んでいる方は当日券があるかも知れないので問い合わせてみて下さい)

今年の秋からワールドツアーしてるんだよね。
ベルリン、音楽家にとって、ワールドツアーをする上で、この都市は外せないと思う。ドイツはクラッシックのメッカでもあるでしょ。

日本人サッカー選手がドイツで頑張っているものなんだか誇らしげで嬉しいのだけど、彼のことも、とても誇らしく思います。

自分とは全然関係ないのに、世界で活躍している日本人を見ると、自慢げになるよ、外国に住んでいると(笑)

彼は小さなころから既に知る人ぞ知る奇跡の人だったと思うのだけど、昨年アメリカで開催されたヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールでの日本人史上初の優勝が彼のその存在を世界に響き渡らせたわけよね。

でさ、このコンクールがそんじょそこらのコンクールとかとは分けが違うっていうのも皆さんワイドショーなんかで見てる?

もし見てなかったら、ここクリックしてちょっと記事読んで下さい。

抜粋コピペしたものですが、これがその名高いコンクールのスケジュール。


【第13回コンクール・スケジュール】

※予選
● 書類審査:総勢225名が応募。
↓  151名(37カ国・地域)が通過 
● 地方予選4カ国5都市(上海、サンクト・ペテルブルク、ルガーノ、フォート・ワース、ニューヨーク)
↓ 40分ずつのソロ・リサイタル
↓ 上位29名が本選に進出 
※以下本選(テキサス州・フォートワース)
★ 本予選 5月22日〜26日 
↓ 55分ずつのソロ・リサイタル
↓ 上位12名がセミ・ファイナルに進出
★ セミ・ファイナル=準決勝 5月28日〜31日 
↓ 60分のソロ・リサイタル(現代曲含む)と、タカーチ弦楽四重奏団とピアノ五重奏曲1曲
↓ 上位6名がファイナルに進出
★ ファイナル=決勝 6月3日〜7日 
↓ 55分のソロ・リサイタルと、ジェイムズ・コンロン指揮フォート・ワース交響楽団と協奏曲
↓ 2曲の共演を行う

☆ 7日 現地時間夕方5時 結果発表後、表彰式とセレモニー


まず書類審査で、地区予選に選ばれた人が各都市で40分のリサイタルを演奏し競い、そして、そこから選ばれた29名が本選に進出。

まるで、プロゴルファーの予選会のごとく、どんどんふるい落とされていくわけですわ。

んで、この本選のスケジュールだけでも5日間。超過酷スケジュールだよ。

そしてセミファイナルに選ばれた12人がさらに4日間競い合い、そしてその中から6名がファイナルに。
ファイナルも5日間のスケジュール。

ここもゴルフのQTと同じで、うまい人だけ、技術だけではどうにもならないっていう感じを受けるよね。精神力と体力もすっごい消耗すると思う、実際にプロのピアニストのリサイタルとか見たことある人なら分かると思うけど、一曲弾くのに汗だくだもんね。スポーツと同じエネルギー消費は確実にあると思う。

でね、このリンク記事には書いてなかったのだけど、インタビューとかで見た記憶なので正確ではないのだけど、このコンクールで勝ち進んでいくその度に、新たにテーマが渡されるんだって。で、コンクールの期間って言うのは5月22日から6月7日までで、その間がほとんどあいていない。つまり、いきなり渡されたテーマを時には1日で練習し披露しなければならないようなこともあったとか言ってた。

ここで注目なのが、視覚障がいのある彼は、楽譜を見ることが出来ないから、そのテーマ曲を、まずは耳で聴いて、それで暗譜だよ。もういきなり暗譜。脳にその楽曲を聴きながら、その楽譜を頭にインプットいていく。

この作業、みんな、想像出来る???

すっごく難易度の高い、長い長い曲を、楽譜を見ずに耳で聴いて、メモリーして翌日に演奏とか…もう奇跡の人としかいい様がないよね。

他の人たちにとっても本来難しいテーマではあろうと思うけど、彼にとってそれがどれだけ大変なことか。時間がなさ過ぎでしょ。普通に考えて。

楽譜を見る事が出来るファイナリストたちが彼に比べて、このコンクールにおいてどれだけアドバンテージがあったかってところ、逆に言うと、NOBUの偉業がどれだけ世界を驚かせたことか。何故こんなことが出来るのか??って彼の指先を見ているとマジックショーではなくて、なんっつーか、魔法ショー??でも見ているかのような気分になりました。

彼のこのコンクールでの演奏が動画で見ることが出来ます。
このサイトをクリックし、右にある黄色いClick Hereのところからサイトに飛び、Nobuyuki Tsujiiを選択すればOKです。


辻井伸行オフィシャルサイト



◆BS朝日「奇跡のピアニスト〜飛翔への旋律」
2011年元日 21:00〜23:00


posted by wakaba at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この痛みどんなんか分かる?

相変わらず仕事は終わらないけど、もう駄目だーと思って久しぶりにジムに行きました。と言っても、時間はなかったので運動はしてません。今やってる仕事のひとつに、日本と時差で仕事しているので、ドイツ時間の午前中と昼の時間は無駄に出来ないのです…だから、温まりにサウナに〜いい気分(温泉)

2日間一切外に出ないで仕事してたから、なんか久々の外の空気は気持ちよかったけど、さらに景色が白くなってました雪

これ以上暖かいコートはないだろうって思うような足首までのダウンジャケット着てるのに、寒い。

どのぐらい寒いかっていうのは数字で言うことは出来るけど、今日はね、肌で感じた寒さをダイレクトに言うと…寒さで目が痛い…この感じ分かる?

目って多少濡れてるからだろうかね。冷たい空気に触れて、感じた事のないような眼球がチクチクする痛みに教われました。

どんだけ寒いんだよって感じでしょ。でも、まだまだこれからでしょう、ドイツの冬。
posted by wakaba at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

5歳の女の子からプレゼント

私の小さなお友達、Lara(5歳)の女の子からのプレゼント。

クリスマスの絵です。

日本の人はクリスマスと言えば、サンタとツリーと…って感じなので、宗教的な物語を詳しく知らなかったりすると思うので、わかりにくいかも知れないけど、よーく見ると細かなところまで面白いんです。よく描けているんです。

November 043.JPG


日本の話題をすれば、将来が心配になる話ばかり。みんなが目覚めて、一致団結し、売国政府を追求していかなくてはならない、とても平和を錯覚してぬくぬくしていられないニュースばかり。正直、面倒だと思う人もいるし、かかわりたくないと思う人もいるだろうし、どうにかなるでしょ、とか、なるようにしかならないでしょ、といい何もしないでいる人も多いと思う。だって楽だしね。でも、子供たちを見ていて思いませんか?国を守らなくては…って。

こんな絵を描いてくれる子供たちを見て、今がよければいいって目先のことだけ考えて、どうにでもなるでしょ、なる様にしかならないから、別に面倒だし自分は何もしないでいいと思っている人は私は違うと思います。何をしてほしいか、それは最低限、知ってほしいと言うことです。

子供たちに平和な日本は、このままではありえないと言えるかも知れませんよ…

私には子供はいないけど、でも、絶対守ってあげたいって思います…


posted by wakaba at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

セットでご予約頂き〜

今日電話があり、私とオリバーとセットでご予約頂きました!

って何のこと??

実は、二人セットで明日、ベビーシッターに行く事になりました(笑)

オリバーと二人で、1歳と5歳の子供ちゃんたちのベビーシッターを夜、引き受けることになりました。

ベビーシッター料、そんなに高くないので、ご依頼お待ちしています!?
いくら??

チョコレートで交渉成立しているみたいです(笑)

私にとってベビーシッターの手伝いは楽しみで仕方ないことなのですが、今回はオリバーがそれ以上に楽しみにしているようです。

写真撮る余裕あるかなー

赤ちゃんもいるし、遊んで、食べさせて、おしめかえて、本読んで、寝かせつけて…
仕事にしている人は大変なのかと思うけど、私は楽しそうな仕事だなーといつも思います。
お笑い芸人が、人を笑わせて稼いでるのもうらやましいけど、ベビーシッターも同じぐらい楽しいのではないかと。でも、まあ責任があるし、日本の場合は、モンスターペアレンツ問題?!があるから、やりたい人いないかもね。

しかし、あのモンスターペアレンツの実例話とか聞いてると、ほんとかよ!?って思っちゃうわ。私と同じ年代の、要するに同級生である人たちが、そんな風になっているとは想像出来ないんだけど、いわゆる、何歳ぐらいの親たちがもっとも巨大なモンスターなのだろうか?と興味津々。

そういう意味では、ドイツでも変な親はいるだろうけど、日本の過保護は別問題で酷いと思うわ。こっちの子供の方が精神的に自立している。環境が環境だしね。もじもじ自分の意見がいえない子なんか論外だから。子供たちが自分の意見をはっきり言えることで、先生と相談が出来たりすると思うと、親がぎゃーぎゃー言う前の段階で、何らかの手が打てるという点はあるでしょうね。

posted by wakaba at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸々3日思いっきり休んだ!

週末はライプツィッヒに行っていました。
ICEっていう、ドイツの新幹線に初めて乗りました。
約1時間半でLeipzigに到着する予定が、雪の為、かなり遅れました。

ライプツィッヒと言えば、バッハのお墓があったりして、有名な音楽家が活躍した地でもありますね。
旧東ドイツ地域ではベルリンについで2番目の大きな都市でありました。東西両ドイツの統一の端緒となった住民運動の発祥地でもあります。1813年にはナポレオン戦争中最大規模の戦いとなった諸国民の戦いが行われ、連合軍36万が激突する舞台となったそうです。そんな歴史も、東西統一までの住民運動の歴史も合わせて、とにかくこの地域はほぼ全壊に近いぐらいボロボロだったそうです。今ではそれらが修復されて美しい落ち着いた町並みになっています。

ライプツィッヒのクリスマスマーケットに行こうって事でお友達を訪れましたクリスマス

ベルリンは12月頭にこんなに雪が積もるのは何十年振りだとか。
ライプツィッヒも負けないぐらい積もってました。

クリスマスマーケットでは、この季節の風物詩であるお決まりのホットワインを飲みました。
おいしいんだけど、ホットワインは私はあまりたくさんは飲めないです。お砂糖が多めに入っているお酒は私は苦手です。苦手っていうか飲んじゃうんだけど、翌日の二日酔いは確定なので嫌なんです。でも、やっぱり飲んじゃいます。

なんだか最近忙しいのだけど、ベルリンではなく敢えてライプツィッヒまで電車に乗って泊まりで出かけてクリスマスマーケットに行ったのは、忙しくて頭がバタバタしているからこそ、敢えてベルリンを離れたのです。家にいれば絶対に用事があるじゃないですか。
でもPCも持たずに出てしまえば何も出来ない。休むことに集中できるからです。なので、クリスマスマーケットもベルリンはたくさん出ていますが敢えて、少し遠い場所のクリスマスマーケットに行こうって事にしたんです。

そして、月曜日は、なんとも素敵なウェルネスムード
LIQUIDROM BERLIN
でほぼ丸一日、の〜〜〜〜〜んびりしました。
このウェルネスについては、書かねばなりません。うまく書けるかわからないけど、ネタの宝庫でした。たぶんこのブログを読んでいる全員が興味がある好きなネタだと思います(笑)後日アップできるかな〜

3日丸まる休みを満喫して、仕事を離れたので、また今日から二人頑張らないとねって感じです。

今週末は、また我が家に今度はバッハ家、親戚一同を招いてホームパーティーです。
全員バッハです(笑)

また色々お料理の用意で大変だけども、ほんと、年の瀬が近づいているんだなーという感じもして、なんだか感慨深いものもあります。

まだベルリンには住んでいなかったけど、遊びに来たことを含めると、今年のベルリンでのクリスマスは私にとって、もう4回目になるんです。なんだかビックリ。時が経つのは本当に早いね…
posted by wakaba at 02:56| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

週末の話A

と、いうわけで、本日も零下のベルリン。
雪はもう日常化していくような予感。
昨日ヨーロッパポカルだっけな、サッカーの試合見てたんだけど、マイナス14度の中、サッカーの試合だよ。選手も動ける限界ギリギリまで防寒してただろうけど(頭から被るマスクや手袋)相当寒そうで、ほんと、タフだわーと思いつつ、寒さで関節は当然いつもより硬い状態だから怪我人とか出たらいつも以上にややこしそうだなーと心配して見ていました。

そう、週末のはなし@があったってことは、週末の話Aだね。

on全部で子供合わせて16人来たので、この写真はまだまだ全員ではないけど、すっごいでしょ、狭いところに(笑)託児所だかなんだかわけ分からない状態です。
椅子も足りないから、適当にどっかから借りてきて(笑)

November 004.JPG


3時に集合して、ケーキたらふく食べてもらって、その後、ホットワインならぬ、フォイヤーツォンゲンボレ??ってカタカナで書くのも大変なネーミングの、ドイツの伝統であり冬の風物詩である飲み物を楽しみました。

これは、以前書いたように、ラムとワインをオレンジとレモン果汁とそれらの皮をすった物と、たくさんのスパイスを入れて、煮立て、最後はこうしてお砂糖にラムをかけて火をつけて砂糖を焦がし溶かしながら入れて仕上げていくっていう…

November 029.JPG


まーにぎやかでした。

夜遅くまで残っていたのは、私たち入れ て大人6人。
なので、夜食として、この6人分のカレーを作りました。10人分作ったつもりだったし、私は食べなかったのに、全然足りませんでした(^_^;)
つまり、日本表示の10人分をドイツ人5人(男3人女2人)で食べて、まだ足りない〜もっと食べたい〜って状況だったわけです(^_^;)

次の時は、日本表示の○人前の、3倍は作らないと、ドイツ人のお腹は満たせないと言う事で、また勉強になりました(^_^;)

ちなみに、日本人もアジア各国も、割と辛いものを食べる習慣があるよね。辛いものに慣れているっていうか。ドイツは塩辛いもの、たとえばソー セージとか チーズは食べるけど、あの唐辛子の辛さみたいなのはあまり慣れてないんだよね。日本のレトルトカレーの中辛は、ドイツ人には辛過ぎる感があり ます(笑)も ちろん、あの中辛を美味しい〜と食べる人もたくさんいるよ、けど、辛くないって言う人はいない。辛いけど美味しい!って言います。インド料理 店はこちらド イツにもたくさんあるから、人気の外食でもあると思うのだけど、日本のカレーを食べて彼らが言うのは、インド料理やタイ料理のカレーは、なん だかただひ〜 ひ〜辛いだけってことがほとんどだけど、日本のカレーは辛いだけじゃない、なんだろう、マイルドっていうか、あまみもあったり・・・とにかく 美味し いっ!って。

「それってコクじゃん?」って思うんだけど、味覚を表すそういう繊細な表現って、日本独特で外国にはあまりないような気がする。
アメリカにいた時も思ったけど、アメリカ人ってかなり大味じゃん?味覚が大雑把っていうか。ヨーロッパの方が繊細だとは思うけど、でも、やっ ぱり日本のあの繊細さに適う外国料理は私はないように思うんだよね。カレーひとつ取ったって、全然違う。

前ラジオで聞いたけど、日本のカレー、レトルトも含め、本当にものすごい複雑にたくさんのスパイスが調和しあって、なんとも言えない繊細な化 学が起こってのあの味だって。

今度日本に帰ったら、またカレールーを買い込んで来よう。でも、中辛でなく、甘口で。
そうそう、一人4歳の男の子が、大人も辛いっていうカレーを平気でパクパク食べてた(笑)彼は2歳の時に、私が大人用に作ったヨーグルトカ レーをそう言え ばまだ赤ちゃんなのにパクパク食べては口あけて催促してたの思い出した(これもかなりの数のスパイスとヨーグルトだけで煮込むもので日本のカ レーとは少し 違う)

この子ね、前に一緒にランチしに行った時、何食べる?って言ったら、きゅうりとレモン…と、水…って言って、サラダバーに行って、きゅうり と、飾りで皮ごと輪切りにしてあるレモンだけお皿に並べて持ってきて食べてたんだ(笑)

子供っぽくない味覚だよね(笑)でも、なんだか面白いよね。なんでそうなってるのかが謎過ぎて(笑)

そんな子に、日本のカレーが認められた?のも、嬉しかったです。

週末のパーティーでは、日本から買ってきた市販のルーで調理したけど、時間がある時は自力で一から作ってあげようって思う。でも、たまねぎを 延々と炒めるのって、退屈じゃない〜?

あー、写真も撮ったのだけど…ごめん〜!タイムアップ〜
また次回。
posted by wakaba at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

週末のこと@

週末のイベントは好評に終わりました。
大変だったけどね、でも、みんな喜んでくれたし、誰よりもオリバーが一番喜んでくれたので良かったなーと思ってます。

ケーキもたくさん焼いて、ケーキビュッフェにしたのだけど、どれも美味しかったと褒めてもらって良かった。

ケーキだらけなので、カロリー気にしたり、重たいケーキだと何個も食べれないと思って、甘さ、カロリー控えめの軽めのケーキも焼いたんだけ ど、みんな重たいのが好きみたい(笑)

一番人気はやっぱりチョコレート系のケーキ。

すごくいいレシピに巡り会えて、ブラウニーを日本にいる時から焼いているのだけど、それが一番先 に、つーか、 真っ先になくなったかな。

いいレシピに巡り会えたとは言え、ケーキ作りって、量とか手順がとても正確で、ついでに言うと、集中してないと絶対 失敗するって いう感じなので、そういう意味では、忙しい時にバタバタ作れるようなものではないと思ってます。

ドイツではスーパーに行けば、粉混ぜて焼くだ けっていう ケーキでも何種類も売っているけど、私はやっぱり手作り派。

混ぜて焼くだけがどれだけ楽かって思うけど、 なんか私は好きじゃない。味に差がないとすると、楽したいって思うし。実際、私の作ったたくさんのケーキが、そういう粉を使って簡単に作った と思っている 人もいるんじゃないかなぁ。だって、ほとんどの人たちがそうやって準備しているわけだからねぇ、ホームパーティーなんか。

いつか、私もこういうホームパーティーをやる際に、少しでも楽して出来合いものを出したり、楽に調理出来るものに頼ったりする日が来るとは思う。

だって、やっぱ全部一人で手作りって本当に大変だもん。たかがホームパーティーでも、準備だけで相当な体力勝負であり、また脳も神経も使う、人が来たら来たで気を遣うからさらに疲れる。しかも、ドイツ語だし〜。だから、きっと、いずれ年とって、そんなんやってられなくなるんだと思うんだよね (^_^;)

posted by wakaba at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

あれこれ

一昨日の夜に作った、Ottoの大好物のニューヨークチーズケーキ。
つか、ニューヨークチーズケーキって、要するにベイクドチーズケーキ?

大体、しっとりさせるために8時間は寝かせるって言うんだけど、昨日より今日、2晩置いた今日が、俄然おいしいっ!(写真アップしたいけどなんか写真撮ってアップする作業に至らない・・・携帯からするかな)

ドイツにもチーズケーキはもちろんあって、Ottoの母のチーズケーキがこれまた絶品なんですよ。ママのチーズケーキは世界一だって、パパもOttoも絶賛しています。
レシピを伝授してもらわなければ。

でも、NYチーズケーキとは何かが違う…それは材料がドイツならではだからです。

ドイツのチーズケーキって言うのは、私たちが一般にチーズケーキを作る時に使う、クリームチーズ(フィラデルフィアとかの)は使わなくて、クヴァークっていう、何っていうんだろうな〜サワークリームとクリームチーズの間みたいなものを使います。

これが、フィラデルフィアクリームチーズを買うより5倍ぐらい安いんだもん。

私はまだこのクヴァークではチーズケーキは作った事がないけど、先日クリスマス用に大量に作ったシュトレンにはこれを使います。あ、私のシュトレンは実はママのオリジナルレシピをかなりアレンジして自分のオリジナルを完成させたのですが、大きなポイントは、ラムを通常の3倍ぐらい入れるっつーところ(笑)もーねー、焼く以前に捏ねてる段階で、ラムのいい香りで力抜けちゃうんだ(笑)

昨日もだったのだけど、今日もとても大事なミーティングがあります(愚痴→お陰で大事なバイエルンミュンヘンサッカーの試合が見れなかった・・・かなり悔しい。しかもバイエルンミュンヘン・・・まさかの逆転負け・・・)

始まる前から、そのミーティングが終わった後のぐったり感を想像出来ちゃってます。

でも、ホームパーティーは日曜日なのだけど、ドイツは法律で決まっていて、日曜日は飲食店以外は開いてないのが普通。特例でたまに、この日曜日はOKですよとかあるみたいだけど、基本はそういう感じで、土曜日も早く店が閉まるし、まだ週の真ん中とは言え、仕事に家のことに頭の中はパニックです。

家の事は当たり前だけど、仕事に関しては、本当にかなり緊張する内容、頭も気も使う、私の能力、力量を超えた要求ではあるけど、これがさー、日本なら断る仕事でも、ドイツではノーって言えないわ、これはよく言われる日本人だからノーと言えないのではなく、仕事選んでる立場じゃないからね・・・そういう意味で、ノーと言うのは自爆に等しい甘えなんだよね。

風邪だし、連日の仕事のプレッシャーで眠れなかった分、睡魔はあったのに、結局今日も頭がそれで一杯で3時間ぐらい寝たら目が覚めちゃった。

でもね、みんなこうやって頑張りながら自分と家族の生活を守って暮らしているんだよね。
こうして国民、一般庶民は頑張っているのに、政府が売国だとたまんないね。

ドイツはそんなんじゃないけど、でも、またギリシャについで、先日私も訪れたアイルランドで経済危機が…当然、EU国なので、またもドイツに大きな負担が来るわけですねぇ…

毎年何でもかんでも値上がりしているような気がします、ドイツ…
posted by wakaba at 15:33| Comment(4) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のろのろ運転の境界線

ドイツのアオトバーン(日本の高速道路かな、無料だけど)では、120キロは超のろのろ運転らしいです。

posted by wakaba at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

恐怖のクリスマス会?

ベルリン、今週末はマイナス5度になるらしい…

私は完全防寒対策に徹していますが、周りのドイツ人は「いよいよ冬だなー」って…「おいっ!」だよ、ほんと。

テロの警戒は未だ解除されておらず、今月いっぱいはなんだか緊張感があるという推測らしいです。

しかしこの情報公開は、犯人たちにはプレッシャーだよね。
もちろんこの行動が、彼らをさらに躍起にするケースも考えられるけど、市民、国民も含め国全体が警戒態勢をすることで、大分動きにくくなるって言うのが現実だと思うんだよね。

つまり、今の日本、民主党は、とにかく世界に例を見ない「隠蔽体質」で、どうにもこうにもならない、酷い、情けない姿が世界にさらされていますが、やはり、私は尖閣ビデオの海保官が言うように、国の非常事態は国民が知るべきこと、だと思います。

何事もなく、この警告が解除されることを祈るばかりです。

さて、今週末は土曜日にオリバーのいとこのご夫婦宅でお食事に招待されています。
で、日曜日は、我が家に友人&その子供たちも入れて、私たちも入れて総勢18名で、クリスマスの風物詩の飲み物…ホットワインとは違うんだけど…とにかく、ワインとラムとシナモンとオレンジと…これ、もう私がドイツに住むようになって毎年やってるので、このブログの常連の皆さんは見ていると思うけど、また報告します。

夕食を18人分作るのは大変だけど、結局この日もケーキをたくさん焼きます。

予定では…

チーズケーキ
ブラウニー
シナモンケーキ
シュークリーム
シュトレン(ドイツの昔ながらのお菓子)
カルターフンド(ドイツの昔ながらのお菓子)

を作ります。

チーズケーキはね、オリバーの大好物&リクエストのNYチーズケーキ。
昨日試作を作って、一晩寝かせて今朝、オリバーに一口食べさせたらおいしいっていうので、同僚の人と一緒におやつに食べなーって渡しました。どうせ、18日には甘いものばっかり食べるので、今からそのチーズケーキがホールごと家にあるのは非常に危険(笑)

だって…絶対、全部食べきっちゃうもん…

自分で料理するとカロリーが把握出来て、チーズケーキはまあ言われてるだけ、ケーキの中ではバター使わない分カロリーが低めなのかなとは思うけど、やっぱすごいよね。

ただし、他のケーキは半端じゃないです。シュークリームはまだましかな…

12月はデブまっしぐらMonthですね。まあ、それも楽しいことの先にあることだからいいんだけどね…ってドイツに来て思えるようになったよ。

で、そのクリスマス会は、3時に集まるようにしていますが、どーせ、みんな夜遅くまでいるので、絶対お腹もすくだろうし、こっちの人は思うことそのまま言うからねー
「わかこの手料理楽しみだー」とか(-_-;)

ケーキで満足せず、夕食も出せってわけよ。

オリバーは、そんなのすることない!そこまですることない!って言ってくれるけど、まあ年に一回のことだし、出来る限り頑張るかって感じです。皆さんにはお世話になってるし。

でも、夕飯は夜食的に、カレーか、スープかピザ。
それ以上はしません。

ケーキ類だけで大変だっつーの。
私ほど手作りにこだわる人たちがあまりいない、っていうか、みんなパーティー慣れしてて、いちいち手作りしてたら、やってらんないよってのが本音か、普通に買って来たものとかインスタントとかでテーブルいっぱいにする人とかたくさんいます。

でも、私はやっぱ手作りしてあげたいので、自分で苦労を買ってるともいえるけど、これはこれで一理あるとも思うので、まあほんと大変だけどいいと思ってます。

まあ、ケーキは前日に焼いておけるから、温かい料理を出すご招待の時よりはずいぶん楽なんだけどね。

っていっても、その翌週は、バッハ家の親戚の方々を夕食に招いているので・・・ふ〜ぅ。

まあ、本当にこれはクリスマスシーズンの恒例なので、ぶーぶー言っても仕方ない。
逆にこういう時しか、日ごろの感謝を示せるいいタイミングもないので、とにかくまだ引きずってる風邪を治して、大変だけども、感謝しつつ、楽しみたいなと思ってます。

あまりに風邪が治らないので、オリバーがお見舞いにバラをたくさん買ってきてくれました。
すっごくきれいななんとも言えない色のバラでみんなに見せたいのだけど(ドイツってバラの種類世界一でしょ?)写真を撮る余裕(精神的)もないぐらい、体調不良の上に仕事に家事に…週末マイナス5度かよ…っていうことで頭がいっぱいです〜

しっかし家に18人も絶対納まらないのに、みんなどうするんだろう(笑)
この日はいすでなく、地べたに座るピクニックスタイルか?
posted by wakaba at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

実は

ベルリンに大きな警告が政府から出されています。
書くのも怖い言葉なんだけど、テロです。
まさに今、ベルリンは大変な警備体制で、普段使っている空港でも、あんな数の警官、しかも、みんな大きなライフルみたいな銃をおもむろに胸に抱えて周回している。街中もそう。特に、ベルリンの永田町たるところは、まさに中心街からまったく孤立しておらず、それこそブランデンブルグ門から見えるようなところです。そういったエリアは当然ですが、空港や地下鉄、人が多く集まる繁華街、来週からはクリスマスマーケットが各地で始まりますがそういう場所も含めて…ってことは、本当にベルリンの全域が警告エリアなのです。

ドイツの日本大使館からは、私たち日本人にメールでその警告のお知らせが来ました。出掛ける時は身元が分かるように、緊急連絡先などを書いたものを持ち歩くようにして下さいとか…

OTTOの仕事柄、この辺のことがより詳しく分かるのですが、でもドイツの場合、日本のように情報を国民に隠すようなことは通常の対応ではありません。最近の尖閣ビデオの問題でも、国民は見るべきだったビデオを隠した政府に憤りを感じた海保官が、覚悟を決めて流出をした。それに対して、なぜ隠す必要があったのかの理由もきちんと述べられずに、散々バッシングして追求して、なんだか責任転換をしている日本の政府とは違う。正直、日本の政府はややこしい。なぜなら隠すから。隠し事、嘘、秘密って、本当にややこしいと思う。本当に私も大嫌い。絶対ばれるんだから、絶対よい方向になんか向かわず大事になる、パニックになる、取り返しがつかなくなる…

ドイツでは、この情報をある情報機関がキャッチしたらすぐに、国民に流しました。
どのレベルで警戒するかは人それぞれかも知れないけど、少なくともその状況を知っていることはとても大事でしょう?日本みたいに、国民には見えない海の上であのようなことは頻繁に起こっているらしい。でもそんなの全く知らされないので何の危機感も持たずにいるし、外交の大事さもピンボケの人がほとんどなのだと思う。

知ることでマイナス点はあるでしょう。
たとえば、外に出るのが怖くなるとか疑い深くなるとか…でもね、こういった情報公開には、マイナス点が伴ったとしても、第一は国民を守ること、国の安全なのだから、それに変えられるものはないのだから、仙谷のように、あのビデオは流さないと中国と約束していたから・・・なんていう馬鹿げた話など誰も納得しないし通用しないんだと思った。

日本のこともとても心配だけど、ベルリンのこともとても心配。ドイツ全域に警告が出ているのかも知れないけど、ベルリンは首都なので、本当にまずいらしいです。警告レベルが1から9まであったとしたら、マックスらしいです。

日本は島国で、まさに海が壁となり国を守ってくれている。
そこで毎日命がけで働いている人たちを、何だと思ってるんだ!?っていう今回の尖閣ビデオの政府の対応に対して、海に囲まれている島国と違って、陸続きに多くの国が隣り合わせているヨーロッパの感じは大分違うなーと思いました。

さまざまな問題に対する感じ方は、お国柄で相違点があって当然だと思うけど、基本精神って同じである方が自然ではないですか?

国、国民が第一!っていうのが普通でしょう?そのために国民は一生懸命税金も払うのでしょう?国、国民を守ってくれる政治家のお給料ですし。

日本のことも心配だけど、ベルリンも心配です。

こんなニュースは日本では伝わっていないと思って書きましたが、正直、あまりすっきりしません。なんかテロっていう言葉自体がなじみもないし、とても怖いからです。なんだか信じられない話ですが、現実です。
posted by wakaba at 20:13| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

明日からバイエルン♪

昨日のユーロ2012予選、ドイツVSトルコの試合の続報というか、まだ色々あるんで話したいことたくさんあるんだけども、ちょっと落ち着いてからコラム風にちゃんと書きます。

実は、明日から、私たちは遅めの夏休みってことで、南ドイツにのんびりしに行くんで、今日はこれから、支度もあるし色々、またバタバタです、毎度の。

今、二人して仕事から帰ってきたのですが、OTTOはその明日からの遅いミュンヘンでの夏秋休みから帰ったらすぐに、仕事でダブリンに行きます。私も同行。

で、ottoは仕事ついでにダブリンマラソンも走るそうで、夏休み中は多分あまりトレーニングモードに気持ちがならないので、今日一回長めに走っておくって、また出かけました。朝から一日仕事して、もう遅いし、暗いのに、ほんと、決めた事はきっちりこなすところは、私には真似できないストイックさがあります、尊敬!

今年は、ニューヨークマラソンも走るそうなので、2月の東京マラソン、6月のストックホルムマラソン、10月ダブリンマラソン、11月ニューヨークマラソンで、実に4回!間にトライアスロンも2回出ている…

元気なのはいい事だけど、すっごい忙しい人だから、ちょっと自分を追い込み気味に強引にトレーニングしている時もあって心配。まあ、だけど、ちゃんとトレーニングしないでやる方が危険っちゃー危険だしね(私みたいに)

という訳で、明日からバイエルン地方の大自然を満喫して来ます。

私の大好きなサッカーチームのバイエルンミュンヘンの本拠地でもあるんだけど、そのミュンヘンという街中ではなく、郊 外のアルプスの壮大なパノラマ景色に囲まれた所に、オリバーの叔母が大きな家で一人で暮らしているってことで、いつでも来ていいよって、招待 されていたのでお言葉に甘えて。

叔母は、オリバーのお母さんの亡くなったお兄さんの奥さん。

私に高所恐怖症ではないか?って聞いたんだよね…(汗)
なんかプランニングしてくれてるのだと思うのだけど、何だろう…こっちの人、スケールが大きいから、ちょっと怖い^^; 気球とかアルプス登 山とかそういう感じだと思うのだけど、何だろうか〜

私が彼女と会ったのは、東京で結婚式して、こっちに帰って来た時に、みんながサプライズパーティーを企画してくれてて、その時にわざわざミュ ンヘンから来てくれていて…でも、当時、私、全然ドイツ語が出来なくて、叔母さん、マリアも英語も出来なくて、顔見てニコニコする以外は言葉 を交わすことが出来なかったんです。
でも、今は少し話が出来るので、私も再会をとても楽しみにしています。

最初の4日間は叔母のところにお邪魔して、あとの4日間は山のホテルを予約してくれています。

で、火曜日に帰ってきて、その金曜日にアイルランド、ダブリンに飛びます。
仕事は結局、ホリデーに持込にはなるけども、有難いと感謝して頑張ります〜

今日は、私のおごりで、ワインとお惣菜?(タパス)をデパ地下で買って来た!
明日からしばらく留守なので、荷造りもあるし、あまり台所の仕事を増やしたくないので、手抜きの作戦。でも、たまにはいいよね、デパ地下のお惣菜も。ただ、かなり高くついちゃったけどね、まあ、いいね、たまにだしね。




posted by wakaba at 01:43| Comment(4) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

こっちがなければあっちを

どの世界規模の大きなイベントは同じだと思うけど、ベルリンマラソンも例外でなく、つい先日やっと終わったかと思えば、もう来年の大会、ベルリンマラソン2011に向けて準備が始まっていて、フライヤーも出来上がったところです。
これから、日本語版を作ります。

それら関連の仕事がタイトな期限と共に送られて来たのだけど、今回は予想外の仕事も一件、この同時期に舞い込んで来て、と〜〜〜っても有難いことなのだけど、てんてこ舞い、頭がパンパンになってます。

ゴルフ雑誌関係なんだよー手(グー)
なので、記事が出来上がったらここで告知もしますね!一応、インタビューをしないといけない(プロゴルファーじゃなくて、ゴルフ場支配人とかね)ので、また私のいっぱいいっぱいのドイツ語で体当たりです(・・;)

私が1日でも2日でも更新しないものならば、アクセスが増えるって言う現象。
これは、案外複雑。
リアクションがもらえるTwitterやFacebookに切り替えようかと思ったり、どうせ別に私のブログなんぞ…と辞める方向で自分で納得するポイント探してみたりしている中で、この現象はなんとも^^;

そうそう、はっぴーそんぐ@にっぽんの歌の方に青山さんの動画、アップしてます。これもまたすぐに削除されると思うので早めに見て下さいね。

こっちのブログの更新がなくても、あっちのブログ(笑)が更新されてる場合もあるので、興味がある人はチェックしてもらえると嬉しいです。
忙しくて、転載記事ばかりですが、よろしくお願いします。
posted by wakaba at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事→サッカー→仕事→ホリデー


仕事が全くはかどらず困っています…

はかどらないっていうか、一応進んでいるのだけど、次から次へと来る。

私にとって、ベルリンでの生活で、8月〜11月ぐらいまでは、頭フル回転期間というのが定着しつつあるかも。
本当に心底有難いことなのだけど、片手間でさくっと出来る仕事内容ではないので、集中するために休む時間も含めて、その辺のコントロールが重要です。根詰めてやったところで、限界があったりするし。

って、そんな開き直り発想(根詰めても仕方ない的)がありつつも、今日明日中にたくさんあるうちのせめて一件の仕事はどうしても終わらせたいあせあせ(飛び散る汗)

それはね、明日、待ちに待った、ユーロ2012の予選で、ドイツVSトルコ戦があるからですむかっ(怒り)
チケット取れたやつ!
因縁の対決?と言うか、ベルリンという土地柄上、大変なパニックにもなりかねないサッカーの試合を見に行くのです。

何度もここで話していますが、ベルリンは世界で一番トルコ人移民が多い都市なので、ドイツのホームでありながら、トルコの人たちにとってもホームみたいな試合?っての?

試合の内容によっては、どうしても、良からぬ事態が勃発する可能性は常にあってね、若い人とか、若くなくても熱狂的なファンが正気を失うようなことにならなければいいのだけど、こればっかりは分からない。

ドイツ代表のチームは、私の好きなバイエルンミュンヘンの選手が多くいるのだけど、そのバイエルンミュンヘンが、最近、信じられないぐらい調子が悪くてね。

故障者が多く出ているから、本来のメンバーとちょっと違う感じがする事実もあるのだけど、それにしても負けこんでいるんで、明日はまた別で、ドイツ代表チームとして、そのバイエルンミュンヘンの選手たちも戦うわけだけど…ちょっと不安な気持ちは隠せないわ…

ドイツ代表で一番見たかった、シュバンシュタイガーが怪我で欠場ってのも、残念すぎる…これ、まじ泣けちゃうぐらい残念。

でも、怪我も含めての厳しい世界だからね…ファンとして、これも前向きに捕らえて応援するしかないのだけどね…

と言うわけで、明日のサッカー観戦の前に、一件でも仕事終わらせて(インタビューとかもあるから落ち着かないけど)夜は、ビール片手にベルリンオリンピアスタジアムで絶叫して来たいと思ってます。

で、土曜日は、また何事もなかったかのように、冷静にこなさねばならない仕事があります。土曜日は結構大変だと思いますが、ここを頑張って乗り越えなければなりません。日曜日からは、これまた待ちに待った、私たちの遅い夏休みスタートです。

ベルリンマラソン前はどうしても休みが取れるような状況(精神的にも)じゃないので、この旅行をご褒美として楽しみに頑張って来たので、やっとだねーって感じです。

これについては、また書きます!仕事、仕事〜〜〜

PS 明日のドイツVSトルコ戦サッカー
日本でもCSで見れるんじゃないのかな?
posted by wakaba at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

ヤパーニッシュ♪

ベルリンマラソンの疲れも癒えぬままに、翌日から本職に戻ったかと思えば、木曜の早朝には、ドイツの別の都市、ケルンに出張で向かったオット。前にその仕事にくっ付いて行った時があるのだけど、車で6時間ぐらいだっけなぁ。こちらの人たちは6時間ぐらいのドライブは別にどってことないってのがいつも感心させられる点。彼に言わせて見たら、道路のクオリティーが他の外国諸国とは全然違うから楽なんだとか。

で、私も仕事が積みあがっているにも関わらず、番長(ベン君)からの電話で、公園に呼び出され遊んで帰って来てからは、なんだか体が冷えてて集中できずに、一度ジムに行きサウナで温まり…帰ってきたら眠くなっちゃって…

って結局やる気がなかなか起きずに困ったことになっているのですが、しゃれにならないのでねじり鉢巻(!)して、気合を入れることに決めました!

が、もうすぐ帰ってくるので、夕飯の支度もしないとねぇ。いつも私が作るご飯楽しみにしててくれるので、こればっかりは私の楽しみでもあるし、おいしいもの作ればお酒も美味しいし(笑)

んで、もって、「何時ごろ帰ってくる?ご飯は、何がいい?この中からリクエストして、日本食?インド?タイ?ドイツ?」

って冷蔵庫のありものでイメージ出来るレシピを頭に浮かべつつ聞いてみると、迷わず“Japanische bitte”(ヤパーニッシュ、ビッテ→日本食で、お願い)って言ってました(笑)

疲れてる時って、日本食が胃に、体に優しいことを、きっとドイツ人の彼も体で覚え始めているのだと思います。

ベルリンマラソン車椅子男子の部で優勝した、副島さんの奥ちゃまから、すんごい悲鳴出ちゃうぐらい素晴らしい和食財のお土産もらったんだよね〜〜〜グッド(上向き矢印)

このブログで、後で全部紹介しなければならないぐらいのシロモノ遊園地←お取り寄せ確定モンです。後で書くね!

その頂いた食材を使って、何か、ヤパーニッシュを作ろう!
土鍋炊き込みご飯と和風ハンバーグかな〜

posted by wakaba at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

ヨギは来れないの(涙)

日曜日…

来週の日曜日は、いよいよベルリンマラソンです…忙しくて頭こんがらがってチョット緊張してきたたらーっ(汗)

色々と…

うまく行きますようにぴかぴか(新しい)

ここ数年、続けて、サッカーサッカードイツナショナルチームのトレーナー、ヨアヒム・レーヴ(Joachim „Jogi“ Löw)がオープニングセレモニーに来てくれていました。

でもね、今年は来れないの…

忙しくてスケジュールが調整出来ず…
私がチケットゲットした、欧州選手権のドイツVSトルコ戦も10月8日に控えているしね、常にドイツのいろんなチームのいろんな試合に足運んでいる人だから…仕方ないかーもうやだ〜(悲しい顔)

このブログの常連さんは私が、どれだけこの人、ヨギが好きか!そしてドイツナショナルチームが好きか!!って知っていると思うので、私がどれだけ残念に思っているかも察知してくれていると思います。

DSC_2055.jpg


ヨギは来られないことになり、別の著名人がスタートセレモニー&応援に…

誰かというと、日本人で知ってる人は少ないかも知れませんが、ドイツの有名な俳優さんです。

KEIN OHR HASENという映画は、自身が監督・脚本・プロデュースも担当したことで有名。

現在、ビールのコマーシャル(確かビールだった…)なんかも出ている旬な人気俳優さん、ティル・シュヴァイガー(Til Schweiger)です。

日本の皆さんは、もしかしたら、1998年のハリウッドデビュー作『リプレイスメント・キラー』か、アンジェリーナ・ジョリーと共演した『トゥームレイダー2』などで見覚えがあるかも知れません。

51uv+sjrUrL._SL500_AA300_.jpg


ぶっちゃけ、全然興味ありません(爆)

ヨギに会いたかった〜
posted by wakaba at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

my防寒作戦

今日も、寒い…私にとっては、肌寒い…
日中は18℃ぐらいあったみたいなのだけど、今は多分12、3度。
これって、暖房つけない気温?

まだ9月になったばかりで、暖房をつけて体を甘やかしていては、いけないと、ドイツ人のように、この程度の気温ごときで、寒いとか言ってるのではなく、へっちゃらで居られるようにしなければ…と思うので、自分なりの努力という事で、頑張って暖房はつけずに、超厚着しています(爆)

私の家の中の現在の格好、すごいです。
厚着過ぎて、肩凝ってきました(^_^;)

そして、防寒対策は厚着のみではもの足らず、それに加えて実施しているのが…

唐辛子ガンガンin味噌汁作戦
どんっ(衝撃)

熱い味噌汁に、これでもかっ!ってぐらい唐辛子を入れて飲むと、カプサイシン効果で体温まるのです(^_^;)
posted by wakaba at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

内緒で…

昨日、家でたまった仕事をしていたんだけど、なんか寒くて、内緒で…

暖房つけちゃいましたっあせあせ(飛び散る汗)

9月1日にいきなり暖房っす…

でもでも…

私は極端に寒がりなだけで、そんな人は多分、ドイツにはいないと思う。

光熱費とかも考えて、このぐらいで暖房は、これは私のエゴだ!エコではないっ!と思って、15分ですぐ消しました。

そして、体を温めるために、ヨガのポーズ15分あせあせ(飛び散る汗)

これであっさり体温まりましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

本当に私の冷え性、寒がりはドイツに暮らすに一番のネックです。

が、甘んずることなく、慣れていくしかない…

クイックヨガいいっすよー
posted by wakaba at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

ドイツっぽい理屈

ドイツってね、日曜日は飲食店以外のほとんどのお店、営業してないんだよ!
レストランでも閉まっているところは多いし。

これって、最初は不便に思った。
東京暮らしに慣れていると、正直、年中無休で、しかも24時間欲しい物がたいてい手に入るという環境。
もはや、スーパーの24時間営業なんて、全然珍しくないでしょ。
吉祥寺のジーンズメイトが24時間になったのも随分前だけど、あの時は、さすがに、「なんでジーンズメイトが24時間営業?」ってすっごい疑問に 思ったけどね。経費、人件費の無駄遣いでしょ、どう考えたって、夜中の3時、4時に買い物しに来る人はそんなにいないはず。

でも、これが実情で、競争の上位に昇りたいが故の必死な現実なのか…そうだとしても利益考えたらマイナスなのでは?って思う部分もあるけど、こう いう過剰に便利であるのが東京でもあってね。

もっと言うと、平日でも店が閉まるの早いよ〜
デパートとかも遅くまでやってなんかないもんね。

東京に慣れている私としては、こちらの日曜日に買い物が出来ないって言うのは、ちょっと寂しい感じがしたんだけど、でもね、考えたら、これは逆に 効率がいいような気もするんだよね。

だってさ、本当に必要なものがあったら、絶対、時間内に買いに行くわけだから、ダラダラ営業してなくてもいいわけよ。でも、ダラダラ営業してくれ てる店があるから、私たち日本人はついつい、想定外の無駄遣いを相当していると思うんだよね。もちろん、日本の皆さんは仕事が忙しいから、店の営 業時間内に買い物に行けないよ!って反論が返ってくるでしょう。そりゃそうだ。
でもね、ドイツはこの店の営業時間は法律で決められているので、みんながみんな、そういうことなわけ。つまり、仕事している人たちの労働時間とか の規則がしっかり守られているわけよね。みんなが守れば、比較的、みんなが同じ条件になる理屈になるから、文句も少なくなる。日曜日買い物に行けなくても、店の閉店が早くても、他の人だって需要に関係なく休む時は休む!ってスタイルとっているから文句も出ないのでしょう。

これ、かなりドイツっぽい理屈。

あとね、この理屈っぽさから生まれる現実でいいなーと思うのは、日曜日はみんな家族と遊ぶ日になったりしやすい。買い物行くって言うようなレジャーではなく、もっと自分たち発信の遊び。家族や子供と公園で遊んだり、昼寝したり、仲間とスポーツしたり、ピクニックしたり、ホームパーティーしたり、旅行したり、散歩したり。お金を使わなくてもいい遊びがいっぱいあることを東京の人たちはあんまり分かってないかも知れないよ。物があり過ぎて。何もかも用意され過ぎていて。

お金をそんなに使わなくても、人任せにせず、自分で何か楽しいこと見つけられる発想はドイツの人に学ぶものはあるなーと思います。

東京慣れしている私は、最初、一日中散歩?とかあり得ない〜って思ったけど、その散歩の中にいろんな物が詰まっているのを段々発見出来るようになって楽しめるようになったんだけどね。

あ〜9月だねぇ〜早いね〜
仕事が立て込んでいるという理由はあるものの、ここ一週間、運動不足、サボり気味…食欲もなくなって来て元気が落ちてる…ここはイッッチョ、無理してても一回体をガツンと動かさないと駄目だわバッド(下向き矢印)

行ってきます!
posted by wakaba at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。