blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年08月22日

パスタのみってことで

明日はトライアスロン当日。

距離聞くの忘れたけど、明日の試合は、目処として、6時間以内でゴールするらしい。
1時間泳いで、3時間バイクで、2時間ラン。
しっかし凄いわ〜

でも、女の人もたくさん出てるんだ。それが、あたかもトライアスロンやってます!みたいな感じの人でない、普通の人たちが。なんか少し体重オー バー何ジャン?って人も、年配の人も…すっごい競技だと思うんだけど、参加者層を見ていると、本当に市民イベントって感じ。

今晩は、そういうことで、料理は特にする必要ありませんグッド(上向き矢印)
プレーンのパスタ、具もソースもなしのパスタでいいそうですグッド(上向き矢印)


posted by wakaba at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

30ユーロ臨時収入♪

先日、オリバーに持たせたおにぎりを絶賛してくれたオリバーの同僚(50歳ぐらいの人)が、息子さんの誕生日パーティーに、是非おにぎりを作って欲しいとリクエストして来ました。

1個2ユーロの計算で10個作ってもらうことは可能かと。

1個2ユーロのおにぎりっていうと、日本で考えたら、かなり高級おにぎりだよね。てんむすおにぎりとか?なんかちょっと変わってるやつとか、めちゃめちゃ食材に拘ってるとか。

でもね、米が5キロで4000円近くする事含め、他の海苔とかそういう食材も日本の3倍の値段するから、そう考えると、ボロ儲けなんてあり得ないし、本当にちょっとだけお小遣いになるかな?ってぐらいなので、向こうがそれで良くて、私にも時間があったので引き受けました。

何より私のおにぎり美味しいって言ってくれたのもうれしいので、10個で20ユーロといわれたけど、コンビ二のおにぎりの小さいやつと同じサイズぐらいにして14個作り、おまけで、出し巻き玉子と、カブの漬物とあと得意のカステラも、パーティーに来る全員分ではないけど、味見程度に入れてあげました。

「お誕生日おめでとうございます」を筆で書いて(大好きな書道道具をやっと仕入れた!スコットランドに友達のライターさんに持って来てもらったの!)、千代紙で鶴を折って、それらを重箱に詰めて、和柄の風呂敷で包みました。

今さっき、取りに来て、一応、おにぎりの中身が鮭、肉味噌、ツナ、塩昆布なので、肉味噌と塩昆布はわかりにくいと思い説明をして、カステラも16世紀からある日本最初のケーキだと説明し(急いでたみたいなのでポルトガルから来て〜とかはまあ適当に省いて)

すっごく喜んで、私に30ユーロくれました!

おい!!すっごい臨時収入だっ黒ハート

こっちは何でも正規の値段に対してチップが付くから、喫茶店でも美容院でもどこでも、メニューに乗ってるお金だけ支払うことってなくて、必ずチップを添えるから、これは正式に仕事ではないけど、そういう感覚なのかな?それにしても20ユーロに対して10ユーロって多すぎるチップだよね!
チップ…いまだに私は馴染みが薄いけど、最低10パーセントぐらいで、ちょっといいレストランとかサービスに対しては20パーセントぐらいまでの幅があるかな。でももちろん個人の判断だけどね。

30ユーロ手渡されて、恐縮しちゃったけど、しつこく、いや、申し訳ないです!いや、結構です!みたいな強烈な遠慮、謙遜…良かれと信じてする超日本的リアクションも、こちら、ドイツではまったく意味がない、逆に気分を悪くされる可能性の方が高いので、素直に、ありがとうございます!よい週末を!って受け取りましたぴかぴか(新しい)

posted by wakaba at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

パワーランチ☆ONIGIRI

昨日珍しくOTTOから「明日“ONIGIRI”作って欲しいなー」とリクエストがありましたひらめき

というわけで、今朝、朝6時におにぎりをせっせと作りました。
仕事場におにぎりを持って行くのは初めてです。

外国人におにぎりってどう写るんだろう?ああやって手で握るのも、ご飯の塊っていうのも、少し抵抗あるもんかな?まあ、大して、おいしい!!と絶賛するような類のものでもないのかな…と、外国人の友達が日本に来るたびに思ってたのだけど、OTTOはおにぎり好きみたい。

日本でもよくコンビニであれだけ菓子パンとか売ってるのに、おにぎり買って来たりするもんね(笑)

炊飯器がないので、朝炊けるようにタイマーをして…っていう事が出来ないので、鍋で炊く私としては、もし朝炊くとなると、これまた時間もかかるし、時間気にしたり色々面倒なので、昨日の夜の内に炊いて、朝、レンジでチン(要するに炊飯器がないので保温出来る物もないし何かとご飯食べる場合は不便です)して、おにぎり作りました。

今週末のトライアスロンに向けて、仕事が終わってからもトレーニングを毎日しているOTTOとしては、食事も規則的に食べないと体調が変になるので、仕事場では忙しすぎてご飯食べないことが多いのを、極力気をつけてはいるのだけど、なかなかうまく食事が出来ないそうです。

しかし、おにぎりが、手軽に片手で食べれて、しかもしっかりカロリーもありパワーランチぴかぴか(新しい)であること、彼も誰に聞くことなく、過去に日本で数回食べた経験で知っているわけですね。

こうしておにぎりを持っていってエネルギー補給!嬉しいリクエストでした〜黒ハート


posted by wakaba at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

二日酔いの日曜です

二日酔いです〜バッド(下向き矢印)

昨日、オリバーのいとこのお姉さん夫婦がデュッセルドルフからうちに遊びに来るというので、折角なのでできる限りのおもてなしをっつーことで、2時から夕飯の支度開始。

日本にいた時みたいに何でも和食材が何でも手軽には手に入らないので、例えば、ポン酢やちらし寿司の元なんか(寿司酢ににんじんとかしいたけ煮たのがミックスされてるやつ)も自分で作るし、餃子の皮も自分で作るので、大変な時間がかかる。

それでも2時からで6時半までに支度すれば間に合うとなればどうにかなると思ったのだけど、なんだかモタモタしてたのか、結局間に合わず…このおもてなし精神も、もう少しラフにカジュアルに捉えないと結構大変ね。日本人は家に人を招いて〜って言うのが、特に習慣でもないと思うので、ついつい特別のことという感じで構えてしまう。がんばり過ぎてしまう。

こっちの人は人を食事に招待するなど慣れっこなので、本当にいい意味で適当にうまくもてなす。

私の場合、がんばり過ぎているというか、和食やアジアン限定を期待されるので、そこがネック。

でも、まあ、私の料理をゲストが喜んでくるのを、オリバーが何だか知らないけど、すっごい自慢げにうれしそうに喜ぶので、それが私も楽しくて、少々大変でもありがたいと思ってやってるのだけど、その代わり、日程はかなり厳密に調整します。ひとつでも別に用事があったら、ここまでできないもん。

色々仕事の話なんかもありつつ、楽しく時間を過ごし、親戚のその夫婦もお酒好きなので、ワインを散々飲んだあと、ウイスキーを飲み始めた。結構飲んじゃって…

ひどい二日酔いではないけど、とりあえず、私は昼からのヨガのコースに行く気力がないもうやだ〜(悲しい顔)
台所を見たら余計になくなった。片付けをしなければ…

オリバーも二日酔いだーって言ってたけど、回復力もすっごいんだよねー気分の問題かね?彼はいつも機嫌がいいからね…さっさとバイクトレーニングに出かけました。

そうそう、オリバーが最近すごいんだ!
来週トライアスロンのレースがあるのだけど、多分、前回日本に帰った時より軽く10キロは減ってる。
毎日、本当に毎日、見る見る絞られていくの、すっごいよ!
日本に来た時の様子を見たことあるみんなが知ってる印象とはまた違うストイックな彼の性格が出ている結果ではあると思うけど、でも、これ欧米人と日本人の筋肉量と基礎代謝量の違いの話のいい例だと思う。

面白い話があるので、また後で書きます!

とりあえず、モチベーションをアップする作戦を考えて、台所を片付けなくては…

posted by wakaba at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

ただいまー♪

お久しぶりです〜目

月曜日の夜にスコットランドから帰って来ました飛行機

その日の夜は、義ママのお誕生日バースデーだったので、空港に迎えに来てもらった足で、そのまま食事に出かけました。

事前に聞いたうわさや想像をはるかに上回るほどのスコットランドの食事のまずさ…ガチでした(汗)

お腹が空いているのに、食べる気にならないっていう。

私とオリバーなんて比較的何でも食べるのに、この二人がギブアップだったのです。

マクドナルドやケンタッキーはどこも同じだろうと思いきや!
マックのポテトは「昨日のあまりですか(汗)」っていうものだし、パンはマックに限らずだけど、どこも固くてパサパサですごい冷たい。
ケンタッキーも肉を揚げるあの調味料は全世界共通かと思ってたんだけど、ぜんぜん味が違う、半端なく不味い上に、鶏肉は硬くてパサパサで飲み込めないほどだし、衣も超硬くて、しかも冷めてる。コンボで頼んで付け合わせで出てきたとうもろこしなんか、離乳食か!?って思うような…ポテトもパンも当然冷たくて。

UKは、インド人が多いらしく(植民地時代が背景)インド料理専門店は3回行った。行くところなくて。そこは日本のよくあるインド料理専門店的な感じで美味しかったけど、高いし、さすがに毎日は食べられない。さすがのオリバーも3日目にして、いつもの家のご飯が食べたいって嘆いてました。

結局、TESCOっていう大型スーパーで果物とか買って、あとは日本から来た人にカップヌードルもらったりして食べてました。

夜は私はビールでお腹を満たしてました。

たまにラッキーで観光客のいない小さなカフェやベーカリーを見つけ、そこで食べるケーキ類はまあまあでした。
でもこれもケーキばっかり食べてられないしね。

10日間、本当に不健康な食生活で、これに関してはうんざりでした。レストランでサラダ頼んでも、こっちの人は野菜食べないのか?ってぐらい、いつの野菜だかわからないぐらい、しなびたものが出てくるし(サラダ食べる人が多ければ回転してるはずだからあんなにしなびたものはストックにないと思う)

で、ぶっちゃけた話…見た目、不健康な人がやっぱり多かった。すっごい不健康に太ってる人が多くて。スコットランド、食生活を改善しなければならないと思った。

フィッシュアンドチップスっていう食べ物が有名かと思うのだけど、これに関しても、他のと比べたらましか?って錯覚は起こすけど、なんっつーか…普通。それにこれも連日は食べれない、超オイリーですから。

逆に、あれだけきれいな川があり海もあり魚は新鮮で美味しいものが取れるであろうに、全部あんな料理の仕方ってのもなんかもったいないと残念に思った。

要するにチップスっていうのは、フライドポテトでフィッシュは白身魚のフリッター的なもの。これが、また味がついてないってのが笑えた。
普段、なるべく塩をかけないで薄味でと思う私が、塩がないと食べられない料理でした。
日本は魚でもいろいろ調理法があって、本当に食が豊かだなーと思った。

それにしても、大昔じゃあるまいし、なんであんな感じなんだろうか…とある意味不思議だった。

田舎だといっても、外国人も来るし、テレビだってあるのだから、少し興味を持てば食事だって何だっていいものを取り入れること、試してみることはできるはずなのに、そういうこと(新しいものへの興味や挑戦)を好まない国民性なのかな?とか、本当にあの食べ物のまずさひとつで、スコットランド人への不思議、疑問が山積みになりました。

というわけで食事はいまひとつというか、全然無理!!って感じでしたが、それ以外は、すばらしく充実した10日間でした。

ゴルフトーナメントはもちろんですが、スコットランドの大自然もウイスキーも満喫したので、写真と共に少しだけになりますが紹介して行きます。

とりあえず無事帰国しました、取り急ぎ!
posted by wakaba at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

デート!

今朝は、昨日の力みの2時間でサッカーぐったり疲れを引きずっていましたが、私にはデートの約束がありました。

MIKAとのデートです!

朝8時待ちあわせだったもんで、ちょっとだるかったんだけど、私の顔見たら途端に笑い出した彼を見て、疲れとか日本代表負けちゃったのとかどっか飛んで行っちゃった(^_^;)←(あ、ごめん、日本代表の皆さんあせあせ(飛び散る汗)

1歳1ヶ月の男の子です。

二人っきりになるのは初めてだったので、緊張しました、多少。
動き回るので目も離せないし、そもそも、向こうも緊張しちゃって、泣き出したりしないかどうかと…

ところがどっこい!

全く、問題ありませんでした。
あっという間の7時間デートでした。

何が大変って、食べさせるのが大変だったけど、コツも見出して来た(笑)そして、“カンパ〜イるんるん”を教え込んで来た手(チョキ)

本当は、今つたい歩きをしている段階なので、この7時間で歩けるようにしてやるっっ!!って密かに思ってたの(笑)

パパママを驚かせてやろうと(笑)

でも、これは無理だった(笑)

次のチャンスを狙います!

DSC_0550.JPG


お家にすっごい大きな庭があり、洋芝なので…もう少し大きくなったら、庭でゴルフ教えるか!?とも企んでおり…バンカー(↑砂場)もあるし、ウォーターハザードもある↓(ミニプール)

DSC_0554.JPG



私たち、めっちゃ相性が良いみたい黒ハート
posted by wakaba at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

AC/DC

1973年に結成されたヘビメタバンド。

キャリアも長い上、世界中で売れに売れているヘビメタバンドの代表の一つでもあり、今でもファンは増え続けているそうです。

一言でヘビメタという言葉から想像出来る雰囲気のバンドとちょっと違う特徴もあり、ミッド・テンポの曲やブルースっぽい美しい曲もあるので、私も何曲か好きなものはあるけど、一般的にヘビメタと聞いたところで私の興味はかきたたない。疲れちゃうんだよね、なんだか。
私のタイプの音楽ではないです。

私が好きなのは、昔からR&Bのスローテンポの曲。
私のCDコレクション、気付けば9割は黒人さんなのです。

それに比べて、オリバーのCDコレクションには黒人さんのものがない。あ、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(Buena Vista Social Club)はあったな、CUBAの。

白人音楽と黒人音楽って明らかにテイストが違うと思うのだけど、綿地たちの性格がまるで反対なのとこの傾向は同じ意味なのか?

ベルリンは世界一といわれる規模のクラブなどもあり、テクノ音楽とか大人気みたいだけど、私は私はテクノとか全然好きじゃない!っていうか、はっきりいって嫌いなのです。あの動きとか気持ち悪いし、とにかく全く体に入ってこないし、聞こえてくるだけで疲れる。でも、白人の人たちはこれが心地よいんだろうかねーあんだけ人気なんだもんねー

これに関連して日ごろこちらで気付くことをいうと、白人の人たちは、黒人の人たちの裏拍子のリズム取りがすっごい苦手なの!これ、絶対ある!白人のリズムが表だったら黒人が裏…
わかる?ヒップホップの裏拍子のとり方。

ジムとかでダンスやエアロビのクラスとか見てても、裏拍子で先生がリズム取ったりすると、動けてない人が9割以上。

私は、細川たかし、北酒場をヒップホップダンス付で歌うことを特技としていたワカ父の血が濃いので、白人のタテノリが苦手な代わりに、裏拍子は板についてます(笑)ヒップホップダンス、遊びで習った時も吸収が早くて先生に褒められてた。こういうのもDNAの中に組み込まれている遠い昔の記憶なのかもね。私は子供のころから自分が、前世、くじらであり、黒人であったと思ってますドコモポイント?!

あとは、私がAC/DCみたいなヘビメタを普段好まないのは、私の頭の中、性格、生活そのものがヘビメタ状態になっているから?(バッタバタの性格)だから、音楽には静かなR&Bやクラッシックを求めるのかも…?

反対に、オリバーは性格や普段の生活がクラッシックだから、時に違う刺激を求めてAC/DCとか、激しいヘビメタも好きなのかも。

そう、今日、彼は、そのAC/DCのコンサートに行くんだって。
しかも、VIPとしてご招待なんだってさ!
席はもちろん、食事やお酒まで出るとか。

大好きなバンドのコンサートにそんな待遇で招待されるなんて、興奮するわね、いいねー

posted by wakaba at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

ドイツ&オーストリア民族衣装

昨日の「これ欲しい!」って記事へのコメントで、「写真が見れないよ〜」という声を頂き知りました!

時々、私はネットのニュースをそのままブログ記事に出来るっていうものを利用して、写真をアップしているのだけど、どうやら、それは携帯電話から見てくれている人たちには見れないようです。

WWWちゃん、ごめんね〜!

で、それがどんなものか、携帯電話から見れなかった人のために、そう言えば…と思い出した写真があったのでアップします。

Hochzeit (803).jpg


これは、昨年秋、友達のイタリア・フィレンッエでの結婚式に参列した時の写真。

南ドイツではなく、オーストリアの民族衣装なんだけど、南ドイツのもこんな感じです。真ん中に女の人、3人それっぽいの着てるでしょ?
左の男の人、2人のも、民族衣装だよ。

私が意味しているものより、デザインは地味目だけど、ウエストがギュッと絞られて、胸元が開いていて、エプロンみたいなのがついてるドレスっていうか…そういうのです。

新婦がオーストリア出身で、新婦の家族はオーストリアの民族衣装でやって来たんです。

フィレンツェの街でも、観光客に写真をばしばし撮られてた。私が着物着て、フィレンツェに現れるようなものだと思うよ。まあ、着物の方が絶対目立つけど(笑)

オーストリアの民族衣装だけど、南ドイツの民族衣装とほとんど同じです。

絶対、映画とか、童話とかアニメとか…どっかしらでみんな見た事あると思うよ〜

ふ〜これから学校だけども〜
今日からサッカーワールドカップ…サッカーぴかぴか(新しい)

岡田監督バッシングばっかり聞こえて来た日本だけど、さすがに直前は盛り上がってるの???どうですか〜〜〜〜

posted by wakaba at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

刺激受けるわぁ〜

月曜日から、学校に再び通っているのだけど、このコースは、外国からドイツに移り住んだ“移民”として受ける義務のあるコースで、語学学校ではあるけど、文法や読み書きにフォーカスをおいているのではなく、あくまでも、移民としてドイツに暮らす以上、必要最低限のドイツの常識や認識など、この国について学ぶことがテーマになっています。

たった3週間のコースではあるのだけど、内容は…

1週目 Mensch&Gesellschaft
2週目 Geschichite&Verantwortung
3週目 Politik&Demokratie

となっています。要するに、ドイツの人々、社会、歴史、責務、義務、政治、デモクラシーなどについて一気に情報を入れる3週間です。終わりにテストもあり、これも移民として義務付けられているようです。

この2,3日で、まーーーいっぱい勉強してるよ、ドイツのこと。
あと、クラスメイトはロシア人、フランス人、ボリビア人…彼らの国のこと、文化なども、具体的に聞くことが出来て、非常に興味深いです。

色んな国の人と出会えるという点で、語学学校は吸収できるものが知識としての気付きだけでないと言うのが、これまた面白い。

でも、今回はあくまでも、ターゲットは“ドイツについて学ぶ”です。

日本にいる外国人の移民の方々にこのような義務はあるのでしょうか?

私は、この義務をとても素晴らしい「機会」だと思っています。

異国で健全に充実した暮らしをもたらすには、その国を知る必要は絶対にあります。異国に来ても、自分の国のルールが絶対だと言う発想で暮らしていれば、早かれ遅かれ、どこかで問題は発生するでしょう。

日本のように大人しい国(言いか悪いかは別)で育った私たち日本人は、外国で問題児または、問題視される事は比較的少ないと思います。

日本では自分の意見を主張するのも、時に気をつけないと嫌われます。あまり優秀だと僻まれたりもしますし、自信満々でいる人に対してアレルギー体質がある人が多いのも特徴でしょう。

この文章を読んで、私に対してそう思う人もいるかも知れないけど、私も子供のころから「本当のこと言ってるだけなのに、“自慢?”とか言われて、なんか否定的な態度を示されるのが意味がわからない」って、ずっと思ってたんです。

ひがみ、ねたみ、やきもち…そういう部類のものなんだけど、それらって、本当のことを言っている人に対しての正しい感覚なのか?って思ってね。

本当のことって言うのは、例えば、テストで100点取ったとか、旅行でどこかに行ったとか、ドライバーゴルフで250ヤード飛ばしたとか?(笑)…何かに対する意見とかじゃなくて、そういう日常の事実の出来事。それが否定されたり、自慢?とか嫌味言われたりするのが、私は昔から気持ち悪くて、これは体質に合わなかった。

でもね、こっちは、この例えで言うと、私の感覚が正当。嫌味に捉えられる自慢って言うのはもっと別のレベルで別の話。事実を伝えているだけのことに大して、いちいち、ひがんだりする人の割合は、欧米のほうが日本より少ないかも。何でだろう?

遠慮して、自分を過小評価したり、本当は出来るのに出来ないって言って見たり…謙遜ってこれなの?なんか違う気もするけど、とにかく不必要にも関わらず自己を小さく見せるのが時として美徳とされるような文化があるのは、結構独特かと思う。100%悪いとは言わないけど、私は、見せ掛けの(本当はそうも思ってないのに)自己の過小評価はちっともいいと思ってないタイプ。これ、小学校の時に既に思ってたこと。

もちろん過剰評価して、たいしたことないのに、たいした話にするのはうそになるのでよくないと思うし、こっちでもそういう人は信頼を失うと思うけど、小さく見せるでもなく、大きく見せるでもなく、正直なのがいい。ありのままでいい。シンプルなのがいい。

奥さんが綺麗ですねーと褒められて「いやいや〜全然そんなことないですよー」とか言う男の人は、何が狙いなのか、何考えてんだかよくわかんない(笑)

これが日本の美徳ならばしょうがないけど、それは違うだろ〜?と思う。

ありのままでいい、シンプルでいい…とすると、奥さんや旦那さんを褒められてうれしくない人はあまりいないのでは?
素直に、その褒め言葉に便乗すればいい。自分のことを褒められた時も同じ…って感じ。
でも、これに便乗するには、ある意味、自信がないといけないとも言える。これまた日本人の問題点。ここが昨日の子供教育について語られたテーマにあった私が面白いなーと思ったところなのだけど、また別の時に。あ、もしくは、褒められて照れるから、否定をする???こういう傾向???あるね〜〜〜でも、これはもっと、意味がないと思う。

遠慮したり、謙虚である事が、ある意味日本人のスタイルで、好意や敬意を示す一つの手段だったりものするのだけど、こっちでそれが、通用すると思ったら大間違い。言いたい事もはっきり言えない人は、どんどん置いていかれるどころか、日本人のあの大人しい感じ、黙ってる感じは、謙遜も含め、表面のみな感じ、逃げてるだけみたいな感じ、参加してない、やる気がない感じに映る事が多く、相手をすごくイライラさせて、怒りを買う行為であることもしばしばあります。

私はもともと、日本でどっちかっていうと、ひんしゅくを買う“はっきりしてるタイプ”ですので、こちらでは、逆に問題はありませんが、それでも、やっぱり、言っても仕方ないこと、余計なことは言わないでおこうと黙ると、予想外に人を怒らせたりします。

そういう事も、このクラスを受けて、ドイツの社会や歴史、政治について学んでいけば、間接的でも自然に情報として、必要なものが色々入って来ますし、それを元に、勘も働くようになるのです。

移民の私が義務で受ける“Integrationskurs”素晴らしいと思います。

昨日学んだテーマもすっごい興味深かった。

何個かこのブログでもみんなに話してみたいものがあったので、時間がある時に書きます。つか、書きたい。

ドイツの親の子供教育方針についてでした。日本とやっぱその時点で大分違った(笑)





posted by wakaba at 02:13| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

ヨガ〜キモチー

久しぶりにヨガのレッスン受けて来ました。
私が行ってるスポーツクラブのコースなんだけどね。

日本で今から15年ぐらい前にヨガに夢中になっていたのは、私がめぐり会った先生が、まあなんと素晴らしい先生であったことが一番の理由。

先生に情熱があって初めて生徒がついてくるのは、私も教える仕事をしていたものとして分かっているつもり。でも先生側の情熱だけでもどうにもならないのも事実。やっぱり、先生ならば、先生としてしっかりとしたものを持っていることは基本中の基本。

だけど、案外スポーツクラブのインストラクターがやってるようなヨガレッスンは、浅い知識っていうか、商売で数時間の講座を受けさせて、適当な証明書的、資格を発行されて、やっている人も東京では、多かった。今はもうヨガブームで専門の先生が増えて、習う側の環境も整ってると思うけど、15年前は、エアロビのイントラの延長みたいな人とかたくさんいた。

私は尊敬する先生が二人いて、その二人は師弟関係にあり、一人の先生がインドに帰った後、私の引越しがあり、新幹線で通ってでも月に一回でもいいから受けたいと思ったけど、そういうわけにも行かず、その後近くで探したんだけど、全然ぴんと来る先生に巡り会えず・・・

正直、最初に出会った先生が良過ぎたんだと思う。

ずっとプロゴルファーにゴルフレッスン受けて、耳も肥えてきてセンスも磨かれてきたアマチュアが、練習場で、隣打席のオヤジに、あーだこーだアドバイスされても素直に聞けないのと同じわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

残念ながら、忙しいのも色々重なって、それ以来私はあんなに夢中になっていたヨガを離れてしまった。

大分ならったし、先生に進められた、マニアックなヨガ本も買って、自分でやったりすることもあったけど、続いてなかった。

でも、今思うと、ヨガをやっていた時は体調がよかった。
私はヨガの持つ、治癒力っていうのかなー不思議な効果を信じていますぴかぴか(新しい)

で、ドイツに来てから一度だけヨガのレッスン受けたことあったんだけど、実は私が去年の夏に足を怪我した後に暫く走れないので、そのつなぎで出てみたんだけど、ヨガもかなり、その足の患部に負担をかけたので、痛くて止めたんです。それ以来、ドイツで2回目かなー。

先生は男性、雰囲気のある人で、軽くメディテーション的なことをしてから入る。

私のリスペクトしていた先生の感じに似てる…だけど、そこが今度はネック!
なぜなら、ヨガのものの表現の仕方って、結構複雑で、手足をどう動かすとかそれだけじゃないんだよね。むしろ、そこじゃないんだよね・・・

イマジネイティブでないと付いていけない時もあるんだよね…

私の昔の先生は、体の部位だけじゃなくて、内臓や骨の名称までフルに使って私たちにイメージさせてたし、それと似てるもんで、それがオールドイツ語となると、正直、さっぱり分からなかった(笑)

でも、ヨガ経験者であるので、人のを見ていれば、何をしようとしているかは大体分かったので、充実した時間だったけど、それにしても、横隔膜がどうのこうのとか、子宮がどうのこうのとか、私の前の先生が言ってたことと同じことを言ってるとしたら、私があと何十年もドイツにいても分からないぐらい複雑な話だと思う(^_^;)

ヨガって、意識がすごく大事なので、見た目、同じ形、同じポーズが出来ても、それはヨガではないんだよね…
って、素人ながら私は思う。

だから私が、ドイツ語でヨガをやるなら、先生の説明がちゃんと理解できるようにならないと、単なる、ストレッチに毛が生えたみたいなものにとどまり、ヨガっていえるものには到達出来ないんだと思うんです。

今日、改めて、まだまだドイツ語マスターへの道は長いなーと思いました船

それにしても、ヨガはやっぱり気持ちがいい!
久々だったけど、まだまだ柔軟性は衰えてなかったよ!続けないとね!

posted by wakaba at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

やっと夏が来たかも?

ストックホルムマラソン、スタートが2時だって言ってたから、もうゴールしてるころだろうなー

しっかし今日はベルリンも暖かかった!
一昨日から、ようやく夏が来たかも?!って思わせる天気で、スウェーデンも朝から気温が上がってたみたい。

私は寒い、つか、激サムの雨の中のマラソンしか経験がないけど、暑いのも苦しいだろうなー

でも、私は寒さより暑さのほうが全然耐えられる…と思ってるけど、またマラソンになったら話は別だろうなー


ベルリンは今年は本当に寒い日が続いて、これまでの歴史で一番寒い5月とも聞きました。

寒いのが苦手な私にとって、これは嬉しいことではないけど、年がら年中冬服みたいな格好しているのも慣れました(笑)

って、私は人より厚着だから、この厚着がしばしば笑われるのだけど、多分、これも体質の違いがあって、こっちの人はやっぱり筋肉量とか多くて、体が熱いんだと思うんだよねー

私がやっと秋口ぐらいの薄着になれたころに、タンクトップで歩いてる人とかいるし。

代謝がいいから、体が冷えてないんかな。私は、冷え性でこれは本当にどうしたら治るのかなって思うけど、今までの経験では、やはり冷え性は冷え性、体質。でも、よくなった傾向が見られたのは、ヨガを夢中になってやってた時と、続けて走ってた時。あと酒飲んでる時(爆)

今は運動不足でより一層、何か体の中のものが滞ってる感じで、だるいです。足がよくなればまた少しでも走りたいなーと思います。

オリバーは明日夜遅く帰ってきて、また明後日の朝5時おきで仕事。
こういう忙しい感じが好きみたい。私は無理だわー

私も7日月曜日から学校です!
そして、ワールドカップまでもあと1週間だねサッカー


posted by wakaba at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

こんなドイツ人友達

OTTOは今日、スウェーデンに行きました飛行機
ストックホルムマラソンにて、ちょっとお手伝い、そしてついでに走ってくると。いつもマラソンイベントの手伝いに行くと、ついでに走る彼ですが、42・195キロをついで感覚で走れるのって、いつもすごいなーと思います。

でも、彼の友達でこんな人もいます。

彼は40代半ばの普通のサラリーマン。
特にトレーニングしているわけでもない人。
家に行くと、手作りの家具とかピアノとかがあったりして、ガーデニングもかなりだし、ものを作るのは好きみたい。

あと、食べるのが大好きで、起きてたらずっと食べてるから、太るのを気にして、早く寝るようにしてるって言ってた。

一見普通。
でも、よく話すし、笑うし、健康的な外見はある。でも、特に専門的に取り組んでいるスポーツなど何もなく、普段走ったりもしていなかった。

でも、この人、ある日を境に週に一回だけ運動する日があると。

彼、実は、ほぼ毎週末フルマラソンに出ています。

ある日、会社帰りに高速がものすごい渋滞してて、その渋滞に耐えられずに、ふっと景色を見渡したら、隣町でマラソンイベント開催の様子。

そこで、車を止めて、いきなり飛び入り参加し!初マラソンにも関わらず、何の問題もなく42キロ走り終わったころには渋滞も収まってて、それで家路に付いたと。

それ以来、42キロ、別にどってことないや!と思ったらしく、食べるのが大好きで食べることを止められないから、早寝をしてたけど、それにさらに週一のマラソンを加えたと。

トレーニングと本番兼用で、週一回!
ドイツ人のふつーの50手前のおじさんだけども、毎週末太るのが嫌だからってフルマラソンをし、食べ過ぎてしまった週は、今ではトライアスロンに出ているそうです。

すごくない?この発想も体力も。

このマラソン走ってる最中も、一回ケルンマラソンの時に見たんだけど、なんだか周りの人に話しかけたりして、楽しそうなんだよねー(笑)

彼みたいに、何もトレーニングしてないのに、いきなり出来ちゃう、ただのスポーツ万能ではない、超運動神経優れてる人っているんだよねー

それにしても、会社帰りの渋滞に耐えられずに、車止めて、町のマラソン大会に飛び入りで初マラソンっていうの、すごいよね(笑)

私のドイツでの自慢ネタ友達の一人です(笑)

OTTOの出かけたSWEDEN、ストックホルムは私も一回行ったことがある。あれ何年だっけね>由希ちゃん?2000年ぐらいかと思うんだけど…

ストックホルムはアメリカばっかりの私にとって、私の初めてのヨーロッパだった。当たり前だけど、いき慣れたアメリカとは何もかも違ったけど、あまり英語が通じる感じがしなかった割には、ここなら住めるかも?って思ったぐらい印象はよかったんだよねー。アメリカは回数や日数をいくらこなしても、やっぱり「こえぇ〜」って思うことが結構あったから(^_^;)

ストックホルムマラソン当日、天気がよいといいね>OTTO

前回の東京マラソンの時は、気温2度とか、雨に留まらず雪が降ったとか、とにかく最悪だったので〜(って根に持ってるのは私だけだと思うけど)

東京マラソンの時は私のペースメーカー兼、応援として一緒に走ってくれたからタイムも何もなかったけど、今回はそこそこ自分なりに最低でも4時間は切りたいと思ってるみたいですー

がんばれ〜くつ


ハート
posted by wakaba at 19:29| Comment(5) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

ベン♪

一歳になったばっかりのBEN黒ハート
ジャンボベイビー黒ハート

超かわいいですー
常に、よだれが、ライオン風呂のごとくですぅ〜

Ben 009.JPG


オリバーに逆さづりにされてるのが、BENのお姉ちゃんのLENIです(笑)

Ben 011.JPG


これで、まだ4歳になったばっかり。
身長大きいでしょー
逆さづりで縦長に見えるんだけど、それにしてもドイツの子供たちはやっぱり大きいです。

この前、日本人のママとドイツ人のパパのハーフの3歳の女の子にその子の幼稚園で会ったのだけど、同じ年、それでも誕生日が半年以上その子の方が早いのに、体全体、骨格も1.5倍ドイツの子供たちが大きかった。

同じ年の子達がしていることを、その日本人のハーフちゃんが真似するのが危なくてね。体大きくて筋力も体力もありそうなドイツ人の子供たちが少し高いところからジャンプとかすると、楽しくてつられて飛ぶんだけど、体がついて行かなくてね…

ドイツのそのぐらいの年齢の子供たちの運動能力の平均値は体の大きさからして、やっぱり日本人の同年代の子供たちより必然的に上だと思うのですが、これこの小さな女の子に与えられた環境で、その中で、知らず知らずにたくましく育って行くんだと思いました。

私はOTTOのお母さんが70前にして、ものすごい体力で、すっごい美人で若いので、そのお母さんに刺激されて負けないように頑張りたいと思ってます(^_^;)ほんと、すごいんだから…(^_^;)
posted by wakaba at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

旅行計画

今年は、既に2月の日本、3月のハワイ、4月はドイツ国内旅行で、7月はスコットランド、10月はオーストリアに11月はアイルランド、1月はイタリアに雪山旅行が決まっています…飛行機

そして、来年の2月はできればまた日本に帰国したいと思っていて、そして、4月はオランダへ…これは、昨日話をしたオリバーのいとこ夫婦が、何年になるか分からない長い長い世界一周旅行に自分たちの船で二人っきりで出かけるのを、見送りパーティーで船

一体、どんだけ旅行するんだ?って感じだよね。

8月は日本から友達が来るし、9月はベルリンマラソンだから大忙しだし。

オリバーは、来週のスウェーデンはEU内だけど、年内、ロンドン、ボストン、シカゴ、ニューヨークって外国にも何度も出ます。

家での〜んびり出来る時間はある意味とても貴重な私たちです家

でもね、これだけ出かけたり仕事でバタバタしていても、二人の工夫や考え方次第でいくらでも、一緒にゆっくりくつろぐ時間を作れることに気付きました。

なんでだろう?
これは、やっぱり日本と違って、異常な労働時間が普通になってることなどありえなくて、仕事をする人に休みがきっちり確保され、保証されているからでしょうかね?もちろん、家族を大事に、家族との時間を大事にする事が一番!って思っている人たちが多い価値観の問題が一番のベースだとは思うけど。

これだけ予定があって二人とも忙しくしていても、日本にいる時より、ずっと時間をうまく使えている、余裕があると思えるのは不思議です。

これだけ旅行の予定が入っているけども、実はドイツ国内旅行が少ないでしょ。でもね、国内でも、本当にまだまだ見てないところだらけで、素晴らしいところがたくさんあるんです。正直、ベルリンから1時間以内でもすっごいいいところたくさんあるしね。

そして、オリバーの親戚の叔母が一人ですっごい大きなお家に住んでるらしくて、寂しいからいつでもおいでっていわれているの。

それがミュンヘンでね!
ミュンヘンといえば、バイエルンミュンヘンサッカーとも言えるのだけど〜(笑)それは今日はおいといて〜、このミュンヘン、またはバイエルン地区は、壮大な自然に囲まれた素晴らしいところなんです。アルプスの少女ハイジの世界のイメージ。

上の旅行予定には入ってないのだけど、このミュンヘンにも今年、どっかでチャンスがあったら行こうって言ってます。

本来ベルリンから7時間ぐらいかかる(すんごいスピード新幹線でアオトバーン走って車(RV))のだけど、オリバーはバイエルンミュンヘンサッカーの試合を見に行くと友達と、サッカーの試合を見る為だけに車6時間往復走らせられる人なので、週末だけだとしてもミュンヘンまで行こう!っていうのは十分可能なんです。いつでも行けるのです。

折角ヨーロッパ旅行のチャンスがあったとき、日本人なら、あっちこっち名所をとにかく見たい!と思うでしょう。

私が此方ドイツの人たちにいつも言われるのは、「日本人は、すっごい短い時間ですっごい量をこなす!」ってことです。名所から名所へ。2,3分見たら、はい!次!って次へ移動し、またそこで2,3分見て、はい!写真撮って!はい!次!!って印象だって、本当にいままで何人の人たちに同じこと言われたか。

折角の休暇なのに、バタバタしてて、全く休暇に見えないと。

私も気持ちは分かる。だってヨーロッパなんか、日本からしたら遠い遠い一生に一度いくことがあるかどうかのところだもんね。

でもね、例えば、森の中とかのお城のホテルとか見つけて、のんびり過ごすのも、バタバタたくさんのものを見て回るとはまた別のすごく充実した時間が過ごせるんですよ。でも考えてみたら、そういう地元情報をベースにしているツアーを紹介している日本旅行社もないよね。観光地ばっかりで…。休暇をどう過ごすかなんて人それぞれの価値観で、自由だけども、観光地をただひたすら短い時間にどれだけ周れるかが勝負のツアーしかなければ…それしか知らなければ、選択肢もそれしかないって言うのが現実だね。

いずれ私オリジナルの旅行本作りますよ(#^.^#)

posted by wakaba at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

平均年齢71歳

先日、OTTO父母と、親戚の叔父叔母と私たち二人、6人で食事に行きました。

OTTOがみなに声を掛けての企画。
私は親戚の叔父さん叔母さんに声かけて、食事ご馳走するから会おうよ〜なんてこと、したことないので、えらいなーと思っちゃう。

私の経験したことのない、家族感がこのバッハ一族にはあります。

もちろん、親、兄弟、親戚なんかお構いなしで暮らしているドイツ人もいるだろうけど、OTTOファミリー含め、OTTOの友達、私たちの周りは、みんな家族、おじいちゃんおばあちゃん、親戚いっぱい全部含めて仲良しが多いので、いつも関心させられています。

で、その食事会、平均年齢は私たちを除くと71歳ひらめき

が!とんでもないパワーですむかっ(怒り)

私は一言も喋る幕なし!一切なし!

OTTO父だけ大人し目だったけど、それでも要所要所でブラックジョークキメてた(笑)

残りの3人はそれぞれがマシンガントーク爆弾
すんごい元気で驚いちゃうよ。

みんなそんな状態だから、誰が喋ってんだかわからなくなって来ちゃうときもあって、そうすると、すかさず
「ちょっと!いま、私が喋ってるんだから!」
「あ!それ!!私(僕)が話す!!」
みたいなフレーズが何度も(笑)

私もさ、話聞いてて、「あ!そのトピックだったら、私もネタある!」って思っても、彼らがすんごい勢いなので、「まあ、今日はいいか〜」と諦めて完全聞き役。

平均年齢71歳とは言え、超健康大全快!!びっくりですよ。
すごいよ本当に。

しかも、私たちと同じ量食べるし、飲む。

日本の70代と何がそんなに違うんだろうかね…(^^ゞ
やっぱ基礎体力かねぇ?
posted by wakaba at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急ニュース

在ドイツ大使館より、今、メールでこんな緊急ニュースが送られて来ました。

在留邦人の皆様へ
2010年5月26日 不発弾の発見に伴う非難命令について
(26日午後6時30分の状況)

1.ツェーレンドルフ−シュティグリッツ区内のズンドガウアー通り(Sundgauer str.)において、地中から200キログラムの不発弾が発見され、現在、半径500メートルの範囲で非難命令が出されています。また、S1・ズンドガウアー通り駅 (Sundgauer str.)も閉鎖されています。

2.今後の警察による対応としては、午後7時頃に不発弾処理班が現場に到着して不発弾処理を行い、約3時間後の午後10時頃には、右避難命令が解除される見込みです。

3.したがいまして、同地区にお住まいの方、または同地区近隣へ立寄る予定のある方等は、現場に配置・警戒している警察官の指示に従うとともに、十分な注意が必要です。
在ドイツ日本国大使館


生々しいね。

日本ではこんな体験ないものね。この先どうなるか分からない、非常に危ない瀬戸際にあるけども、今のところはこういうこと…ありえないよね。

日本が、世界を見ても歴史的にすごく特殊な、どの国にも占領されたことも植民地にされたこともない国であること、忘れて欲しくないです。

先人のお陰で今の日本がある事を、いつもこれは忘れちゃだめなんだよね。民主党の日本潰し計画などに、賛成しないまでも、関心を持たずに知らずにいることは果たしてこの先人たちはどう思うでしょうか?

知らずにいた方が楽なことは、本当にたくさんある。
でも、知らない事で、この私たちの国、日本を崩壊してしまうような事態を招くことになりかねない危機感を皆さんにも持って頂きたいです。

この発見された爆弾については、また後に詳細が知らされると思います。ちなみに、この警告が出ている地区ではありませんが、遠くはありません。

少し前に紹介した硫黄島のお話ですが、まだ見ていない人もいるかも知れないので、再び前記事のリンクを載せます。

こちらをクリックして、この動画をぜひとも見て頂きたく思います。
日本人の魂を感じて下さい!

HAPPYSONG@にっぽんの歌より

これは、年齢に関係なく日本人であったらすべての人に見て頂きたい、本当に心からそう思う演説です。


posted by wakaba at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

メルケル発見!

OTTOが最近見る見る絞られていくという話をしましたが、どうやら来週末にストックホルムマラソンがあるのと、8月にトライアスロンがあるから真剣にトレーニングしてたみたい(笑)日常的にスポーツはかかさない人だから、普段のルーティンかと思いきや、ちょっと違うみたいでしたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)話半分聞いてない私は、あ、そうなんだーと納得(笑)

で、今日も仕事帰りに走って帰ってきたのだけど、少し大回りをして2時間コースを選ぶと、イギリスの新しいPrime Ministerが初めてのベルリン訪問をしていたようで、メルケルと一緒にOTTOの走っていたコース上に突然現れ、手を振って挨拶していたと手(パー)

ベルリンは皆さんもご存知の通り、ドイツの首都で、政治家はもちろんだけど、世界的なイベントが結構ここで開催されていて、レッドカーペット系の世界のスターが集まるんだよね。サッカーのブンデスリーグとポカルリーグの決勝も必ずベルリンのオリンピアスタジアムだし。

有名人のおっかけ好きな人は、ベルリンに住んでいたら確実にジャニーズとかレベルでなく、世界中の世界レベルの有名人に会うこと出来ると思うんだなー

レッドカーペット系とか授賞式とか本当によくやってるもん。

私もバイエルンミュンヘンが先日2冠を達成した時、彼らは確実にベルリン滞在だし、ホテルまでサインを求めて行くっていうモチベーションにはさすがに至らなかったけど、パレードとかイベントがあるならぜひいきたいなって思った。まあ、いつかチャンスあるだろう!もしオリッチに会うことが出来た時に言う台詞はもう大体考えてあるよ(笑)
posted by wakaba at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

大好物「冷たい犬」

今日から私の大好きな5月です。

5月1日のメーデー前後はOTTOは毎年、寝ずの激務に大きなプレッシャーと共に襲われる確率100%です。

ベルリンのこの日は緊張感ありますよ…

今年も例外なく、昨日も残業を追え夜8時ごろ帰ってきて、ご飯食べて、朝方3時半には起きて支度して4時には出かけました。20時間勤務。

夜中に帰ってきて、2,3時間寝て、また4時に出動です。

いつものこととは言え、疲れちゃって可哀想なので、帰ってきて小腹が空いてたら食べれば言いと思い、彼の一番好きな昔からあるドイツのお菓子を作りました。

6時間ほど冷蔵庫で寝かせる(冷やす)必要があるので、出来上がりの写真が撮れないので、ネットから。こんなイメージです。

kalter_hund_thn.jpg


その名も…Kalter Hund…直訳すると…冷たい犬犬たらーっ(汗)

私も始めて作ったのですが、そのレシピはドイツの料理サイトで検索したら、まー色々。材料が大分違うので、家庭の味を極めるのがスタイルなのかな?

とりあえず、食べてもらって美味しかったらレシピ紹介します。
信じられないぐらい簡単だったので、小さな子供も出来ますひらめき

私は今日も朝一緒に起きたので、4時から昼ねせずにがんばって起きてます。仕事してます。

コーヒーマシーン壊した(原因不明)ので、さっき買いに行って来ました。結構重たかったので、往復の歩き20分でちょっと汗ばんだ晴れもうこちらも大分暖かいよー
posted by wakaba at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

アイスクリームの日

昨日、日本のカレンダーもないと祝日が分からなくなるから不便だなーと思い、ネットでダウンロードし何気に見ていたら、5月の私の誕生日バースデーは“アイスクリームの日”でした←なんでだ?(笑)

Ice creamは英語だけど、ドイツ語ではアイスクリームではなく、(das)Eisと書いてアイスと読みます。

ドイツでEisという看板を見つけたら、そこはアイスクリーム屋さんです。迷わず入りましょう揺れるハート

氷の事はアイスとは言いませんペン

()のdasは、冠詞と言って、ドイツ語の名詞には、女性名詞、男性名詞、中性名詞と3種類あって、それによって、この冠詞が変わるのです。

特にルールもないので、暗記するしかないっていう訳で、苦労するしかないわけです。この冠詞には多分、先10年でも苦しむと思います。

OTTOはチョコ中毒ですが、私はチョコよりアイスの方が好きです。でも中毒ではないです。
分かりやすい所で言うと…ハーゲンダッツに入ったら絶対選ぶ種類って決まってます?私は昔からラムレーズンです!お勧め!
posted by wakaba at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

カフェ日和

…っていったって、結局はカフェでビールです。

DSC_0197.JPG


植物公園に行こうと決めていたけど、だらだらと起きたので、結構遅くなっちゃって、コーヒー飲んだだけで慌てて出かけて来たんです。

公園内を散々歩き回ってたので、お腹も空いてて、ビールと一緒にピザを頼んで分けて食べたー

ビール美味しいんだけど、お腹いっぱいになっちゃうから、私は小さいのを頼みました。小さいって言っても、日本サイズで言うと別に小さくない。

DSC_0198.JPG


仕事や家事でやるべきことはいくらでもあったのだけど、さすがに今日のお天気の良さには、家にいたらこれは逆に不健康過ぎるってなわけで早い時間からビールっす。

ここのビアガーデンは、去年の世界陸上の時にQちゃんこと、高橋尚子さんと一緒に飲んで食事したところ。

夏はたまに行くんだけど、家からは少し遠い。

でも今日はあまりにも天気がいいので、そこからのんびり寄り道しながら、途中でおやつ買い食いしながら〜、2時間ぐらいかけて歩いて帰ってきた。2時間いろんな話しながら歩いた。

帰ってすぐ二人で30分だけど、ぐっすり昼寝して、仕事開始。

夜は夜で美味しいワインを飲みました〜正しい休日の過ごし方っぽかったです。

噂だけど、今日20度近くあったのに…明日、雪が降るとか!?うそだよね!?!?
posted by wakaba at 07:12| Comment(4) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜かな〜

今日はね、あまりにも天気がよかったので、Berlin Botanischer Gartenっていうベルリン植物公園に行って来ました晴れ

6ユーロの入場料。

植物公園と言っても、あたかも展示?してある感じではなく、公園の延長っぽく作られているので、公園に行くのりで出かける人が多い。
私たちももちろん、太陽を浴びながらのんびり散歩が目的。

マグノリアがきれいに咲いていた。マグノリアはモクレンのこと。

日本ではモクレンと言えば白を連想するけど、こちらではモクレンと言えばピンクを連想するみたいで、友達は白のモクレンはドイツで見た事がないって言ってた。

DSC_0192.JPG

これは、↓"Berg Kirsche"山桜と書いてあった。

日本の桜とはやっぱりちょっと違うのだけど、桜や梅の家族であろう種類の花は咲いていた。

DSC_0174-1.JPG

この梅や桜の家族、マグノリア(モクレン)も、去年、日本では3月中旬に見た。

梅はドイツご一行様と京都を旅行した時に北野天満宮で。

マグノリアはその後、新宿御苑で。いずれも結婚式後なので、3月上旬から中旬にかけて。日本とドイツと同じ花でも咲く時期違うの当然だね、気候が違うのが、花のシーズンを観察してもわかる。

つつじって、日本でごく一般的などこでも見かける花じゃない?
でも、この植物公園では、ハウスの中で育てられていたよ。気候の温暖だけでなく、湿度とかもある程度ないと育たないのかね、つつじ。

子供のころ、つつじの花の後ろをチューチューすってなかった?甘い蜜を(笑)

DSC_0182.JPG

なんか、ピンクでなくて、ほとんど白なのだけど、これって桜かな?
いかにもヨーロッパ風のランプと、ミスマッチなようで、案外雰囲気ありました。

DSC_0194.JPG
posted by wakaba at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

今週末はオースタン

昨日の初UDONに感激して、次はいつ作ろうかーと、また色々レシピを探していたのですが、今日、夕飯に何が食べたいかとOTTOに訊ねると、なんとまた“UDON!!”と言いました(笑)

おいおいぃ〜(^_^;)そんな急に出来ないんだよーと思いながらも、嬉しくなって、またせっせと手打ちを始めました!が、このままでは、またベーグルつくりに凝っていた時同様に、腱鞘炎になるっ!と思ったので、ビニールに入れて足で踏み踏みしていく作戦で作りました。

でも、聞くところによると、うどんの手打ちは女性には無理があると(笑)まあ、私は中性的と言うか、馬鹿力の持ち主なので、出来ることは出来ると思うのだけど、手首の弱さは筋力でカバー出来ないようです。

ベルリンに戻って、二週間が経とうとしています。
戻ったばかりの時は、なんだか不完全燃焼感とMAXを超えた疲労とよくわからないけど、名残惜しい気持ちが混ざって、溜まった仕事の整理など含め暫く落ちつきませんでしたが、もう大分、ペースを取り戻しました。

だけども〜そのペースと言うのは、また次から次へと色々とあるのです。半分は仕事で半分は全部楽しいことばかりのはずなんだけど、あまりにたくさん楽しいことがありすぎても疲れちゃうよね〜

でも、今週末は疲れるお楽しみではなく、疲れを取るお楽しみがあります。

家族4人で旅行にいきます。ドイツ国内の近場だけど、4泊で、自然に囲まれたスパみたい。

これはオリママが計画した旅行です。

実は、4月3日がオリパパの誕生日で、今年はイースターが重なるのでオリバーも仕事が休みになるので、それで旅行が決まりました。

イースター。日本では馴染みがないですね。このブログでもこんな記事を書いて、結構反響があったのですょ→クリックひらめき

イースターは英語ですが、ドイツ語では、オースタン(Ostern)と言います。英語とドイツ語圏以外では復活祭と言って、キリスト教の典礼暦における最も重要な祝い日なのです。
十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目によみがえったことを記念する日です。

この祝日は、「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるため、年によって日付が変わる移動祝日なのです。
今年、2010年がその満月の次の日曜が4月4日にあたると言うことで、この前後が祝日となるのです。

まだ日本レポを続けているところですが(今は間に行ったハワイの話だけど)来週はまたタイムリーにドイツ旅行の写真が紹介出来ると思います(ドイツ旅行に興味を持って見てくれている人もいるみたい)

日本はもう桜、咲いていますか?
地元井の頭公園の桜ももう咲いたかなぁ〜

家の中は、いつもOTTOが買って来てくれるお花でいっぱいですかわいい今は、チューリップが一番多く見かけられます。

ちなみにこの写真、いまいちだわね。
私の小さなデジカメがもう7年ぐらい使っているので新しいのを買ったのだけど(ニコン)7年前の(キャノン)の方が古くなっても質がよい気がする。7年前私が買ったデジカメ、当時で5万ぐらいしたと思うんだけど、今5万も出したらすんごいよいデジカメ買えるし、下手したら一眼レフのデジカメも買える?

DSCN0003.JPG


携帯用に買った小さくて軽いデジカメだけど、さすがに普段使ってるカメラとは全然別物だわね。でも少し設定とか勉強すれば、このデジカメでも上手に撮れるんだってね(プロのカメラマンは携帯のカメラでも少し勉強して自分で設定が出来るようになるときれいな写真が撮れると言っていました)

週末の旅行は両方持って行って見る。

posted by wakaba at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

ベルリンテンペルホーフ空港

日本帰国レポートの続きを書いておりますが、マラソン好きな方もこのブログを見始めてくれているので、またまたちょっとブレイク黒ハート

明日、3月28日(日)はベルリンハーフマラソンが開催されますくつ

某イタリアの会社と打ち合わせの為に、ベルリンハーフマラソンエキスポに行って来ました。

会場は2008年10月に閉鎖された、ベルリン・テンぺルホーフ空港です飛行機

ベルリンマラソンのエキスポもこちらで開催されるのですが、この空港がなんとも深い歴史があって興味深いのです。

歴史とは、どれも聞けば興味深いのですが、この空港の場合は1923年に開港され、1941年には、ヒトラーの命によって、ベルリンを大改造する世界首都ゲルマニア計画の一環とし、建てられたもので…

当時の姿のまま、本当にそのまま残っているの…

何だか、まだ生々しいのです。

どうしてだろう?

自分たちの親の世代の話ぐらいだし、その建物がそのまま残り、メモリアル的ではなく、実際に今なお活用されている感じが、そういう感覚を誘うのか?

ベルリンは壁が崩壊したのも1989年…つまりそんなに大昔でもない。
この辺も私の中で、今までに聞いた色々な話と自分の感情と目に見えるものが混ざり合って、その“生々しい感じ”を受けるのか?

これ、空港入り口。

DSCN0004.JPG


入り口を入ると、右手に見えるのは、わかりますか?チケットカウンターです。

DSCN0005.JPG


荷物のベルトコンベアーもそのままです。

DSCN0038.JPG


ここを通り抜けて(パスポートコントロールのところ)奥に行くと、飛行機の倉庫があり、そこに、たくさんのブースが出ていてランナーたちでごった返していました。

その中でもより一層、人が多かったのは…やはりこれ!
ビールが飲める、ビール会社のスタンド(笑)ビールぴかぴか(新しい)

DSCN0016.JPG


東京マラソンではさすがに会場内でビール飲めるところはなかったですねぇ(笑)

この深い歴史の残る、旧ベルリン・テンペルホーフ空港は、戦時中は軍用飛行場として使用され、第二次世界大戦後の冷戦下の1948年には、ソ連のベルリン封鎖に対抗したイギリスやアメリカなどの西側陣営の空輸作戦、いわゆる「ベルリン大空輸」の舞台となりました。

これについては興味深いお話があるので、ベルリンに来たいなーと思っている皆さんには是非知って頂きたく、後日改めて書きたいと思っています。

今日、土曜日はこのメッセ会場である、テンペルホーフ空港で、ちびっ子のイベントが開催されます。

ちびっ子ランとインラインスケートです!

滑走路で開催される!って、すごいなーと思いました。
子供たちも大興奮です。

DSCN0007.JPG


OTTOは明日のハーフマラソンのために今も仕事中ですが、明日10時45分スタートのイベントにも関わらず、彼は一度帰ってきて仮眠を取って、夜中の2時からまた仕事に戻ります。
これは、今日から、時間をまた一時間早める(サマータイムっていうのかな?)ことが理由みたい。

大変だね〜
posted by wakaba at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

クイズの答え

DSC_3710.JPG


先ほどのクイズの答えは↑↑インハレーション中!?吸引中!?でした。

ヴィップスベポラップ?←合ってる???つか、なんだこの複雑な呼び名は(笑)

あの、昔よくCMで見た、風邪引いた子供ののどとか胸あたりに、この薬を塗ってあげると、すーすーして呼吸が楽になるんだか、なんだかの。

あんな感じのもんです。

自家用吸入器で風邪薬を吸入している最中です。
自家用吸入器って?→鍋に熱湯とそれようの薬を入れて混ぜるだけ。
その鍋に顔近づけて、頭からタオルかけて密封度をアップして、何度も深呼吸してるみたいな。

この方法って、日本サイドから見たら進んでるんだか、古典的なんだか…多分、日本人ウケしない古典的なやり方かな?

でも、こちらでは、薬屋さんの風邪薬のコーナーの目立つところに、こういう薬も並んでるってことは古典的だろうが皆に信頼されて活用されている処方なんだろうなと。

つーことで、思いっきり風邪引いてます、また。

正直、日本にいる時は小学校以来、風邪引いた記憶があまりない…ってぐらい、本当に風邪なんか引いたことないし、風邪薬で言ったら飲んだことが本当にない人だったのに、ベルリンに来てから、何回風邪引いてるか?って。いままで引かなかった分をまとめて引いているんじゃないか?って思うぐらいすぐに引いちゃう。

結構、風邪の中途半端な感じってストレスだよね。

乾燥が原因かと思うのだけど、なぜかこちらでは、日本みたいにどの家でも加湿器があるっていうこともなく、電気屋にも加湿器なんぞ、1つ売ってるか売ってないか。

帰国までちょうどあと二週間となりましたが、足は折れてるは、風邪引いて中途半端だは、仕事は山積みで全然終わらないわで、どうなってんだ?って感じっす〜
posted by wakaba at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クイズ?

DSC_3710.JPG


これ、就寝前の私なのですが・・・

一体何をしているのでしょうか〜?




(また知らぬ間にこんなとこ撮られてたょ)
posted by wakaba at 15:46| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

好奇心

この前、うちで小さな女の子の誕生日兼、その家族を招いて食事をした時…

色々用事が立て込んで、約束の時間に全部支度を終えて待っている事が出来ず、結局皆さんが来てからも、私は台所でせっせと料理をしていました。

てんぷらなど揚げ物をしていたので、居間の扉を軽く閉めていたのですが、なんだか隙間が…誰も居ない…ア!いた!

下の方…っていうか地べたに、くりくりの目が二つ。
首をかしげてなんだろ〜ってこっちをずっと見ていました。

DSC_3697.JPG


その写真をどれだけ撮りたかったか!でも、てんぷらが焦げるどんっ(衝撃)
ママさんたちはこうやって家事と子育て両立していると思うと、本当に、体力精神力集中力色々〜すっごい仕事量だと思います。

あの可愛い絵が写真撮れず残念がっていたのだけど、知らぬ間に居間側からオリバーがその覗き込んでいる写真を撮ってくれていました。

超〜〜〜〜可愛いですぅ〜〜〜

好奇心なんでしょうねーなんだろーーーって。笑える〜〜〜

彼が前回うちに来た時、一ヵ月半ぐらい前は、やっと寝返りが出来るようになったばかりで、匍匐前進は出来なかったわけ。

だから、興味を示すも与えられたおもちゃ程度だったのだけど、今は自由自在に隅々まで赤ちゃんアザラシのように動き回るので面白いです。
自分の意志で動き回ってると思うと本当に面白い。

何考えてるんだろうーと、そういう姿を見てこっちが色々想像して楽しくなっちゃいます。

だけどさ、あの匍匐前進のすごいこと!あまりにパワフルでびっくりしたよ。

あれで赤ちゃんたちはこれから座ったり、立ったり歩いたりする筋力を付けてるんだね。まさに赤ちゃん筋トレヴァージョン2だよ。ヴァージョン1は寝返り練習の記事を前書いたけども。

posted by wakaba at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

ちっちゃな友達の誕生日会します〜

私たちの周りに、子供がたくさんいて(友達の子供たち)それぞれ個性があって、みんな可愛いのだけど、その中でも一番、私に懐いてくれてて何かと私を慕ってくれてる可愛い女の子が先日4歳のお誕生日だったので、それも兼ねてそのファミリーを今日、お家に招いています。

正直、仕事は山盛りで全然追いつかないほどなのだけど、前々から約束していたことなので、実施するしかない。

料理するはいいけど、後片付けとか考えたら、まあみんなが帰ってから徹夜です。

そして原稿…

考えたら頭痛くなる…でも、まあ疲労骨折のお陰?でトレーニング時間は省くので、その分で埋めろってことか?怪我の功名?違うか。

よくわかんないけど、今日は一日お料理です。

まずは買い物に行って来ました〜てんぷらもやるよ〜

DSC_3133.JPG


右下にうつってるボコボコした緑の野菜、日本にもある?

ブロッコリーみたいな食感なんだけど、結構てんぷらにも合うんだ!

てんぷらのたれも、ポン酢も自分で作るので柑橘類もたくさんゲット。で、いかにもこちら風でウケルのが、ブルーチーズのてんぷら。フレッシュなチーズを今日も買って来て作ります〜
posted by wakaba at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

30年ぶりの

ドイツ、30年ぶりの大寒波だって雪
そして22年ぶりの大雪雪

先週末に夢のような時間を過ごしたOstsee(バルト海)のZingstへ向かう道は、雪の為、通行止め。

一週間予定がずれてたら、あの時間は過ごせなかったかも知れないわけだー

しっかし、よりによってなんで30年ぶりとか22年ぶりの大寒波を私、体験しちゃってるんだぁふらふらさぶい!!

この写真、足跡にも見えるかも知れないけど、人間の足跡ではなかったの。でも、なんの足跡だろう…

DSC_3645.JPG

この写真は先週末ですが、ベルリンは都市でありながら、緑の多さが世界的にも有名だし愛されている理由です。ちょっと森に入れば動物もたくさんいるよ目
posted by wakaba at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

どんなに寒くても…

DSC_3629.JPG


お家の中はポカポカにしていたい。
暖房のポカポカだけではなくて、春っぽく…
出来ればお花は欠かしたくないなぁと思っています。

ワカ父が豪快、超ワイルド!スイッチ入ると誰も止められないキレまくりキャラでこのブログでも実は隠れファンがいるらしいのだけど、その彼が実は、こんなこと言ってたんだよね。精神的には常にパニックの人生、バタバタしているけど、家に帰った時ぐらいは、花を飾れるぐらいの(気持ちの)余裕は持っていたいって。家に花買ってきてたの、いつもお父さんだった。

写真の、口の大きな(すっごい大きな)花瓶を結婚祝いにスウェーデンの友達から送ってもらったのだけど、どうやって使えばいいか?と考えていたの。要するに、すっごい量の花を入れるわけね、こんな風に(笑)

あと、帰国したら剣山を購入しようとネットで検索してたんだけど、この前、こちらで剣山モドキの商品を見つけたので購入。

12ユーロ。結構いい値段。
素材が本当の剣山のように鉄ではなく、ゴム製なんだけど、後ろが吸盤になってたりして、日本のいけばな用の花器でなく、ヨーロッパ製のお皿なんかでも、アレンジできるってことで。あとはこちらで買えるものは、出来ればこっちで買うようにしないと、日本帰ったら相当な量の荷物を持って帰ってくる予定なんでね…
ちなみに、スーツケースは私はほぼ空っぽで行く予定です(笑)

posted by wakaba at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

ベルリンベア大会

先日、ベルリン中央駅でベルリンベアが展示されているというので、散歩がてら見て来ました。

DSC_3521.JPG

ベルリンベアは、もともと真っ白のベアでアーティストがそれぞれデザインを描いたものがお土産としても売られていますし、ベルリンのいたるところで見ることが出来ます。

店の看板代わりになっている場合も多く、本当にベルリンの至るところでこのベアは見られますよ。

この展示会は、簡単に言うと、各国のアーティストが、その国を思わせるデザインをベアに描き、その国をプレゼンするという内容。

各国、なかなかユニーク、ユーモア、また芸術的だったりして面白かったです。

DSC_3517.JPG

アルファベット順に並んでいたのだけど、私が入った入り口がちょうどLぐらいのところだったので、ぐるっと一回りして、最後に我が国、日本をプレゼンするベアが現れました。

正直な感想…ガックリ。

こんなこと言うと、折角デザインした芸術家の方に申し訳ないのだけど、でもそれが正直な気持ちでした。折角の日本をプレゼンするチャンスなのに、なぜにこの地味なわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

DSC_3528.JPG


ベルリンで勉強をしていた事があるという、森鴎外の残したフレーズみたいなのが書いてあり、それにちなんだデザインベアにしたのは分かるんだけど、でも、それって一般人には分かりにくいよーもうやだ〜(悲しい顔)

森鴎外がベルリンに関係していた事を言いたいのはわかるけど、なんかコンセプトとしてベターなものがあったように思っちゃった。それこそ、桜とか富士山とか、ベアに着物とか…単純でも外国人にパッとインパクト与えるものがあったろうに…

これ、アメリカ代表ベア。
誰が見ても一発で分かる。特に芸術性も面白みもないかも知れないけど、私はこういう発想の方が良かったように思うんだよね。

DSC_3523.JPG


これはキューバ代表ベア。顔と腕はコミカルに描かれてるんだけど、胴体の部分は写真では分かりにくいのだけど、彼らの音楽の歴史を思わせる繊細な絵が描かれていて良かったと思いました。葉巻も、キューバらしいしね。

DSC_3530.JPG


あと、どの国のだか忘れちゃったけど、こんな顔のベアも思わず笑っちゃって、いいなと思った。この顔を見て「作者はこの歯をむき出しにしつつにやけているような顔から何が言いたいんだ?」って考えさせられたり、別に意味はない、楽しく作ったんだろうなと思わせられたり(笑)

DSC_3522.JPG


日本のベア…う〜ん。寂しい。

裏事情があるのかもしれない??
森鴎外博物館かなんかの宣伝??特定の人たちへのご機嫌取り??

よく分からないけど、すごい数のベアの中で日本が一番、目立ってなかった、国のことを伝えられてなかったように思いますもうやだ〜(悲しい顔)

これは一個人、私の意見ですのでご了承くださいね。

でも、やはり世界中の国が同時に同じテーマを与えられて、それを披露するような場では、期待し過ぎちゃうのかも知れないけど、もう少しインパクトがほしかったかな。

このほとんど真っ白っていうのがこれまた、残念でね。
みんな真っ白のベアを与えられる。それが丸ごと国をプレゼンするチャンスなわけでしょ?そのチャンスのスペースをほとんど無地で出す…

私がデザイナーだったら、アメリカ代表の自由の女神と同じ発想で、完全にべたな感じ、SAMURAIベアーにするかな(笑)着物に、富士山や桜などをあしらい…ちょんまげかつらかぶせてね。

それか漫画大国として知られる日本、日本では少し古い漫画がこちらで人気を集めていることもあるので…ドラえもんとかピカチュウベアにするとか!?(笑)キティちゃんベアにしたら、絶対に一番人気の一体だったに違いないかな(笑)あ、知ってる、キティちゃんグッズってこっちですっごい高いの(笑)
posted by wakaba at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。