blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2009年01月06日

今日もハンパなく・・・

sp1.jpg

サムイっす・・・霧

寒過ぎです・・・
ここは雪国だったのか・・・ですバッド(下向き矢印)

だって毎日雪ジャン・・・雪ナンデもうやだ〜(悲しい顔)って感じ・・・
見るからに寒いでしょカメラ

寒いのが大の苦手な私はつらいっす・・・ふらふらのはずなんだけど東京にいた時とどれだけその寒さと激しく戦ってるか?っていうと、そうでもない?実際???なのです。

その訳がわかりました。
外は激サム台風ですが、建物の中はどこにいっても温かいいい気分(温泉)
見るからに温かいでしょカメラ

hali.jpg

どこいってもセントラルヒーティング。
日本の暖房器具、ヒーターの暖かさとは全然違うんだよね・・・

日本にいる時、私はヒーター以外にハロゲンヒーターみたいなのを買って、それにしがみついて低音やけどなんか日常だったからね(^_^;)

こちらは建物の中がすべてあたたかい、トイレも台所も同じようにセントラルヒーティングされているので、家の中は快適。
外は寒いけど、それ覚悟で出るから案外大丈夫なんだわね。

これから学校行くのだけど、寒いのでジムでサウナに入ってから行きます。

これやると学校着くまで体ぽかぽかなんだ黒ハート


posted by wakaba at 16:45| Comment(3) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

謹賀新年

silvester2008.jpg
あけましておめでとうございます

12月23日のオリバーの誕生日から連日のパーティー&外出で疲れも結構たまっていたのだけど、大晦日のパーティーを最後に昨日、元旦は遅くまで寝て、夕方、スッゴイサムイのだけど(車の温度計見た時はマイナス6度だった)公園を散歩して、夜は家でまた映画を二本見てゆっくり食事しました〜

明日は普通に早起きしてジムに行き、普段とおりの生活に戻したいと思います。月曜日からまた学校だしね。

大晦日に写真を何枚か撮ったのでまた後日アップします。

正月恒例のお笑い番組と、気分的に1つは絶対買いたいと毎年なんとなく買っていた福袋がないのが少し物足りない気がしていますが、今年は昨年以上に充実した年になる予感がしています。

もちろん、良い事ばかりではなく、より一層、私の底ヂカラorド根性が試される、それを存分に発揮しないといけない機会もたくさんあるだろうと予測&覚悟もしています。

今までの事を思えばなんともない、楽勝だ!?と楽天的に思える自分が頼もしくもあるし、“貴重な人生だからこそ正直に生きて頑張ってナンボじゃん”と自分を煽りまくってるってのもホントわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)(笑)

私には絶対、もう二度と見る事も感じる事も出来ないと思っていた世界が今自分の目の前にあります。
奇跡だと思うほか自分では理解が出来ない感覚です。

長年に渡ってあんなに病んだ心と体がこんなに再生することがあるのだろうか?
何十人ものどの医者にも治せなかった病気も不調もどっかに消えてしまいました。

生きているのではなく、生かさせてもらっている=こんな私にも使命があるからだ、と信じています。
生まれ変わった気持ちで生き直す、また頑張る一年です。

ありのまま、自然体でいられると言うことは、こんなに気持ちが良かったのだと・・・
実はね、今、呼吸をすることが気持ちがよいのです。

今まで無意識にしていた呼吸が。これって私の中では大きな驚きです。驚異です。

胸がすーっとして、すがすがしいのです。

無意識の呼吸なのにそれが苦しいと思うことが日常でした。
だからなのかな?今はその無意識の呼吸が気持ち良いと、毎日ちょっと感動です。

これから何年もこんな感動だらけの毎日が続く?いや、それはどうだろう?わからない。
平凡な毎日が実は幸せなのかも知れないと誰かに聞いたことがあるけど、そうかも知れません。

でも、私の新たな人生始まったばかりなので、まだもう暫くこの手のブログネタは尽きないと思います(笑)

自分を育て直すつもりで心柔軟に、そして今まで以上に強くたくましく、私なりに今年も頑張って生きたいと思います。

2009年、皆さんにとっても、身も心も健康的な一年でありますように!

今年もどうぞよろしくお願いしますぴかぴか(新しい)
posted by wakaba at 23:23| Comment(7) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

今年もありがとうございました!

大晦日にこちらベルリンもなりました!
日本は今、31日朝8時ですね時計

今日はオリバーの高校時代からの親友たちとこじんまり祝います。

持ち寄りパーティーなのだけど酢豚のリクエストから、ドライカレーのリクエストに変更になり、ワタシテキにはラッキーぴかぴか(新しい)
今日既に仕込んじゃいました。

明日は出かけちゃうし、明後日もニューイヤーマラソンのイベントにオリが仕事で出るので、そのレセプションパーティーに同席・・・ってことでまた留守にします・・・ので、今のうちにご挨拶を。

いつもブログを見てくれている皆さんに・・・

この一年も色んなことがありました。
でも、その色んなこととは、ブログ上で書くことができる、明かるい話題が多かったのは個人的にも驚くほどです。

ブログをはじめて数年経ちますが、実は全くかけるような内容ではない色んな事があり、どちらかというと、元気でいないことを隠す為のカモフラージュみたいな役割をこのブログにしてもらってた事があったのも事実です。自分が元気じゃないのに元気である振りをして書くことで自分を誤魔化していた部分もありました。

でも今年は違いました。

何もかも書けるわけじゃない、もちろんすごく残念な事もいくつかあったけど、でもトータルしたら今年は本当に清清しい良い年でした。

このブログを通して私の様子を気にかけてくれたり、一緒に色々感じたり、考えたりしてくれた人たちがいてくれること、当たり前の事だとは思えません。
本当にラッキーな事だなと。皆さんに感謝。

このブログを見てくれている人たちとは、特別なご縁があるんだなぁと思っていますぴかぴか(新しい)

でも、レスが付かない限り誰が見てくれているのか分からないんだよねわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

超能力者じゃないので?誰が見てるかまで分からないのが残念なのだけど〜でもアクセス数は分かるので日課のようにチェックしてくれてる人がいる事ぐらいは分かります。
とてもウレシイですひらめき
(もしも、コンスタントに見てくれている人がいたら今度、「元気だよー」とか一言でもいいので書いてくれたら尚うれしいです黒ハート

来年はどんな一年になるでしょう。

今年とはまたガラッと変わって色々ある予測はしています。

学生はこの一年のみ。来年からは仕事も探してこの地で自立できるポジションを確立するためにアクションを起こしていかないとならないからです。結婚しても共に自立している事が望ましいのです。日本は女性に家庭に居て欲しい男性が多いのか、そうしたい女性が多いのかわからないけど、“養ってもらってる”“養ってやってる”っていう関係はダメだと思うんですよね。

甘えは今年いっぱい。
来年からは私もまた次のステージに進まなければ。

ちょっと恐いけどね。
実際、日本人とドイツ人全然違うし、正直まだまだアジア人に対する偏見や差別はあるしね。

でも、恐くても辛くてもいつも肩をかしてくれる人、心から信用できる人がそばにいるので、これと持ち前のど根性をプラスすればたいていの事は乗り越えられるような予感もしています!
っていうか〜〜今までの事考えたら、楽勝なんじゃん?もしかしたら??なんて思っている頼もしい自分も時々ひょっこり出てきます(笑)

このブログには個人的にいろんな思いがあります。今日はそれは書かないです。

今言えるのは、また来年も皆さんに一緒に笑ってもらえる、一緒に感じてもらえる、一緒に考えてもらえる、ほっとしてもらえるようなものが書けたらいいなと思っています。

オリママが、「どんなに大変でも不安があっても、いつも面白いこと探そうって意識してあたりを見回すと結構あるよ!」って(笑)
確かにそうだね!

びびってないで、いつも前を向いて正々堂々胸張って生きれるようになったことが何より嬉しいです。

2009年も頑張ります!!


写真☆この写真の女の子はこのブログ読んでくれている人は知っていると思いますが親友Kathyの長女のLily Yuryka Barthlomewでミドルネームは私がつけた話ししましたね。Yuryka=友里歌。

(もし良かったら親友Kathyとその娘のトピまた読んで見てください)
http://happysong59.seesaa.net/article/103018444.html#comment
http://happysong59.seesaa.net/article/103064698.html#comment
http://happysong59.seesaa.net/article/103142988.html#comment

この話、レスだけでなく結構反響があったの。個人的に文章では書き切れない思い入れがある話しなので、この反響は、今年いろんなこと書いた中で嬉しかった一つでした。
なので、この写真を今年最後の写真にしてみましたー6月のARIZONA、マウントレモンでのピクニックです(つか、連日イベント続きだったのに何も撮れてないってのもあるんだけど^^;)

wakako and ollie 174.jpg

今年も本当にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様、どうぞ良いお年を!


posted by wakaba at 08:40| Comment(4) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

バッハ一族大集合

24日も遅くまで出かけていて、倒れこむようにベッドに入り朝寝坊OKだったけど、起きたらすぐに支度〜恒例の、バッハ家勢ぞろいの家族パーティーにオリパパの弟さんの家にお呼ばれですダッシュ(走り出すさま)

去年、これが辛かった〜ふらふら
まじでー辛かったっす。ブログにも書いていると思うのだけど、何がつらいって、言葉わからないなか8時間退屈した顔もあくびも出来ないでただ座っている。リアクションも出来ない、話しに口突っ込まないにしても相槌も打てない、何してるかってただ座ってるだけ。どんな顔も出来ない。家族の大事な日なので大事な話しもたくさんあって私に気を回りきれないのは分かるので構ってもらえなくて全然平気だったのだけど、この人たちどんだけ話があるんだよ??ってぐらいすんごいんだ、長くて。おまけに内輪話ばかりだし・・・みたいな・・・

8時間、一切言葉がわからない+すごい大人数の人たちに取り囲まれて、野外ではなく一般家屋の屋内で過ごすのはきっついっすよー
息が苦しくて呼吸困難になりかけてたふらふら

でも、今年は言葉が少しわかるようになったお陰で、苦しくなかったです。むしろ楽しかったかも。

しかも私は家族の一員になると言うことで当然皆さんの気持ちと言うか心の距離も去年とは明らかに違ってたと思うし。でも決してこれは誰にとっても当たり前の事ではないと思います。私はラッキーです、ありがたいです。

みんなでゆっくり飲みながら食事〜。そしてまだまださらにリビング飲み続ける〜。
wnbach.jpg

この日も親戚の人たちにたくさんプレゼントをもらいました。

そして26日も両親宅で彼らのお友達を囲んで、またお母さんの手料理のGansといってがちょうを食べに行きました。
ドイツではこの時期の伝統料理のようです。この日もお友達が帰ってから両親とさらに飲みなおしながら、まあ長い時間一緒に色んな話をして過ごしました。

そして27日やっと二人だけの時間〜中休みです〜いい気分(温泉)

昼間、お天気は当然超サムで、どんよりだけど、二人で近くの公園?つか森?を散歩しました。それがこの写真(寒そうでしょ曇り
でもなんかほっとしませんか?
なんかほっとした。つかの間の中休み・・・

wnsp1.jpg

夜は、ゆっくり映画2本を見ながら、ここんとこカロリーオーバーなので家で野菜たっぷりの温サラダとチーズとワイン・・・(ってまた結局カロリーオーバー?)

そして中日はあっという間に過ぎ、翌朝、28日はオリバーの誕生日会がありました。

「え?また誕生日会?」

って思うかも知れませんが、オリバー今年35歳って事できりのいい数字だからか、まあタイミング的に皆に報告したい事もあるからか、親友とまたまたバッハ一族を総勢35名ご招待でレストランランチをしたのです。

というか、こうして自分の誕生日に自腹で友達を招待してパーティーをもこちらの習慣のようですよ。もちろんお金がすごくかかる事なのでドイツ人みんながみんなこれをやるか?と言えば分からないけど、きりの良い数字の誕生日は大きく祝ったりするみたいです。

オリの誕生日は12月23日でみんなクリスマスで忙しい時期なのでそれを配慮してずらしてご招待というわけでした。

35人って少ないようで結構な人数でみんなに挨拶して話をしてまわるのは至難の業。

私の場合、子供にすぐ取り囲まれる^^;ので挨拶は全員にしたけど、その場で一言フタコト交わしただけでまともに話が出来なかった人がほとんど。ワタシ的にはこういう機会にしか会えない人も居たと思うのでちょっと申し訳なかったなと。

でも言葉が出来るようになった事で子供たちと結構まともに遊べるようになったもの楽しかった。

この日もカメラ持って行ったのに、結局こんなんでバタバタ。
子供に囲まれてしまい、これ、マジバナ。食事一口も食べれなかったんだよ〜もうやだ〜(悲しい顔)

コーヒー一杯のみ喫茶店わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)腹ペコで帰りました(笑)

子供たちも私と遊びたいだけじゃなくて、私がドイツ語勉強してるの知ってるから、助けてくれようとしてるんだよ、教えてあげなきゃ!って。可愛いよ〜ああやって構ってくれてるのわかってるんだ。だって、すんごいすんごいゆっくり喋る努力とかしてくれてるんだもん、小学校2,3年生が。ほんと可愛いよ〜

で、私がわからない単語があって、それなあに?って聞くと、すっごい丁寧にちゃんとちゃんとわかるまで説明してくれる。

学校の先生目じゃないぐらい、子供たちが素晴らしい先生ですよ、実際(笑)

私のカメラには何も残ってませんが、ママがこれまでの数日の写真を撮っているので今後ママにカメラ借りて写真アップします目

今日は30日。
明日は大晦日のパーティー。
リクエストでまた酢豚を持参してお友達のお家に集まります。
オリバーの高校時代からの親友が4組集まる本当に身内のホームパーティみたいなカンジです。
これは他のパーティーと違い、こじんまりだしオリも気を遣わない人たち=私も楽、なのでバタバタと言う事もなく、楽しみなのです。

こう言っているうちにあっという間ですね。
あっという間に2009年になりますね・・・

お互い、年越しの準備、大掃除しっかりして気持ちよく新年を迎えましょう!

posted by wakaba at 16:59| Comment(3) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレゼントの山でした〜

この日は“家族で過ごす”っていう結構徹底したカンジの習慣があるようで、恋人同士でもそれぞれの実家に別々に帰って祝ったりするみたいよ。

私はこの日だけ日本に帰るってこともできないし、そもそもクリスマスクリスマスを家族で祝うなんていうのは小学校3年生ぐらいまでだったように思う。

それ以降は友達だったり、恋人だったり・・・
「日本はクリスマス祝うの?どんな風に??」って聞かれると、家族のイベントというか、子供たちや恋人たちのためにあるようなイベント色が強いかも・・・という説明をする私。

宗教的にクリスマスを祝う習慣も日本にはないものね・・・
こちらの人たちからすると、宗教的意味がないのにクリスマスを祝うんだ〜ふーん・・・って不思議そうだけど、私の説明はそんなに的外れでもないはず。
日本ではどっちかっていうと大晦日に家族で集まったりするものね。要するに、元々の文化と輸入されてきた文化には歴史に温度差があるし、仕方ないよね。

と言う事で、私は24日はオリバーの実家でママの手料理をるんるん
もちろん肉の塊爆弾

ママはお料理が本当に上手なのですごく美味しかったし、結構典型的というより彼女も創作的な料理をするので色々これは何だかんだと質問するのが楽しくて(笑)

手作りのシュトレンもこれまたおいしいのです!
http://happysong59.seesaa.net/archives/200712-1.html
(12月25日付けの写真見てください、美味しそうでしょ〜)

これは是非レシピをゲットしようと思っているシロモノです〜ひらめき

そしてたくさんのお部屋を見渡すとたくさんのプレゼントの山!

来年の結婚式のためにたくさんお金がかかるから私とオリバーはプレゼント交換はしないことを約束して、パパママにも去年ほどたくさんではなく、ほんの少し、本やCDや小物を二人で買って用意したのだけど、その日行くとパパママだけでなくオリバーからもたくさん私へのプレゼントが山積みにされていました。

またやられた・・・

私がまだ学生の身で仕事をしていないからお金遣わせるの気を遣っているのでしょうね。逆の立場だったら同じ事するのでわかるけど、なんともまたやられた〜ってカンジ。

そのプレゼントの山は大物から小物まで色々。
前々から欲しかった電子レンジからアンティークのお盆とか、キッチンウエア。温かいベッドカバーやソファーカバー。美味しいワインやチョコレート。ママからはコスメ用品も。チャネルのバスジェルとかマッサージオイルとか・・・
日本のおせんべいまでどこかから仕入れてきて入れてくれてた。優しいね、ほんと。

wn2008.jpg
プレゼントをみんなで一つづつ開けた後、ゆっくり食事をして、去年同様に教会にミサにいきましたクリスマス

↑写真カメラ:ママがパパからのプレゼントに興奮して抱きつくシーン、オリも後ろで可愛い顔しています(笑)プレゼントに付いているカードを見てプレゼントを渡す係り(?)に任命されていたのでここでも写真を撮ること出来ずこの一枚だけ(笑)ピンボケだけど可愛い一枚だと思って気に入ってますわーい(嬉しい顔)

ミサで〜、牧師さんの話・・・
単語は拾えたものの、内容としてはちとまだ難易度高いっす(^_^;)でも歌は一緒に歌いました〜(笑)何の歌だかわかんないけど(^_^;)

そしてミサが終わって12時ごろなんだけど、オリバーのPatenkindのLinaにプレゼントを持って会いに行きましたハートたち(複数ハート)

Patenkindというのは日本にはない習慣だと思うのだけど、辞書には“代子”(自分が名親になった子供)と書いてあります。要するにオリバーは第二の父みたいにそこ子供を守る約束をしているの。子供から見たら父代わりつか代父。万が一その子の親に何かがあった場合などの保証人っていうか、そんな感じみたい。
(正式には宗教上、その子の洗礼式に立会い、神に対する契約の証人になるっていう役割を言ったりするらしい。現代はその宗教上の意味合いは薄れているみたいだけど、子供を守るって意味でそこだけは受け継がれているのかなとも思う)

当然親同士の信頼関係やその人の人間性が認められてなかったら誰でもが頼まれる事ではないと思うのだけど、最初聞いた時は契約みたいな約束みたいな形にされちゃうのは重いな〜って思ったけど、でもそういうのがないから口だけ簡単に言う人もいるわけで〜ここも文化の違いだけど、こうやって子供はみんなで守らないと!っていう意識が強くてそれをさらに行動に出しているカンジがします。

もとい、
このLinaがオリのPatenkindで私のPatenkindという事にもなる。
8歳の可愛い女の子です。オリの幼馴染の一人娘で。昔の動画「日本人になる!」っていうトピで出てきた子、覚えている人もいるかな?
彼女もPatenonkel(代父)の結婚式ではそれは大事な事!と言う事で学校からもちゃんと許可をもらい来年日本に私たちの結婚式に出席するために親子3人で来てくれます。

wnrina.jpg
説明長くなっちゃいましたが、このLinaにプレゼントを持って訪れここでも少し長居して夜中2時過ぎに帰りました。

そして、25日、まだあるか?
全然まだまだあります・・・続く

posted by wakaba at 16:41| Comment(2) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

良いクリスマスでしたか〜?

ollisanta.jpg皆さん
今年も残すところあとわずかとなりましたね。

日本がベルリンより8時間進んでいるので、もう既に日本は30日と言うことで・・・
何だかんだとバタバタしている様子が伺えます。

私の方も最後のブログ更新以来、ま〜毎日色々ありました。
バタバタの中、やっと今日、中日、お休みです。
っても、オリバーは今日からまた仕事ですけど。

でも連日のイベント続きに彼は風邪を引いてしまい、私も疲れ気味。
実は今日もお呼ばれしてたのだけど、欠席させてもらう事に今朝決めました。

23日はブログにも書いていたオリの誕生日パーティーは、予定通り両親と4人で素敵な時間を過ごしましたよ。

家族が揃うと何故かネガティブな話しになっちゃったり、なんか結局ダメだしされる?みたいな傾向がある記憶があった私にとっては考えられないぐらい、この家族は揃うとさらに幸せ感がパワーアップするんだよね。前向きな話ししか沸いてこない。笑しかないってカンジ。純粋に、スゴイ・・・って第三者的に感心しちゃう(・。・;

この日のメニューは結構、品数で言ったらすごかったよ〜

このメインは超簡単で、すっごい身の厚い油の乗った鮭をハーブと、醤油バター基本の味付けでグリルしただけなんだけど、前菜っぽく色々出してみた。

メインとカルパッチョのみ大皿に乗せてあとはスペインのタパス系に(今回のカルパッチョは前回のを少しアレンジし、少しグレープフルーツ乗せてみたのも出したら、肉のカルパッチョは馴染みがあるけど魚のカルパッチョは珍しい両親も美味しいって食べてたよ、案外合うんだ、柑橘系フルーツと)

お酒を長く飲みながらの食事なので、前菜をスペインのタパス風にちょっとづつ色んなもの出すのは、大皿でドカドカ出してくるドイツの感じとは少し違っていいかなって。内容は洋風よりなんだけど、出し方は会席みたいにしてみたら喜んでたし楽しんでた、目にも優しいしね、大物がドカドカ出てくるより(笑)ひらめき

ご飯も炊いて(自分が食べたかった、鮭と)…
万が一お父さんが魚がNGだった時の事も考えて、じゃがいも料理(←ドイツ人の主食)ブルスケッタとかも用意しておいた。

品数としたら全部で15品ぐらいあったと思う。
でも会席ってそんな感じだもんね?

大変っちゃー大変だったけど、大喜びしてたので特別な日だし良いのです(*^_^*)ハートたち(複数ハート)

そうそう、バゲットを薄く切ってバターを塗ってカマンベールチーズを乗せ、その上にイチジクとかいちごを乗せ、さらにカマンベールで挟んでオーブンでチーズが溶ける程度に焼いて食べるのも美味しかったよ〜フルーツに甘みがあったほうがいいので、好みでそのフルーツの上にママレードやジャムを乗せてもいいし。

ちなみにこの日のデザートはクレームビュルレにしましたー。専用バーナーで表面を目の前で焼く演出が普段っぽくなくていいっしょ(笑)

すっごいお料理たくさん作ったので是非写真を撮りたい!とカメラ用意してたのに実際は結局バタバタでさあせあせ(飛び散る汗)

少しでも温かい出来立てを食べさせたいと思うから、結局いつも通りバタバタあせあせ(飛び散る汗)結果、一枚も写真がない始末っすもうやだ〜(悲しい顔)

で、24日クリスマス

去年同様、オリバーが友達の子供たちのためにサンタに変身して巡業です。一緒に着いて行きたいと言ったのだけど、家族全員が反対を!
何故!?!?!?

子供たちにサンタがオリバーってばれたら、“オオゴト爆弾”なのですむかっ(怒り)

本気なんです、こちらの大人たちも、子供たちの夢を壊さないようにって。

素敵ぴかぴか(新しい)

去年はその子供たちがまだ1歳半とかだったし(それでも反対は受けたが)子供たちを私もほぼ初対面と言う事もありわかるもわからないも知らないわけだから大丈夫だろうと言う事で、一緒に付いていく事が出来たの。
でも今年はその子たちも2歳半で私とも何度か面識もあるし、もし私が付いていったらサンタの正体がオリバーかも知れないって察するかも!ばれるかもしれない!と言う事でみんなに声揃えて、「ダメダメ、無理よ」って言われて・・・

2歳半でも分かんないんじゃない?^^;なんていう人は一人も居ませんでした^^;
この辺も子供を子ども扱いしないで真剣に向き合う大人の姿が見えるよね。

素晴らしいぴかぴか(新しい)

この日の話しはもう少し書きたいのでまた後で!

私は留守番決定。
オリサンタを見送る時にママが撮ってくれた写真があるので載せておきます〜(サンタのマスク、恐いでしょ(笑)でもこれもリアル感を出してるわけよね。子供たちが誰だって分からない様に+人形を被ってるとも思わないほど良く出来ているマスクなのです、つまり大人がかなり本気)

追伸★サンタ巡業の話し、もし良かったら去年のログから読んで見てください!動画もあるので!2007年12月をクリックすれば出てきます☆


posted by wakaba at 04:16| Comment(2) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

誕生日プレゼント

kadewe.jpg今日学校帰りにある意味初めてスーパー以外のところに1人で買い物に行きました。

と言うのは、実は12月23日はオリバーの誕生日なんですバースデー

来年の結婚式やらナニヤラで結構お金を遣う事になるのはどうにも避けられないので今年のお互いのクリスマスプレゼントはカメラのレンズを来年日本に帰った時に買うと言うことに決めて、特にプレゼント交換はしないことにしました。

っていっても、オリバーは毎日私にプレゼントくれてる・・・プレゼント×24

私からも何かプレゼントしたいと思って色々考えてたんだけど、オリバーみたいに想像力豊かでロマンティックな事やサプライズが湯水の様に沸くタイプじゃないので、どうしようか困ってしまっていました。

誕生日の日は家で両親を招いてお祝いをすることになっているので、当然、スペシャルメニューとバースデーケーキは予定していました。

オリがこれで十分だっていうから、お言葉に甘えようとしたんだけど、毎日毎日朝起きたらプレゼントがあるんでね、なんか私もサプライズしたいなぁと・・・

でも〜〜ぉバッド(下向き矢印)
考えても考えてもろくなアイデア浮かばなくて、サプライズ系は諦めました(爆)

もちろん物や金額ではないけど、開き直って考えた時にパッと浮かんだ商品がありましたひらめき

専門店があるはずだと思いネットで検索し場所を調べて通りの名前と番地をメモして学校帰りに出かけたんです。

そしたら、その店の住所がBerlin1高級な老舗デパートでした。
Kadewe(カーデェヴェー)ってデパートです。

そのプレゼントは・・・ウィスキーグラスです。

真っ暗にキャンドルの灯りだけで、ウイスキー飲みながら1人で淡々とPIANOを弾いて自分の世界に入っているオリバー。

この間は、私は声をかけられません。
本人もPIANO弾いてる時だけは邪魔して欲しくないみたいです。

自分の世界に完全に入っちゃってるわけね。

先週ウイスキーのテイスティングに行って好きなものを選んで買って来たオリはそれをウィスキーコレクション専用の棚に並べて嬉しそうにしてるんだけど、ワタシテキにはその素晴らしいウイスキーを飲むためのグラスがいまいちバッド(下向き矢印)

なので、バカラのウィスキーグラスを買いに行ったのです。

よく考えたら詰んないプレゼントかも知れないけど、でもこの手のものは、一ついいもの持っててもいいんじゃないかなって思って、まあ贅沢だけど、自分では絶対買わないものだからプレゼントとしてはいいのかなって。

ウイスキーにあそこまで拘るならきっといいグラスも欲しいはずなので悪いチョイスではないと信じています^^;

ずっしりと重みがあって私は気に入っているのだけど、どうかな、気に入ってくれるかな。

この買い物をする際に、店内を見ていたらすかさず定員さんが声をかけてきてくれて、いつもなら英語で見てるだけなので大丈夫です、なんて言っちゃうんだけど、今回はチャレンジ!

店員さんとのやりとり、こちらで初めてフルドイツ語でやりました!
こういった場所の店員さんは英語多少なりとも出来るので英語でやっちゃえば簡単だったのだけど、あえてドイツ語でトライしました!

結構楽しかったかも(笑)


posted by wakaba at 07:35| Comment(2) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

先週末は〜酒

rose.jpg

この週末も何だかんだ色々用事やらイベントがあり掛けぬけた〜

この時期っていうのは、私の在住経験のある3国、日本、アメリカ、ドイツともに忙しいのは同じだわね。

日曜日にFeurzangenbowleというこの時期の風物詩の代表格でもあるでしょう、ホットワインとはまたちょっと違う(同じだと思っていた)美味しい美味しい心温まるお酒を家で作ってみんなで飲もうって事になってて〜

赤ワインとラムをオレンジ、レモン果汁とそれぞれの皮をすって入れて、後はシナモンと、今回私が日本で料理やお菓子つくりに使用したことがなくかなりヒットだったNelken(ナデシコ)を入れて・・・

このNelkenってのが、なんとも独特な香りがしてたまらないわけ〜
お菓子も香水も香り立つものは結構スパイシー系が好きな私にはたまらない言葉で説明出来ない今まで経験したことのない香りです〜

土曜日にママが私たちが日曜日に親友カップル3組招いてそれをやるのを知っていたので、オレンジを差し入れに持ってきてくれたのだけど、その他たくさんのハーブや野菜も一緒に。

それだけで十分ありがたいのに、こんな素敵な花束まで!

なんで〜〜って聞いたら、「贈りたいって思ったからよ(*^_^*)」って。

何にもなくたって花を贈るのはオリバーにとっては普通の事、これもお母さんがこういう人だからっていう影響を受けてるね。

親のその影響力って、正直丸ごとだわね。ある意味コワイぐらいの高い確率で^^;

こちらの人たちの間で花っていうのはそんなに日常からかけ離れていない。老若男女問わず。

男性が花束買ってるのは良く見るし、中学生とか高校生とか学生の男の子も、花を一輪だけ持って歩いてるのとか見るよ。
包装とかされてないんだけどなんとも素朴で可愛い。これから女の子とデートで彼女の喜ぶ顔が見たくて買っていくんだろうね。一輪1ユーロぐらいの事だけど、なかなか日本にはない習慣だよね。

で、その美味しいお酒は〜
feuezangenbowle.jpg

ラムを除いた先ほどの材料を煮て、こうして砂糖の塊の上から(これ専用の大きな角砂糖?が売っている)火をつけた?ラムをかけて少し焦がし目の砂糖がこのお酒に入ってより一層香りが立ち味も素晴らしいのです〜

大人6人居て、そのうちの2人が妊婦さんだったので飲めず、つまり大人4人で、つか、1人はあまり飲まなかった(女性)なので、オトコ3人と私で、ワインの特大ボトル3本にラム2本開けちゃいました・・・

その後ウィスキーも飲んで即寝です(笑)
posted by wakaba at 15:39| Comment(5) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

ホットワインはしご〜

wm1.jpg

先週の金曜日、学校から帰ったらオリからメールが来ていて、クリスマスマーケットクリスマスにグルーバイン(ホットワインいい気分(温泉))飲みに行く??って。
「JA!!行く行く!!」グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

今年初のクリスマスマーケット&ホットワイン飲んで来ました〜

ホットワインは、単純にワインを沸かしたもの?ではありませんよー。

レシピはそのお店や家庭によって様々で、私はスパイスの聞いたものが好きです黒ハート

色んな味を試したくて、あっちのお店もこっちのお店も!って一杯づつ、飲み屋?ハシゴしてました(笑)
空きっ腹に何杯飲んだだろうかー^^;

wm3.jpg

体がすっごい温まるんですよいい気分(温泉)
寒いドイツの冬には欠かせないのは納得雪

そして、これはソーセージっての?肉の燻製犬
釣り下がってるもの、手前の棚に並んでるもの、全部肉です(笑)

こういった食物も寒く長い冬があるドイツならではの保存食なのだなと思う。
wm2.jpg

日本のように農耕民族の歴史に対して、狩猟民族の歴史を持つ国ならではの食文化とも言えるだろうけど、それだけではなく、この寒さを耐え凌ぐだめに体温めるエネルギーが必要で、その先の肉食でもあるだろうなとつくづく思います。どこ行っても肉肉肉〜演劇

保存食だけに?しょっぱいんだよねわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

日本人の塩分の許容摂取量と、ドイツ人のそれとは大幅にギャップがあるらしく、こちらの人と同じペースでこれらの肉の燻製食べてたら寿命大幅に短縮確定^^;

なので私はいつもこのしょっぱい肉は一口かじるぐらいにしてます。

でも、ソーセージ、やっぱ美味しいんだ。

こっちのお寿司が日本の寿司とは比べ物にならないぐらいまずいのに、こちらの人は美味しい美味しいと食べる。
でも、日本で美味しいと思って食べてるソーセージ、多分、ドイツでは犬も食べないかも?なんて大げさに話してしまいたくなるぐらい、美味しいです、やっぱ本場の食っていうのは違うよね。

wm4.jpg

あとね、私が好きなこちらの文化として、木製のおもちゃだったり、こういった飾り物。

なんか、ほっとするんだよ。手作りだからかな。本当に見てるだけなのにすっごくほっとする。
posted by wakaba at 16:05| Comment(2) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

またまたサプライズ^^;

126a.jpg12月6日(土)

この日は、前の日のクリスマスマーケットのグルーバイン(ホットワイン)の助けもあり、熟睡、朝寝坊の日でした。

朝起きて、例のAdventsカレンダー(毎日プレゼントクリスマス)の数字の6にぶら下がってるプレゼントを開けると、可愛いクマのメモスタンドとお手紙目


それを見ると、「今日はニコラウスの日だよー。ブーツをきれいに磨きましたか〜」って。なんだ?なんだ?といまいち、意味が分かってないのだけど、玄関先に置いてある自分のブーツを見ると、その中に溢れんばかりプレゼントひらめきひらめき
オイオイオイ〜〜〜

この日は、Nikolaustag、ニコラウスの日といって、良い子にしている子供たちにニコラウスからプレゼントが配られる日プレゼント


126c.jpg
5日の夜に子供たちは自分の長靴をきれいに磨いてドアの外に出して置くそうです。そして朝になるとその中にお菓子やら小さなプレゼントがたくさん入っているそうです。とにかくこの日は子供たちがわくわくする日。

ニコラウスとサンタクロースと何が違うのか良く分からないのだけどたらーっ(汗)ニコラウスは東方教会などでは最も重要な聖人らしく、サンタクロースの走り?と言う説もあるみたいです。

オリバはこうしてまた私にサプライズのプレゼントをくれました。
私何にもしてないのに^^;
「ニコラウス来たね、よかったねー」って。

嬉しくてワクワクそのプレゼントも毎日開けるプレゼントを並べているテーブルに並べて眺めてました〜グッド(上向き矢印)

この日はオリバのスーツを見に行く約束をしていて、一緒にお買い物。
夜は友達の誕生日会に呼ばれていたので、あまりのんびりしている時間がなく、支度して出かけようとドアを開けるとなんと!そこに、またニコラウスからのプレゼントが置いてありました!(もちろんママです)
126b.jpg

なんってこったーねー

本当にみんなどれだけ温かい人たちなんだろうか。

巷的解釈で言うと、堂々たる中年の私を、可愛い可愛いとまるで小さな子供みたいにこうしてかまってくれる。

ありがたいです。

子供の頃には気付かない視点で色んなことを感じ、学ばせてもらっています。
家族の愛情をたくさんもらって子供が心身ともに健康に育つ感じを体験しているようです。
posted by wakaba at 16:56| Comment(3) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

オリママとデート☆

blumen6.jpg
ママにもらったお花。
いつまでも見て居たくなる様な可愛らしいブーケですかわいい

今夜、ベルリンフィルモニーるんるん
シューベルトを鑑賞する事になっています夜

オリもパパもいるのに、2人っきりでお出かけでするんるん

実は2人っきりで出かけるのはこれが二回目!

一回目は2週間前の週末で、その時のことをすっごい書きたかったんだけど、なんだかんだでブログを書く気持ちの余裕がなかったために書きそびれていました。
これも叔父さんが家に来た時の話同様に少し熱が冷めていますが、少し話させて下さいわーい(嬉しい顔)

叔父さん夫婦とオリママパパを招待した翌日、キッチンの片付けも完璧じゃないまま、ママに前々から誘われていたJAPAN FESTIVALに行きました。

正直、私は全然興味がなかった(12ユーロも入場料を払うのだけど、日本人の私にとってはちょっと安っぽい情報と見せかけの展示会でしかないと思ってたから)

ママが私に興味を持ってくれている事だって、私のことを受け入れてくれている、またもっと理解したいという思いがあるからだと思う。

あり難いなと思う。

この日、駅で待ち合わせをして、一緒に行くのだけど、正直、私のドイツ語もまだこんなんだし、彼女も英語はほとんど分からないし、どうなることやら・・・って内心、多少不安があったのだけど、さすがオリママ。

彼女と私の言葉の壁は厚いにもかかわらず、通じなかったポイントがなかったであろうと私が感じられ、そして不安だった私が嘘みたいに楽しい時間が過ごせた・・・とにかく彼女は魔法使いみたいに不思議な魅力とパワーのある人です。奥様は魔女って昔やってた番組覚えてる?あのママみたいね、お茶目で(笑)

2人で、4,5時間喋りっぱなしだったよ。ずーっとわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

ノンストップです遊園地2人とも言葉こんなんなのに盛り上っちゃって、相手が話し終わるの待ちきれず被る!!みたいな場面もたくさん(笑)

感動で感情的になって、涙浮かぶような深い話しまで出来ちゃったりして、すごいいい日だった。

オリバーは子供の頃からこういう子で〜なんていうママ目線の話しも聞けて、面白かったし、パパの話も色々聞けて面白かった。

ドイツ語はもちろんだけど、色んな勉強になりました。

私がもっとドイツ語が話せるようになったら、彼女の幼年時代の話しとか、家族の話を聞きたい。
どういう家庭に育つと、彼女みたいな人間が形成されるんだろうか・・・本当に素晴らしい。

ちなみに、このJAPANフェスティバル・・・案の定でしたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

びっくりしたのは、千代紙で折った折鶴が2ユーロとかで売っているがく〜(落胆した顔)
使用済みのテレフォンカードも一枚1ユーロとかで売っている・・・何のつもり・・・たらーっ(汗)
そして、ベルリンマラソンで2回優勝している高橋尚子選手の写真が大きく出ている記事のカラーコピー(日本語)でさえも、5ユーロとかで売っているふらふら
ひっちゃかめっちゃかですよ。考えられない。意味が分かりません。

和の食器やら、着物も売ってるんだけど、フェイクもいいところ、安っぽすぎて、話しにならない。
ニセモノでも日本人が作っているならまだ見れるものもあると思うけど、想像で外国人が作っているだろうなと一目瞭然な感じのラインナップには、残念な気持ち一杯でした。

まー一言で語れない情けなさ、日本人から見たら。
でも驚く事に、外国人は12ユーロも払って(他の有名な美術館並みの入場料)来ている、しかもすっごい人が多かったひらめき

特に目立ったのは、その高額にも関わらず若い人が多かった事。特に今回目立ったのは、“MANGA”の人気です。

日本の漫画、アニメがものっすごい人気で、高価なんです。それによる影響を受けた、コスプレした若者がたくさんいて。
でも日本の原宿?秋葉原?見せてあげたいぐらい、チープな感じ^^;
まあ仕方ない。

そうそう、去年か一昨年、東京でドイツマーケットなんてデパートの一角でやっているのを見に行った時も、本場を見ているから、偽ものっぽ過ぎる、これでは誰もドイツに興味持たないよ〜って思ったのを思い出しました。

仕方ないね、こればっかりは。

samurai1.jpg

超面白い話しをひらめき(つかアタシ的には、バカウケメガヒットだったんだけど)

↑この写真で見るように、刀のデモンストレーションがあったの。いかに切れ味がスゴイかって言う?(笑)

で、このように袴を着たおじさんが真剣な顔して登場し、何やらお辞儀したり、あたかもっていう?その雰囲気つくりしてるわけ(笑)もうその時点で面白かった(何かが違うから)んだけど、精神集中の儀式だか?そんな感じのサムライをイメージした?ポーズ取りながら、超前置き長いわけ(笑)

周囲もその雰囲気に吸い込まれるように興味津々くい付いて見てる訳。オリママも。

で、散々、超ナガの前置きポーズ連発しつつ、ハーって息を吹いて集中力高めて〜〜〜〜〜来ました!その瞬間が!

「エイちっ(怒った顔)!!」って言って、そのゴザ丸めたみたいなのを、バサッとぶった切った!!

だけど、多分周りもそうだけど、オリママも、私も、このゴザの棒?を真ん中から真っ二つにぶった切るのかと思いきや、斜め!!ええあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)!?

オリママ嘘でしょ?って顔して、「アタシにも出来るよ」ってつぶやく(爆)確かに(爆)

samurai2.jpg
↑おじさんが得意げに周りにこの切れ味、切れ目のシャープな事などを得意げに語り出すや否や、おじさんに、まさかの一言爆弾爆弾

「真っ二つにする事は出来ないの??」(爆)爆弾爆弾

もう私、笑っちゃいけないと思って堪えるの大変でした。
おじさん困ってましたけど、みんなが見てる前で、そんな事言われちゃって後に引けないじゃん
。やるしかない・・・そしてやった・・・期待している結果ではなかった・・・そりゃそーだ、リハーサルではそんなの練習してないんだからわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

恐るべしオリママ、サイコーですグッド(上向き矢印)

これから宿題を先にやって、彼女を待ちます。
一応、クラシックコンサート、お洒落して行かないと黒ハート

また報告します!
折角だからウィキペディアでシューベルトの歴史でも調べてから現場に挑みま〜するんるん
posted by wakaba at 23:49| Comment(2) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

元気ですかー

ちょっと間が空いてしまいました眠い(睡眠)

なんだか精神的にバタバタしていて、ブログを書く気持ちに慣れなかったふらふら

元気ですか?
実は、今日ここに載せる話は、既に書いてあったのだけど、アップするの忘れてましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

もう先週の土曜日の事なので、温度差がありますが、前に書いた、ちょっと難しい親戚の叔父さんと叔母さんが来た時の話しなので報告しておきますメモ

以下、先週日曜日に書いたものペーストします〜猫

右斜め下以前話した、私たちの結婚についてとか色々面白くない感を出している親戚の叔父さんと叔母さんがやって来ました(~_~;)
もちろん、オリバーがその変なモヤモヤを解消する、はっきりけりをつけるために、家で食事をしましょうと招待をしたのですふらふら

この叔父さんはオリパパの弟さんです。

オリパパ、ママももちろんご招待で、前日からお料理仕込んで、当日もなるべく温かく美味しく出来たてを食べてもらいたかったので7時に来るという時間に合わせて結局毎度のバタバタでしたダッシュ(走り出すさま)

この日、別の用事もあったので、カステラとアイスクリーム(これも手作りしてみた)と餃子とナムルは前日に仕込み、当日に生春巻きと酢豚と魔法の鍋で炊く日本のご飯を。

美味しいワインもたくさん買ってきて。

生春巻きもさー
簡単なんだけど巻くのが案外こつ掴むまで難しいっていうか、爪に引っかかって破れちゃったり、ひっついちゃったりで意外に時間食うし、酢豚も簡単なんだけど、肉を下味で漬け込んで片栗粉につけて揚げる一連の作業が案外時間くう。

ご飯もこっちの米みたいに、パスタみたいにお湯に入れて茹でて8分ぐらいしたらざるにあけて水を切って〜なんて簡単な作業じゃないじゃん。

日本に居る時は日常的に米炊きしてたけど、こっちの料理って簡単だから、和食の手間の掛かり方って半端じゃないなって本当に思う、米炊く作業だって、容易じゃないよ、今考えたら。

洗って浸しとく時間もあるし、私の場合炊飯器じゃなくて、鍋で炊くから火力の調整をするにも、鍋の音を聞いて様子を見る。
火に掛けてる時間も火から下ろして蒸らしてる時間も気にしていないといけないので余裕はない。

もーーーーめっちゃめちゃ忙しかったですよ。
オリに手伝ってもらったら、肉(揚げ)焦がすしさー爆弾

でも、この食事招待に関して結論を言うと、大成功グッド(上向き矢印)

日本食の小さなレストランやればいいとまで言われた(笑)まあお世辞かも知れないけど、こちらの人はあまりお世辞は言わないので半分本気で、そのぐらいお口に合ったのだと素直に喜んでます。

あー良かったいい気分(温泉)

食べ物の恨みはとかいうけど、逆のパターン。
美味しいものは人を幸せな気持ちにするんだわねハートたち(複数ハート)

結構な量作ったのだけど、ママなんかはお腹一杯だけどまだ食べたいグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)ってずーっと食べてたし、好き嫌いの多いオリパパもいっぱい食べてくれた。
そうそう、食べ物にチャレンジするのが嫌いなオリパパ、最初は日本のご飯って聞いて、なんだ?たらーっ(汗)って感じだったけど、少しだけ味見してみるってほんの一口よそったのを食べて、気に入ったみたい。おかわりしてくれて、嬉しかった(*^_^*)

この食事会は大成功で、みんな本当に幸せになりました黒ハート

叔父さん叔母さんも、まあ色々あって私に対してちょっとハテナがあったみたいだけど、私が今回言葉が話せたことが実を結んだよ。

今まで何度か会ってるけど、彼らが英語分からないから、全然話せなかったの。でも、今回私が少し話せるようになってることで、真面目に頑張って勉強している事も伝わったみたいだし、私の自身のことを理解するための彼らにとっての扉が開いた感じだったみたい。

とにかく好感触だった。
オリバーも家族みんなが幸せな時間を一緒に過ごせるのが本当に何より嬉しいようで、帰ってからもずーっとありがとうありがとうって言ってくれてた。

ほんと良かったです。

その日は思いもよらずすっごい長い時間夜中までみんなで過ごして、それでもまだ話し足りないぐらいの感じでお開きに。

疲れちゃったので片付けは翌朝。

kerze1.jpg

キッチンは半端じゃないこれ、カタストーフェ←ドイツ語(笑)
悲惨な状態でした(笑)
kerze2.jpg

また今週は少し時間見つけて書きます。

木曜日はママと2人でベルリンフィル、オーケストラに行くのでそれも楽しみ!
posted by wakaba at 08:14| Comment(10) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

007

N0015837_l.jpgカメラジェームスボンド

007見に行った。

オリバーがこのシリーズの大ファン。
古いものから前作、しかも何度も見ていると〜

映画公開の前の1ヶ月ぐらいかな?週末になると過去のボンドシリーズがテレビでずっと放映されてて、一緒に見てました。

実はワカチチもボンドが好きでよく見ていたんです(お父さんって外国に縁があったわけじゃなかったけど、その古い時代に外国映画は結構見てたしファッションも外国のを気にかけてた人かも。今思うと)

幼稚園くらいの時は映画の内容は覚えてないけど、夜遅くてもお父さんがいると一緒に起きていたくてボンドを何度も見てた記憶がはっきりあります。

予習?って事で数日前に前作は事前に見ておいた方が話が分かりやすいかもひらめきとか言って彼がDVDCDを買って来たので、前もって見ました。面白かったよ、前作も。

私が生まれるずっと前からのシリーズ。

今回と前作の主役、6代目ボンド。
歴代のロジャームアとかショーンコネリーのボンドイメージと全く、全く違います。かっこよさが少し違う。
海から上がってきた時のヘアスタイルだけは私的にはNGでしたが(笑)

とにかくアクションアクションで、すっごい運動量。半端な体力じゃないし、日本の人気番組、サスケ真っ青だなって思ったよ。
100%一発クリア、しかも5分ぐらいで全ステージ。

とにかくすっごいんだ、その運動量が(笑)
あそこまでやっちゃうと、ちょっと笑っちゃう。

でも撮影以外はずっとトレーニングしてたとか、スカイダイビングのスタントレッスンも3ヶ月に及んだとか、撮影中に8針顔を縫ったとか・・・やっぱ本物は違うなーという感じ。

新作ボンドガールの女性が超私は好きな顔。
羨ましい美貌です。

彼女も一日6時間のトレーニングをしてたんだって。
それがこなせる体力ってどんだけ?って思う。
きれいなだけではスターになれないのが日本とは違うかも^^;

面白かった。

最近ドイツ語漬けで、オリも私が英語を話すと怒る・・・(親代わり的な役割もあるから、“教育”って意味で責任感じてくれてるんだと思うけど^^;)

こうなると英語がもう楽で楽で〜
この007は英語で見たのだけど、なんか開放感のある映画鑑賞でした〜(笑)


posted by wakaba at 03:49| Comment(2) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

コンプレックス解消<そばかす編>

日本ではマイナスの体型が、こちらではプラスですという話しの続編!

指輪買いに行った時もそこの店員のマダムに、アジアの人たちの顔の区別が私たちは付けられないのだけど、日本人の顔っていうのは他のアジアの人と比べてどうなの??なんて話しになった時に、オリバーが、彼女は少し日本人っぽくないと思うって言い出したわけ。
私はどちらかというとかなり日本人顔だと思うので、この人なに言ってるんだ?って思ったのだけど、彼が言いたかったのはそばかす目

彼にとってそばかすはすっごい高いポイントなんですグッド(上向き矢印)これって意外じゃないですか?
日本でそばかす大好きっていうのは、私の友人では1人、長竹プロがいるけど(笑)珍しいよね?日本ではシミそばかすってマイナスイメージでしょ?なんたって美白!って流れだもんね。

私は小さな頃からそばかすがあって、キャンディーキャンディーの歌(はなぺちゃ、そばかす、お転婆、でも結構いつも泣き入ってる…みたいなワラ)をまさに私だなって思ってたのだけど〜こちらではその気にしていたそばかすも、日本人離れしている印象でしかもそれが、かっこいい、かわいい、その他色々、とにかくプラスイメージなんですよ。ナチュラル&ワイルドな印象なのかね?

そして、しみ爆弾
このシミもね、すっごい気にしていると、「は?だから何?」って感じなの。

日に焼けた肌がこれまたこちらではプラスの印象なんだよね。だからシミそばかす恐れて日焼けを嫌がってると、何言ってるの?って言われる。

でも、「日焼けばっかりしてるからこうしてしみになってきちゃったよー、これからもどんどん増えちゃうよー」って言ったら、「だから何???」って目を丸くして言われる。自然で健康的な方がよっぽど魅力があるってことのようです。

4キロ太ったがく〜(落胆した顔)戻さないと!って言うと、「バカな事言ってるんじゃないよー全然そんな必要ない」って言われる。

細くて折れてしまいそうな体より、力があってはつらつと健康的にいかにもスポーツやってるよ!って感じとか、自立心が溢れて出ている印象の容姿がこちらでは人気女性の条件のトップランク。
日本では私は、言いたいこと言って、ストレートに物を言う感じも時には煙ったがられ、堂々とし過ぎてるとか・・・とにかく女性としてはいつもマイナス点を付けられてた私だけど、こっちでは私なんかはっきり物を言ってるうちに入らない。日本でオトコ以上に男らしいとビビラレテタ私が、こちらでは優しくて上品だと思われている。このギャップがまた面白いよね。

そばかすも、しみも気にしないで済んでいます。
でも日本に帰った時は多分、きたねーなーとか思われてるんだろうなーと気にするのかも知れない(笑)

自分のマイナスだと思ってった点を、そうじゃないよって教えてもらって、小さな頃からそういった外見的コンプレックスすごいあった(周りが言うから)けど、今、育て直しをしてもらっている気分ですわーい(嬉しい顔)
posted by wakaba at 16:41| Comment(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

コンプレックス解消<セクシードレス編>

昨日、ウェディングメッセに行って来ましたぴかぴか(新しい)
要するに、ブライダルフェアーの集結版。
一度に大量な情報収集が出来たりいろいろ体験できる。

こんなイベント行った事ないから、楽しかったですよーるんるん
やはりなんといっても一番はドレスの試着ですぴかぴか(新しい)

自分も初なのでどんなもんかと思ってたけど、オリバーがその姿を見てワオ・・・って絶句して目に涙浮かべてきれいって喜んでくれたのは嬉しかった(笑)

その後、これも着て、あれも着てみてってオリが色々選んで来て、結局なんだかんだ15着ぐらい試着したと思います。

オリは見るたびに嬉しくて嬉しくて、とうとうお母さんお父さんにまで電話して「絶対見た方がいいから来て!」って(笑)
駆けつけてくれたお母さん、私のその姿見て、興奮して感極まって可愛い可愛いってチューキスマークの嵐です^^;

日本ではこの年で結婚式とか、ウェディングドレスとか誰も見たくないなんていう人がいるけど、こちらではそういうの関係ないのね。

ドレス姿の私に対し、通りがかりの人にまで、私ではなく、オリが褒められてオリもありがとうって言葉返して喜んでた。

あんなに褒めてもらって、もうお腹いっぱい黒ハートもう十分楽しんだexclamationって私はそんな感じだったのだけど、これは僕にとって大事な事でどうしても着せたいって言いだしたのです。
当初はベルリンでのパーティーで着る(日本は和装)って話しだったのだけど、まあその後色々あって、ドレスはいいよーってやめかけてたんです。一生に一度しか着れないドレスをそんな高い額出して買うのも借りるのも貧乏性の私には^^;

実際ドレスはどうなるか分からないけど、何より、オリバーの方が私より結婚式を大事にそして楽しみに思ってることがありがたいです。

興味深い話を一つひらめき

これ自慢でも何でもなく純粋に面白いな・・・って思ったのだけど、私は日本で言うと、ガタイが良過ぎるタイプわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)超体育会系爆弾どちらかと言えば太ってる方に分類される。顔も褒められた事なんかない。きれいなんて言われた事ない。

日本人の顔立ちがこちらの人たちから見て、エキセントリックなのはわかる。私は一重まぶたで言っても奥二重。この時点で相当ミステリアスなのでしょう。でも、そこを、“美しい”と思ってみてくれる人も多いんだよね。アート感覚、絵画的に見てるンかな?と思ったりする。

私たちが全然顔立ちの違う外国人さんがみんなきれいに見えたり、黒人さんがかっこよく見えたりするのと同じと思うのだけど。

あと、日本では細い人が人気で女の子たちもみんな細くなりたくて頑張ってるけど、こちらではボリュームのない体は人気が無くて、私みたいに日本ではウエストだけSでも入るけど、後全部L?部位によってはLでも小さい??みたいな体型はこちらではスタイルのいい人なわけ^^;

日本で言うと、相当アンバランスな体型な私。こちらでは普通というか、褒められ体型なのです。

なんっていうか、アフリカだかどこかの国で女の人は太っていれば太っているほどもてるって言う国もあったね。こうして、同じ人間なのに国や民族によって大幅にこの容姿に対するテイストが違うっていうのも興味津々。

日本の場合は女性にか弱さを求めるのかね?だから細い人がいいのかな?こちらの人は女性にもっと強くたくましい女性を求めるのかな?

もちろんセックスアピールに関しての受け止め方も違うのだろうけど。

同じダイエット器具のCMでも、日本では「これでこんなに脚が細くなりました!」って言うのに対してこちらでは、「これですごく太もももしっかりしてきて!」って太くなる事をプラスに考えている。もちろん、女性が。

日本では一度もきれいだとかスタイルがいいとか言われた事がない私は、そうやって容姿を褒めてもらえるのはそれはこちらの人のリップサービスが過剰だからなのか?

きれいな彼女、良かったね!とか誰に言われたって自慢気にオリが言う、私はそれを聞いて「その人の事信じてるの?」って聞く。そもそもこの発想がおかしい!間違ってる!って言われる。確かに暗いよね、褒められてるのに否定みたいな(笑)

でも小さい頃から容姿に関してはプラスのこと言われたことないから、本気で信じるのは難しいよ〜

最初は日本人とこちらの人たち、自分についての見え方がこんなにギャップがあるのって、どっちがほんとでどっちが嘘??なんて考えたこともあるけど、どっちが嘘つきなわけではなく、好みの違いが故?どっちも本当なのかなと思うようになりました。

きっと私はドイツでは褒められる人で、日本では逆な人。

長年の積み重ね、言われてきた事はもう歯石みたいにこびり付いちゃってなかなか取れないんだろうとは思うよ。いくら褒められても。
でも、深く考える事なく、世の中いろんな人がいるから、日本で褒められてなかったのにこちらで褒められる事もあるって事で、どれも本当だからどれも受け止めるべきなのだけど、マイナスはさて置いて、プラスの言葉はそのままありがたく受け止めた方がトクだなって思いました。

ある人(日本人スピリチュアル系男性ワラ)は日本人男性は強くたくましくないから、女性に上に行かれるのが恐くて例えばか弱い感じ、大人しい人とか、そういう好みの傾向があり、昔の男尊女卑的な発想も実は女の底力をビビッタそんな男性が作り上げたものだとか。あんまりこういうことこのブログで言っちゃ行けないと思うけど、まあ人から聞いた人の感想です^^;

実際のところは良くわからないし、もちろん好みも人によって違うのだけど、私の事をこんなにも褒めてくれる人がこの世の中に存在するって事を知るのは新鮮です。

もし私みたいに容姿なんか褒められた事ないって人がいたら、絶対どっかにはいる!って思った方がいいですよ!

ドレスぴかぴか(新しい)、ビヨンセ(日本のビヨンセじゃないよワラ)みたいなドレスも着たよ。でも日本ではセクシー過ぎるって言ったら、それも「なんでーーーー!?」ってスタッフの人もオリもみんな笑ってた。
でもそういうドレスになればなるほど自分にはまり、外野の声も高くなるのがまた面白かった(笑)

写真撮っておけばよかったなって後悔してます。そしたら私の胸がガバーーっと出たセクシードレス姿見せられたのにね(笑)

オリのお母さんは素敵!!って褒めてくれたけど、私のお母さんなら、みっともない、恥ずかしいからやめて!って言うと思う^^;多分友達も、本当にそれ着て登場したらあとで「あれはやりすぎだよね」って噂せざるを得ないと思う(笑)
posted by wakaba at 16:02| Comment(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

長編☆馴初め〜エクソシストまで?

昨日、“役所deシャンパン”というトピックに、KAZさんからコメントを頂き、レスを書いていたのですが、なんとなく“馴初め”の一部を語るごとく?長くなってきたので表に書かせて頂きます(*^_^*)

KAZさんのコメントはこちら↓↓

「久しぶりにブログを拝見しました!
結婚式、日本で挙げるのですね!本当におめでとうございます!!
私も神前結婚だったのですが、一般の参拝客も沢山いるので、お二人はきっと注目の的ですよ。」


ありがとうございますわーい(嬉しい顔)
こんな事になるとは当然思ってなかった知り合ったばかりの時に観光で案内してくれって言われて連れて行った浅草の神社で出来ないか?ってオリが言ったのだけど、あまりに見せ物チック度全開、観光客テンション全開のロケーション、しかも土曜日なのでその熱はさらに熱いと思い断念しました。それでも暫く迷っていたのですが、その理由は、オリ的にお気に入りの自慢なストーリーがあるのです(笑)ぴかぴか(新しい)

お付き合いどころか、本当に知り合ったばかりの時、私は通訳で3日間限りの仕事のパートナーだったので、最終日の仕事を終えて、その後食事に誘ってもらったのだけど、終電もあったし、オリは楽しい人だから行きたい気持ちもあったけど、他に心配事もあったし元々元気もなくて、気が乗り切らずに、断っちゃたの。

駅まで送ってもらい、とても楽しい時間をありがとう、私がドイツに行く機会はないと思うけど、また日本に来ることがあれば是非連絡して下さい、頑張って下さいと、普通にお別れしたんだよ〜嘘みたいだよね(笑)

もう二度と会うことがない人かも知れないけど、3日間で本当に色んな話をして本当に楽しかったし、久々に心の芯から笑ったなーって思える時だったので、それだけでも御礼を言い切れないぐらい感謝だなーって思ってたの。

ちょうどその頃、人間不信みたいになってて、人に会うのが恐くて嫌で内面的にはかなり引きこもってた時期(かなり長期)だったので、初めて会った人とは言え確実にこの人のお陰で私は、それが間違ってる事である、外に出れば楽しい事もあるし、私を評価してくれる人もいるんだよ、と目を覚ました気がしていました。

この人が目を覚ましてくれたんだ!神様がこの人を送ってくれたんだ!って。

この出会いはすごく意味があるものだったんだ、二度と会うことが無くてもそんなの関係ない!私の命の恩人だ!巷で言うソウルメイトだ!って思ってたんです。

ソウルメイトの定義は分からないけど、時の如く、魂の友?って思ったらまさにそうかもしれない!って勝手に思い込めた。

会えないとか全然関係ない、寂しくない、ソウルメイトだから魂で必要な時に会話を出来るって。またアタシの発言…不思議ちゃんに聞こえる?(^_^;)でも本当にそう思ったんだよ。

それまでによく知る友達にも何度となく愛の手を差し伸べてもらったけど抜け出せなかった洞窟から、不思議なパワーで力む事なく引き出してくれた彼は神様からのメッセンジャーだぴかぴか(新しい)プレゼントだーぴかぴか(新しい)エンジェルだーぴかぴか(新しい)って思ってたんです(笑)

楽しかっただけに別れは名残惜しかったけど、とても清清しい気持ちで、「明日から元気に前向きにまた外を見るようにしよう!」なんて胸いっぱいにして東西線バス乗って帰ったのを思い出します。

でも家に帰れば、現実がのしかかり、結局は同じか・・・なんて思ったり、オリと話した事なんかを思い出して、頑張ってもとの自分に戻らないと…なんて思ったりしてなんか上手く気持ちをコントロールできずまた不安になってたら、信じられない事が重ね重なりあって、今まで長年の悪い流れを何かがものすごいエネルギーを発して方向転換をさせるかのように、動いたんです。動いたと言うか、今考えたら動き出した、と言う感じですiモード

宇宙からのエネルギー=奇跡??って思うようなものすごいパワー、エネルギーを感じ出した日です。

この日に始まり、その後も暫くその余震は続き、最後の最後に大きくすべてが崩壊しました。でも、その崩壊があったからすべてを新しく立て直せたのかも知れません。

崩壊は誰にとっても恐い事。誰しもが崩壊を恐れて、様々なごまかしありの手段を使い、自分の都合、思い通りにそして自分が傷つかないようにと必死。でもそれが万が一崩壊してしまった時は、大きなショックや悲しみや怒りに暮れて動けなくなる。

私もこれが恐かった。小さい頃からずっといっつも不安でした。
私の人生は、嘘まみれ、不運がらみでナンボなんだ、安心して暮らせる日なんかないでしょうって思い込んでたもんね、そう言う流れに生まれつき巻き込まれてる体質なのかな?とか。

でも、この不運、崩壊が起こった時の自分の“アリサマ”次第で、この崩壊という恐ろしい自体が大きな転機を招き、新しいものを作り上げるという好転パターンに突入する原動になることもあるっていう事も子供の頃から薄っすら知ってたように思います。

だから、今までどんな事があっても傷だらけになってもそこで諦める事なくここまで来たのかななんて振り返ります。

試練も災難も困難も全部幸せのためのシナリオだったのでは?と思うと、ちゃんと真面目に生きていれば、色んなことが遭ったとしても、最後は必ず幸せになれるのではないかと信じていいのではないかと思えるようになったのは本当に最近。
数多くの試練や不運があったからこその幸せなのだとも思っています。

言葉には出来ないから人にも話せてないのだけど、、超自然力って?運命って?必然って??考え出したら止まらないぐらい裏づけの一部になりそうな体験談が頭の中で渦巻くように湧き出てきます。

言いたいこと1割も書ききってなくて不完全燃焼なんだけど、それにしても、ちょっち話し飛びすぎちゃったな〜(笑)わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

どうやって戻すか(爆)?!?!わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

onソウルメイトに会えたんだー、恩人だーって思いながら東西線で帰ったら、嫌な日常にさらに嫌な事が起こり、またどんより洞窟に閉じこもる・・・オリにもらった元気なんかどこに行っちゃったのか…

と言う感じで、いつのも如く不安で寝る事も出来ず朝になりました(私は実は3年間以上、かなり強度の睡眠障害に苦しみました。巷で言う睡眠障害のレベルだったら7年も^^;よく死ななかったって医者に関心されます^^;今はそれを取り返すぐらいの勢いですっごい寝てます眠い(睡眠)

すると、携帯携帯電話がなり、オリバーから。
" なんだか寂しいよ〜!""ところで、明日夜10時の飛行機フライトまで時間があるのだけど、浅草を案内してくれない?"と言われたわけです。

体力も気力もないから少し迷ったのですが、オリバの頼みだったら聞いてあげたいし、私が逆の立場だったら1人で言葉も分からない国で観光するったって限界があるし、友達が居た方が何倍も楽しいだろうと思って、あんなにパワーもらったんだから、ちょっと無理してでも行くべきだなって思って約束したんです。

翌日浅草に行き、浅草から水上バス船でお台場(お決まりデートコース笑)行って、その後、成田まで見送ってあげたいと思ったので、成田の友達に(くぼちゃん)急に頼んで彼女の家で彼女の旦那さんと二人の小さな娘たちと6人で手巻き寿司パーティーレストラン

初対面だし英語もドイツ語も出来ないファミリーだけどハートが触れ合うんですよ。
和気藹々、笑いの渦の中みんなで楽しく過ごして、そのまま成田に送りました飛行機

浅草の神社では、お賽銭を入れて手(パー)手(パー)私は彼の安全なフライト飛行機をお祈りした(色気なし)んだけど、彼が何を祈ったかっていうのが、素敵なのです〜〜ぴかぴか(新しい)まさかそんな風に思っていると1%も思ってなかったんだけどねー

その時、聞いたら教えてくれなかった(言っちゃったら叶わないとか言って)ずーっと後から聞いたのだけど、

“TRUE LOVE"を祈ったんだって。
英語でそう言ってたけど、今度ドイツ語でなんと言ったのか聞いてみる、ニュアンスが違うかも知れないから。でも直和訳すると「真実の愛」だよねーぴかぴか(新しい)
そんなもん、この世にあるワケないと小さな子供の頃から思ってた派の私にとっては、はっとするような新鮮な響きでしたよ〜わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

彼の心は透き通っていて、私の心は疲れ果てていて傷だらけだなって思いました。

愛情も何もこの時は私は、人間不信から抜け出すか抜け出さないかの最中で自分との戦いで必死だったので、恋愛どころか、仕事はしてたし、人に分からないようにはしてたけど、精神的社会復帰でさえも一生無理って思ってた時だから…そんな風に思ってもらえてたなんて、全く感じ取れてなかったですふらふら

だから、何を祈ろう…って思った時に、弟の健康と、あと、とりあえず無事にベルリンに着くよう、交通安全を(笑)←2つ爆弾しかもどっちかが、ついでっぽくなってるわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

お土産にと思ってそこで買って渡した浅草神社のお守りも、旅が多い人だし、これしかないひらめきって“交通安全”ってのを(笑)

それがなぜ結婚にいたるストーリか?みんな興味あるのかなぁ〜(笑)
オリの帰国後の猛烈アタックの話しはまた皆さんの様子見て?(笑)チャンスがあったら書きます(笑)

Anyway-
「僕のWish(願い)を叶えてくれた神様だ」って事で、ストーリーとして気に入っているところに、式をここですると言うなら尚このストーリーが素敵になると思って、浅草で是非!って思ったみたいなのです。

オリも落ち着きがないのは好きではないので浅草却下は納得。それでも神社はオープンなので参拝客による見物客は逃れられませんが、出来るだけプライベートがいいので小さな小さな神社で予定です。

ズラ被るの実はすごく嫌ですぅ〜
日焼けした白無垢あり?綿帽子や角隠しを見て、オリのお父さんは、なんでヘルメット?ってわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)かなり見た目ヘンみたいね。

この前クラスメイトでタイの子が居て結婚式の写真見せてもらって、やっぱりヘンだったもの、見慣れないから。おでこに丸い印3つ描いてたり、新郎新婦の頭を紐で繋いでいたり…ヘンって言い方は間違ってると思うけど、でも見慣れない事、やり慣れない事する時の正直な感想でしょう。

ズラも和装もヘルメットも逃れられないバッド(下向き矢印)国際結婚で式が日本でって設定以上、どうしょうもないっすふらふら

オリは「ショーグンになる!」って紋付袴を楽しみに張り切ってるし、英語の式の行程を送ってもらったのでそれを見ると、お祓いを“エクソシスト”って書いてある爆弾
それ見た瞬間は「え?がく〜(落胆した顔)」って顔して、その次の瞬間大爆笑、家が揺れるほどウケチャッテさーわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)そのウケ方、半端じゃないんだ、確かにあのオカルト映画モバQ思い出すもんね(笑)

みんな大爆笑のオリ鉄板ネタだよ。“日本の結婚式でエクソシスト見れるよ!”ってわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
posted by wakaba at 23:23| Comment(5) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

役所deシャンパン

winter kommt.jpg

日本はどんな気候ですか?霧
もう大分寒い?マフラーに手袋にブーツに分厚いコートで洋服の下にはユニクロヒートテック??雪

ベルリンはこの写真のように天気も悪く、どんよりしています曇り
公園に寄って撮った写真カメラ公園といっても日本で言う公園とは全然違って、日本人的目線で言うと、もう公園というか、森?って感じなので、天気悪くてもこの雰囲気がまた良かったりするんだけどね・・・

prp1.jpg

日本がまだ暑い暑いと言っているうちからこちらは(私にとって)既に肌寒かったので、これって慣れなのかな?
今日は5度ぐらいだったというのだけど、まあ、仕方ないよね、って感じで大騒ぎではなかった霧

息が白くなるのなんかもう既に普通の感じ。

10月11月っていうのは、いつも天気もあまりすぐれないそうで、ベルリンに住む日本人の友達は、10月11月が一番辛いって言ってました。急に寒くなるし暗くなるし天気も悪いし・・・って。
それを耐えたら12月はクリスマス一色クリスマスぴかぴか(新しい)で気分も明るくなるそうです。

私も去年既にこちらのクリスマスを体験しているのですが、またその時を楽しみにしていますクリスマスぴかぴか(新しい)

ドイツのクリスマスマーケットは有名ですが、確かにその中を歩いているだけでも温かくなる。目から脳から体を温めるの?でも実際、寒さ忘れるぐらいなんか温かい雰囲気が心を温めてくれるからか、体も温かくなるんですよ。
まあ、財布が寒くなるケースは否めませんがATMバッド(下向き矢印)

昨日早朝、オリがNY出張飛行機に出掛けたので私は1人でお留守番です。

仕事でNYマラソンに出かけているのですが、彼の中でも10年近く毎年の行事になっているということで、業界仲間との再会をとても楽しみにしている様子でした。

業界仲間ってもびっくりするような人たちばっかりなんだけどね(^_^;)

第一回東京マラソンの時に世界5大マラソン+世界各国の大きなレースのディレクターの会食に私も通訳として一緒に特別に呼んで貰ったのだけど、映画ゴッドファーザーで見たような光景だったよ(笑)長テーブルに、いかにもボス、ドンって感じの人たちがデーンと座ってて(笑)

その時にいた人たちもみんなNYに集まっているので、オリは私たちの事を彼らにも報告をしたら、何人かその式にわざわざ日本に来たいと言ってるらしい(^_^;)いったい何人来るんだ(^_^;)

ドイツでもやらないといけないから、ドイツに来ればいいのに、わざわざでも日本に来たいみたい。ありがたいけど、ちょっと大変そうでプレッシャーも若干あるけど、欧米の結婚式は見れても日本の伝統的な結婚式を見る機会は本当にないだろうし、ましてやそれがオリバの式となったら行かない訳に行かないexclamation×2ってみんなのその張り切りようを見たら大変そうとか言ってられないって感じ・・・ありがたいものね。

小さな小さな神社で家族だけで、当初は私の家族2人と親友数人とオリの両親が来れればその2人と私たち合わせても全部で10人にも満たない数で計算してたのに、今はなんだかスゴイ数。しかも80%外人爆弾

巫女さんも神主さんもびっくりつか、なんか勝手が違うだろうね(^_^;)

しかもね、ドイツの結婚は式は教会などであるとしても、まず届けを役所に出す時に、その場で人前式らしきものをするんだって。役所だから味気ない普通の事務的な部屋だと思うのだけど、国際結婚の場合は通訳まで立ててきっちりその契約?約束?をさせるとか。指輪の交換もそこでするとか?

私たち、日本で届けを出すので日本の役所に行くのね。私の実家のある吉祥寺の武蔵野市役所かな。

で、ドイツ方式のノリなんだろうけど、その役所にも外人ご一行様全員来るっていうんだあせあせ(飛び散る汗)それこっちではあり得ることなのかもしれないけど、なんかキケンな匂いしない??(^_^;)

サインして届けが受領されるのを見届けて、そこでシャンパン開けるって演劇ひらめき張り切って言ってるんだ、オリママが(^_^;)

日本ってそういう時の対応って融通は聞かないっていうか、難いっていうか・・・まあそこがいい所なんだけど、ハッピーな空気をしらけさせられる可能性はあると伝えました(^_^;)役所でアルコールは飲まないで下さいって、真面目に注意されそうだもんね・・・。品の良い立場や状況を弁えた人たちなので、ヘンに騒いだり他人に迷惑掛けるような事はしないのは分かってるけど、私は日本人として一応日本の常識がある事をきちんと伝えないといけないかなとも思ってます(^_^;)まあそれが悪い事であるっていう自覚や悪気が無いから理解に苦しむと思うけど、こういうことも含め色々日本を知ってもらう&知られてしまう?機会にもなるわけですね(^_^;)

役所、神社挙式に世界各国から外人のご一行様・・・

どうなることやら〜たらーっ(汗)

準備期間あと数ヶ月・・・
未だに何もと言っていいほど決まってないことばかりです・・・ふらふら
posted by wakaba at 02:40| Comment(4) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

ウイスキー復帰

まだお酒のみ始めて間もない頃だから大分前(笑)なんだけど、交通事故で肋骨5,6本折れてる時に、なんかテンション下がってて、「こんなんじゃダメだ!」って思い立ち、飲みに行く事にしたの(バカだねたらーっ(汗)

コルセットみたいなのしてたんだけど、安静状態ではなくなるわけなので、一応?テーピングで肋骨ギシギシに巻いて飲み屋に出かけたの(この勝手な超素人判断&行動力、我ながらすごいと思うたらーっ(汗)

ワタシ、DNA的理由だと思うのですが??かなりお酒は強いと言われていたの・・・でも、その日はわずかウイスキー一杯飲んだぐらいで、すんごい大変な事になってしまい・・・まあ言っちゃうと、急性アルコール中毒です(・_・;)

お酒の量でなったのではなく、恐らく肋骨6本も折れてるような時に飲んだからそんな事になったのだと思う。
体調も悪いし、痛み止めなどの薬も飲んでいたわけで。

散々な思いをして、真面目に、あーこのまま死ぬんだろうな・・・って思ったいくつかある中の一つのピンチ話ふらふら

それ以来、ウイスキーの色と同じ、ウーロン茶を見ても拒絶反応(当初からストレートで飲んでたのがばれるね、ウーロン茶の色のウイスキーですから水割りではない)

今は全然平気だけど、それがあった直後から、随分長い間、ウーロン茶飲めなかったんだよふらふら缶に入ってて見えないとかならまだ飲めたのかも知れないけど、コップに入ってるのは無理だった。

どんなお酒でも好んで飲める私だったのだけど、ウイスキーだけは嫌で大嫌いだったの。

でもさ・・・最近、その大嫌いだったウイスキーにはまりそうなんだひらめき

いいウイスキーって美味しいのかも・・・

オリがウイスキーが好きで、ウイスキー専用の棚があって、そこに色々なボトルキープしてるわけ(笑)

彼は日常的にピアノを弾く人なのだけど、よく夜1人で部屋暗くして飲みながら弾いてる。
そんな時にひっそり飲みたいみたい夜

お酒は週末のみにしている私たちなのだけど、その毎週末のお酒は95パーセントワインです。
これから先はもう寒いので99%ワインになると思う。ビールは体が冷えちゃって、やっぱり暑い夏以外はあまり飲みたいと思わない。

食事中はワインだけど、最近は食後、寝る前などにウイスキーを飲むのが私も楽しくなって来ています。楽しいっていうか、リラックスの薬って感じです。

オリは日本で飲ませてもらった日本酒にいい思い出(美味しい)っていうのがあって、この前アジアンマーケットに行った時に、「SAKEが飲みたい!」ってコレ(笑)

tosazuru.jpg
いいお酒は売ってないのよね、昭和の酒みたいなのは売ってるけど^^;

まあ仕方ないね。あまり高い酒を仕入れても売値が高くなれば買う人限られるっていうか、いないかも知れないものね。安いお酒が高値で売られています。
これも小さな瓶で15ユーロだったかな?

私、小さな子供の頃、よく酒屋におつかい行かされてたんだけどさ・・・一升瓶買いに(爆)
自宅に100%一升瓶が欠かせない家だったよ^^;

確かあの当時、3000円ぐらい渡されて、酒屋の一番上の棚に並ぶ一升瓶で私が好きなの何でもいいから買って来なってお父さんに^^;
何でもいいって言うのは、ラベルの色とかデザインとかで私がランダムに選ぶって意味なんだけどね。

今の時代、一升瓶買ってる人とか、ましてやそれ抱えてる子供とか見たことないね^^;
「初めてのおつかい」とかいって子供のおつかい、テレビでは見るけど、実際、小さな子供が酒屋でもスーパーでも1人で行って買い物してくるってもう見ない光景だわね。
変な人が多くなったからかな。

昔、私の時代はあったと思うし、私もほぼ毎日おつかい行かされてましたよ、幼稚園ぐらいの時から。

オリは次の帰国の際には、日本で美味しい日本酒と日本のウイスキーを買ってくるのを楽しみにしているみたいです。おちょこも買ってこないと!って言ってました(笑)
posted by wakaba at 14:20| Comment(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

夜散歩

spaziergang1.jpg

日曜日もパーティでしたバースデー
でもこの日は誕生日会でブランチに招待って事でお家で行われるアットホームな会で子供もいたのでほっとしました。といっても、子供に振り回されて、木登りとかさせられて大変でしたけど^^;

ブランチだったので、ゆっくりしても夕方には帰ってきて、少し仕事してから、散歩に行きました〜ケーキ食べ過ぎたんでわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
spaziergang3.jpg

散歩中に撮った写真載せておきます。

こんなにライトアップされてるとは知らず、ぶれまくってますけど〜でもとっても雰囲気いいでしょ?
spaziergang2.jpg

ウィンドウショッピングしながら散歩をして、8時15分からオリの大好きなジェームスボンド(007)TVやるっていうので合わせて帰ってきて、私はカロリー取り過ぎ防止の為、サラダ巻きを作りましたあせあせ(飛び散る汗)

なんっつーか、実の詰まった週末でした、この週末も^^;

来週末は彼がNY出張なので、久々にまたのんびり出来ると思います。
基礎体力がすごいんで、ついていけないっす、たまに休みがないと^^;
spaziergang2.jpg

お散歩の写真の中で私の中ではこれ↑が一番気に入っています。
posted by wakaba at 00:09| Comment(8) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

歴代オリンピック選手とか

先週末は土日ともに誕生日会にお呼ばれでしたバースデー

土曜日のパーティーは70歳のオリの親友のお父さんの誕生会で、JAZZBAR貸し切り。

招待されて来ていたお友達たちを見てびっくりがく〜(落胆した顔)

歴代のオリンピック選手、スポーツ選手ばっかりexclamation×2

同年代のお友達が半分以上だったから、当然現役は数名しかいなかったけど、60代のクラスでハワイのアイアンマンに出場し世界でトップ5の人とかも来てて感激しちゃった。(アイアンマンって、スイム3.8k/バイク180k/ラン42kだよ・・・信じられる?がく〜(落胆した顔)

そのお誕生日の彼自身が選手であった時の大会の模様などが映画みたいにずっと流されてて、驚きの連続だったのだけど、彼本人もドイツ代表の陸上選手だったのよ。

その後はベルリンマラソンのカリスマディレクターとして知られ世界中の人たちと交流があります。なので、お祝いのメッセージが世界中から来てました。ベルリンのあのメモリアルチャーチ(第二次世界大戦でダメージを受けたままの形で残されているベルリン観光では絶対に見る有名な教会)の牧師さんも来てたし、市長までも・・・^^;

なんも知らずに出かけたのだけど、こっちの人たちの誕生日っていうのは前も書いた事があるのだけど、誕生日の本人が招待(自腹)するんです。みんなが毎年毎年大きな自腹は出来ないと思うけど、彼にとって今回は70歳ということで、大きく祝ったようですイベント

去年、この彼の息子(オリの親友の1人)の結婚式でもそうだったけど、来てくれた友達を1人づつ紹介するの。70歳とは思えないぐらいシャキッとしてておしゃべりも冗談も本当に上手で、やっぱこうでないと世界で通用しないわなと思った。

何故か分からないけど、オリバーが一番最初に紹介され(BachのBで)立ち上がる。ライトが当てられて〜^^;軽く手を上げるとか会釈?とかで挨拶。当然私も一緒に紹介されます。その時に、婚約している事をみんなの前で勝手に言っちゃって^^;

オリは自分の口で一人ひとり重要な人にだけ伝えていたので、まだ知らせるべき人みんなには言っていない事なので、それはちょっと予想外だったみたいだけどみんな顔見知りみたいでたくさん笑顔を頂いたし、嬉しいことだから、まいっかって。

オリが本職でも副業でも結構そういう重要人と会う仕事をする機会が多いから、意外な人が私の事知ってて、テレビでニュースを見ていると、この人もワカの事知ってるよ、この人も知ってるよーって政治家がたくさん^^;

私にとってはどの人も区別がつかないから、先日のパーティーも有名な人たくさんいたみたいだけどよく分からなかったからふつーに一緒に食べまくり飲みまくりしてました(笑)

去年・・・あれはパークハイアットだっけな?ホテルのエレベーターで北島三郎とお付きの人?と私たち2人の4人になった時にさ、私は「あ!さぶろーだ!がく〜(落胆した顔)」って思ったのだけど、オリは何も知らないから乗ってきた彼らに愛想よく挨拶しちゃって、彼の着てた着物を素敵ですねとかなんとか声掛けちゃったりしてたの・・・それと同じだ^^;周囲から見たら場違いな感じっつーか、わけ分かってないっつーか?

posted by wakaba at 23:55| Comment(2) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

ベルリンのカップル事情?

昨日、おうちにお友達カップルが来ました家

オリの親友のスザンナと、彼女のパートナーのスベンムード

私が作るアジアン料理が友達の間で密かに噂を呼んでいるらしく、みんなそれを食べたくて家に来たがる、露骨に(笑)
嬉しいけど、結構大変わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

昨日のメニューは、生春巻きと酢豚と餃子(チョコノアちゃんレシピありがとうるんるん)で、デザートもお決まりのカステラとジャスミンティー。

初回だったので無難なラインナップにしました(笑)

これらはいつ作っても誰にでもウケルのが実証済みなんでひらめき

折角頑張って色々作ったので、写真の一枚も撮りたかったけど案の定バタバタで、撮れませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

餃子の皮も手作りしたので大変だったけど、オリバーも手伝ってくれたので楽しかった。

“コネもの”するの初めてなんだなーっておっかしくて仕方なかったのが、やり方教えてるのになんか違うっていうか、ヘンexclamation
へっぴり腰っていうか、言われた通りに出来ないの(笑)

生地をコネ台の上に叩きつけて手の腹でぐっプレスしながらこねて行くのが、そんなに難しい?って思うぐらいすっごいヘンなわけ(笑)ちょっと目を離すと両手でその生地を持って子供の頃、砂場の砂でお団子?作ったみたいに手のひらでクルクル丸めてペトペト叩いている(笑)

お料理は今回も好評でしたよ目
彼らに喜んでもらえてオリもすごい嬉しそうだった。それを見て私も嬉しかった。つまりみんなハッピーになったって事ですねハートたち(複数ハート)イイコトダ〜

で、今日書きたいのは、昨日来てくれたカップルの事なんだけど、彼女スザンナはオリの中学時代からの親友の女性で、私たちの結婚式が東京である事を知った数ヶ月前に、絶対行くexclamation×2って即答。

検討するとか、行きたいなーとかそんなぼやけた思いつきじゃなくて、聞いた瞬間に、即決飛行機なんだよね。

遠いしお金掛かるし、ぶっちゃけ友達が友達の結婚式をそこまで重要視するか?って思ってビックリしたの。
でも彼女が特別なのではなくこちらの人たちにとっては、っていうかオリの周りの家族、友達はみんな同じリアクション。

みんな毎日一生懸命働いている普通の人たちだけど、お金云々でなく、そこはオリバーに対する気持ちの表れなんだなーって関心した。どんだけ強い信頼関係で結ばれてる人たちなんだ?って感じした。

で、もっと日本と違うなーと思ったのは、パーティーや結婚式、こちらの人たちは彼氏彼女、夫妻はカップルで来るの。

でもね、スザンナと彼スベンは私たちのこれが決まった時まだ付き合い始めて2ヶ月ぐらいだったし、私もオリも彼とは面識が無かったのにもかかわらず、自分の彼女の親友の結婚式だから行く、って感じで大金はたいて、すぐに一緒にフライトチケット取ってるわけ。

私が真っ先に思ったのは、まだ出会って2,3ヶ月で式は半年以上も先じゃん・・・その時別れちゃってたらどうすんの〜?なんて。

スベン(彼)は昨日まで私たちを知らなかったわけだけど、彼女が日本に来るって決めた時にもちろん自分も一緒に行くって、その時点では彼女のために、彼女の親友の結婚式なら僕も祝いたいって思ったからって。でも私たちと会うことが出来てとても楽しくて今は彼女のためという理由だけではなく、私たちを祝福したいっていう気持ちに変わったって。とても楽しみだって言ってくれました。
富士山でスノーボードしたいとか言ってたけどわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

日本って自分の仕事の付き合いとか自分の友達付き合いに彼女とか奥さん、彼氏とか旦那さんを巻き込むケース、案外少ないと思うのでとても最初は不思議でした。もともと共通の友達っていうなら一緒に出かけたりもあると思うけど、わざわざ自分の付き合いに持ち込まないっていうか・・・だから秘密が多いのかも知れない?けど?

でもこれがこちらでは健全なスタイル=普通なんですね。
だから今日もオリの友達のおじいさんの大きな誕生日会がジャズバー貸切で開催されるのだけど私はあまり知らない人たちだけど、ちゃんとお洒落して出掛けるわけです。そしてそこでまたたくさんのオリの大切な友達に会って、みんなそれぞれの幸せを分け合うことが出来るから、友情の輪も広がって行く訳なんでしょうね・・・

Bytheway-私たちの結婚式、私の家族は片手に余るほど、つか2人ぐらい?しかいないけど?バッハ御一行様と親友カップルたちが結構な数来ます^^;
絵ズラ的に、神社、ガイジンだらけの挙式、どんなカンジ?(笑)
posted by wakaba at 15:47| Comment(4) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

Ehe Ringe

bear4.jpg

↑↑この手の遊び心、日本人にはないですね(笑)

店の軒先とかではなく、道路に誰かが飾ってるっていうか、座らせてるっていうか、この熊たちが自ら座ってるのかも(笑)

なんか癒されませんか?この写真(*^_^*)

オリが「これは写真撮らないと!」って言うのでカメラ

この日、デザイナーさんにオーダーして作ってもらっていた指輪が出来上がって来たので、2人で取りに行って来ました。

指輪って面白いですね。

洋服と同じで、見た目と付けて見た感じと、それを鏡に映した感じで全然違う。
デザインだけでなく、重さや研磨方法によっても印象が変わるし、付け心地も全然違う。肌の色によって全然違う色に見えたり。

要するに洋服と同じ、似合う似合わないがあるんだね。

指輪、プレゼントでもらった事はあるけど(爆?)自分で選んで買うことは一度もなかったので、デザイナーさんや職人さんの話しも含め、色々面白いなーと関心していました。

あとさー、日本の結婚指輪って細くてシンプルなものが多いでしょ。つか、そういう感じが普通でしょ。

でも、こちらの人は手が大きかったり指が太かったりだからかな。デザインも全然違うんだ。

結構いいなーと思っても、私の手や指には大き過ぎて、デザインとして気に入っても、全く似合わないっていうか、私がすると「ヘン!!」っていうのもたくさんありました。

このサイトはMarion Knorrっていう女性のジュエリーデザイナーの作品だけど、写真では見れないほど繊細な仕事なのよ。
http://www.wilde-ehe-ringe.de/index3.htm

写真では絶対に見えない、分からないけど、実物でその細かいこだわりを見て知って感激した。職人ってこういうことを言うんだなーって。

私たちもこの方にお願いしましたー。

あとマウスで写真をクリックすると分かるのだけど、指輪一つ一つテーマがあるの。
皆さんの指輪もテーマがある?

この辺はヨーロッパ的だなーって、上手く言葉に出来ないけど思ったよ。
感情表現をする人たちだから、その様が指輪のような小さな作品にもかなり強く出るっての?

ある音楽家が日本と、アメリカと、ヨーロッパの音楽観の違いに付いて語ってたのだけど、アメリカが理論的で日本が技術的でヨーロッパが感情的だとかって言ってたような・・・(間違ってたらごめん^^;)

アメリカの理論的っていうのは良くわからないけど、日本人は確かに細かい仕事が出来る人種かなって思う。繊細な仕事っていうのかな。
ヨーロッパの感情的な繊細さより、日本は“技的”な繊細さって感じがします。

感情表現が下手な分、技術で勝負するしかなかったから死ぬほど練習したって、世界で活躍する日本のバレリーナが言ってたのを聞いた事がある。

手作りの私たちの指輪もかなり感情がこもっている感じがしました。
技術的には日本人の方が細かい仕事が出来たりするようなものなのかも知れないけど、なんっつーか、感情がこもってるのが伝わってくるんだよね、ひしひしと。まあ、こちら側の感情ありきではあると思うけど(笑)

研磨してくれた職人さん、オーダーする時にも必ず出てくるんだ。そしてそのカップルの顔を見て自分なりのこだわりをイメージするみたい。

そして電話で、あなたたちに似合う素晴らしいものが出来ましたって嬉しそうに話し、取りに行った時にも、奥から出てきてくれて自慢げに私たちが喜ぶ姿を見てうなずいていました。

気持ちを込めて大事に作ってくれたんだなーって思いました。

他の人が見たら詰まらないシンプルな指輪かも知れない。プロセスありき、そしてハッピーな私たちの感情ありきでこの話しが成り立っていると言えばそれまでだけど、でも、その人の情熱とか本音、強い思いって絶対にその人の中だけに留まらず、相手に伝わるものだなってつくづく思った。

悪い念もさ、本当に強く思うと伝わるって言うじゃん。
あの、藁人形とかがそうなんでしょ?^^;(違うか?^^;)

とにかく・・・・人の本音ってあらゆるところに形になって出るなって。

もちろん自分たちの世界に一つの指輪が出来たと思えばテンションあがるけど、でも、あの職人さんたちのきらきら誇らしげな目をみたら、一生懸命作ってくれたのが伝わって感動しちゃったのね。
posted by wakaba at 16:37| Comment(4) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

220キロ

こっちの高速道路って、「こっから先、何キロ出してもいいですよ」って標識があるわけ車(セダン)

オリバーは仕事柄というのもあるかも知れないけど、ルールはきっちり守る人で、もちろんスピード違反とかあり得ない人。

だけど、ドイツのアウトバーン(高速道路)で、そんな標識があるもんで、ルールは絶対守るけど、時間の無駄とか大嫌いで、何でもちゃっちゃとやらないと気がすまない?もたもたしてるのとか嫌い?っていうのの影響かな?この標識から先は、普通速度で、常に160キロ前後。
速くね?

恐いっつーのふらふら

私が乗ってる時は私がスピード恐いので120キロぐらいで走ってくれるけど、120キロでも事故したら死んじゃうし、やめて欲しいんだよね、時間が勿体無いからっていう理由のスピード増はダッシュ(走り出すさま)

先日出張でミュンヘンに行った際には、7時間かかるって言ってたのに、なんか早く「着いたよ〜」って電話があったので、「思ったより遠くなくてよかったね!」って言ったら、「220キロで走ってたから車(RV)」って(・・;)

やめてくれよ〜って感じ。

でも、その車を追い越していく車もあるから恐ろしいっす。

でも、未だにドイツで交通事故見た事無いんだよね…

日本も車の免許取るのに結構な金額支払ってしっかり授業も訓練?もさせられるけど、ドイツもそうで、こちらの人たちはだから自分たちは運転が比較的ましなんだと思うって言ってた。

アメリカやオーストラリアでは免許、信じられないぐらい簡単に取れちゃうから、事故が多いのでは?って。

でも、日本も教習所で結構しっかり講習受けるけど、そんなに上手いか?って思うよね。

ここでも思った。
基礎体力のみならず、基礎瞬発力も違うのでは?って。
まあ、そうだとしても何も不思議でもないんだけど。

私、大きな事故以来(ダンプが信号無視して突っ込んできた)自分で運転するのは本当に時々でやめてたんだけど、日本の高速で100キロ超えて120キロぐらい出ちゃってたりすると、恐くてあせってた・・・(違反もあるけど)

こっちで100キロなんてノロノロ運転?って感じだろうな・・・わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

国際免許は持っているのだけど、ドイツの普通の免許に切り替えに年内に行くんだけど、いっそのこと持ってない方がいいようなわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
なんかの時に運転させられたら恐いしーモバQ

posted by wakaba at 15:53| Comment(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

だし汁タイムっす。

あたし、今何を飲みながら書いているでしょう〜

和食の味が恋しくてたまらない今日この頃・・・

なんと!

だしの素に塩入れただけのスープ飲んでます(爆)オイ!

だしの素は普通のヒガシマルとかので、塩はろく助の塩知ってる?
http://www.rokusuke.com/

超うまーでベルリンにも買って持ってきて、たまにご飯炊くと、それにふりかけて食べてる。
すっごい美味しい塩です!キスマーク

スープに入れちゃうには勿体無い気がするんだけど、七味入りバーションってのがあって(他にも干ししいたけとかでだしがすりこんである)それを入れて飲んでます〜いい気分(温泉)

あったかーいい気分(温泉)

COFFEEの飲みすぎが止まらない私、これ飲めばいいんダーって1人でうなずいてました、さっき(笑)

最初はこちらの食事、美味しい美味しいって食べてたんだけど、まあおいしいものは美味しいのだけど、味が濃いぃなんてもんじゃないよがく〜(落胆した顔)ハンパじゃないですふらふら

家で料理するもオリも他のドイツ人も薄味は全然だから、濃く作るでしょ。なんだかこっちの味覚まで狂ってくるよ。

ガイジンのあの寿司に醤油をドボドボつける感じを見たことある人は分かると思うけどわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

よくみんな糖尿病とかにならないなーと。この食事してて日本人より病気にならないとしたら、やっぱり体質の違いだよねーすげぇなー同じ人間なのに・・・

最近つくづく、和食の凄さを感じています。その凄さを語るに色々頭の中にあるのだけど、食材だって繊細な日本特有のものがそんなにあったんだーってこっち来て知るわけ。

砂糖でも上白糖って日本特有のものって知ってた?こっちには無いの。
全世界的に見て、ほぼ日本だけだってよ。

上白糖ってさ、和食では煮物などで味付けを染み込ませる目的で利用されてたってのがこっちにきて分かった。
こっちはグラニュー糖しかないぐらいの感じだからさ、煮物しても照りが出ないっつうか。

来年日本に帰ったらたくさん和の食材買いこまなきゃ!

カレールーとか、こっちで1000円近くで売ってたの見たよわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)日本なら200円ぐらいなのにね。

カレーもカレー粉で自分で作るんだけど、あの日本のカレーが食べたくなりこの前作ったらオリバー感激。

ちなみにその時使用したルーはバーモンドカレーPRIME(カロリーオフ)ってやつ。

これ、日本で買ってきたんだけど、美味しいよ。
本来の“秀樹感激”のカレーよりさっぱりしてて新月

posted by wakaba at 23:15| Comment(5) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

夢占い☆?☆

船越君、予選突破!
ジャンボカモン爆弾
明日ジャンボと組み合わせなのよゴルフ
精一杯がんばる事を思いっきり楽しんで欲しいと思います黒ハートひらめき

今日話ししたいのは、夢の話ぴかぴか(新しい)

ストレス全開のベルリンマラソン前に、泊り込みで仕事してた彼が久しぶりに家に帰ってきて倒れこむように寝たんだよね。

死んだように寝ていると思ってたんだけど、夜中にチョンチョン私の事蹴っ飛ばすんだよ、アリキック足(笑)
で、朝、「夢でサッカーサッカーしてた?」って聞いたら、「野ブタ(こっちには野生の豚、森に行くとたまに遭遇するらしい)に追いかけられて最初は逃げてたんだけど、逃げてもしょうがないと思って反撃パンチに出たんだ」って(笑)その野ブタ役が私だよ(笑)

でね、たまたま私がちょっと気になる夢を見た日があった時に開いた夢占いのサイトが面白かったのでブックマークしてて、オリが夢を見るなんて珍しい(いつも熟睡)ので、ふと思い出してちょっと調べてみたの。
そしたら、追われるのも野ブタもストレスの限界を現してるって書いてた。で、蹴るのは極度な束縛から逃れたい気持ちとかって。
結構当たっててビックリしたんだ。仕事の拘束が半端じゃない一番大変な時だったんで・・・

で、この夢占いってどう思います?
信じます?
なんか不思議よね。

実は私、ドイツに来る1ヶ月ぐらい前から、結構な回数、洪水とか津波の夢みたんだよ。

津波って言っても、ディープインパクトって映画映画知ってる?
あれ級のすっげーやつがく〜(落胆した顔)

で、すんごい惨事でまわりは大変な事になって、私も散々パニックしてギャーギャー言って必死に逃げてたんだけど、次の瞬間は勇敢にも、サーフボード抱えて向かって行って、ヒョイ!ってそのド級の波に乗っちゃうわけ。

で、夢占いどれを見ても、「津波」はあまり良い夢ではないって書いてるんだ。

洪水の夢はこれまでの環境や生活が一変することを告げている、これまでの環境から予想もしない急変を暗示するテレパシックなシンボルだって言うのね。

なるほどーってこれもある意味つか、かなり当たってて、夢の後に見たサイトからの情報だけど妙に納得でさ。

でも、次に調べた津波の夢はあまりいいこと書いてなかったんで、信じたくなかったのよドコモポイントでも洪水の夢はある意味当たってたんでビミョーって思ってたのバッド(下向き矢印)

そしたらさ、続き読んでたら、この津波の夢は吉凶が極端に分かれるんだってさ。

幸せだった人はちょっと悪い事が起こる可能性が、問題抱えてた人は一気に解決する暗示とか・・・

津波の夢はいずれにしても、大きな転機、生活の変化を迎えている時だって事はどこにも書いてあるんだけど、良い方に転がるか悪い方に転がるかは、その夢の中で自分がどういう状況かによるって書いててさ。

続きで「夢の中で津波から逃げ切ることができたら、事態は好転するでしょう。高いところにいて、津波を見ているだけの夢も同様です。」とも書いてるわけ。

先に書いちゃったけど、その津波、何度も見てるんだけど、一回も波にのまれたりしてないのダッシュ(走り出すさま)

大パニックで逃げ回ってるんだけど、もう逃げても無理ふらふらって思ったら、次はサーフボード抱えて向かっていくちっ(怒った顔)っつーパターン(笑)作り話みたいに私らしくて笑えるんだけど。

オリの夢もそうだし、私のベルリン来る前に何回も見たそんな夢も、書いてあった事にハマるから本当に不思議で。

ちなみに、こっちに来てからピタリと津波の夢見なくなったよ。

夢って何?
少しでも知ってる人がいたら教えて下さい〜
超、興味ありますひらめき
posted by wakaba at 01:40| Comment(2) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

ベビーカーマラソンパパ♪

結局またも、時間がありません時計

暫くの間、原稿書きに熱中していたので自分の事が出来ていなくて、溜まった用事を片付けつつ・・・

今週末はオリがミュンヘンに出張で私は1人なのでゆっくり自分のやるべきことをする時間を持てると思うのでそれまでちょっと待ってて下さい〜soon

学校の方も変わらず順調で、最近では放課後、別の生徒に宿題手伝って欲しいとか教えて欲しいとか依頼される始末わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

文化交流、親睦、また自分の語学のスキルアップ、理解を深める確認にもなるので時間があれば快く承っていますが、なんか私って中学の時も勉強が苦手で付いていけない友達の宿題みて上げてたりしてたこと思い出しちゃって、その後もずっと先生やってるし、私って“教え体質”??なのかな??なんて思っちゃった(笑)

私英語の文法を勉強してるから(つか教えてたし)ドイツ語の文法に関してもすごく理解が早いわけ。

明日放課後カフェで復習のヘルプして欲しいって頼んできたのはオーストラリアから来たショーンって男の子。
彼は英語喋るのに文法は分からないわけ。私たちが日本語喋るのに文法わかってないのと同じ。

だから私が英語の文法とドイツ語の文法を交えて説明してあげる事が出来るのにすごいショック&感動したみたい(笑)

ちなみに私の英語、こちらに来てかなりブラッシュアップされてます。
日本にいる時はちょっと喋れるからって結構重宝されて、すごい〜!なんて褒められたり特別扱いしてもらったり、仕事でもギャラが良かったり〜色々あったけどこちらでは喋れて当たり前つうか、ベラベラで当たり前なので、日本にいる時みたいに甘えが無い。そういう環境にいるから、自分に満足する事がなく、毎日、ドイツ語だけでなく英語の勉強も続けてますよ。

他の国の人で英語を喋る人はたくさんいるけど、英語の先生をやってた私みたいに文法把握して喋ってる人はあまりいないので、私はかなりアドバンテージがあると思います。

将来的に英語以外の外国語を学びたいと思うなら、まず英語の文法もしっかり押さえておく事をお勧めしますひらめき

今日はベルリンマラソンについて書くといいつつ書く時間がなかったので、せめてお気に入りの写真だけでも載せます〜カメラ

blm4.jpg

blm5.jpg

ベルリンマラソンで、こうして乳母車(っても日本では見かけない本格的な車輪のついた一緒にジョギングできるタイプの乳母車)に子供乗せて42.195キロ走るお父さん。
素敵じゃない?この発想。
でもこうやって乳母車に赤ちゃん乗せて走ってるお父さん、私が見ただけでも10人ぐらいいたよ。犬と一緒に走ってるランナーさんもたくさんいた。ちゃんとワンちゃんたちもゼッケンつけてるんだ。要するにランナーとしてエントリーしてるって事だよ黒ハート

ちなみにこれはgoal直前の写真。
goal手前で赤ちゃんを乳母車から抱き上げて、抱いてgoalする人もいたよ。途中の道のり長いので、赤ちゃんのおしめ替えたり、おやつ食べさせたりしながらだよー、なんかほほえましいよね黒ハート
この写真みて皆さんは何を感じます?どんな風に感じます?何を連想します?

色んな感動のドラマがありました。<続く>
posted by wakaba at 15:15| Comment(0) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

憧れの人に♪

なんだかご無沙汰しています〜時計

実は、日本の出版社から超初心者女性ゴルファー向けのゴルフ本が出るのですが、それのお手伝いをさせてもらっていて時間が取れずにブログから離れていました夜

やっと終わりましたので復活ですいい気分(温泉)

先週の週末は金曜日がドイツの祝日だったので、木曜日の学校終わりに迎えに来てもらいその足で車で6時間のケルンに行っていました。3泊4日の小旅行。オリたちはケルンマラソンにてお仕事。

ケルンは第二次世界大戦で町のすべてが焼けてしまったと言われています。唯一残っている巨大な聖堂の写真撮ってきたので後でアップします。
あの世界史で聞いたことのあるヨーロッパを流れる大きなライン川が通る街です。

なんだか疲れが溜まっていて、肩が凝ってます〜ふらふら

昨日は久しぶりに家でパスタとか簡単なものではなく、ちゃんとお料理しましたレストラン
つっても煮込みハンバーグ、簡単っす(笑)

日々いろんなことがあって、書きたいことは山積みのままドンドン時間が過ぎるので、すごく書きたいことまでドンドンお蔵入りしている状況です家パスワード

でもベルリンマラソンの事はもう少し書きたいので、今日また学校から帰って時間があったら書いて見ます。

そうそう、「ベルリンマラソン番外編」

実は私の大好きな、この人JOGIに会えたのです黒ハート

bm8.jpg

VIPで招待されていました。オープニングセレモニーと表彰式のプレゼンターで来てたの。

サッカー、ドイツナショナルチームの監督だよ〜サッカー

夏にあったワールドチャンピオンシップ決勝でスペインと戦い敗れたドイツだけど、その試合を見るたびに私はこの人のファンに(笑)
その話し、ここに書いてます。
http://happysong59.seesaa.net/article/101768238.html

なんとそんな憧れの素敵な男性に会えちゃって〜アハハ〜(*^_^*)ハートたち(複数ハート)

おまけにこっちみて微笑んでくれたりして、さすが男前は抜かりないっつうかぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

彼は膝を怪我しているらしく、それについてオリバーと個人的に話ししてたらしいけど、とても物静かなシャイな印象だったってさ。
シャイに見える男前・・・もてるだろうね〜黒ハート
まあ、実際はシャイじゃないんだろうけど〜〜〜イヒヒー(^v^)

彼と一緒に写っている人たちもかなりベルリンでは重要な人たちらしく〜彼の向かって右側は確かベルリン市長?だったかなと・・・
VIPパーティーには、私は全然知らないから平気で普通にいられたけど、有名芸能人や政治家とかたくさん来てたみたい〜
そんな中唯一私が知ってたのが、このJOGIです。
日本の40代はメタボが多いけど、体型が20代だったよ〜すっごいスタイルが良くてお洒落でかっこよかった。背もすらーっと高くてね。

仕事で超有名人にあうことは今までもしょっちゅーあったけど、写真を撮りたいって思うのはすごく珍しいケース(笑)

そんな人々にサインを自分から求めたのは、過去に一回!
ピッツバーグパイレーツの、TONY PENA野球知ってる?昔の人だけど、超有名なメジャーリーガーだよ黒ハート
私が子供の頃、初めて追っかけした人かも(マニアック(笑)?)

JOGIに生涯2回目のサイン、隙あらば〜ってちょっと狙ってたかも(笑)でも忙しそうだったのでそれを割り込んでいく気にはなれず今回はやめときました〜(笑)

ベルリンマラソン感動編part2はまた後で〜
posted by wakaba at 15:37| Comment(3) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

感動!ベルリンマラソンpart1

ご無沙汰しています!?

この一週間の間、書きたい事たくさんあったのですが、とても忙しくしていて時間がなくて全部ボツネタに〜残念ふらふら

今日はベルリンマラソンでした。

ベルリンマラソン、世界メジャーマラソンの一つ。
4万人以上のランナーが世界中から集まりました。

折角VIPパスをもらったので、今日は朝早くから行って来ました。

ポツダマープラッツ駅から、スタートとフィニッシュのあるブランドンブルグ門(この写真の右奥にうっすら写ってる)へランナーの皆について歩きました。

ベルリン、すっかり秋色でしょ。

bm4.jpg

朝早くから、たくさんのボランティアの人たち、スタッフの人たちが力を合わせ、この大会を成功させようとせっせと仕事をしています。

bm5.jpg

この完走ランナーにメダルを渡すボランティアはオリママも手伝いに来ていて、7年目だって言ってました。

今週は雨も振り、寒い日もあり、心配していたけど、今日は晴天、最高のベルリンマラソン日和だったと思います。

ふぃ〜
・・・書きたい事、たっくさんあるんです!

でも、今日もやらなければならないことがたくさんあり書けませんもうやだ〜(悲しい顔)
でも、タイムリーにせめて写真でもと思ってPC開きました。

後日少し時間が出来たらまた書きます。

VIP席から、目の前で、去年自ら出した世界新記録をさらに27秒も更新するハイレ(35歳)の姿を見た時は、興奮で心震えました。

bm2.jpg

みんな大感動です。
エチオピアの彼の名前をベルリン中の人々が叫びまくっていました。

去年のタイムも驚異的だと話題になっていたのだけど、それをさらに27秒も上回るとは。
bm3.jpg

goal直前の写真。
観衆の興奮の渦で私は目が回るような気分でした。
ハイレの世界記録への歓喜の叫び。すごかった。

それを背に受け、最後の最後まですごいスピードで世界記録に飛び込んだハイレ。
オリバーが後ろで、思いっきり叫んでるの見える?(笑)

bm6.jpg

表彰式。
最高の笑顔。
この写真、何回見ても、私まで笑顔になる。
彼はとても気さくでフレンドリーで、ベルリンマラソン見た人はみんなファンになるんじゃないかな。

感動をたくさんもらいました。
本当に素晴らしいイベントでした。

posted by wakaba at 05:13| Comment(6) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

日本語の「ん」の発音

現在、ドイツ語猛勉強中ペン

文法の難しさ、また私の一番気になる発音の難しさに苦戦しつつもそのなかなか上手く行かないがゆえに、より楽しいでするんるん

最近知った日本語の発音の話。

「ん」

皆さんこの、「ん」って結構テキトウに発音すると思うし案外存在感の薄い音だったりするように思ってるかも知れませんが、実は、この「ん」は、まだ研究の途上で、おく深〜い謎がまだまだ潜んでいると、その正体はまだ解明されていないそうです。

現段階で伝えられている「ん」についての話し。

実は、この「ん」種類(発音)は8種類もあるという学者さんがいますがく〜(落胆した顔)

少なく見積もっても4つがく〜(落胆した顔)
今日はこの4つを半分を簡単に紹介します。

タイプ1 口の中で舌が真ん中に浮いている状態「けんか」と言ってみましょう。

タイプ2 な、た、だ行が“ん”の後に来た時に起こる、上あごに舌が付く「かんたん」

タイプ3 ま、ぱ、ば行の前に付く”ん”の場合唇が合わさる「にほんばし」

タイプ4 ら行、に、じ、の直前に”ん”が来る場合。タイプ2とよく似ているが、上あごに舌が付く位置が違う。こちらの”ん”の場合、舌が付く位置が若干奥になる→「かんらん」。タイプ2の「かんたん」と「かんらん」を続けて何度も発音して比較してみましょう。


世界的にも外国語の発音が苦手だと知られている、また自覚もあるであろう日本人??って思いません??

よくコントとかで中国人の人が極端に独特な発音で変な日本語を話す〜みたいなくだりがあり、これを見て私たちは笑うけど、みんなの英語も実はあんな感じなんですよわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

でも、この「ん」の発音について知った時に思いましたひらめき

「私たち日本人っていうのは、こんなに繊細に一つの音を違う音に発音し分けているんだ!?!」って。

英語の発音には特に、難しさを感じていませんが、ドイツ語については未だに感じていますキスマーク

例えばRの音が、のどの奥でたんが絡んだみたいな音を出すのですが、単体で発音するには出来るようになったのだけど、例えばFr−の組み合わせになると急激に難しくなりますふらふら

でも、耳で違いが聞き取れているうちは耳いつか出来るようになると思っていたので、諦めモードはありえませんグッド(上向き矢印)

外国語の発音に関して諦め&開き直りモードの人たちは多いのでは?

でも、この「ん」の発音を微妙に使い分けている事を知れば、そういう気持ちになるより、いつか出来るようになるはず!って期待を持った方が楽しくないですか?るんるん

この話を知ってからまた思ったことなのだけど、歩き方同様(同様っていうか、専門的な意見見解ではなく、私のオリジナルの勝手な想像の見解ね^^;)
日本人が発音が下手なのって精神的なことなのではないか?って思ってしまったモバQ

要するに、人と同じでない事に恐怖感がある?足並みそろえる事が良いとされてるから?確実、無難にものこなす事を選択する人が評価される?失敗を笑われる日本??
チャレンジや見慣れ聞き慣れてないものに対しては拒絶、受け入れられない体質??
・・・単純に人前でチャレンジするのとか、出来る感じを披露するのとか、そういった人と違う事をアピールする事に罪悪感?もしくはそう言ったことに対してシャイな人種??

理由には個人差があるでしょうが、とにかく私は絶対に、発音は誰にでも出来る事だと思ってましたし、今回の「ん」の発音の話をしって、より一層思いましたひらめき

英語の発音のレッスンをする時に、L,M,Nの時は特に上に紹介したように、この舌の位置を細かく説明してなるべくきれいに発音出来る様に指導したりしていました。

英語のこのLMNの三つの音の舌の位置も、この「ん」の発音の中で皆さんが普段やっているもの(に近い←厳密に言うと)のに出来ない人が多かった。

多分、舌を大きく動かしたり、意識的に動かしたり、人前で舌を出したり口に注目される感じとかが嫌なだけでは?って思った。それが恥ずかしいから上手く行かない・・・みたいな。

ふー。
メンタルって結構大きくって、色んな可能性を封印しちゃってるケースあるかもねー。

でも、遊ぶ事、チャレンジする事が仕事の子供たちにはこんな余計な感じを意識して欲しくないね。のびのび、間違いを恐れず好奇心いっぱいに何でもトライして欲しいって思う。ここには親の理解、自覚が重要ポイントになるのかな・・・親って責任重大、大変ネ・・・(ガンバレ手(グー)

日本人の控えめだったり、我慢強い性格がとても美しいと思えること、外国に来るとすっごく思う時があるけど、これもTPOですね。

折角出来るはずの事が、出来ないと思い込んだまま終わってしまっている事、案外身近にありませんか?

それにしても、日本語の「ん」に8つも発音があるとは知らなかった、スゴイビックリ(笑)

興味がある人はネットで検索したら出てくると思います〜「日本語の発音」

desertflo2.jpg
おまけ〜今日の写真:アメリカ、ブライスキャニオンにて撮影。
暑さ寒さの厳しい環境でカチカチに枯れ果てた地からも、強くたくましく命を張り出して、なおかつ美しく咲く花。
花の種類は沢山あり、花屋に売り物として並ぶ花に見た目は適わないかも知れないけど、なぜがワタシにはより魅力的に感じました。
カッコいいねー、この姿。

芯の強さ=美しさではないかって、この花を見て強く心に感じました。
やってできない事はないって言うこともこの花を見て思いました。
posted by wakaba at 15:13| Comment(5) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

日本人の歩き方??part2

日本人の歩き方?!について、先日(9月11日付)面白い外国人目線の見解を書きました。読んでもらえてるかなぁ?

日本人の歩き方が昔の着物時代の名残があるのでは?なんていう発想は外国人に言われなきゃ、普段そういった研究をしている人でない限りなかなか気付かないよねわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

自分的にこの話し結構ツボで面白いなーって思ったのだけど皆さんどう思います?

引きずり歩きが日本人の歩き方って私も前から思ってたけど、そういうことかー??みたいな(笑)

スカートの話しも、Kathyに言われて彼女がまねするのを見て大笑いしたと同時に本当になるほどーーーって納得しちゃったよわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

でさ、問題は私の歩き方・・・ふらふら

これ、一つの悩みとして是非聞いていただき、分かる人には是非コメントを頂きたいふらふら

分からなくても、「もしかしてこうじゃないひらめきexclamation&question」っていうのがあれば・・・

姿勢は良いといつも褒められるのだけど、実は私も歩き方は自信がありませんふらふら

その理由に、例えば、コーヒー喫茶店を持って歩けない爆弾

コーヒーカップでも紙コップでも何でも、液体が入った入れ物を持って歩くと、絶対にこぼすわけむかっ(怒り)

中の液体がすっごいゆれるわけよ牡牛座

ここで引きずり歩きをしていないであろうという予測が立ちます。
引きずり歩きだったら、もう少し上手に運べるはず?

でも、外国人の人たちもウェートレスさんなどは上手に運ぶからこれは何か歩き方のコツがあるのかな?って思ってます。
とにかく私はコーヒーなど、運ぶ事が出来ないので、レストランなどでは絶対に働けません、マジで。

果たしてどんな動きをしているのか、分かりませんが、カップの中の液体が上下に立て揺れ、横揺れのミックスである事から、一つ思い浮かぶ点が・・・ワカ父爆弾

私の自慢の父、ワカ父はなんか日本人離れしてる人でした(武勇伝読んでくれてる人は分かると思うけど)

ノリがいいっていうか、アタマ飛んじゃってるっていうか、はちゃめちゃでファンキーな人だったのだけど、なんかさ、彼を歌で例えるなら、HIPHOPだったわけ(笑)

HIPHOPなんか日本に入ってきたのは多分20年ぐらい前じゃないかと思うのだけど、それ以前から彼はHIPHOPだった(笑)

今から30年近く前??に北酒場(細川たかし)をカラオケで彼が歌うと、何故かヒップホップになるっていう現象が起こってたからね(笑)

でさ、日本人のくせに、踊るのが空きで、彼が歌に合わせて踊りだすとなんかHIPHOPダンスなワケ。

後々ヒップホップが入ってきてから分かった事なんだけど、間違いなくそれなんだよね(笑)

MCハマーの動きとか、MCハマーがパクッたんじゃないか?ってぐらい似てたよ(爆笑)

私、アメリカ言ってもどこ言ってもラテン系の友達が多く出来、特に高校時代は黒人の友達に人気があった。

小学生の時に洋楽に目覚め、最初に大好きになった人もクール&THEギャングのボーカルで、思いっきり黒人さんだし、もしかしたら、過去のルーツを辿るとお父さん含め、私たち親子は黒人さんと仲良くしてた時代があったのかも知れないって勝手に想像して笑ってます。

それにしても私、コーヒーぐらいちゃんと運べるようになりたいふらふら

お客さんが来ても、コーヒー出す時はオリを呼び出さないと自分で持っていけないふらふら

これってなんなんだろう?どうしてこぼれるんだと思う?また、どうやって運べば、どういうイメージ、意識したら上手く運べますか?わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
posted by wakaba at 19:30| Comment(9) | Berlin☆色々〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。