blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年10月31日

久々の自宅週末

何だか、ベルリンマラソンからもう1ヶ月経ったとは思えないけど、現実そういうことなんだよねー
ほんと、あっという間に時が過ぎるわー

そのベルリンマラソン以降、久々に家でゆっくりしたイメージ。
多分、オリバーが風邪引いているからだと思うけど…(・。・;
風邪引いてなかったら、今日も夜は家だったとしても、昼間はどっかに出かけていただろうし、彼も来週のNYマラソンのためにトレーニングに出かけていたでしょう。

風邪っぴきはよくないけど、少しゆっくりしなさいって事だと気付いてくれるといいのだけど。

今日はそんなわけで、二人で新鮮な魚を買いにマーケットに出掛けて、帰りに電気屋さんに行って私専用のプリンターを買って来た。

魚はね、日本ではあまり家庭で料理しないと思うのだけど、「マス」がドイツではよく食べられているんだよね。日本で言う秋刀魚みたいなもんかなぁ…

鱒寿司ってのは食べたことあるようなないような気がするけど、あまり馴染みがなかったこのお魚。でも、ドイツのレストランに行くと、旬の時期は必ずメニューにある数少ない魚の種類のひとつ。

今日は初めて家で調理してみた。

シンプルに色んなハーブを中に挟んで、塩コショウしてフライパンで焼いたんだけどね。美味しかったよ。

日本には必ずどの家庭にも魚を焼くグリルがあるじゃん。
あれ、お察しの通りドイツにはない。
どの家庭にも大きなオーブンがこちらにはあるけど、さすがに魚専用グリルはないから、シンプルな焼き魚が食べたいけど、とりあえず私の住んでいるところでは今のところ無理だな。強いて言えば、屋外バーベキュー用のグリルを買って来てトライすることは出来そうだけど、まだ他に優先的に買いたいものがあるから、先回しだわ。

お魚料理は写真撮れなかったけど、これ、どっかのレストランで食べたものを真似てみた。

Oktober 255.JPG


ヤギのチーズをバーナーで焼き付けて、蜂蜜ベースのソースをかけてるだけ!
豪華に見えるでしょー
美味しいチーズさえ買ってくれば、味も確実!蜂蜜のソースは適当。蜂蜜をお湯でも良いし、リキュールでも白ワインでも何でもいいので、少し緩めてかけてるだけ。

ま、カロリーのことは気にしてません。

太るものばっかり食べてるけど、実際、もうドイツに来て2年半以上たったのに、予想していたよりは太ってない。予想は、軽く5,6キロだったから(^_^;)

今日、こちらでは時計を一時間遅らせます。
皆さんとの時差が一時間広がります〜サマータイムの反対?ウインタータイム?

こちらドイツの意識ではこれを境に冬って感覚なのかな?って今更ながら思った。日本でも秋分の日とか、春分の日とかあるもんね。

久々のお家飲みで、ゆっくりしたー
旅行や外出もいいけど、私は家が落ち着く。っていうか、落ち着く家があってありがたい。



posted by wakaba at 07:15| Comment(4) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

魚魚魚〜♪

週末に、市場に新鮮なお魚屋さんが来るよ!っていう情報を聞きつけOTTOと二人で出かけて見ました。

ベルリンは海に面してないこともそうだと思うのだけど、なんせ新鮮なお魚を入手するのは容易ではなく、その上、肉に比べてものすごい高いし…種類も日本みたいにたくさんない+湖の魚が多かったりして淡水魚だらけとかありえるし、なんか私的にも、テンションがあがらないベルリンの魚屋さん事情なわけです。

でも、もちろんお金を出して足を運べば、チャンスがないわけではない。

ここのお魚屋さん、ペリカンって名前でママのお友達の若いお兄ちゃんが働いてて、親切に教えてくれた。

日本の鮭と違って、こちらの鮭は油が乗ってる(乗りすぎ)で身も厚いので、美味しさに外れもなく無難なのだけど、普段、どこでも買える魚でないものを買って行こうと決めて、この日はSeezungeという、“シタビラメ”っていうヒラメを夕食のメインにすることにしました。

あと、ドイツ人はたこを食べる習慣がないのだけど、生たこが売ってたので買ってみることにした(頭もついて←あれって頭じゃないんだっけ?たこの頭みたいな部分笑)

で、「全部?」って聞かれたので、足だけでいいんだけども・・・というと「何本?」っていうから、4本!って答えたら、足を4本ばら売りしてくれた(笑)

あと、ホタテガイ。

全部、本当にとっても新鮮なわけで、それはまあ誰が見ても分かる。
どこの海から来たのか聞くの忘れたけども…多分、ノルウェーとかなんかな?

しかし、私がたこを買っている姿、周りのドイツ人は不思議というか、気持ち悪がって見てたっぽい?(笑)

でもスペイン料理はタコ入ってる時あるしねー

ただ、生たこを見るとやっぱ気持ち悪いかもね〜(笑)

私も日本でタコを買う時は、すでに茹でてあるゆでだこ買ってたし。

さて、どういう風に料理しようか〜

私は魚は余計なことをせずに、塩焼きとかが好きなのだけど、ひらめとかは煮魚かな?とかも思った。
でも、やっぱり磯の香りを楽しみたいから煮ちゃうより焼いた方がいいでしょ?
剥き身にしたヒラメに塩コショウして少し置いて水気を拭いたら、フライパンで表裏、こんがりと焼き目をつけました。

そして、週末はワインの日だし、魚だけどご飯がなかったので、少し洋風にして、パンも買い忘れたので、自分でニョッキを作ることにして、それとあわせられるソースを作りました。

これが適当だったのに、超美味しかったので紹介しますねー

バター
マヨネーズ
しょうゆ
レモン汁

分量?

わかんない(笑)

バター少な目、レモン汁多目ぐらい(笑)

これをフライパンで焦がさないように火を入れて出来上がり。
焼いてる魚に絡めて火を通すのも、ソースの味が強く魚について美味しいとは思うのだけど、私は折角新鮮な魚をゲットできたので磯の香りも楽しみたく、ソースは飾り程度に考えて、別の器に入れて出しました。

お魚を大きな白いお皿の真ん中にどーんと置いて、このソースをべっとりかけるのではなく、よくフランス料理とかの皿に描くようにかけるパターンを適当にまねしてみて、そしてその魚の周りに輪切りにしたズッキーニとホタテをやいたものを並べる。同じような丸の形なので、飾りみたいでかわいい。

写真はありません!
料理の写真って実はタイミングが難しいし、タイミングがまったくない!っていうケースが多いです。うちの場合、食事時間は何時から、とまるで予約を入れるように前もってその日に決めるんです。OTTOはそれにあわせて仕事を切り上げて、待ってる状態なんですよ(笑)レストランでお客さん待たせてる状態なんです、いっつも(笑)

8時と言えば、ちゃんと8時には席について待っている(笑)

なので、今回も時間ギリギリだったので残念ながら今回は写真がありません。見せたかったけども。

ニョッキはね、簡単だし、米もパンもない場合でも、ジャガイモと粉があったら簡単なので、使える!って思いました。ソースが美味しければ、ニョッキもいくらでも食べれちゃうし。今度レシピ載せるね〜

ヒラメもニョッキも最高に美味しかったです。
白ワインと一緒に〜大満足です。

ベルリンでも美味しい魚を買うことができる!と実感してすっごくテンションあがりました。

それにしても、日本ではどこでも新鮮な魚が豊富に揃っている、いつでも買うことが出来るって、当たり前だったけど、今考えたら贅沢なことなんだわね〜
posted by wakaba at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

メロンパン☆まだまだ研究中

DSC_0964.JPG


昨日、リクエストによりメロンパンを焼いて友達の家にOTTOと二人で遊びに行きました。
その友達とは、HOLGER。私たちの結婚式の時に浅草で食べた焼きたてメロンパンに惚れ込んで、その後、コンビニであろうがどこであろうが、メロンパンを見つける度に買って食べていました。彼は好き嫌いが激しくて、魚は一切食べないので、箱根の旅館に泊まった時は、何一つ食べれなかったという… (^_^;)そこで、日本での彼の主食はメロンパンとなったわけです(笑)

そのメロンパンを私が作ることをOTTOに聞いて「メロンパン食べたいな〜〜夢にまでみるぅ〜〜」と言うので、正直、結構、肯定が面倒なのですが(とにかく手がべたべたするのもやだし)バタバタしながら作りました。

私がまだ試行錯誤色々試しているのは、使用する強力粉と薄力粉。
ドイツには粉の種類が多いだけでなく、たとえば、薄力粉でも同じスーパーに何種類も売っているので、どれが一番日本のパンやケーキに適しているか、ドイツに移り住んで2年以上たちますが、未だに模索しています。

なので、今回の出来もまた前回アップしたメロンパンと多少違います。

でも、まあメロンパンに見えるね?この切れ目がマスクメロンのあれってことでしょ?(笑)

で、メロンエキスって入っているんか?って思っている人多いと思いますが、メロンオイルというのもあるみたいだけど、私はそんな高価なものは使いません。

でも隠し味??にレモン汁とレモンの皮をすったものを生地に混ぜます。

でも、まだまだ研究中。

合う粉探しと、みんな満足してくれているけど、私の中ではクッキー地(上の甘い部分)もまだ研究の余地あり。
それから、基本手捏ねなので、もう少し作り方の工程を工夫できないものかとも思って考えてます。っていうか、ホームベーカリーがあれば、もっと頻繁にメロンパン作ってあげるのにな〜〜〜
posted by wakaba at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

週末=禁酒解禁♪

一週間早いよね〜
今週も色々あった。

そして、待ちに待った週末です!何を待っているか?って”飲める”こと(爆)

別に飲みたきゃ、普段からでも飲めばいいんだけど、これがね、違うのよ。

日本に居る時は、飲みたきゃ好きな時に好きなだけ飲んでいた結果、それが”毎日”っていう時期も、恐るべし酒豪と言われた時代もあった。お酒飲むのが日常である意味、一日の流れ?!だったような感じでもあったわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

日本の人は忙しいから、週末にリフレッシュしに遊びに出てその時思いっきりお酒を楽しむとか…あまりないじゃん?

毎日、一日が終わったら、仕事仲間とお疲れ様〜って軽く飲むような感じが多いでしょ?毎日家で晩酌とかさー

でもね、意外な(私の中でね)発見が!

私のように、一日の流れでお酒飲んでいる人は、忙しい人ほど多いと思う。仕事終わりのビール一杯とかさ。
でもね、これを週末だけに変えてみ!?

っていうか、とにかく、毎日でない方が絶対にいいよ。体にもお財布にも、楽しみとして感じ方も。

ついゴルフと関連付けたくなるけど、時間とお金があって、週に何度もコースに出るアマチュアさんのゴルフが楽しい!っていう
感じ方と、月に1回か2回しか行けない人の楽しい!っていう気持ちの度合いと、またそれに向き合い方も全然違うしね。それと似てるとも言えるかも!?毎日のようにコースに出てる社長さんのゴルフは有り難味も特別な日っていう気持ちも入ってないので、ゴルフは雑だし、ただやってるだけ!って感じた事があるなー
それはそれですっごい贅沢ではあるけど、私なんかは、たまにの一回をすっごい楽しみにする事がいいなーと思うタイプ(まあ、実際お金があったら、また違うのかも知れない?)

というわけで、毎日のように飲んでいた私が、ドイツに来て、週末だけという自分たちなりの規則を守ることで、その一週間ぶりのお酒がどれだけ美味しいんだ!!って事に気づいたわけ。

これ、ほんと、オススメですぴかぴか(新しい)

先週、OTTOのいとこのお姉さん夫婦がワインを持って来てくれたのを、この一週間ずっと狙ってました(笑)やっと今日飲めるよ〜(笑)

ワインに合わせて食事も…でも、今日は塩豚を作ったのでそれをアレンジしよう(これがシンプルだけど美味しいし評判だしドイツ豚肉安いし!)
基本、和の調味料で料理をするのが好きだし、ベースになってるけど、完全和風ではなく、和洋折衷和歌風です。でも、レシピないので同じ味は二度と出せないっていう、相変わらず、目分量あてずっぽクッキングです(笑)

そう!今日、デザートもあるんだよー

それは、スコットランドのEDRADOUR蒸留所でテイスティングした、ウイスキーベースのクリームリキュール。
先日、ウイスキー問屋でこの5本のウイスキー買ってきたんだけど、この写真の中央が、そのクリームリキュール。

Augst 026.JPG


OTTOはバニラアイスにこれをかけて食べて幸せそうにしているけど、私は、これだけで十分いい気分(温泉)これをチビチビやるだけで、最高のデザートです黒ハート

日本でも手に入ると思うし、他のウイスキーに比べて値段も安いので、試してみたい人は是非。

それにしても、5本も買い過ぎだよね!?まあ、OTTOの趣味であり、頑張った時のご褒美って感じ。

でもね、そこの店のオーナーがかなりのプロ!商売のプロっていうか、ウイスキーのプロ!本当に奥が深過ぎて、分けわかんないんだけど、なんか楽しいんだ、そのお話が。しかも、客に、そのウイスキーを買うなんて、センスがない!とかまじめな顔してはっきり言うので面白い。通いたくなる気持ちも分かる。

ちなみに、私が好きなウイスキーは、この写真の右端のBOWMOREです。(ほとんど空になりかけてる笑)

Augst 027.JPG


日本でも置いてる店たくさんあるよ。
かなり癖があるから、好き嫌いは激しく出ると思うけど、私は傾向として香水も、お酒も少し癖があるぐらいが好みです。

タイトルの…「週末=禁酒解禁」
って言っても、金、土、日、と飲んでたら、週の約半分飲んでるって事かっわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

皆様、良い週末を晴れ
posted by wakaba at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

イタリア人の子供はね

イタリア人ファミリーとの一日。

散々歩いて、ビール休憩ビール
普段はワインを飲んでいる人たちが、ドイツに来たらビールを飲んでいた(笑)やっぱ、ドイツといえば、ビールだよね(笑)

こんな場所でビール飲んだよ。今、どこもかしこも、ワールドカップのパブリックビューイングになってて、ガヤガヤしているので、そうではないところを捜し歩いてここに辿りつきました。川べりでかなりリラックス出来ました。

DSCN0105.JPG


シルビアのお姉さんの子供がトマゾっていう1歳半の男の子で、めっちゃ走るし、めっちゃ喋る!イタリア語全然分からない私だけど、この日も超〜遊んだ!

でね、トマゾがお腹が空いた時に、「パスタ!パスタ!」って言いました(笑)これは私にも分かった(笑)

超〜可愛い黒ハート

ドイツ人の子供は、お腹が空いて「Brot! Brot!」って言ったりします。Brotとはパンのこと(笑)

確かに日本人の子供はお腹が空いたら、「ごはん、ごはん」って、まあ米のこと意味している場合も多いよね。

食文化の違いは分かってるけど、パスタって言うと、日本ではイタリアンで大人の響きがある気がして、お腹が空いたとぐずるまだ1歳半の子供の口から、「パスタ!かピザ!」って聞いた時は思わず笑っちゃいました。

DSCN0116.JPG
posted by wakaba at 15:52| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

オリーブオイル

我が家のオリーブオイルの消費量は半端じゃありません!

といっても、こちらの平均値と比較したわけでないのでわからないけど、私のいままでの一人暮らし、二人暮らしの経験から想定すると、一ヶ月に500ミリリットルなら3本、750mlの瓶を2本って言うのは多いと思う…そんなことないかな?皆さん宅ではどうですか?

ドレッシングは市販を買わないので、自分で作る際にオリーブオイル使うこと多いし、マリネなんか作るときも多いし、例えば、オーブンで野菜やジャガイモを焼いたら、それにオリーブオイルかけて食べるとか、そういう食べ方も簡単で美味しいしヘルシーだから多いんだなー。

あと私が好きなのは、バゲット(フランスパンみたいなの)を買ってきて、オリーブオイルに付けて食べる!

このオリーブオイルにお好みの塩やハーブを混ぜても美味しいですが、私は何も入れず単純にオリーブオイルとパンのみで、ひたすら手が止まらない状態です。

日本で主に売れているサラダオイルを、焼き野菜とかの上にそのままかけて食べることは絶対ないけど、オリーブオイルは、食べるオイルでもあるってことだね。

しかも、これだけ油摂取して大丈夫か??って思うのだけど、どうやらオリーブオイル自体はそんなには太らないんじゃないかな?多分・・・・・・

オリーブオイルも種類がすっごいたくさんあり、値段もピンきり。

肉をフライパンで炒めたりする時は、安いオリーブオイルを使います。
750mlで300円ちょっとで買えるかな。一番安いので。
でも、これ日本で倍以上の値段で売られてるやつだもんね。

なので、うちには、炒め用と、生食用のオリーブオイルがいつもおいてあります。

やっぱり500ミリリットルで10ユーロも20ユーロもするものは、試してはみたいけど、やはり手が伸びません。

でも先日、いつもと違うのを買ってみようと、オリーブオイルコーナーであれこれ見ていると、一人の老人がやって来て、「オリーブオイルはイタリアのがいいと思っている人が多いけど、大きな間違いですよ!オリーブオイルはスペイン産が一番!最高のオリーブオイルはみんなスペイン産で、イタリアはそれを輸入してまた売ってるんだ!」とか言ってました。間違いなく、スペイン出身の方だと思います。アクセントがスペイン人だったし。

「愛国心だね〜」と思い、誰しも他の国と同じ生産物が自国にあれば、自分の国のものを自慢したくなるのは分かるよーって思ったのだけど、なんかその言葉が気になって、そのおじいさんが、紹介してくれたものが確かに2009年に賞を取っているものだったし、私もずっとオリーブオイルはイタリアだって思ってたけど、去年マドリッド出身の友達に出会った時も、自国の美味しいオリーブオイル自慢してたなーと思って。

買ってみました。

Fussball 003.JPG


高いのは買えないけど、その中でもおじいさんのお勧めを。

5.99ユーロと、6.99ユーロのスペイン産オリーブオイル。

まずは1ユーロお安い方(1ユーロ安だけど、量が250ml少ない)をシンプルなパスタにい〜っぱいかけてみた。

う〜ん…あれこれ語るほどの違いは見出せない(^_^;)
でも、明らかに2.99ユーロのいつも買っている炒め用の安いオリーブオイルとは違い香りがよい!炒め用には勿体無いです。

香りとかコクとか、あとは油の濃度っていうのかな?
イタリアのトスカーナーの農家で試食したオリーブオイルは、もんのすごい濃厚で重たくて、全く別物に感じすぎちゃって買ってこなかったけど、今考えたらあれ、“買い!”の商品だったのかなーと。

料理に合わせて同じオリーブオイルでも種類を変えてみることは、日本人が味噌汁を作るのに、味噌をあれこれ具などに合わせてかえるのとか、醤油も種類いろいろあるのと同じかな?
いつの頃からか、刺身醤油なんていう、さしみ専用の醤油とか出るようになったしねー

この写真の左に映つっている、OMEGA3っていうスペイン産のオリーブオイル見つけたら、試してみて下さい!
安くてもいい、ワインとバゲットと出来ればほんの少し輸入物のチーズ買ってきて…

posted by wakaba at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

食べたことある?

今日、月曜日は祝日なのだけど、お天気が悪い!
っつーことで、パンケーキを焼いて遅めの朝食を取り、その後お互い仕事をして、のんびりしていました。
で、今Ottoは走りに出かけていますが、帰ってきたら早めの夕食を軽く取って、映画を見に行きます。
8時開演の映画で、タイトルは忘れました(笑)私もOttoも好きなコメディー俳優の新作です。

軽めの食事、何を作るか?
一昨日の残りのチリビーンズが冷蔵庫にあるのでそれを再利用して…ミートグラタンでも作ります。

そして、これも!

アーティチョーク。

Fussball 006.JPG


食べたことない人もいるのでは?

私も日本では食べたことない。アメリカ時代に食べてた。

少し手間かかるっぽいけど、これまた癖になる味なんだよね〜!何っていうんだろうか…なんとも言えない…

つか、写真だけ見たら、これ一体どうやって食べるの?って感じだと思うのだけど、レシピは色々あるので、また紹介します。

私は蒸して好きなソース付けてさっぱり食べるのが好きです。

私は納豆が食べたくて食べたくて仕方ないのだけど、こちらではそう簡単には手に入りません。
日本にいた時は冷蔵庫に絶対絶対入っていた納豆がこちらでは一度も入った事がない。
日本の3倍の値段するのは当たり前な上、冷凍だったり、おいしくない納豆はそりゃ、アジアンショップとかに行けば売ってるでしょう…でも、それはそれで気持ち悪いんだよね。

ドイツに来て、日本で当たり前に手に入っていたもので、手に入らないものは本当にたくさんあります。本当にたくさん!

でも、こうして、日本ではそう簡単に近所のスーパーでは見つけないものも、こうして手軽に楽しめる。
だから、フェアっちゃーフェアーなんですけどもね…
でも、納豆…食べたい…

私日本に帰っていた3週間の間のハワイ1週間抜かして、2週間、本当に一日も欠かさず納豆食べました(笑)貯め食い?なんてできっこないし、そんなつもりでなかったけど、毎日でも食べたかった。そして毎日食べても全然飽きなくてね…

東京マラソン当日の朝も納豆と梅干をご飯に乗せてもりもり食べた〜その姿、OTTOは忘れられないようです(笑)OTTOは日本食が大好きで、何でも本当においしく食べる人ですが、納豆と梅干だけは何度挑戦しても駄目みたい。まあね・・・わかるけども。

ちなみにこのアーティチョーク、1.99ユーロでした。今1ユーロが113円ぐらいでしょ?220円ぐらいか。
こちらドイツのジャガイモ、2キロ100円?!みたいな安い野菜ではないけど、でも酒好きな私たちは、このアーティチョークはよく買います。
posted by wakaba at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rioja(リオハ)

今日、月曜日はこちらは祝日です。Pfingstenという祝日なのですが、Wikiで見ても何の事かさっぱりわからない(笑)とりあえずキリスト教に纏わる祝日ですわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

3連休という事になります。つまり昨晩もお家で二人で飲んでました夜

オリバーは相変わらずトレーニングと家でも仕事してる毎日だけど、休みとなるとそれプラス、絶対に二人でどっかしら外に出かけないと気が済まないみたい。

特に彼にとって、一日中家にいることは病気と等しいぐらいありえないみたいです(笑)

彼にとって天気はすっごく重要で、太陽晴れのことをいっつも家族みたいに気にしているよ(笑)

昨日はサッカーを見るのに特番あわせて夜7時には家で落ち着いて座ってたかったので、5時には帰ってきて夕飯の支度をしたいと希望し、出かけました。

地下鉄の定期を二人とも持っているのだけど、地下鉄が嫌い(なんか暗いから?太陽がないから?)で、目的地まで歩きました。

その目的地とは、地下鉄で行くと、トータル30分かかるところ…(笑)どんだけ歩くんだよ!って感じだけど、散歩とスポーツを兼ねていますので合理的です(笑)

道の途中には歴史的建築物もあるし、そんな特別なものでなくても、草木や古い建物、住居を見て歩くの、カフェめぐり…やる事山積みで忙しい中、こんなのんびり散歩など!?って、無駄な時間過ごしているようだけど、これが以外に仕事の効率を上げてくれる。この時間をたっぷり使った散歩ってのは、手軽だし、なかなか心が落ち着くの。そして、何かと循環するのです。

で、そののんびり散歩しつつ向かった先、目的地とは!

ワイン屋さん!

またかい!!(笑)

先週行った時に予約して来たものが入荷したので取りに行ってきました。

私の好きなワイン、Rioja(スペイン)の専門店。

キャンティーの赤も大好きだし、他にも素人ながら語ればまだ色々あり過ぎるけど、その中でも今のところのお気に入りはこれ。赤も白もいいよ。

rioja-weinspezialist.de

ベルリンにも3店舗あります。
ベルリン在住の方、ベルリン観光の方もぜひお立ち寄りになってみては!私の行き着けは、シューナーベルグのお店です。

Akazienstr. 13
10823 Berlin
(U-Bhf. Eisenacher Str.)
Tel.: (030) 782 25 78
Fax: (030) 788 19 18
Öffnungszeiten: Mo.-Fr. 11.00 - 20.00, Sa. 10.00 - 16.00

そして、今日はおいしいブルーチーズもあったので赤ワインをあけました。

Fussball 002.JPG


メインは豚のかたまり肉があったので、ジューシー系なチャーシューを作って、数種類のマスタードと一緒に食べました。

やっばーいぐらい美味しかった!

そして、この赤ワイン、定番になりそう。本当にすっごい美味しかったです!

今日も飲みたいな〜〜〜〜(爆)明日仕事だから駄目かわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

posted by wakaba at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

サッカービールに合うよ!

昨日は散々アピールしたチャンピオンズリーグでした。

こちらに来てから、毎週末飲むアルコールは95%ワインな私ですが、サッカーの時はビールって決まってるんだっていうOTTOの考えも分かるので、最近はサッカーの大事な試合の時はビールを飲むようになりました。つまり80%ワイン!?みたいな感じに切り替わってます。

こちらのビールは日本のビールよりおなか一杯になるので、昼間におやつ代わり(!)に飲んだりするのが私のスタイル。
夜はあまりビールは飲みたくない、ご飯食べれなくなっちゃうし。

昨日は、せっせと買い物に行き、ビールにあう食事で、熱々でなくても問題のないトルティーヤ?タコス?にしました。

生地のレシピはこちら!
ってほどでもなく、小麦粉とコーンミールを同量(今回各カップずつ)に適当に塩と砂糖二つまみぐらいに、ベーキングパウダー小さじ2杯。
それに、お水を3カップを目安に適当にクレープ作るときぐらいの感じに調整すればオッケー。

あとはにんにくひき肉を炒め、チリパウダーや適当にその他のスパイスを利かせたチリビーンズや、たまねぎ、ピーマン、トマトで簡単につくるサルサなど、ありもので適当に具つくり!

サワークリームがあうよ!チリソースも自分で作ると美味しいよ!
野菜はレタスがいいけど、何でもいいんだー。

本当に大した材料費もかからず、生地を自分で焼いてもたかが知れた作業なので、十分楽しめる食事完成!

みんなでサッカー観戦する時もこれは使えるレシピです!具はいくらでもバリエーションあるしね!

Fussball 008.JPG


で、サッカーの結果は・・・


posted by wakaba at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

ドイツ伝統のお菓子レシピ

nochmal 563.JPG


先日お話しました、OTTOの大好物だと言う“Kalter Hund”直訳すると、冷たい犬…??何でこういう名前なのかは調べないといけませんね。

ほんっとーに超簡単なレシピを紹介します。
昔からあるお菓子で、各家庭にそれぞれのレシピがあり、本当にそのレシピの数は家庭の数ほどあるでしょうと言えるほどです。入れるものの共通しているのは、カカオもしくは製菓用チョコレートとココナッツオイルぐらいでしょうか。

他は本当に色々です。

私はとりあえず、レシピを検索して、ドイツのお菓子メーカーが紹介していたものが、家にあるもので作れそうだったので、ないものは少しアレンジしてそれを試してみました。

Kalter Hund etwa 20 Stück(20枚)

Schokoladencreme(チョコレートクリーム):
150 g Zartbitter-Kuvertüre 150g製菓用ビターチョコ
450 g Vollmilch-Kuvertüre 450g製菓用ミルクチョコ
150 g Kokosfett 150gココナッツオイル
200 g Schlagsahne 200g生クリーム
Vanillin-Zucker バニラシュガー(これはバニラエッセンスで代用)
あと書いてなかったけど、風味で、ラム酒入れました。

Außerdem:
etwa 250 g Butterkekse 250gバタービスケット等

<作り方>
@チョコを溶けやすいように刻んでボウルに入れ、その上にココナッツオイルの塊を入れて生クリームも入れて、湯せんにかけて溶かす。

180px-Coconut-butter.JPG

*これがココナッツ油の塊。液体の油ではなくこうしてバターみたいになっているものを使う
*量がすごいのでなかなか溶けないので、私は湯せんも弱火にかけながら作業します

A最後に風味でバニラ、ラムなどを入れる。

nochmal 558.JPG


B型に少しづつ流し込みながら、ビスケットで層を作っていく。

nochmal 559.JPG

*チョコを流し込んだらヘラで均一にしながら

C冷蔵庫で6時間冷やします!

nochmal 562.JPG

*型にラップを敷いて、少しチョコレートもさめてから作業しました



ビスケットも自分で作るってのもありだけど、より簡単なレシピで簡単に作りました。

レシピでは、ビターチョコ150g、ミルクチョコ450gになっていましたが、私は600グラム全部ビターでつくり、ラム酒を入れて少し大人っぽい味にしました。

ビターで作って正解!美味しい。コーヒーにあう!

あと、なんだこのクリーミーさは!って、ココナッツ油の塊の味か?
実はこの材料は初めて使った食材。

食べて「ほ〜〜〜」と、その経験のある味に納得。私が一番に思い出したのは、日本のお菓子のコロンってあるでしょ、昭和からあるお菓子。

あれの、クリームの味が独特だなーって思ってたんだけど、あれっぽい風味がするんだよね。

お菓子のほとんどに表記を見るとココナッツ油って使われているのだけど、もしかしたらコロンは昔のお菓子だから、シンプルなレシピで在るが故に、そのココナッツ油の風味が丸出しになっているという意味で、このKalter Hundとどこか似ている風味がするのかなと。
とにかく、ものすごいクリーミーでチョコの強さが優しくマイルドになる。

しかし!作っていて誓った。

「絶対食べない」

すっごいんだもん、その光景。脂肪オンリー。

私は味見ぐらいで食べたくないし、置いといたらオリバーが全部食べちゃうのも体に悪いので、昨日、パパママにも差し入れで届けたら、パパ絶賛してくれてました。

まあ、美味しいのは本当に美味しい。

ホームパーティーなんかにはとってもいいと思います。
簡単なのに、見栄えするし、ボリュームあるので満足感が違います。

お試し下さい〜

posted by wakaba at 19:48| Comment(5) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

食い倒れ。

先日ちらっと書きましたが、世界一のフードエキスポに今年もまた行って来ました。

朝9時半に現地集合で友達も一緒です。

オリバーにとっては、もう何年も続けている毎年恒例のイベント(この友達とはこの時ぐらいしか会えないので)みたいで、まず、いつもアサイチのシャンパン、もしくはスパークリングワインでスタートします。

この日は、南アフリカの上等なスパークリングワインで乾杯。

DSC_3543.JPG


朝ごはんも食べずに空きっ腹にいきなりですが、私も胃腸が強い!つか酒強い!つか酒好き(間違いなくワカ父譲り)

この後に、朝ごはんとして私は昨日の写真、ベルギーのワッフルを食べたのだけど、オリバーはオーストラリア展に行って、カンガルーだかワニのソーセージ食べてました(笑)朝から濃いぃです(笑)

で、次、また酒!

DSC_3548.JPG


イタリアワインの飲み比べ。
まだこの時点で朝の10時前です。
これ、全種類いっぱいづつ、飲みました(ボトル全部じゃないよ)
で、口直しにエスプレッソを飲んで、次へゴー!

DSC_3564.JPG


ロシア展で、キャビアとウォッカを飲みまくる。
キャビアが高いんだ〜
この小さい、一口にもならないぐらいで3ユーロ、400円ぐらいか。

で、ウォッカも奥が深いんだろうね〜いろいろあってね〜

あの酒は強いだけで、味などわからん!って思ってたけど、良い物を飲み比べると分かるんだ、これが!

面白がって飲んでたら、まだ午前11時ごろなのに、酔っ払ってきた(笑)

で、ウォッカ飲みすぎて疲れたので、一休み…ビールです。

DSC_3565.JPG


ご存知、アイルランドのギネス。トロッとした舌触りが、お腹減ってる時は食事の代わりになります(←私だけか?)

食べ物をワッフルしか入れてなかったので、私的には、ここでお腹を落ち着かせました(笑)

ビールで一休みしたはずなんだけど・・・

DSC_3563.JPG


またビール。

去年も書きました。
ドイツの5000種類のビールの展示…

ここで、また一杯ドイツビールを(笑)

これ、まだ昼前です(汗)

こんな感じで午後6時までやってました。想像付く?

先週末はこのようにエキスポで食い倒れて、バルト海で食い倒れて、今日は、お家でチーズフォンデューをやります。

カロリーどんだけオーバーしてんだ?

よい週末を!
posted by wakaba at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

初。

DSC_3547.JPG


ベルギーワッフル。

日本でもどこでも見かけるようになったけど、日本では食べた事がない。すっごい美味しいと聞いて、先日のフードエキスポでベルギーの出店があったので買ってみた。

何もつけないバージョンを頼む私に、周囲は信じられなーい!とブーイング。大抵チョコレートたっぷりとか生クリームたっぷりとか…
もしくは両方とかが普通みたいで。

でも、十分すぎるぐらい甘くて美味しかったのと、想像と違ったのは生地。もっと普通かと思ったら、外はパリパリだけど、中がかなり、もっちり&しっとりしてました。あれ、なんだろか?

追伸NEWHAPPYSONGにっぽんのうた更新しましたクリア
posted by wakaba at 01:35| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

仏♪

DSC_3535.JPG


先週、OTTOのいとこ、といっても大分年上なのだけど、そのご夫婦に誘われて、ポツダムにお食事にいきました。
ベルリンに来た人は、ポツダムは絶対に見るべきですよ!
サンソシー宮殿とか、日本人には大変なサプライズだと思います。

お食事と言っても、昼間にお家でランチをご馳走になっていたので、軽食と言う感じで、フランス料理のガレットの店に。


私が頼んだのはこれ。
店が暗いので、ちっと分かりにくいですが、ブルーチーズが挟まって、こんがりやいた生地の上には生ハムと洋ナシと野菜、ナッツが乗っています。

美味しいシャブリの白ワインで頂きましたー

DSC_3537.JPG
posted by wakaba at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

続き〜♪

友達同士で家に食事に招き合う機会はこちらではとても多いのだけど、このクリスマス時期の我が家の恒例行事にしてもいいねーと話しているのが、今年で2回目。オリバーも以前はこの企画はやった事はなくて、私がこちらに住むようになってからのことだと言う点で何回目=私がベルリン何年目っていうことにもなるので年数忘れなくていいかなーというものある(笑)いつ来たっけ?ってもう既に聞いちゃうもんね。なんだかオリバーとはずっと前から一緒にいた気がして。

Feuerzangenbowleはカタカナで敢えて書くならフォイヤーツァンゲンボレ。

ホットワインとはまた別物で、まず赤ワインを鍋に入れ、そこにオレンジ果汁とそのオレンジの皮をすったものと、レモンも絞って入れます。

お料理は全然出来ないオリですが、これは彼の仕事です〜

DSC_3158.JPG

そしてシナモンやネルケン(ちょうじ)などスパイスを入れ煮立てる。

その際に鍋の上にこのお砂糖の塊を乗せます。この写真で、白い三角錐のかたまりがお砂糖です。

DSC_3160.JPG


そこに55度以上のラムに火をつけてかけると、その火がついたラムで砂糖が溶けてこげて鍋に落ちていきます。

部屋を暗くして、この炎を見ながら、お砂糖が溶けながら音を立てて落ち、どんどんいい香りが立ってくる時間も楽しみの一つです。

DSC_3190.JPG


味はもちろん最高!

冬ならではの楽しみですね。

ここんとこ毎日雪が降っていて寒いですが、みんなで集まってこういうことすると、なんだか、気持ちがほ〜んとうに温かくなります。

私たち以外に3家族です。家が広くないので、人数的に大人8人、子供5人は限界だと思いますが、すっごく心地よいリラックスしたいい時間でした。

赤ちゃんと4歳前後の子供がとっ散らかってて(って表現があってると思う)危なっかしくて目が離せないと私は目をぐるぐる回してたけど、それでも心地よかった。

子供たちもみ〜んなこの日は機嫌が良くてね。

何だかんだ、いつもケンカが勃発したり泣き喚いたりするのだけど、この日は違ったよ。

仲良くオリバーのピアノを弾いて、歌まで歌ってくれてた。可愛いね〜

赤ちゃん二人も風邪気味で機嫌が悪いと聞かされてたのに、何でだろう、家に来たら、ずっと笑ってるし、練習中の寝返りがとことんうまく行くもんで、調子に乗ってゴロゴロ転がってました(笑)

↓この写真から分かる?ゴロゴロ、くるっくる転がってた様子です(笑)
猛自主トレ中(笑)

DSC_3182.JPG

雰囲気とか空気って、小さな子供でも大人顔負けに感じるから、何が起こってるのかわからないような赤ちゃんでも、それによって、なんか楽しい感覚になったり機嫌が良くなって寛容になったり、また何か悪い雰囲気や険悪なムードだったりすると、それも察知して泣き出したりするんだよね。

面白かったですよ。相変わらずのカオスですが(笑)

作った日本のカレーも大絶賛されました。
ただ、すんごい食べる人たちなんで、やっぱりご飯が足りなかった。
っても、10合とか無理ですから〜業務用炊飯器とかないしー

大きめの圧力鍋で7合炊いたのだけど、足りない…学習。
次は鍋二つでやるしかない。
posted by wakaba at 07:16| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

たのしいとおいしい

DSC_3093.JPG

家はなるべく健康食を心がけているんだけど、健康食と言っても日本のようにヘルシーな食材が簡単に手に入らないので、強いて言えば味付けに気をつけています。

塩分控えめ(ってもドイツの人たちはすんごい濃い!のが普通)で、肉でも野菜でもソースが掛かってるのが普通なんだけど、私は野菜なんか生だったり、ドレッシングなし!塩が基本!なんて感じで出してたんだよね。でも、最初は肉ばっかり食べて、野菜なんかあの付け合せ程度でしか食べる習慣がない人だったので、私の出す大量の野菜(っても一皿大盛りのサラダとかね)に、こんなに野菜食べないでしょ・・・って言ってました。

でも、今は生で、しかも何もつけなくてもパクパク食べてくれるようになりました。バターや油でどろどろのソースかけて食べるより何十倍も健康的なので嬉しい。

家族の好き嫌いは他の家族にも影響するし、食に対する趣味や価値観も影響するので、大事ですね。

私はオリバーに、食材そのものの味を楽しむことを教えているつもり!粗食☆みたいなのも悪くないこと。っても、私は日本の粗食が恋しいのでそれが希望なのだけど、なんせ手に入らないので・・・我が家の粗食はこんな写真のもの(笑)←全然粗食に見えない?!よね(笑)
でも、本来のこちらの人たちの料理の仕方や食べ方と比較したら粗食っぽいと思います。
私の粗食イメージは、ご飯に味噌汁とおしんことか、梅干とか…先日成田の友達が私が成田につく日を知らせると、豆腐とおしんこ買っておくから!って言ってくれてました(笑)

私がシンプルに食べることを教えたとするならば、オリバーは、やっぱり雰囲気も一緒に食べることを教えてくれたかな。

太るとか気にしているような食べ方をするから太ると!チョコレート、美味しいから我慢なんかする必要ないって、テレビ見ながらとかではなく、楽しく会話しながら時間かけて食べる(週末ね)

食は空気も楽しむことが大事だ!ってことを教えてくれたと思います。

本当に楽しんで食べていれば満足感を得やすいから言うほど太らないっていうのも一理あるかも知れない。

私はドイツに来て、肉も以前より食べているでしょう。毎週末金、土、日は確実にすっごい飲んでるし、平日もお呼ばれしたときなどは飲んでるし、子供のころから大好物のチーズ天国だし!

でも、日本を出たときから2キロぐらいの増量でとどまってる。運動量も日本のときより減ってる(当時は毎日ジムに通ってた、少なくても週に5回以上)食べてるものを眺めると、明らかに高カロリーで一人ではチョコレートなんか買って食べなかったけど、今は大量にチョコのストックがありますしー毎日食べてる(笑)
それでも、2キロ程度の増量で収まっているのは、私自身、結構、これって驚異的!って思うんだけど、きっと楽しんで食べているからかな??

ちなみに、我が家の粗食の日のこの写真は、魚(鱈)とパプリカとホワイトアスパラとPorreっていう巨大ネギなどをオーブンで塩とローズマリーをかけて焼いただけ。ソースはなしでオリーブオイルをかけて食べます。

本当にシンプルだけど、食材とその塩とオリーブオイルなどには少し拘っていたりします。そうすることで、食べる前の時点から満足感を味わっている状態に入ったりします。

あ、粗食の日と言っても、ワイン飲んだりして結局同じ??
粗食の日=簡単料理の日?!って感じ?手抜きの日??


クリスマスは誰もが2,3切る太って当たり前でしょー
そんなことより、この特別な時を、家族や好きな人、大切な友達、仲間と静かに、またはにぎやかに、ハッピーに過ごせることに2,3キロの増量など比べ物にならない価値があると思います。

みんな悩みはあるし、理想の幸せとかけ離れる現実がある場合もあるけど、ものは考えようであること、発想の基点は自分自身、自分次第であること。


時間が過ぎるのは本当に早いですね。

あと二週間で2009年も終わりかと思うと信じられないです。

忙しいし、プライベートも国の話しでも心配事もあるけど、今日は忘れて食べるか!飲むか!って、この師走を用事に追われるばかりでなく、少しは開き直って楽しんじゃって下さい!

posted by wakaba at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

風の袋?!

シュークリーム作りました〜ぴかぴか(新しい)

ドイツでは初めて作るので、小麦粉やオーブンを試すための試作のつもりだったのだけど、気がついたら残り3個満月満月満月になっているほど好評でした(笑)

DSC_2990.JPG

今週末、叔父、叔母らを家に招いています家

去年、このブログでも話したことがありますが、少し気難しい叔父さん夫婦・・・覚えてないかな?今は問題はないのだけど、まだ後遺症というか、多少びびってたりする気持ちがどっかにあってわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

オリバーが鍋がいいというので、こてこて和だしの薄味の鍋では微妙かな〜と思って、和洋折衷アレンジ鍋を考えています。

前菜を数種類作ることで、彼らに逃げ場を与えて置いてあげようとも思ってます(笑)もしも鍋が口に合わなくても、そっちで食事を楽しめるようにワインに合う細かいもの色々。

で〜〜問題は、デザート。
本当はイチゴ大福作りたかったのだけど、叔父、叔母に鍋に続き、あんこと餅もチャレンジさせるのはどうかと思い、とりあえず無難に〜でもありきたりでは詰まらないしなんか一ひねり〜と考えて思いついたのがシュークリームなんですぴかぴか(新しい)

フランスのお菓子なので、こちらにもあることはあるみたいだけど、普段出かけるスーパーやカフェやケーキ屋さんなどではまず一度も見かけたことがありません。日本では、コンビニでもスーパーでもどこでも必ず売られている庶民派スイーツの代表なのにこちらではもう少し特別感があるのかな。

こっちでは、ずっしり重たいケーキとか、ポッソポソのケーキとか・・・わたしがカステラを作ってみんなに出した時、あのしっとりした生地の感じに感動してた人もいました、。

ケーキもパンも日本では材料に惑わされたことはなかったのだけど、こちらでは何度も小麦粉のせいで酷い目に合っているので、この今日の試作は必須でした。

日本みたいなフワフワのスポンジケーキはこっちの小麦粉では無理!と言うことも聞いたことがあるほどに、同じ小麦粉という名前でも色々あるんですよ〜でも家にあった小麦粉で大丈夫そう!

カスタードクリームぴかぴか(新しい)実は、これを作るのは、すっごく楽しいのです!
楽しい?っていうか、面白いのです。

クリームが出来上がっていく感じが秒刻みで分かるから目
今日はバニラビーンズはなかったので、バニラエッセンスと、またわたしの得意技、洋菓子には何でもかんでも調子に乗って入れちゃうラム酒を。わたしの好きな少しソリッドな感じのカスタードクリームにしました。

艶だしのため、生地の表面に卵を塗ったので、色は濃い目に写っていますが、フワフワで全く問題なし!

今週末はこれで行きます!今日は試作なので、型もスプーンで落としただけだし大きさも揃ってないけど、当日はもう少し気を使いましょうかね。粉砂糖振ったり、チョコレートかけてエクレア風にしてあげたりしておもてなし風に。(って実際、そんな余裕はないかも。わたしの料理って台所が戦場のようになります)

DSC_3003.JPG

オリバーは、家庭でこのシュークリームが作れるものかと思ったらしく、すっごい感動して、「カワイイ!カワイイ!」ってニホンゴでシュークリームに言いながらパクパク食べてました(笑)

お菓子はやっぱり美味しいし、自分でもよく作るけど、気になるのはカロリー。

自分で作り出して、シナモンロールとかヤバイな・・・と知るのです。
シナモンロール、大好物だったのだけど、あの材料を知って、ちょっと引いてしまった(笑)でもこの前久しぶりにシカゴで食べたらやっぱりサイコー黒ハートでも、怖くて自分では作りたくない(笑)

と、シナモンロールは一個食べたら、その日は何も口にするな!と言いたくなるほどの超ド級の高カロリーですが、わたしの中でアイスクリームとプリンとシュークリームはカロリー的にまあそんなに気にすることもないと信じようとしている“あり”のスイーツです眼鏡

そうそう、タイトルの「風の袋?」ってなんだ?って思ったと思うのだけど、ドイツ語でシュークリームのことを“Windbeutel”と言うそうです。Windは英語と同じでBeutelは袋って意味。

これを聞いて浮かんだ絵は、子供のころビニール袋を持ってその口に風を入れるように走った記憶ありません?(笑)それ。

そんな風にプクーと膨らむからこういう名前なのかなぁと。
posted by wakaba at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

5つ星

今日はパパとママのお誘いを受け、ベルリンから少し離れた田舎にある5つ星のホテル兼、レストランに行ってきました。

そんな高級なところだとは知らず、ピクニック気分でカジュアルな身なり&気持ちで出かけた私ですが・・・遠目から見たそのレストランはこんなカンジ・・・

DSC_0804.JPG

エントランスはこんなカンジ。

DSC_0805.JPG

そのレストランの駐車場にはピカピカの高級車がずらーーーーっと並び、レストランの前には偶然か、ポルシェが5台も。ポルシェ5台まとめてみたのは初めてでした(;^ω^)

ここは、100年以上前からある、皇族、貴族の別荘というか、狩りをする際に利用した別荘。この周りは湖と森に囲まれた自然で、当時、ここで狩りを楽しみ、夜はここで宴〜というカンジだったみたい。

エントランス写真の中央にいのししの彫刻、見える?
こんなカンジで建物の至る所に、野生の動物の彫刻がされていて、ここが貴族の猟宿だったことが伺えます。

なんとも言葉で表現しきれない、味のある、深みのある、とーっても素敵なレストランでした。

今回はブランチだけだったのだけど、ホテルのお部屋も一つ一つ名前がついていて、部屋のインテリアは同じものはひとつもなく、個性的。いつか泊まりに来れたらいいな・・・

夢のようなくつろいだ時間でした。

最初の私の盛はこんな感じ・・・何から食べて良いかわからないぐらいたくさんいろんなものが並んでたのだけど、朝っぱら(といってもブランチなので10時過ぎてたけど)からまずはシャンパンで〜って休日ならではのカンジだったので、野菜と魚のマリネなど・・・この周辺の湖で取れた新鮮なお魚がたくさん出ました。

DSC_0788.JPG

写真には無いのだけど、散々食事して、一回レストランを出て(席はそのまま)森を散歩して美味しい空気を吸ってリフレッシュして、また戻ってまた食べ始める〜みたいな。

DSC_0783.JPG

その時はすっごい大きな(丸々太った)取れたての鮎を丸ごとテラスでグリルしてくれるのでそれを頂きました。

魚でもフィレ、切り身はフォークとナイフで食べたことあるけど、丸焼きをフォークとナイフでどれだけ上手に食べられるか?って・・・初でした。ママがそれを聞くと喜んで写真を撮ってました(笑)その写真はママから送られてきたら後日公開します。

でも、思ったのは、やはり“お箸”だからこそ、魚って上手に食べれるような気がする。隅々まで。
魚の顔の周りの肉とかほほ肉とか美味しかったりするの、こっちの人はフォークとナイフでは食べれない気がした。
それでも慣れてる人は上手に食べるけど・・・
ちなみにやっぱりこっちの人のフォークとナイフ使いはアメリカ人とも全然違う。歴史の長さが違うような気がする。アメリカではこんなに上手にそれらを使ってる人たちが印象にない。食べ方にも品がある。歴史だな。

オリバーも上手で、何でもナイフフォークだよ。すしでもハンバーガーでもうどんでも(笑)お箸を出してあれば、お箸で何でも食べるけど、ナイフフォークはプロってカンジ。

そして、ついでにこの話もすると、ドイツ組が東京で見た面白い光景のひとつに、日本人の人たちがナイフとフォークを使うとき、そのフォークの持ち方がお箸みたいに持ってる人がたくさんいたって。
えー??本当かなーって思ったけど、ありえるなって思った(;^ω^)

最初の一盛は様子見で野菜などだったけど、まー盛りだくさん色々あって、時間もすんごくゆっくり過ごせるので本当にずーっと食べて飲んでしゃべってました(;^ω^)

デザートも10種類ぐらいあるんだけど、一口サイズのチョコレートやタルトをウェイターさんが、いかがですか?とテーブルをまわってサービスしてくれる。それがまた美味しいこと。

DSC_0794.JPG
このイチゴに添えられているチョコレートのイニシャルがこのホテルのロゴで、SHはSchloss Hubertushöheのイニシャルです。

サービス最高ですので、日本からのゲストも言葉分からず迷惑がられたりするのですが、ここではそんなことはないと思います。

ドイツ語ですが雰囲気チェックにこちらホームページ。
興味のある方はぜひ覗いて見てください。ドイツの250のベストホテルの6位とかになってるホテルです。料理長も何度もすばらしい賞を受賞しているカリスマみたいだし、ゴルフ場も隣接しているし、ウォータースポーツも空飛ぶ系のアクティビティーも何でもありです。
http://www.hubertushoehe.de/

結婚十周年も東京でやろうと言っていたけど、ここがいいかもー。

ベルリンから車で一時間かからないぐらいです。
とてもプライベートな優雅な空間でした。

DSC_0791.JPG
posted by wakaba at 14:41| Comment(4) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

チョコホーリック

一昔前は、アル中疑惑があってもおかしくないぐらい飲んでいた私が、最近はお酒は以前に比べたら10分の1も飲まなくなった。
まあ、うまいこと言うとしたら、“マイブーム”で禁酒してみたのがきっかけかな。しかも3年(笑)←極端だっつーの(笑)

やる!って決めたらとことんの私なのでこういう話になっちゃうのだけど、そんな感じで今は普通に静かに飲めるように(爆)

でも、最近、絶対毎日口にするのが、チョコ!

実は子供の頃はチョコレートに一切といっていいほど関心がなくて好きな食べ物ではなかったんだけど、いつの日からかすごい好きになって、ドイツに来てからというもの、なんだかチョコレートばっかり食べてます。

チョコレートのカロリーってひっどいよね(;^ω^)あんな板チョコ一枚如きで600カロリーとかあるでしょ?

オリバーも毎日チョコレート食べてるからそれにつられてるんだと思うんだけど、私まで日課になってしまった。これはかなり良くないのだけど、毎日チョコレートとチーズと両方食べてたような習慣は意識して断ちました(;^ω^)

が、しかし、チョコは毎日だなぁ・・・
でも、大食いしないように工夫を・・・

DSC_0600.JPG

それは、こうやって飾るんですよ。

しゃれた器にちょっとづつ飾ってあげると、なんか満足感を得られるよ。アイスでもスプーンに一すくいでも、こうして飾ってあげると充実。さもなきゃ、1リットル二人で丸ごと一個食べるのなんか朝飯前だもん。

つってもいつもこんな風に飾ったデザート食べてるわけじゃないけど、大食い防止のために出し方、皿への乗せ方、他のものとの合わせ方を工夫して見たりしてます、最近。

市販のアイスやチョコやフルーツやソースをちょっとづつ並べて、飾りに粉砂糖ふっただけだけど、レストランみたいでしょー
posted by wakaba at 02:02| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

あと10日か〜

lachs.jpg

ほんっと、毎日慌しくて、わっけわかんないうちに、時間がどんどん経っちゃって、気がついたらもう2月16日がく〜(落胆した顔)あと10日もしたら帰国飛行機exclamation&question
大丈夫か<アタシあせあせ(飛び散る汗)なんも準備出来てないたらーっ(汗)

でも、ご飯だけはしっかり食べる(笑)

こちらの鮭はなんだか油が乗り過ぎな気がします。
パッサパサのお弁当に入っている鮭や鮭フレークも懐かしい…

こちらの人たちは大抵、濃厚なソースと一緒に魚でも肉でも野菜でも食べる傾向がつよいみたいなのだけど、私は野菜もなるべくそのまま、もしくは塩!って感じ。

塩と醤油があれば大抵のものは美味しく食べれる。もっと言えば、これに加えてしょうがとにんにくがあれば、大抵美味しく出来ると思いません?

こういうシンプルな味付けが好きな私ですが、こっちの人はそれにあまり慣れてないから、味気なく感じるかも知れませんね、最初は。

でも、オリバーは私の影響で最近は生野菜もバリバリそのまま食べてるし、うどんとか作ると、横目で私を見ながら鰹節ガッツリ入れてみたりして真似してます(笑)

そして、一昨日酔っ払って帰ってきて、翌日二日酔いで食欲なかったんで、味噌汁を作って、これで元気になるから!というと、入っているワカメを見て「ナンダコレたらーっ(汗)?」と言いながらも、信じて文句も言わず食べてました。

好き嫌いの多い旦那さんがいる人は大変だというのを友人に聞いた事があるけど、オリバーは全くその逆で食べれないものがない。納豆と梅干は無理なんだけど、まあこれは理解出来る(笑)

当然この鮭もシンプルにグリルしてレモン醤油&ご飯です目

あーもうすぐ、本場の日本食がいっぱい食べれるドコモポイント

帰国したらオリバー率いるご一行様が来日するまで約一週間、私はホテル住まいなので、ひとり飯を転々とすると思います。普段だったらヒトリ飯なんかないのだけど、こうなるとこれはこれで楽しみ(笑)焼き魚定食とかが美味しい定食屋でお勧めあったら教えて下さい(笑)

そうそう、たくさんの情報が続々と届いていて、本当に皆さんやさしいなーと思って黒ハート

ありがとうございます!

引き続き、思いつく事があったらまた教えて下さい揺れるハート演劇←click目

ちなみに奥に写っている本は、「冷凍保存のコツ」の本です。基本冷凍はしない派、というか、嫌いなんだけど、こちらは日本みたいに24時間やってるスーパーとかないし、日曜日は大抵、レストラン以外の店は休みだし。
買い物は家の場合、基本まとめ買いなので、都合によっては、冷凍保存が都合が良い場合のあるので、たまに見てはなるべく上手に保存する方法を勉強してます。
posted by wakaba at 15:50| Comment(2) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

台所のお楽しみ+1☆

rum.jpg

最近お酒入りのケーキを作る機会が増えているのですが、作るたんびに台所で・・・飲んじゃうんだよねぇ〜〜バーおいしいんだーグッド(上向き矢印)ケーキに入れるぐらいの酒だからか、香りがすっごくいいんだよね〜グッド(上向き矢印)

キッチンドリンカーっていうのは、アルコール依存症になる主婦のことをいうみたいなので、ネガティブな言葉だし、私はそれとは違うのだけど、普通に直訳ひらめきそのままの意味で、台所で料理しながら飲む陽気なドコモポイントです(笑)
お料理は好きだし、私にとってお料理はストレス解消にも最適だし、もちろん食べるの大好きだし、台所はいいこと尽くめなのだけど、最近の密かな台所でのお楽しみがコレひらめき
お料理って私にとって一石何鳥???ってぐらい素晴らしいアクティビティーです黒ハートドコモポイント

オリバーと台所で一緒に料理する時はいつも二人でマティーニ乾杯して飲みながら活動しますが、最近は、一人でも飲みながら活動します(笑)

それにしても、写真でもわかるけど、ラムって54度とか・・・アルコール度高くてきついんだけど、本当にちょっとづつ香りを楽しみながら飲むのは贅沢な癒しねーいい気分(温泉)

そう、昔の私を知る皆さんはがぶ飲みをしている想像をしているかも知れませんが、写っている小さなグラスでチョビチョビですからわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

グッド(上向き矢印)若い頃、ウイスキーでぶっ倒れて大変な目にあったモバQバッド(下向き矢印)
それ以来ウイスキーが大嫌いでどんな酒でも飲めるのにウイスキーだけNGって思って避けてたんだけど、ぶっ倒れて急性アルコール中毒になる可能性のある安い酒&そのひどい飲み方たらーっ(汗)たらーっ(汗)に反省すべきで・・・実際、ウイスキーの奥はすごく深いようで、最近ちょっとマイブームなのですぴかぴか(新しい)

オリバーが趣味の一つでコレクションしていて、色々家の棚に並んでいるので、今までは彼が飲む時に一口ちょうだい〜と、少しわけてもらっていたのだけど、最近では少しでは物足りず、私も自分のグラスを持って分けてもらっていますドコモポイント手(チョキ)
posted by wakaba at 23:42| Comment(4) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

家族の伝統の味を!

vierb.jpg

これはママがお正月にプレゼントしてくれた4つばのクローバー。
人形はエントツ掃除屋さん。
こちらでは、エントツ掃除屋さんを見かけたらラッキーぴかぴか(新しい)とかっていう言い習わしがあって(詳しく言えばもっと話はあるんだけど)一年の幸運を願うアイテム、日本でいうお正月のお飾り的なものだと思うんだけどね。
毎日少しだけ水をやっているだけで、ずーっと元気なので見てて楽しいです目気温(室温)によって元気度が変わるのも見てて面白かったりして。

それはそうと〜今日はママのクッキングレッスンでしたーグッド(上向き矢印)

前々からお願いしていた、ママのオリジナルレシピのおいしいシュトレンるんるん
クリスマスクリスマスならではのドイツのケーキで、日本でもその時期になるとケーキ屋さんやパン屋さんでよく見かけるので知っている人も多いでしょう。

シュトレンといっても、種類もレシピも作る人の数だけあると思います。ママは健康志向なので、甘過ぎず脂肪もなるべく抑えたしつこくないものを好んで作ります。これが私の気に入ってるポイント!甘過ぎなくて本当に美味しい!

日本ではめずらしい材料として、Schchitka:seってのを使います。日本語の訳もわからない(辞書にもない)ので説明しようがないのだけど、クリームチーズとカッテージチーズの間かなぁ・・・もしくはクリームチーズとヨーグルトの間っていうのかな・・・日本では私は見たことないです。

実はこのシュトレンを大量に作らないといけない事になっていて・・・この話はまた其のうち書きますが。

まあ実はレシピは教えてもらうほどの事でもなく簡単なのだけど、オリジナルって言うことと、やっぱりそれなり長年焼いている人のコツがあると思って、あとは自分の家のオーブンで試したかったので、わざわざ来てもらっちゃいましたー家

量を作ることもあるのだけど、私と同様、“手ごね”に拘るママでもあったので、敢えてマシーンに頼らず手でコネコネ・・・そっれが、すんごい力仕事で、さすがドイツの伝統って思ったわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

私が普段よく作るベーグルは手ごねしてもまあ知れてる。そっこら中べたべたには当然なるけど、このケーキほどではないあせあせ(飛び散る汗)ハンパないぐっちゃぐちゃになります爆弾
でも敢えてハンドメイドがいいひらめき
おにぎりと同じで、機械で握ったものと手で握ったものでは味が違うと、思う派の私なので、頑張って手ごねしましたーひらめき

写真でばれちゃうので白状すると、私アルコールバー入ったお菓子が結構好きなんで、レシピより多めに、調子込んでドボドボバー入れすぎちゃったみたいで・・・たらーっ(汗)
もともとイーストは使わないタイプのシュトレンなので、よく見かけるタイプのものと見た目若干違うのだけど、でも予想してた以上に予想してた以上に膨らまずわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)(って酒入れすぎでだけど)
でもでもー形は不恰好だけど、これがまたおいしいんだ〜中に色んなドライフルーツとナッツが入ってます!

stollen.jpg

3日は寝かせた方がよいって事なんだけど、とりあえずチェックで味見したら止まらなくなりそうでやばかったわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
パパにもおすそ分けって事で包んで渡しましたープレゼント

家族から伝授してもらった味、引き継いでいる人います?

案外これって、後々後悔するネタなんだよねー

私が後悔しているのは、おばあちゃんのしめ鯖と、あと高知の料理でさー、しめ鯖じゃないどなんだっけなー、酢か塩で締めた?魚と大根とにんじんとかで作るやつ・・・あの味・・・二度と味わえないと思うと残念過ぎるexclamation×2店で出してるところがあったとしても味全然違うしね・・・
あと、お父さんが作るピザを超えるピザは世界中(私が行った事あるところね)のどのおいしいと言われているレストランにいってもだ会ったことがありませんモバQ
まさか自分が普段パン焼いたり、ピザ焼いたりするようになるとは思ってなかったから、作り方なんか聞かなかった耳とても後悔。

でもね、これに関しては、お父さんの店で働いていた人に聞いたら、お父さん自身もレシピってなかったというか、いっつも目分量つうか、ノリで作ってたらしい(笑)←なんだそりゃ
私のお父さんらしい。つか、私の料理も二度と同じ味が出せない系=目分量&ノリ&想像の世界・・・ここは教わったわけでもないのに、本能的に父のそれ、しっかり受け継いでいるワケね(笑)

シュトレン、3日後、今日食べたものとどんな風に味が変わって深みが出ているか楽しみです!
posted by wakaba at 03:16| Comment(4) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

至福のチーズ

schweitzkase.jpg

結婚式を控えた女性はダイエットに燃える時期なのだろうけど(一ヵ月半前となりました)私とオリバーは相変わらず食生活楽しんでおりますレストラン

オリバーは実は全治2ヶ月の怪我、靭帯損傷してずっとギブスをしてスポーツも禁止されていたのでその2ヶ月で見たことないぐらい太っちゃってかわいいです(笑)トライアスロンに燃えてた時は顔も含めシャープな印象でしたが、今は暫く大きなテディーベアでするんるん

私もオリバーに会うまでのその前の数年間で精神的に疲れ果てて過去に想像もしてなかったほどに痩せたのですが、こちらに来てあっという間に元気はつらつ過ぎて、昔知り合いのおっちゃんらに“暴走エンジェル”と言われてた時代の体重に戻っております(笑)現在の私、康優良児手(グー)

ちなみにチーズフォンデユーに似た、名前忘れたけどスイスの代表的な・・・これ。
スイスチーズ専門店で買って来たの。
これで10ユーロだから、こちらの価値観だと結構いい値段だけど、品質を考えたら日本では考えられない安さだと思います。
このチーズが大好きなんです、私たち黒ハート

チーズの塊爆弾
これをオーブンに入れて、少し柔らかくなってきたら、切込みを入れて中まで熱を通す。
トロトロに解けたこのチーズ。バゲットなどにつけて、ワインと一緒に。
至福の時です〜

ちなみに、私は離乳食離れた時からずっとチーズ食べ続けていて大好物exclamation赤ちゃんの時の写真もチーズ食べてる写真がたくさんあります(笑)

それにしても美味しそうでしょー

posted by wakaba at 23:24| Comment(2) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

出刃包丁!

dorade.jpg

昨日は吉祥寺で言う闇市(分かる?ワラ)みたいなちょっと奥まったエリアって言うのかな、ディープな感じのエリアって言うか・・・要するに普段は私は絶対行かないようなエリアの魚屋さんに行きました(謎)

トルコ人街なのかな?

そのトルコの人が経営している小さな魚屋さんは知る人ぞ知る?お店らしくフレッシュなお魚が売られていると言うことで期待して行きました。

行ったは良いが、困った事に私の電子辞書が寿命を迎えたようで(もう7年は使ってるから仕方ないね)電池を換えても全く動かなくなり、環境変われば同じ魚でも若干顔つきや体つきも違うので、なんだこれは・・・みたいな状況ふらふら

鮭だけは分かるのだけどあとは微妙たらーっ(汗)

多分これは鯛だろうと思う魚と、多分これはすずきであろうと言う魚を買って来ました。

日本みたいに野菜も魚も食材はきれいにされて売られているのとは少し違い、もちろん大きな魚は切り身で売ってるけど大きくない魚は丸ごと並んでいるものの方が多いような。

鱗から取って魚をさばく作業は初めてではないにしても初めてかもしれないぐらい慣れてない作業ですが、甘ったれは通用しない世界なので食べたきゃ自分でやるしかないっつーの。

日本の包丁の素晴らしさ改めて実感。

魚さばくの、ちゃんと専門の包丁じゃないと無理だね!

デバ爆弾
デバ買わないと!出刃包丁!

オリの家にナイフ(包丁)は8種類ぐらいあったのだけど、どれもワタシテキに言わせてもらうと、切れが悪くてね。

普通に切れるんだけどやっぱり日本の包丁だ!って思いました。

こちらの魚屋行っても切り身で並んでる魚は切れ目がぎざぎざとか普通にあるもん。

カルパッチョを作ろうと思って張り切ってたのだけど、うすーーーくきれいに切るのが難しいっていうかデキナイダッシュ(走り出すさま)

オリバーにしてみたらすごく薄くてびっくりしてるんだけど、私は日本人だからね〜。
イメージとしてはふぐのしゃぶしゃぶぐらいを目指していたのだけどトンでもないよ(笑)

帰国したら出刃包丁を買いに行きますひらめき

ちなみに、今日は(多分すずきの)カルパッチョと普通に鯛の塩焼き!と鯛めしとアラ汁!にしました。(あとシャンピニオンのマリネ)

捨てるところが一つもないと言う鯛は料理した後に妙に満足感があります。

そして魚料理と言っても、なんだかんだ濃い味のソースなんかがかかっちゃってたりするものじゃなくて、シンプルな塩焼きがどうしても食べたかったのでオリには悪いけどリクエスト聞かずにさばいたら塩して即グリルへ!

魚の塩焼きも魚のカルパッチョも(肉のカルパッチョはよく食べるらしい)炊き込みご飯もアラ汁も初めてだったオリバーなのだけど、大味のこちらの料理とはまた違う繊細さがある和食にちょっと何か感じてくれてたみたい。最初の一口目より次の一口、その次の一口ごとに美味しい美味しいの感動がアップしていくって言ってた。

めがね君だけど眼鏡聴覚、臭覚、味覚がすごく鋭いオリバーなので和食の繊細さを感じてくれてたのかななんて勝手に想像してちょっと嬉しい気分。

ご飯も2合半ぐらいペロッと食べてアラ汁には感激しっぱなしでした。

一番ウケテタのが、一番難しいのでは?って思っていた鯛のあら汁だったのは少し驚きましたが、アラ汁は私も大好きなのでこれからもどんどん作れる〜と思い、これも嬉しかったですグッド(上向き矢印)

こちらではフレッシュな魚はちょっと値段が張るので日常の食事としては無理かも知れないけど、週末ぐらいだったら楽しめるから、今後もっと我が家の食卓に魚料理をということで、出刃包丁だけでなく魚専用のまな板も買おうってことになりましたー5手(チョキ)

カルパッチョはバルサミコ酢をかけて食べたらすっごく美味しかったですキスマーク白ワインもサイコーぴかぴか(新しい)

日本に帰ったら台所用品たくさん買ってくるものあって大変だけど、やっぱり食事は幸せをもたらすとても身近で誰でも出来る事だから積極的に考えていいことだと思ってます。

和食材も大体買えるけど高いしね、買って帰ってこようと思う〜メモを作ってたらすごい量なのだけど、今回ドイツから15人ぐらい家族と友人も結婚式のために来日するのでちょっと彼らのスーツケースのスペースも借してもらえるようお願いして色々もって帰って来たいと思ってます(^0_0^)
posted by wakaba at 22:01| Comment(9) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

このお酒も☆

sherry.jpg

最近凝っているお酒、ウイスキーと共にシェリー酒バーぴかぴか(新しい)

シェリーも色々あるようなのだけど、私が飲んだものすべて、本当に美味しくいくらでも飲めてしまうので非常に危険?わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

シェリーとは醸造過程でアルコール(酒精)を添加することでアルコール度数を高めたワインらしいのですが、当たり前かな?ワインとは全然違う。言葉の表現が思いつきませんが本当に美味しいものばかりに出会っているため、癖になってます。

ベルリンに越してきてから、ワインは毎週ですが、本当に無数の洋酒を飲みまくっています。っても、バカ飲みしてはいませんので心配しないでねわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

どこ行っても雰囲気がいいので、より一層、美味しくお酒が飲めます。

家の中だってインテリアはみんな興味があるみたいでそれぞれの趣味があるけれど、人の家にお呼ばれしていくとキョロキョロしてしまいます(笑)

私たちも家具屋や雑貨屋巡りが好きなので、先週末もキャンドルスタンド2つと、ランプっていうか、ランタン(提燈?)と・・・、あと、つぼっていうか、床に置く大きめな花瓶っていうのかな?を買いました有料

基本アンティークが好きみたいなのだけど、ちょっと和風とアジアンを意識した感じにもしたいみたいです(私は別にこだわってないけど)

来年帰国したら、和食器やら、和グッズを色々仕入れたいと思い、欲しいものリスト作り始めました目ひらめき

でも実際時間が全然ないと思うから、ネットで買い物しておくのが無難っちゃー無難なのかな・・・

お勧めの和グッズが売ってるサイトなどがありましたら是非教えて下さい!
posted by wakaba at 04:16| Comment(4) | Berlin☆おいしい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。