blogram投票ボタン←応援クリックお願いしますプレゼント

2010年12月19日

自作クリスマスデコ



Dezember2010 034.JPG
くりすますっぽくクリスマス

こんなの作ってみたよ。

クリスマスリースみたいなのは最適な場所もないので、テーブルにおけるこんなデコを自作してみました。

ドイツの花屋さんって創作系のものがたくさんあったりする、長い時間いても飽きない花屋さんが結構あって、私のお気に入りのそんな花屋さんがいつも行くジムのとなりなもんで、信号待ちをしながらついつい見ていると、何回信号変わってるか分からないぐらい見入ってるのだけど、そんなところからのヒントも得ながら、自分でありものも利用しつつ作ってみました。

どう?

なかなかじゃない?

トナカイと一緒に、えんとつ掃除屋さん。

この時期は毎年、各家庭に来るのです。
もう実際に煙突を使っているおうちはベルリンにはほとんどないと思うのだけど、要するに伝統だよね。昔のままの呼び名で、今は実際はガスの点検に来る(ドイツの寒い冬に暖房が壊れたら洒落にならないので)人のことなんだけど、昔ながらの呼び名で、服も昔ながらのものを着て来る人もいるんだよ。

この時期の風物詩みたいなものだと思う。

で、中心にあるのが、あまりりす。

球根を買ってきて差し込みました。

これはこんな花が咲きます。

Dezember2010 073.JPG


なんとなく、クリスマスっぽくて、和洋折衷な感じもしていいでしょ?

もう来週がクリスマスなんてね。早いね。

皆さんのおうちでも、クリスマスデコレーションしていますか?





posted by wakaba at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

裸の銃を持つ男

とても忙しいけど、クリスマスっていうドイツの人たちにも特別なこのシーズンを日常的に過ごすのは不可能で、先週末の夜はバッハ親戚一同、と言っても、子供を除くベルリン在住の私たち入れて9名だけどうちで、パーティーしました。

その翌日は誕生日会。みんな家族で御呼ばれするのが普通なので、子連れが多く、小学校あがる前までの子供だけで15人ぐらいいた。写真を撮りたいとカメラ持って行ったけど、15人も赤ちゃんとちびっこがいたら、私は写真なんぞ撮っている暇はありませんでした。

クレヨンしんちゃんのテーマ曲?
♪パニック、パニック、パニックみんなが慌ててるー
ってのがグルグル頭をまわるような状態で、ほんと、大変でしたよ、でも、超楽しかったけど!

んで、帰ってきてその夜も徹夜で書類作成…昨日も今日も朝から晩までずっと…

本当は今日も御呼ばれしてたけど、お断りしました。

仕事は山積みなまま、仕事上考えねばならない事がたくさんあったりでいっぱいいっぱい。
でもね、実は、そのお呼ばれってのが、私的には、友達の誕生会より全然重要でなかったのでパス。むしろ内心、くだらねぇなー(笑)と思ってたこと…

何かっていうと、OTTOたちが友達3,4人で企画した「裸のガンを持つ男・追悼企画」と題して、集まってわいわい飲みながら食べながらそのフィルムを見るって言う上映会らしく。

先日、このアメリカで人気シリーズ映画「裸のガンを持つ男」の俳優さん、レスリー・ニールセンが亡くなったでしょ。
そのニュースを聞いて、この映画ファンの友達数名ですぐに電話で相談して、この上映企画を計画してたんだって。
OTTOはコメディーが大好きでね、この映画も何階見てもゲラゲラ笑ってるわけ。

私は、この映画、まったく面白いと思ったことないんだよね。私って少し笑いのつぼが違うっていうか・・・

アメリカにいた時もこの映画を好きな友達はたくさんいて、当時も何度も見る機会(羽目)があったけども、私は全然面白いと思えなくて、むしろ、これを見てゲラゲラ笑ってる人たちのことを見て、幸せそうだなーと、ぷぷっと笑いたくなる程度。

と言うことで、この上映会に私も呼ばれてたけど、こればっかりは仕事を何の惜しみなく優先出来る感じ(笑)

OTTOらは、男ばかりで食べ物飲み物を持ち寄ってその映画、2本も見るんだって。
ピザを作るって相談で決まったらしく、OTTOはピザの上に乗せるものを担当で、チーズとマッシュルームとハムかツナとか色々リュックに詰めていた。私は行けないお詫びに、手作りケーキを持っていってもらう事にしました。食べ物は人を幸せにするからね(笑)

と言うわけで、今OTTOは追悼上映会で爆笑していることでしょう。

それにしても、この映画のファンの友達が彼のニュースを聞いて、電話し合ってこういう企画をっていう発想は悪くないよね。

みんな立派なお仕事をしている人たちでとても忙しい人たちだけど、こういう何って言うか、少年の心を持っているのはいいことだと思うわ。

日本では「少年の心を持つ」ってカテゴリーが別枠にあるようだけど、こっちは、どっちかっていうと、これは普通、要するに誰しも男性には標準装備されていて、常に稼動しているって言える気がする。

こんな風に思うファンが世界中にいるこの俳優、レスリー・ニールセンさんもとても幸せだわね。

51ZDGS1HCRL._SL500_AA300_.jpg


posted by wakaba at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

Nutella対策

September 012.JPG


ずっと欲しかったのだけど、この機会に、ネットショッピングしちゃいました〜ドコモポイント

体脂肪やら骨量やら色々測れるやつね。

試しに乗ってみるOTTO。

すぐさま、ランニングに出かけました(笑)



posted by wakaba at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

5Kg(業務用)

September 010.JPG


OTTOが嬉しそうに、これ…持って帰ってきた。

大好きなNUTELLAの業務用?5キロヴァージョンたらーっ(汗)

チョコレートナッツクリームですよ、5キロ。

朝食とか、パンに塗って食べるんだけどね。ドイツではかなりメジャーで、子供はこれを食べて大きくなるか?ってぐらいみんな大好きみたいなんだけど、Nutellaファンは子供だけじゃなく大人もたくさんいて、サッカー選手なんかもCMやってるし、とにかく人気商品であることは間違いない。

しかし、5キロって…

通常、スーパーで売られているものは、この右隣にある小さなビン。これだって、結構な量入ってるんだよ。

5キロって…たらーっ(汗)っても、結構あっという間になくなっちゃう気がしないでもないです…
posted by wakaba at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

ドイツの携帯料金事情

日本の携帯電話会社は、オプションとか料金プランとか色々あって、もう数年前になるけど、私が日本にいるころ既に、その料金プランの色々なバリエーションについていけてなかった。

こっちドイツも、私が知る限り、3社ぐらいメジャーな携帯会社があり、その中で私はBASEってのを使っているのだけど、料金プランは至ってシンプル。

人それぞれ合うものを簡単に迷いなく選択出来る。

で、BASEはBASE契約の電話宛に、30分の通話と、30通のショートメールを毎月無料で利用出来る。

つまり、私は、携帯は月にオリバーに数回電話する、数回ショートメール送ることぐらいしかしないので、この「無料」の枠で十分過ぎるぐらい用が足りてしまうわけ。

だから、携帯を買えば、月々0円ってこと!
これってすごくない?!

携帯は300ユーロで、まあそこそこしたけど、スマートフォンで一応新しいものだし、その初期投資だけで、毎月0円で電波利用出来るっていう(笑)

でも、私の場合、月々10ユーロのネット使い放題をプランに入れました。

つまり、ネットは使い放題で、BASE宛(例えばドコモだったら同じドコモ宛)なら30分の通話と30通のメールが無料で送れるってわけ。

これで、月々10ユーロ、まあ1200円ぐらいか。
すっごく安いよね?日本の携帯料金の感覚から言うと。

私の場合、国際電話を安く使いたいので、機種選びとプラン選びをしたの。
すごい時代になったなーと思う。

私がアメリカに留学しているころはファックスだってなかったんだもん。
私は手紙をよく書く子だったので、いっつも空いている時間は誰かに手紙書いてた記憶がある。しかもその手紙が相手に届くまで1週間以上かかるっていうね…
最初にEメールを利用した時は、一体どういうカラクリだよ!?って、頭ん中混乱したよ。今では当たり前だけど…

もちろん、比較すればメリットデメリットはあるけども、全般にいえば、本当に便利になったもんだーと思う…すごいわ〜

posted by wakaba at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

やっぱだめか(笑)

携帯に+J for S60っていう、ライセンスキーゲットするのに、7000円とかするらしいんだけど、それを見つけて、苦戦しつつなんとかインストールした!

んで、携帯からブログの写真アップは出来ることは確認したので、今度は日本語の文章を入れてアップしてみたら、なんちゅーことない(涙)
すっげーーーー文字化け(笑)←前記事ね。

タイトルだけは日本語入ったので、もし携帯でブログアップするようなことがあれば、タイトルだけで様子察知して下さい(笑)

でも、かなり面倒っていうか肩凝る作業だね、携帯使いこなすのって(^_^;)

あ、でも、メールとか日本語が見れるようになったのは、やっぱいいな。
ドイツ語のアルファベット(A O Uの上に点々がついてるやつとか)が一部、入力できないのが難点だけども。まあ面倒がらずに切り替えれば何とかなるし、英語は普通に使えるので、まあいいか。

値段も結構するソフトだけども、確かに他がないし、ありがたいです。
が、全体的に最初の印象は…値段込みで70点ぐらいかな。

posted by wakaba at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

近頃の携帯は〜

日本製の携帯電話はややこしい(多機能)ってのは百も承知だけど、こっち、ドイツの携帯はそうでもないと舐めてかかっていたら、結構な感じで、苦戦しています。

といっても、そりゃそうか。
私が買ったものは、所謂、スマートフォンってやつで、何かと機能はついている(たぶん日本のものほどではない)

さっき、携帯で写真を撮って、ブログにアップ出来るかやってみた。

出来ることは出来るけど、やっぱ縦撮りした写真は横になっちゃうし(笑←ありがちだよね)写真の大きさも調整しないといけない感じ。

あと、何より難点が、私の携帯、ソニーのだから…って小さな期待してたんだけど、日本語の読み書きが出来ない!

これで、スマートフォンにした意味が半減する!

超ショック…

Sony Ericsson Vivazって機種です。
誰か、これに関して裏技他、何かアイデア、情報がありましたらぜひ教えて下さい。

まあ、スカイプも使えたりして、面倒、手間はかかるけど、お金がかからないように国際電話したりする方法もパソコンが手元にない状況でも不可能ではなくなったのはいい点かも知れないけども…

posted by wakaba at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

300ユーロ

日本にいる時は携帯使いまくってたのに、こっちに来て、一切持たずに暫くいたものの、時々、迷子になるもんで、一応プリペイドのものを持っていましたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

ほとんど使わないので、3ヶ月で使用料は10ユーロにも満たない程度。

そんな私が、とうとう自分の携帯を持つことになりました。
出費は出費だけども、これも、仕事が少し出来るようになり、必要になって来ているというわけで、嬉しいことでもあります。

携帯で遊ぶ気はないので、アイフォンみたいなのは必要ないけど、例えば日本で使えるとか、WLAN機能付とか、一応いくつか欲しい条件があり、それだけを満たしているもので一番安いのを選びました。と言っても、最初からSONYかNOKIAって決めてたんだけどね。

結局これ、SONYERICSOONのVIVAZです。日本にはないモデルだと思います(もちろん海外携帯ってことでは売ってるところもあるみたいだけど)

ネット価格だと336ユーロを店頭で値切って300ユーロにしてもらいました。

sony-ericsson-vivaz-side.jpg


難点は…

たくさん言語入っているけど、日本語が入っていない事。
ブログやTWITTERなどに、携帯から写真付で何かアップしようと言うことは出来ても、日本語入力が出来ません(また表示も文字化けです)

きっと、何か裏技があるはずなんだけども…

海外携帯で日本語入力をする方法…知ってる人いたら教えて下さい。

それにしても取り説がドイツ語で、基本私は取り説読まない派で、いじりながら、設定などしていくタイプだったのだけど、壊したら面倒なので、慎重に一生懸命取り説読んでセッティングしてます。

頭痛いっす。

今日はオリバーの同僚の誕生会に呼ばれているのだけど、ビール工場でやるらしい!?

正直、ビール飲むには、私には寒すぎる感じです…

皆さんもよい週末を♪
posted by wakaba at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

makura

DSC_3581.JPG

そだ、さっき書き忘れたのだけど、このホテルは枕にもベッドにも相当拘っているようで、枕は通常のセッティングだと3種類置かれていて、その他に色んなタイプのリラックス枕がリストにされてて、希望があれば叶えてくれるって。

そのリストにも興味津々だったのだけど、標準装備のこの枕の気持ち良いこと!なんだこれ???って、おっどろいちゃった。

このホテル全体の雰囲気や気持ちの上での影響は大きいのはわかってるけど、この枕は只者ではないと思った。

支配人に聞き忘れちゃったんだけど、メールで問い合わせて何処製のなんという商品か問い合わせてみる!

不眠に苦しんだ時に、すんごい奮発してベッドのマット、何十万も出して買ったのを、一年も使わずにこちらに来てしまい、勿体無いことをいしたのだけど、確かに寝具って大事だね。

枕も、ヨーロッパの枕って言うことはほかをあまり知らないので言えないけど、ドイツの枕は変なんだよ〜

日本で言うところの大きな座布団のさらに大きなサイズ。これを折り曲げて使うのかどう使うのかは自由だと思うけど、私はなんか好きじゃなくて、このホテルの枕が欲しいのです!

高そうだけど…でも快眠は重要なので…
posted by wakaba at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

手作りアロマ♪

DSC_3532.JPG


昨年もたくさんクリスマスプレゼント;クリスマスがあったのだけど、その中の一つにこんなものがあったの写真紹介するの忘れてた!

オリバーの親戚の小学生の男の子が私にって一生懸命作ってくれたの。かわいー黒ハート

何か?っていうと、果物のオレンジなんだけどね(笑)
そう、お家にある果物のオレンジに、ドイツ語ではNelkeって言うスパイスの実。日本では、クローブとかちょうじって言う名で知られているかな。

そのスパイスの実をオレンジにさしてデコしてるのーるんるん

こういう発想が好き!素敵!

これがまたすっごいすっごいいい香りなの!!

プレゼントプレゼントと言うと、金目のものをさすように思いがちな日本人?東京人?だけれど、こちらはその辺の感覚はちょっと違う。
中古とか古いものや手作りに価値があると感じる人が多い傾向があるかも。

日本人の「つまらないものですがー」って言うのとか、自分がまさにプレゼントを渡そうとしている瞬間に、「ほんと、少しで恥ずかしい…」みたいなことを言うのは、こちらの人には理解し難いわけです(笑)

国民が期待をかけた民主党になって、益々政治経済が落ち込む一方の日本だけど、頑張って戦っている国民も他の国を思う政治家たちもたくさんいるので、私たちみんな不景気やら社会においての将来の不安に出来るだけ振り回されないように、出来るだけ心は豊か穏やかでありたい。

そのためのアイデア、色々あるけど、その中で、こういったお金はかからないけど、心温まる手作りのギフトなんかを、ちょっとした時に作って贈って見るのもいいかと思って紹介しました。

これに関連して私の「せいじ・しゃかい・にほんのれきし」の勉強しなおしブログの方も更新しています→HAPPYSONGにっぽんのうた
posted by wakaba at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

尾崎選手に♪

ちなみに我が家のベルリンベアはこちら(後ろの人もですが笑)

DSC_1829.JPG


ベルリンの中心街の地図がデザインされていて、私が初めてベルリンに来た時に買って東京に持って帰ったもの。遠距離中のお守りみたいなもんだったかなー。

デザイナが一つ一つ手書き、手彫りするので同じものを見つけるのが難しかったりする・・・っていうか、もし見つけられても全く同じものではないってこと。手作りだから。

実はね、この我が家のベルリンベアは今はあの2009年世界陸上ベルリン大会の女子マラソンで銀メダルに輝いた尾崎好美選手が持っててくれてるんだよ黒ハート

日本人の活躍がいまひとつで織田祐二もいまひとつ盛り上がりにかけていたらしい、あの世界陸上だけど、最後の最後の競技、女子マラソンで最後の最後までトップを走って、本当に最後の最後に抜かれちゃったけど、日本中を思いっきり沸かせてくれた、小さな小さな可愛らしい、でも、世界2番目に42.195キロ早く走った尾崎好美ちゃん選手くつぴかぴか(新しい)


今では何だか本当にねーさんみたいな、バルセロナオリンピック代表の山下佐知子コーチとの出会いがきっかけで夏にお会いする事が出来たのだけど、その時に、一緒にコースの下見でベルリンの街を走ったり、その後、今だから言えるけどドコモポイントビアガーデン行って一緒に飲んだりしたんだービールぴかぴか(新しい)

世界を代表する女子マラソンのさちこさん(コーチ)と好美ちゃん選手との出会いで、私たちもたくさん喜びと感動を与えてもらったので、彼女が世界2位に輝いた記念すべき大会で走ったコースが描かれたベアだったらきっといい思い出になると思ってプレゼントさせてもらったんだープレゼント

DSC_1835.JPG


新しいの買ってあげなよーグッド(上向き矢印)
って日本的感覚なら思うと思うんだけど、こちらでは、知っている人であればこういったものの方が想いがこもっていると喜ばれたりします。

私としては新しいのをとも思ったけど、まず大会が終わって翌日早々に帰国とのことで時間もなかったし、それでも探して歩いたけど同じデザインは見つけられなかったんだ。だから、我が家のものを贈りました。

すっごく喜んでくれましたよーわーい(嬉しい顔)

そうだ・・・
マラソンと言えば・・・
私、告白しないといけないことがある・・・

続く犬



posted by wakaba at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

よくできました♪

ドイツの伝統の焼き菓子、シュトレンは特にこのクリスマスクリスマスの風物詩の代表格でもあると思います。

同じドイツでも地域ごとにレシピが若干違う上、各家庭でもさらに色んなレシピがあります。
料理好きな私としては、食べるだけの楽しみではなくそのレシピの内容にかなり興味が沸きます目

DSC_3167-1.JPG

これ、先日のホームパーティーの時に作ったもの。(ちなみに、手前のもみの木の枝の上の白いの、人口の溶けない雪だよー☆デコレーションです)

ママの家に行った時に、私もシュトレンをこのクリスマスの為に焼いていたので、おすそ分けで持って行きました。

すると、彼女も友達や同僚にそれぞれの手作りシュトレンを頂いていて、ママの手作りも合わせて4種類ありました。

これは食べ比べるしかないと!

オリバーとパパには誰がどれを作ったかを言わずに審査員になってもらいました眼鏡

すると、なんの迷いなく二人とも、私の作ったのを指差して、これが一番美味しいと言いました〜わーい(嬉しい顔)黒ハート手(チョキ)

っても、そもそも結婚式の引き菓子で皆さんに配ろうと思って、ママにお願いしてもらったレシピで作ったものだからママのシュトレンなんだけどね(笑)

でも、同じレシピでも不思議なもんで完全に同じ味を再現するのって難しいね。でもこれが手作りの良さであり楽しみだね。

今回は結婚式用に焼いたものより香りが高くアロマなカンジに出来ました。使ったラム酒が違ったからかな…

ママは今回、新しい試みで違うレシピで作ったみたいなのだけど、塩の量を間違えて入れすぎちゃったって最初から失敗宣言(笑)

ドレスデンの友達から送られてきたというシュトレンは、3種類の別の生地とイースト菌で、まあレシピ見ただけで私は100パーセント断念するような複雑なもの。絶対作らないと思う。

日本でも母の味、家庭の味ってよく言うけど、私は母や祖母から受け継いだレシピが一つもありません。

今思えば、おばあちゃんが作る高知の料理で、名前が分からないのだけど魚を締めて作るもの…教わっておけばよかったと。

先日バッハ家の集まりで手作りハムをご馳走になったのがこれまた美味しくてね。次はこの手作りハムを習いたいなと思って、オリバーの叔母にお願いしたところです。

今晩はまた別の友人宅へお呼ばれ。
名前忘れちゃったけど、今日もドイツの昔からあるお料理でオモテナシして頂けるとのことです。なんだろかー?分からないけど、間違いなく言えるのは、パワー系!肉!肉!肉!に違いないこと(笑)

1月1日から少し調整することにして、年内は、もう諦めて食べまくって飲みまくって好き勝手します(笑)

posted by wakaba at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

HANAMI

hanami.jpgKirschblüten – Hanami (直訳すると桜の花 – 花見)というドイツ映画を見ました。

オリママの絶対お薦めで前々から聞いていた昨年の春にこちらで公開され、ベルリン国際映画祭でも賞を受賞したかなり評判のよい映画でした。

監督も俳優さんもドイツ人。
一人だけ日本人の若い女優さんが出ていました。

DVDを借りてきてオリバーと二人で見たのですが…良かったです。泣いちゃいました(ってこれはお決まりなんだけど)

で、私に予想よりもっと強く響いた理由がありました。

それが、舞台になっていた公園が私の父、ワカチチとの思い出の公園、しかも父が行くと必ず座っていた場所!思い出の場所だったことです。びっくりしました。

人との出会いも自身に及ぼす影響は大きいけど、映画や本も同じだよね。この出会いは偶然ではないな!と思ってしまった。

テーマとかぶる思いも色々あり、泣けましたが見終ったときは心に柔らかいものを感じました。

日本では公開されてないのかな?

外国人が作る日本を舞台、テーマにした映画っていうのは、どうしても外国人目線の解釈が入るので、その中には誤解なども多少あったりするのだけど、そうだとしてもこの映画は素直に見れたかな。

皆さんは最近いい映画に出会いましたか?





posted by wakaba at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

松ぼっくり拾うアタシ…

もう一つ、このシーズンの風物詩。

アドベンツカレンダーについては昨日も説明した通り。

これはアドベンツクランツと言って、クリスマスの4週間前の日曜日がスタートで、その日から1週目は1本、2週目は2本、3週目は3本でクリスマスの週はすべてのろうそくを燈すっていう習慣なんだけど、オリジナルは、常緑樹の枝を輪型にまとめ、デコレーションしたリースに4本のろうそくを立てる形。よく見る、壁に掛けるクリスマスリースを寝かせたものの上にろうそくが立っている感じ。

去年の12月のブログにたくさん書いているので、写真だけでも興味があったら見てください。ここクリックして一番下に写真ありますクリスマス


これ、ドイツで始まった習慣だとも言われています。
厳密に言うと、ろうそくの色もそのリースの形も本来のものがあるのだけど、今年は自分で作ってみました〜

っても、半分は買ってきた材料を自分なりにアレンジしただけだけど、デコレーションの松ぼっくりとか木の実とかは公園で拾ってきて、乾燥させてから自分でラメ塗ったりしてテキトウにやってみた〜
まあまあかな目

っていうかさー、松ぼっくり拾って持って帰るっていう行為!?何年ぶりよ(笑)幼稚園の時以来じゃん?(笑)

DSC_3071.JPG

また、ドイツではその日曜日ごとにシュトレンを食べて祝うことでも知られているんだって。

結婚パーティーの引き菓子で皆さんに食べてもらいたいと、ママレシピをもらって大量に焼いて東京に持っていったのだけど、ドイツでは何ヶ月も持つようなお菓子が、日本の湿気でか?途中でほとんと駄目になってしまって、皆さんにはほんの一口づつしかお分け出来なかった、あの幻のわか作のシュトレンですがわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)近々また焼いてこのアドベンツをより楽しみたいと思ってます。

posted by wakaba at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

来たね!このシーズン!

昨日オリバー帰ってきた。
お土産あり黒ハート

空港から家にまっすぐ帰らずに、大きなスーツケース持ったまま、これを買いに途中下車してわざわざ買って来てくれた。

タイミングを逃すと意味が台無しになるそうで…

っていうのは、これはアドベンツカレンダーっていうんだけど、去年も一昨年も書いたから覚えている人いるかな?

12月1日からクリスマスまでの毎日をこういうものを楽しみながら心待ちにするのよークリスマス

その扉の中には小さなプレゼントやお菓子が入っていたりして、子供たちは毎日毎日この12月はワクワクなわけね。

11月30日に帰ってきたので、間に合ったわけね。

DSC_3078.JPG

アドベント=Adventっていうのは、キリスト教において、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間のことで、12月1日から誕生のクリスマスまでの期間を言うそうです。

私はオリバーにとって、妻であり、言葉もこちらの習慣も分からないわけだから、ある意味子供みたいなもんなんだろうなと思う。ドイツのこと、色々小さな子供が習うと同じに教えてくれる。

私がまだ日本にいる3年前の12月1日には、ベルリンから小さなアドベンツカレンダーを送ってくれた。このブログにも載せました。

このブログを数年に渡り見てくれている人は知っていると思うけど、子供が喜ぶ子供用のイベントは欠かさずにやってくれる。自分が子供のころに習いそびれた事、感じそびれた事を今になって習っているように感じることも日々あります。

あと!
11月30日、昨日、オリママからも、同じものが届いた!(写真手前)

DSC_3084.JPG

オリママにとって、オリバーはもちろんいつまでも可愛い息子で、私は娘なんだって。

結婚式の二日前に入籍したんだけど、その時、ママが、すんごい手(グー)ガッツポーズして「やったね!!娘が出来ちゃった!!」ってジャンプして大喜びしてくれてたことは忘れることがないぐらい、彼女は毎日本当にそうやって私に接してくれています。

ますます寒くなっていくであろうベルリンの冬だけど、こうして12月は楽しいこともたくさんあります。

楽しいことがたくさんある???

あるのではなく、自分たち次第なんだよね、これも。

オリママやオリバーからこの辺もすごく勉強させてもらっています。

今朝、二人でこの二つのアドベンツカレンダーの扉を開けました。

オリバーが買ってきたものは、私とオリバーと一日に二人分扉があります。日付の数字とIchとDuがそれぞれ書いてあります。見えるかな?

Ich=私(オリ)
Du=あなた(ワカ)

DSC_3085.JPG

この二つあるところがまた可愛いよね。

ちなみに1日目の今日は、お〜〜〜いしい一粒のチョコレートが入ってました。ママの方のアドベンツカレンダーには、なんと宝くじが入ってました!(笑)
posted by wakaba at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

幽霊の…

DSC_1318.jpg

オリバーの親友の一人の誕生日ガーデンパーティーに呼ばれました。

学生時代からの、お笑いコンビみたいな仲良しな二人で、二人は笑いのツボも似ていて、この二人が揃うといたずらばっかり考えて笑ってます。

そんな彼の誕生日にオリバーがプレゼントしたのが、「幽霊のとうがらし」という異名を持つ、世界一辛い唐辛子爆弾
ギネスブックにも記録されている、ブートギョロキア←ズゲーなまえ、何語?

聞いたこともある人が多いであろう、ハバネロが2007年まではその世界一と言われていたのだけど、2007年からこの幽霊の唐辛子が躍り出たそうです。

辛さのレベルを示す「スコヴィル値」ってのがあって、その数値が100万以上・・・って意味分からんモバQが、何しろ、タバスコのこの数値が2500らしい。
つまり・・・がく〜(落胆した顔)

100万以上とあるが、100万と過程して、タバスコの400倍の辛さexclamation×2何それたらーっ(汗)

これね、飛行機機内持ち込みが出来ないんだって。なぜなら、凶器とみなされているそうです。

主役の彼が辛いものが好きであることが故にこのプレゼントを思いついたのだけど、それにしても…

でも、プレゼントプレゼント選びのポイントははずしてないと思う。
プレゼントっていうのは、実用的なものをもらうのも嬉しいけど、ある意味自分では絶対に買わないものが意外性があってグーだと思うので。

で、この幽霊のとおがらし、主役(誕生日の)は試さないわけには行かないでしょうが、他は誰〜も…
つか!!なんで!!??

食べ物にしたって、人にしたって、何にしたって、世界一ぴかぴか(新しい)のものに出会える、試せる機会ってそうないよ〜〜〜グッド(上向き矢印)

って、私は、「なんでなんで!?みんな試したくないの?私試したい!!頂戴!!」つって試食。
もちろん小さな小さなピースに切って…

うん、確かにこれはヤバかった(笑)
私もかなり辛いものマニアだけど、確かにモバQ幽霊のとおがらし?呪われた???みたいになっちゃうかも(笑)詳細はまた今度…(笑)
posted by wakaba at 03:13| Comment(2) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

ハネムーン計画

DSC_0729.JPG

実はね、最近の週末、食後にダラダラお酒飲んでいる間に、二人で楽しんでいるMONOがあります。

この雑誌。GEOスペシャルエディションのトスカーナ特集。

世界陸上やベルリンマラソンが終わった直後、逃亡するようにイタリアに飛ぶからです〜

2週間ぐらい。

現地でレンタカーを借りて、日本人の皆さんにも知られているフィレンツェには2泊して、あとの12日間は美しい自然と歴史とワインを辿る旅を計画しているんです。

この雑誌は一年に一回トスカーナ特集を取り上げているのだけど、この雑誌のその写真の素晴らしさ。景色だけでなく、人物も物も何でも本当に味があって素敵なんです。

心ごと吸い込まれるような、夢を見ているかのような美しい写真が惜しみなく掲載されていて、見ているだけでゆったりと優雅な気分に浸れます。酔いが早まる。

トスカーナだけでなく、他の国、地域の特集もあるようなのだけど、オリバーはこの10年近くこの特集をずっと買い続けていて、いつもいつもこの旅行に憧れていたようです。

世界中色んな国に行ったことがあり、ヨーロッパはほぼ全制覇しているオリバーだけど、この旅行はまた特別。

イタリアも年に最低一回は行くし、トスカーナでもフィレンツェには毎年必ず行くのだけど、彼が憧れている旅行はいつも“街中”にはないのです。

彼が「東京」という造形された街やシステムにあまり興味がないことからも分かると思うのだけど、ありのままのものを好む彼のトスカーナでの憧れは、イタリアの田舎町と時間が止まったような自然を訪れるところにあるみたい。

この地域のベストシーズンといわれる紅葉の時期に計画出来ているのでこれもまた楽しみです。
この雑誌を見ているだけでドキドキしちゃいます。

毎年行くイタリアだし、計画しようと思ったらこれまでにもいつでも計画出来たはずなのに、なぜ・・・っていうのはこれまたロマンティストなオリバーです。

いつかの“スペシャル”のために取っておいたんだって。

月曜日が祝日で、月曜日はパパママと一緒にベルリンを離れた少し田舎町の森の中のレストランでブランチをする予定ですが、明日の夜はまた地図を広げてトスカーナ計画です。

レンタカーでどのルートで回って、どのホテルに泊まって・・・どのワイナリーを訪れて〜とか・・・

オリバーは私と違って行き当たりばったりっていうのは絶対に嫌みたいな人なので、とっても正確で繊細な計画を立てます(笑)しかも、旅の4ヶ月前に(笑)

まあ、この4ヶ月前って言うのは、来月ぐらいからどんどん忙しくなり、今年は世界陸上もあるので、7月から9月まで半端じゃないスケジュールで詰まっている為に早め早めの計画なんだけどね。なんせ、ベルリンマラソン終わったら、すぐに旅立つんで。

しかも、この2週間の旅行が終わって帰ってきたら、中一日でオリバーは仕事でシカゴマラソンに・・・

考えたらもう5月も終わりで、今話ししているのは10月のこと。
一年がどんだけ早いんだって思っちゃうわ。

posted by wakaba at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

可愛い風物詩

Adventskranz.jpg

これはAdventskranzといい、主キリストの誕生を祝う準備の期間(=待降節)の環飾り。こうして4本のキャンドルが立っているのは、その待降節(クリスマス4週間前)の日曜日ごとに1本ずつ火を燈すという習慣があるんだって。

オリがイタリアに出張に行く前に、「忘れるところだった!」って慌てて近所の花屋さんで買って来たもの。種類は色々ですごく本格的なインテリアとして高額なものもあれば、このような子供向けっぽい可愛らしいものもある。

なんで忘れるところだった!なんて慌てていたかと言うと、ベルリン(ドイツ、もしくはヨーロッパ全般かな?)は日本では考えられないけど、日曜日はほとんどの店がお休みなんですがく〜(落胆した顔)
日本ではデパートとか土日が稼ぎ時なのにね。

で、今日(日曜日)帰国だと、その日に買って来ることが出来ない、月曜になってしまう!!ってことで、私としては、別に月曜でもいいよーって感じなんだけど彼は慌てて買って来てくれたってわけです(笑)わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

旧約の民に習い、ちゃんとしきたり通りに!って事で(めっちゃきっちりしてるオリ君です犬手(チョキ)

これに限らずいつもなんだけど、こうして、子供に教えるみたいにドイツの歴史や習慣を見せて体験させてくれようと配慮してくれるオリバーも素晴らしい。お父さんお母さんにそうやって育てられたんだなーとつくづく家族の温かみを彼の姿を見て感じる。

と言う事で、昨日の夜は、イタリアのビスコッティをどんだけー(古い?ワラ)つーぐらい山盛りお土産に帰って来たオリと、1本目のキャンドルに火をつけてコーヒー飲みました喫茶店

今週1本、来週2本目、再来週3本目、そして、いよいよクリスマスっていう週に4本全部に火が灯るっていう・・・この時期の風物詩。

要するに、カウントダウン始まったんだよね。
クリスマスクリスマスに向けて。もしくは新年2009に向けて・・・

しっかし早いね〜


posted by wakaba at 14:57| Comment(3) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

我が家のサンタ

santa.jpg

超可愛くないですかーーーひらめき黒ハートひらめき
もうこれ見た瞬間、嬉しくて笑いが止まらなくって!!

このなんとも言えないレトロ感伝わるぅ〜グッド(上向き矢印)

オリがクリスマスグッズが入っている箱から一番に取り出したこのサンタの人形は彼が小さな頃からず〜〜っと大事に持っているものなんだって。

電池を入れると、手を振ってベルを鳴らすらしいのだけど、もう古くてそこ電池のところがバカになってるのね。

それにしても!!
超〜〜〜いい味だしてると思いませんかっるんるん??
めっちゃ可愛いです黒ハート

大きさといい、なんとも言えないその愛嬌のある顔といい、昔懐かしい感じといい、古ぼけては居ないけど、髪の毛若干もじゃもじゃになり過ぎちゃってるところとか…サイコーです黒ハート

一日に何回もこの顔を見たくなり、この部屋を覗いてしまいます(笑)
posted by wakaba at 06:50| Comment(4) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

日本で言う米びつ?

zwiebeln.jpg

日本ではそういう仕事関係以外で食器やインテリアにすごくこだわってる男性ってそんなに多いと思ったことなかったのだけど、こちらの人たちのお家はインテリアいす、楽しんでる人たちが多いです。人を家に呼ぶ習慣があるから、そういうことにも気持ちが行くのかも知れないけど家

私たちも家具屋さんやアンティーク雑貨屋、その他テーブルウェア売ってる店とかよく行きます。
絵なんかも日本にいる時は買う気にならなかったけど、こちらではそういった芸術作品が一般人にも日常的なんだよね。

日本の賃貸住宅って壁に絵を飾るっていって釘打つことも出来ないじゃん。まあそういうこともあり、好きな絵どころか画鋲もうるさく言われることがあるので写真も飾れないような感じで東京ではのっぺりしたところに住んでましたよ。

あまり明かしたことないけど、吉祥寺の実家の周りに子供の頃結構モデルルームの展示会やってるところが多くて、お父さんに頼んでよく見に行ってた(笑)小学生としては変わった趣味だねわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

あと土日に入る建売住宅のチラシをすっごい見てた目特にその家の外見よりインテリアとか色合いとかをチェックしてた(笑)

何でもお金が掛かるから大人になってからも実際に自分の部屋のインテリアなんかには一度も凝った事がないよ。懲りたくても凝れないし、中途半端にやるぐらいならやらない方がマシって思ってるからさー眠い(睡眠)

だから、どっちかと言うと、友達が来ると、生活感ないネわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)・・・って言われてました。

あと、気分転換に引越ししちゃう引越し女家soon家だったから、まともな家具とか買う気一切なかったんだ(笑)
最後こちらに来る前にくつろぐ為のソファーとベッドは結構いいの持ってたけど、あとはいいものなんか一つもない。こだわりも一つもない、要するに用足せばなんでもいいやー的な(笑)

今まではそれよりももっとお金を使うところがあったから、「何でもいいやー」って妥協して日用雑貨など好きなデザインを探したりする事もなかったけど、今はオリの趣味と自分の趣味が似てて2人とも何でも一緒に決めたいタイプって事で一致していることから、買い物もただ商品にお金掛けてるだけではなくて、その時間が楽しいので、そういった時間も一緒に買ってるのかなって思えば、別にそこで、使えれば何でもいいなんていう妥協して節約する必要もないわけ。

小物やインテリアグッズ程度のものなら、良い時間も一緒に付いてくるわけだし、安いもんなわけ。惜しくないって思えるんだよね。

もしかしたら金額以上の価値があるのかも知れないでしょ?

そんな彼は家にプラスティックのものを置きたくない人。

子供のおもちゃも日本はプラスティックが多いけど、ドイツは木製のおもちゃが多くてなんか温かみがあるんだ。

日本でもよくある、おままごとに女の子が使う野菜とかのおもちゃも木製のものがたくさん売ってるの、すっごい可愛いよ。

この前、友達の娘の誕生日プレゼント買いに行った時もプラスティックのだったら近くのデパートに売ってたんだけど、ヤダって行って、わざわざ遠くまで木製のものを買いに行った。この手のこだわりは私も賛同できるから嬉しい。変なしょーもないこだわり持ってる人もたくさんいるからねー^^;

ちなみに我が家の“じゃがいも入れ”カメラ

これ買いに行くって話しになった時、私は、そんなんとりあえずは何でもいいジャン、家にある袋とかに入れときゃーふくろって思ってたのだけどわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

きれいにしときたい彼はちゃんとした入れ物で買うべきものが既に思い浮かんでるっていうので一緒に出かけ・・・これを買って来たわけ。

結構な値段するから、私だったらひとまずどうしてもコレじゃないとダメって事はないし・・・と考えるのだけど、とにかくプ彼はラスティックが嫌いでね。陶器っての?

ちなみに右がジャガイモ入れ(Kartoffeln)で左がたまねぎ入れ(Zwiebeln)です。

“じゃがいも入れ”があるってのが、ドイツらしいでしょひらめき

日本はおかずとご飯だけど、ドイツはじゃがいもってのは本当みたいです。
家では、私がパンを焼くのでジャガイモふかすことは滅多に無いのだけどね。このジャガイモ入れ、日本で言う米びつみたいなもんだね。
posted by wakaba at 01:11| Comment(0) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

ドイツゆたんぽ

yutanpo.jpg今日、オリが湯たんぽ買って来てくれましたわーい(嬉しい顔)

昨日あんなに痛かった背中が、この可愛い湯たんぽ見たら、なんか治った?気がしてます(笑)

背中、心配かけちゃいましたが、今日は昨日とは比べ物にならないぐらい痛みは和らいでいますいい気分(温泉)
とは言っても、まだ完全に痛みが消えたわけではないので、週末は静かにしていてそれでもおかしかったら病院行きます。

もし行く事になったら、初体験だわ、ドイツの病院たらーっ(汗)

昨日に比べて今日は少し暖かかったかな・・・っても私の手はキンキンに冷たくなってますけど台風

今日の私の服装は、ユニクロのタートルに(笑)ニットカーディガン(こっちはユニクロじゃないよ(笑)JCREWかな)それだけでは寒いのでウールのストールを掛けて出ました。

冬は私、肩が凝るんだよね雪
夏は大丈夫なんだけど、寒がりでいっつも寒がってるから体に力が入ってるわけダッシュ(走り出すさま)
要するに、寒いと常に肩に力が入ってるわけバッド(下向き矢印)寒いと何もしてなくても、力んでるから疲れるわけよー良くないね〜バッド(下向き矢印)

ドイツの人の肉食の秘密、この気候にも当然関わってるっぽくない?
確かに肉食べると体温まるもんねいい気分(温泉)

私は冷え性なので、好きなのだけどビールは体をすごく冷やすと読んだ事があるので、最近は飲まないようにしてます。

ビールの中でも色の濃いビールが冷やす事には変わりないけど、まだましだって聞いたので飲む時はそっち系ビール
でも、もともと黒いビールが好きなので、そこは、そんな情報ナシにも自分の体が知ってたのかな?なんて不思議に思ったりしてます目

ビールを余り飲まない代わりに体が温まるアルコール度の強いお酒、結構飲んでますけどわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

洋酒の種類って日本ではあまり数多く体験する機会なかったけど、はまるかもー。美味しいしほんと色々なんだー。

こういった強いお酒をこちらの人たちが飲む習慣もこの寒い気候が影響してるだろうなーと思ったりします。

ドイツの冬の風物詩、ホットワイン(だたワイン温めてるだけではないよ、ラムや果物の皮やスパイスをミックスして作ります)が人気なのも、寒いからでしょうかねクリスマス

って言うか〜クリスマス時期は、そういうこっち流の熱燗を飲まなきゃやってらんない、外に居られないって感じ雪
本当にすっごい温まるんだーいい気分(温泉)
私は人一倍寒がりなので沢山飲んじゃうので冬は酔っ払い率高いです(笑)

結局“のんべー”だと、ドイツにまで来ても思われてる私ですが、今年の冬は家の中では、この湯たんぽで温まる事にしますわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)いい気分(温泉)



posted by wakaba at 00:30| Comment(6) | Berlin☆MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン←応援クリックして頂けたら嬉しいです☆

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。